46件中 11 - 20件表示
  • 播戸竜二

    播戸竜二から見たヴィッセル神戸

    2002年からは地元ヴィッセル神戸に期限付き移籍で加入し、三浦知良と共に中心選手として活躍。翌2003年は完全移籍を果たす。2004年はJ1で17得点を挙げ、名古屋のマルケスと並び、得点ランク3位になったが、2005年は故障に苦しみ、チームの成績も低迷、J2降格となる。シーズンオフに年俸の大幅ダウン提示を受けたことなどに伴い神戸を退団し、2006年は古巣のG大阪に復帰。史上40人目のJ1通算50得点を達成し、スタメン出場するたびに得点を挙げ続け、A代表初選出。10月4日のキリンチャレンジカップのガーナ戦で初出場、10月11日のアジアカップ2007予選・インド戦で初先発・初得点を記録した。播戸竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 播戸竜二

    播戸竜二から見た松下電器産業

    琴丘高校時代はキャプテンを務め、国体選手にも選出された。3年生の最後の大会(選手権県予選)では加地亮や朴康造を擁する滝川二高の前に決勝で敗退した。同高の卒業生でもある森下洋一(当時松下電器産業社長)の後輩ということで入団テストにこぎつける。播戸竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 播戸竜二

    播戸竜二から見たパナソニック

    パナソニックメンズシェーバー「ラムダッシュ」 (2009年)播戸竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 播戸竜二

    播戸竜二から見たセレッソ大阪

    播戸 竜二(ばんど りゅうじ、1979年8月2日 - )は、兵庫県神崎郡香寺町(現:姫路市)出身のプロサッカー選手。Jリーグ・セレッソ大阪所属。ポジションはフォワード。元日本代表。播戸竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 播戸竜二

    播戸竜二から見たコンサドーレ札幌

    1998年、ガンバ大阪に練習生として入団。2000年シーズンにコンサドーレ札幌へ期限付き移籍。岡田武史監督(当時)の下、レギュラーFWとしてJ1昇格、残留を経験する。この間、U-19/U-20日本代表でも活躍。出場試合は無かったものの黄金世代の1人として、1999 FIFAワールドユース選手権のメンバーにも選出され、2001年にはA代表候補合宿にも招集された。播戸竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 播戸竜二

    播戸竜二から見た清水エスパルス

    2011年、8月20日の清水戦、9月10日の広島戦では途中出場ながらハットトリックを達成した。播戸竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 播戸竜二

    播戸竜二から見た森下洋一

    琴丘高校時代はキャプテンを務め、国体選手にも選出された。3年生の最後の大会(選手権県予選)では加地亮や朴康造を擁する滝川二高の前に決勝で敗退した。同高の卒業生でもある森下洋一(当時松下電器産業社長)の後輩ということで入団テストにこぎつける。播戸竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 播戸竜二

    播戸竜二から見たマルケス・バチスタ・デ・アブレウ

    2002年からは地元ヴィッセル神戸に期限付き移籍で加入し、三浦知良と共に中心選手として活躍。翌2003年は完全移籍を果たす。2004年はJ1で17得点を挙げ、名古屋のマルケスと並び、得点ランク3位になったが、2005年は故障に苦しみ、チームの成績も低迷、J2降格となる。シーズンオフに年俸の大幅ダウン提示を受けたことなどに伴い神戸を退団し、2006年は古巣のG大阪に復帰。史上40人目のJ1通算50得点を達成し、スタメン出場するたびに得点を挙げ続け、A代表初選出。10月4日のキリンチャレンジカップのガーナ戦で初出場、10月11日のアジアカップ2007予選・インド戦で初先発・初得点を記録した。播戸竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 播戸竜二

    播戸竜二から見たガンバ大阪

    1998年、ガンバ大阪に練習生として入団。2000年シーズンにコンサドーレ札幌へ期限付き移籍。岡田武史監督(当時)の下、レギュラーFWとしてJ1昇格、残留を経験する。この間、U-19/U-20日本代表でも活躍。出場試合は無かったものの黄金世代の1人として、1999 FIFAワールドユース選手権のメンバーにも選出され、2001年にはA代表候補合宿にも招集された。播戸竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 播戸竜二

    播戸竜二から見た名古屋グランパス

    2002年からは地元ヴィッセル神戸に期限付き移籍で加入し、三浦知良と共に中心選手として活躍。翌2003年は完全移籍を果たす。2004年はJ1で17得点を挙げ、名古屋のマルケスと並び、得点ランク3位になったが、2005年は故障に苦しみ、チームの成績も低迷、J2降格となる。シーズンオフに年俸の大幅ダウン提示を受けたことなどに伴い神戸を退団し、2006年は古巣のG大阪に復帰。史上40人目のJ1通算50得点を達成し、スタメン出場するたびに得点を挙げ続け、A代表初選出。10月4日のキリンチャレンジカップのガーナ戦で初出場、10月11日のアジアカップ2007予選・インド戦で初先発・初得点を記録した。播戸竜二 フレッシュアイペディアより)

46件中 11 - 20件表示

「播戸竜二」のニューストピックワード