179件中 11 - 20件表示
  • 幌延深地層研究センター

    幌延深地層研究センターから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    幌延深地層研究センター(ほろのべしんちそうけんきゅうセンター、)は、北海道天塩郡幌延町に所在し、日本原子力研究開発機構が管理運営する、地下350m以上の深さへの放射性廃棄物の地層処分に関する研究を行う施設。同種の施設は、岐阜県瑞浪市と茨城県東海村にある。北海道及び幌延町との間で、本施設に放射性廃棄物が持ち込まれることはなく、処分場とすることもないとする協定を締結している。幌延深地層研究センター フレッシュアイペディアより)

  • トリウム燃料サイクル

    トリウム燃料サイクルから見た高レベル放射性廃棄物放射性廃棄物

    原子炉内の核分裂反応では一般に、放射性の核分裂生成物が発生し高レベル放射性廃棄物となる。トリウム燃料サイクル フレッシュアイペディアより)

  • グリーンピース (NGO)

    グリーンピース (NGO)から見た核廃棄物放射性廃棄物

    核兵器に対する反対運動は継続している。1993年には、ロシア海軍による核廃棄物の日本海への海洋投棄を摘発し日本に衝撃を与えた。また、原子力発電をはじめとするいわゆる「平和利用」に関する反対運動、つまり原子力撤廃運動も展開(高速増殖炉や核燃料再処理、それに伴う放射能汚染問題・プルトニウム管理問題など)。1995年と1997年には、フランスから日本まで航路や輸送スケジュールが発表されていなかった核物質輸送船を追跡するプロジェクトを展開(前者はチャーター船の「スミット・ニューヨーク」、後者はキャンペーン船「ソロ M.V.Solo」が追跡船)。グリーンピース (NGO) フレッシュアイペディアより)

  • ハンフォード・サイト

    ハンフォード・サイトから見た核廃棄物放射性廃棄物

    ハンフォード・サイト()は米国ワシントン州東南部にある場所で、原子爆弾作成のマンハッタン計画でプルトニウムの精製が行われた所。その後の冷戦期間にも精製作業は続けられ、現在はこの作業は行われていないが、米国で最大級の核廃棄物の問題を残しており、その処理が継続されている。ハンフォード・サイト フレッシュアイペディアより)

  • 原子炉

    原子炉から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    2007年現在,研究が進んでいる原子炉で、天然ガス火力発電とも競合できる高い熱効率、高度な安全性、放射性廃棄物の負担の最小化及び高度な核拡散抵抗性などの特徴をもつ革新的原子炉群。高温ガス炉は,中国で商用炉が建設中である。。原子炉 フレッシュアイペディアより)

  • 地層処分

    地層処分から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    地層処分(ちそうしょぶん)とは、原子力発電所から発生する使用済み燃料の再処理の際に発生する高レベル放射性廃棄物やTRU廃棄物の最終処分方法の一つである。放射性物質の濃度が高く、半減期の長い放射性物質を含むため、人が触れるおそれのない深部地下にこれを埋設することであり、低レベル放射性廃棄物の処分である「浅地中処分」とは区別される。地層処分 フレッシュアイペディアより)

  • ウラル核惨事

    ウラル核惨事から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    ウラル核惨事(ウラルかくさんじ)は、1957年9月29日、ソ連ウラル地方チェリャビンスク州で発生した原子力事故(爆発事故)。また、後年にかけて放射性廃棄物に起因して発生する事故等も包括することも多い。ウラル核惨事 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    しかし、核分裂か核融合かを問わず、原子力の利用は、放射線、放射線を放出する能力(放射能)を持った物質(放射性物質、放射性廃棄物)を発生させる。放射線は、その量や強さに応じて生物に対して悪影響(放射線障害)を与えるため、適切に防護(放射線防護)する必要がある。放射線防護についての国際的な研究機関として、国際放射線防護委員会 (ICRP) がある。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 核関連廃棄物

    核関連廃棄物から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    核関連廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 核廃棄物

    核廃棄物から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    核廃棄物 フレッシュアイペディアより)

179件中 11 - 20件表示

「放射性廃棄物」のニューストピックワード