218件中 91 - 100件表示
  • アルフレッド・エドワード・リングウッド

    アルフレッド・エドワード・リングウッドから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    1978年には、放射性廃棄物の安全な貯蔵のための手段として、シンロック固体化体 (Synroc) の提案を行った。アルフレッド・エドワード・リングウッド フレッシュアイペディアより)

  • デフスミス郡 (テキサス州)

    デフスミス郡 (テキサス州)から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    デフスミス郡は放射性廃棄物貯蔵施設の候補地に選定されていたが、後に取り消された。アロウヘッド・ミルズの創設者ジェシー・フランク・フォードが、テキサス州西部の水源の大半を賄っているオガララ帯水層が汚染されることを理由に反対運動を行った。デフスミス郡 (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • カナダ原子力公社

    カナダ原子力公社から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    1963年、AECLの2カ所めの研究所としてマニトバ州ピナワにホワイトシェル研究所が開設され、放射性廃棄物の処分に関する研究開発が重点的に開始された。カナダでは使用済み燃料は再処理せず、直接処分する方針がとられており、1978年、ホワイトシェル研究所に使用済み燃料の地層処分に関する基礎研究のための地下研究施設URL(Underground Research Laboratory)が併設され、原位置試験が開始された。カナダ原子力公社 フレッシュアイペディアより)

  • ホワイトシェル研究所

    ホワイトシェル研究所から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    1963年、チョーク・リバー研究所に続くカナダ原子力公社の2つめの研究所としてマニトバ州東部のピナワ(:en:Pinawa)に開設され、放射性廃棄物の処分に関する研究開発が重点的に開始された。また、CANDU炉設計と炉安全解析ならびに新型燃料開発とその再処理、低線量放射線に関する生物・医学的影響についての研究も行われた。1983年の時点で、化学・材料科学部、廃棄物管理部、応用科学部、健康・安全部の4つの研究部が置かれ、研究部員400人および管理部、工営部、事務部600人の総数約1000人余が働いていた。ホワイトシェル研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ピョートル・スーミン

    ピョートル・スーミンから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    ウラル核惨事以降のチェリャビンスクにおける放射性廃棄物問題をめぐり、当局を批判する。ピョートル・スーミン フレッシュアイペディアより)

  • インディペンデンス (CVL-22)

    インディペンデンス (CVL-22)から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    インディペンデンスはマジック・カーペット作戦に参加し、1945年11月15日から復員兵輸送に従事する。1946年1月28日にサンフランシスコに到着、その後ビキニ環礁での原爆実験、クロスロード作戦の目標艦に指定された。7月1日の爆発実験エイブル (ABLE) では爆心地から1.5マイルの地点に係留され、艦には爆風で生じた皺が生じ、漏水も発生したが沈没しなかった。7月25日の爆発実験ベーカー (BAKER) にも供用された後、インディペンデンスはクェゼリン環礁に係留され、1946年8月28日に退役した。その後、放射能に汚染されたインディペンデンスの船体は真珠湾、サンフランシスコに曳航され調査された。船体は1951年1月29日にカリフォルニアの沖合で兵器実験に供用され沈没した。この際、インディペンデンスは放射性廃棄物を乗せたまま沈没し、近海の漁業に影響が出たという抗議があった。2015年4月には米海洋大気局の調査によって、カリフォルニア沖合約48キロ・水深約790メートルの海底にやや右舷側に傾きながらほぼ原形をとどめて沈んでいるのが確かめられた。インディペンデンス (CVL-22) フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所における放射性廃棄物の処理と管理

    福島第一原子力発電所における放射性廃棄物の処理と管理から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    福島第一原子力発電所における放射性廃棄物の処理と管理(ふくしまだいいちげんしりょくはつでんしょにおけるほうしゃせいはいきぶつのしょりとかんり)では、東京電力福島第一原子力発電所に建設された放射性廃棄物を処理するための諸施設について説明する。なお、本発電所は放射性廃棄物の処理施設が運転開始後に段階的に追設されていった経緯があり、使用済み燃料棒の保管場所も専用の建屋を増設することで後の世代の原子力発電所並の容量を確保した。これらについても説明するものとする。福島第一原子力発電所における放射性廃棄物の処理と管理 フレッシュアイペディアより)

  • 電源三法

    電源三法から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    朝日新聞の調べによると、2004年度(予算ベース)での電源三法交付金は約824億円に上るとされている。うち、福島第一、第二原発を抱える福島県では約130億円、柏崎刈羽原発を抱える新潟県では約121億円、敦賀、美浜、大飯、高浜原発を抱える福井県では約113億円、玄海を抱える佐賀県では約100億円、六ヶ所村核燃料再処理施設や放射性廃棄物管理施設を抱える青森県では約89億円となっている。電源三法 フレッシュアイペディアより)

  • 使用済み核燃料

    使用済み核燃料から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    原子力発電の核燃料サイクルにおいては、様々な放射性廃棄物が各工程で発生する。その内比較的低レベルの放射性廃棄物の一部は処分されているが、大半は最終処分待ちの状態で各原子力発電所、核燃料施設、研究施設などで保管されている。使用済み核燃料 フレッシュアイペディアより)

  • 放射化

    放射化から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    原子力エネルギーの利用を目的とする原子力発電所や加速器等を構成する材料の一部は、施設の運転中に発生する中性子によって放射化する。更に、中性子照射によって放射化した材料の中でも、施設の解体・処分時にある一定以上の残留放射能を持つものについては、低レベル放射性廃棄物へと区分されることが予想されている。放射化 フレッシュアイペディアより)

218件中 91 - 100件表示

「放射性廃棄物」のニューストピックワード