179件中 91 - 100件表示
  • 水力

    水力から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    いずれにしても地球が太陽からの恩恵を受け続ける限りにおいては、そのエネルギーはほぼ無尽蔵に使うことができると考えられており、またそういった「自然に元々存在するエネルギーを利用する」という観点において、火力による二酸化炭素や原子力における放射性廃棄物などといった汚染の心配がないことから「公害のないクリーンなエネルギー」ともみなされる。ただ、この水の持つエネルギーを利用する上で、ダムの設置など水の移動を制限する施設を設置することで、周辺の環境に影響を与える可能性があり、流水量の変化に伴い水辺の生態系への影響から、下流の流水量変化に伴い、この水量に依存する様々な影響(河川の浄化能力の減少や浚渫力の減少に伴う水底への土砂の堆積など)もみられる。この影響は程度問題ではあるが、規模によっては深刻な環境問題となる場合もある(→アスワン・ハイ・ダムのケースなどを参照)。水力 フレッシュアイペディアより)

  • デフスミス郡 (テキサス州)

    デフスミス郡 (テキサス州)から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    デフスミス郡は放射性廃棄物貯蔵施設の候補地に選定されていたが、後に取り消された。アロウヘッド・ミルズの創設者ジェシー・フランク・フォードが、テキサス州西部の水源の大半を賄っているオガララ帯水層が汚染されることを理由に反対運動を行った。デフスミス郡 (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • 丹生ダム

    丹生ダムから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    丹生ダムについて建設予定地である地元・余呉町は、知事の施策に対し一貫して反発の姿勢を見せた。長年の懸案である高時川の治水対策が根本から覆される事に対する反発と、ダムによる固定資産税の還元という歳入、及びダムにより出現する人造湖を活かした観光開発などによって財政再建を目指していたことから余呉町は知事に対し激しく反発し対決姿勢を鮮明にした。町側は仮にダム中止により財政再建が望めない場合、電源三法に基づく電源立地交付金の取得を目的に原子力発電環境整備機構による高レベル放射性廃棄物処分場の誘致に立候補すると表明したが、放射性廃棄物の問題により当時の町長は再選出馬せず、結果的には嘉田知事派の町長が就任することとなった。また、その影響か、余呉出身で五期目であった県議が2007年の統一地方選挙における滋賀県議会議員選挙の出馬を見送る事態となった。丹生ダム フレッシュアイペディアより)

  • 木内鶴彦

    木内鶴彦から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    2008年7月、2003年に出願していた、太陽光を利用した炭素化炉システムの特許が日本をはじめ各国において認可された。2011年、年内完成を目指して実証試験炉を建設中である。炭素化炉は、巨大な反射鏡により太陽光を集光し、真空透明容器に入れられた廃棄物等に照射することで処理を行う。通常の物質は炭素・水素・ナフサなどに分解し、二酸化炭素や有害ガス等は発生しない。ダイオキシンや化学兵器、爆薬なども安全に処理することができ、理論上は核廃棄物も処理可能であるという。太陽光により処理するため、燃料費が不要であり、環境汚染の恐れがない、あらゆるものの処理が可能であることが最大の特徴である。また、生成される炭素・水素・ナフサは高純度であり、産業での利用が期待される。木内鶴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力空母

    原子力空母から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    使用済核廃棄物の処理が必要となる原子力空母 フレッシュアイペディアより)

  • 浮体原子力発電所

    浮体原子力発電所から見た核廃棄物放射性廃棄物

    このプラントは3年毎に核燃料の交換が必要となり、これは毎年20万メートルトンの石炭や10万トンの石油の消費削減に貢献することになる。この原子炉は40年の寿命が見込まれており、12年毎に故郷である造船所へと曳き戻されて波止場につながれオーバーホールを受ける。核廃棄物は、造船所とロシアの核エネルギー産業による組織がすべての処理を行う予定である。これにより発電する場所での放射性物質の痕跡は一切残らないことになる。浮体原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • バルサ

    バルサから見た核廃棄物放射性廃棄物

    核廃棄物運搬容器の内張りバルサ フレッシュアイペディアより)

  • グリムゼル峠

    グリムゼル峠から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    峠は、ローヌ氷河のローヌ川の水源に近い。この地域にはさらに、地下放射性廃棄物処理の研究に利用されたグリムゼル実験場がある。グリムゼル峠 フレッシュアイペディアより)

  • 保健物理学

    保健物理学から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    保健物理の内容は、放射線および放射性物質の測定、施設内や環境における放射線および放射性物質の挙動の追跡、施設及び作業者の放射線管理、外部被曝線量評価、生体内での放射性物質の挙動の追跡、内部被曝線量評価、環境における放射性物質の拡散・移行挙動の解明・管理、個人被曝管理、放射線障碍の機構の解明、放射線防護剤と放射能防護具の開発、緊急医療対策、放射性廃棄物の処理処分とその管理などである。したがって、保健物理学とは放射線あるいは放射性物質にかかわる産業医学、放射線医学、公衆衛生学、物理学、化学、工学、農学、気象学、地質学、生態学、教育学、応用心理学など諸科学の境界領域ということができる。保健物理学 フレッシュアイペディアより)

  • 秘密情報部トーチウッド

    秘密情報部トーチウッドから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    銃で撃たれ死亡するが復活グローブの力で蘇り、アンデッドとして過ごす。シーズン2最終話、原子力発電所で放射性廃棄物の流入に巻き込まれ死亡(消滅)。秘密情報部トーチウッド フレッシュアイペディアより)

179件中 91 - 100件表示

「放射性廃棄物」のニューストピックワード