179件中 61 - 70件表示
  • ストロンチウム90

    ストロンチウム90から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    ウランやプルトニウムの核分裂生成物として数%程度生成し、高レベル放射性廃棄物やいわゆる死の灰中に多量に含まれる。ストロンチウム90 フレッシュアイペディアより)

  • S.T.A.L.K.E.R. SHADOW OF CHERNOBYL

    S.T.A.L.K.E.R. SHADOW OF CHERNOBYLから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    Cordonよりやや北に入った所にある。その名の通り、大量のガラクタが捨てられており、そのガラクタで小高い山がいくつも出来ている程である。ゴミ山は放射性廃棄物も捨てられているため基本的に放射線源と化しており、さらに大量のアノーマリーが発生しているため非常に危険。ここもBanditが多い。北端にあるBarとの境界近くにはDutyの部隊がおり、最初は通る事が出来ない。S.T.A.L.K.E.R. SHADOW OF CHERNOBYL フレッシュアイペディアより)

  • 環境省 (パキスタン)

    環境省 (パキスタン)から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    環境省には、独立した行政機関であるパキスタン環境保護庁(Pakistan Environmental Protection Agency、Pak-EPA)がある。観光保護庁は、環境省の主要な部局であり、通常、大気汚染、放射性廃棄物の処理、環境同位体の使用促進を取り扱う。パキスタン環境保護庁は、環境省の付属機関であり、1997年パキスタン環境保護法の執行を所管している。また、環境政策と事業の作成のため、環境省に対して技術的な支援をしている。環境省 (パキスタン) フレッシュアイペディアより)

  • インディペンデンス (CVL-22)

    インディペンデンス (CVL-22)から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    インディペンデンスはマジック・カーペット作戦に参加し、1945年11月15日から復員兵輸送に従事する。1946年1月28日にサンフランシスコに到着、その後ビキニ環礁での原爆実験、クロスロード作戦の目標艦に指定された。7月1日の爆発実験エイブル (ABLE) では爆心地から1.5マイルの地点に係留され、艦には爆風で生じた皺が生じ、漏水も発生したが沈没しなかった。7月25日の爆発実験ベーカー (BAKER) にも供用された後、インディペンデンスはクェゼリン環礁に係留され、1946年8月28日に退役した。その後、放射能に汚染されたインディペンデンスの船体は真珠湾、サンフランシスコに曳航され調査された。船体は1951年1月29日にカリフォルニアの沖合で兵器実験に供用され沈没した。この際、インディペンデンスは放射性廃棄物を乗せたまま沈没し、近海の漁業に影響が出たという抗議があった。インディペンデンス (CVL-22) フレッシュアイペディアより)

  • ホージュン

    ホージュンから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    主要事業はベントナイトの製造であり、化粧品・塗料・入浴剤等の原料、ボーリング用調泥剤、農業用土壌改良材、鋳造・土木資材など用途は多岐にわたる。放射性廃棄物の封じ込め材としても採用されている。一般消費者向けには、猫砂(商品名「ホージュンサンド」)の製造販売を行う。ホージュン フレッシュアイペディアより)

  • 放射線防護・原子力安全研究所

    放射線防護・原子力安全研究所から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    原子炉、工場、研究所、放射性物質の輸送および放射性廃棄物の安全性。放射線防護・原子力安全研究所 フレッシュアイペディアより)

  • カナダ原子力公社

    カナダ原子力公社から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    1963年、AECLの2カ所めの研究所としてマニトバ州ピナワにホワイトシェル研究所が開設され、放射性廃棄物の処分に関する研究開発が重点的に開始された。カナダでは使用済み燃料は再処理せず、直接処分する方針がとられており、1978年、ホワイトシェル研究所に使用済み燃料の地層処分に関する基礎研究のための地下研究施設URL(Underground Research Laboratory)が併設され、原位置試験が開始された。カナダ原子力公社 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ海軍情報局

    アメリカ海軍情報局から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    ONIは、極めて強力な暗号(暗号解読)機関を有する外、広範囲な電波傍受網も有しており、外国の探知システム、海洋監視システム、潜水艦及び潜水武器システムに関する音響情報の収集(SOSUS)、分析に従事している。また、ONIは民間船舶の移動に関する情報を収集できるアメリカ唯一の情報機関であるため、世界武器市場の情報に関する主要情報源の1つともなっており、麻薬密輸、密漁、放射性廃棄物の海洋投棄の監視等の問題も担当している。アメリカ海軍情報局 フレッシュアイペディアより)

  • ムーズ・オート=マルヌ地層研究所

    ムーズ・オート=マルヌ地層研究所から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    ムーズ・オート=マルヌ地層研究所(フランス語:laboratoire de recherche souterrain de Meuse/Haute-Marne、略称:LSMHM、またはビュール研究所:Laboratoire de Bure)は、フランス共和国ムーズ県ビュール(:fr:Bure (Meuse))に所在する高レベルおよび中レベル放射性廃棄物の深層地下処分の研究を行う地下研究施設。研究所は商工業的公施設法人である放射性廃棄物管理機関(ANDRA)によって管理されている。ムーズ・オート=マルヌ地層研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 金石文

    金石文から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    多種多様な記録媒体が発達した21世紀初頭においても、またたとえ作成の目的を純粋な情報伝達に限ったとしても、記録としての金石文の必要性が完全に失われたわけではない。情報の受け手として現代の言語が絶滅した時代の人々や地球外知的生命体を想定する場合、必要とされる保存性は紙やインクが持つ耐久性を大幅に超える。また、電子媒体への記録も(たとえ媒体を物理的に保存できたとしても)適切にデコードされることは期待できない。このような理由から、放射性廃棄物の地層処分が行われた場所など、遠未来の人類に確実に残さなければならない情報については、炭化ケイ素セラミックスのプレートに文字として刻印することが検討されている。。金石文 フレッシュアイペディアより)

179件中 61 - 70件表示

「放射性廃棄物」のニューストピックワード