179件中 51 - 60件表示
  • テッド神父

    テッド神父から見た核廃棄物放射性廃棄物

    アイルランドの西の端に所在しているとされるド田舎の小さな島。世界のどの地図にも記されてはいないが、もし仮にあったとしてもまず誰もここを訪れようとはしないだろう。古来行き交う人の道しるべとなっていたようで、テッドが言うのには「一般に言われている事だが、島からはずれようすれば、それが島への向かう方向になる」らしい。島の周囲の海はイギリス政府が船によって核廃棄物を海中投棄する場所として利用されている。天候はいつもひどく、人々はこの天候のために島には「西側はなくなってしまい、北か南か東側しかない」と言う。テッド神父 フレッシュアイペディアより)

  • トリシティズ (ワシントン州)

    トリシティズ (ワシントン州)から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    1984年に州間高速道路182号線橋が完成し、パスコ市に行きやすくなり、その成長を促すことになった。冷戦時代の終焉と共に地域の人々は、ハンフォード・サイトが閉鎖されてトリシティズが急速にゴーストタウンになることを恐れた。アメリカ合衆国エネルギー省がこの施設の目的を核兵器の開発から放射性廃棄物の効果的封印と処理に変えてからその怖れは小さくなった。1990年代、幾つかの大手企業が地域に入ってきて、ハンフォード・サイトとは異なる経済分野への多様化を促進した。1995年、ケニウィック市南部に6番目の公立高校であるサウスリッジ高校が開校した。トリシティズ (ワシントン州) フレッシュアイペディアより)

  • 群分離

    群分離から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    群分離(ぐんぶんり)とは、使用済核燃料を再処理した結果生じる高レベル放射性廃棄物からその性質に応じて分離・回収を行うことである。このことにより、性質に応じた処分法を選択することが可能で、対象によっては核変換技術を適用することにより長期毒性を減らせる可能性があり、放射性廃棄物の処分面積を減らすことが出来ると試算されている。現状は、実験室レベルの技術開発に成功しているが、スケールアップや二次廃棄物の低減などの課題が残されている。群分離 フレッシュアイペディアより)

  • モルヴィリエ保管センター

    モルヴィリエ保管センターから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    モルヴィリエ保管センター(フランス語:Centre de stockage de Morvilliers)は、フランス共和国オーブ県モルヴィリエ(:fr:Morvilliers (Aube))の東に所在する放射性廃棄物の保管所。2003年10月に開設されフランス国内の原子力施設の他、同じく国内の病院や研究施設で発生した低レベル放射性廃棄物(TFA)を保管している。本センターはフランス唯一の低レベル放射性廃棄物を保管する施設でもある。モルヴィリエ保管センター フレッシュアイペディアより)

  • ローブ保管センター

    ローブ保管センターから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    ローブ保管センター(フランス語:Centre de stockage de l'Aube)は、フランス共和国オーブ県ソウレイヌ=デュイス(:fr:Soulaines-Dhuys)に所在する放射性廃棄物の保管所で世界最大級の規模でもある。ローブ保管センター フレッシュアイペディアより)

  • シャティヨン要塞

    シャティヨン要塞から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    1957年、シャティヨン要塞はフォントネー=オー=ローズ原子力センターに改称された。正門と若干の建物は残されるも、それ以外は取り壊され1957年から1970年にかけて新たな建物が建設される。1974年にTFR試験原子炉(トカマク型フォントネー=オー=ローズ)の運転が開始される。しかし、完全な運転を維持するには困難であった。原子力庁フォントネー=オー=ローズは、特に放射性廃棄物と放射線防護の管理領域での研究を主軸としている。また、センターは原子力庁行政部門を収容している。シャティヨン要塞 フレッシュアイペディアより)

  • コジェマ

    コジェマから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    ノルマンディーのコタンタン半島西岸に存在するラ・アーグ再処理工場では、核燃料の再処理および放射性廃棄物の最終処理が行われている。コジェマ フレッシュアイペディアより)

  • 宇検村

    宇検村から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    2006年6月に村の要請により原子力発電環境整備機構が、高レベル放射性廃棄物の最終処分場についての説明会を開催。最大で年に20億円、調査の期間を通じ70億円が交付されるという国の電源立地交付金制度を当て込んだものだったが、反対意見も多く誘致は断念された。宇検村 フレッシュアイペディアより)

  • レインボー・ウォーリア号 (初代)

    レインボー・ウォーリア号 (初代)から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    レインボー・ウォーリア号は捕鯨反対、アザラシ猟反対、核実験反対、核廃棄物海中投棄反対の活動船として世界各地に出没、アイスランド、カナダ、スペイン、フランス、ソ連等々、様々な国の漁船団と、また沿岸警備隊や海軍と衝突しては拿捕されるということを繰り返した。85年、アメリカの核実験により放射能汚染の危険性があると考えられたマーシャル諸島はロンゲラップ環礁から、島民を他の島に移住させるための輸送作戦を行った後、レインボー・ウォーリア号は予定されていたフランスのムルロア環礁における核実験に抗議するためにニュージーランドに向かった。レインボー・ウォーリア号 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • ライオネル・クラブ

    ライオネル・クラブから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    クラブは民間でも自分の潜水士としての能力をいかし、沈没したスペインのガレオン船の調査やオルダーマストンに存在したAtomic Weapons Research Establishmentの依頼で放射性廃棄物の海中投棄調査などを行なっている。海軍の仕事も請負い、沈没した潜水艦の生存者捜索にあたっている。1952年にマーガレット・エライン・プレイヤーと結婚したが数年後に離婚した。ライオネル・クラブ フレッシュアイペディアより)

179件中 51 - 60件表示

「放射性廃棄物」のニューストピックワード