179件中 71 - 80件表示
  • 動力炉・核燃料開発事業団

    動力炉・核燃料開発事業団から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    核燃料サイクルの中核施設で、高レベル放射性廃棄物および使用済み核燃料の再処理工場を持つ。1998年に核燃料サイクル開発機構として改組された後、2005年10月には日本原子力研究所と統合され、独立行政法人・日本原子力研究開発機構に再編された。動力炉・核燃料開発事業団 フレッシュアイペディアより)

  • 御前崎港

    御前崎港から見た核廃棄物放射性廃棄物

    貨物港として自動車や木材などを取り扱うほか、市内にある中部電力浜岡原子力発電所の核燃料や核廃棄物などを取り扱う、中部電力専用埠頭を備えている。御前崎港 フレッシュアイペディアより)

  • 高榎堯

    高榎堯から見た核廃棄物放射性廃棄物

    核廃棄物 安全に処理する方法はあるのか』1985 岩波ブックレット高榎堯 フレッシュアイペディアより)

  • ドライキャスク

    ドライキャスクから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    ドライキャスク(dry cask、乾式キャスク、乾式容器、乾式貯蔵キャスクとも)は使用済み核燃料のような高レベル放射性廃棄物を保管する方法である。最低1年間の使用済み核燃料冷却プールでの冷却で、ドライキャスクに貯蔵できる。ドライキャスク フレッシュアイペディアより)

  • 使用済み核燃料

    使用済み核燃料から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    使用済み核燃料(しようずみ かく ねんりょう)は原子炉で使用された後の燃料棒である。ウラン・プルトニウムを大量に含む高レベル放射性廃棄物である。使用済み核燃料 フレッシュアイペディアより)

  • ガラス固化体

    ガラス固化体から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    ガラス固化体(ガラスこかたい, vitrified radioactive waste /radwaste)とは、高レベル放射性廃棄物をガラスとともに融解し、ステンレス製のキャニスター(容器)へ注入・固化させたものである。核燃料サイクルの最終工程である地層処分の為の最終梱包・処理形態であり、高レベル放射性廃棄物に対するこれ以降の加工処理はない。ガラス固化体 フレッシュアイペディアより)

  • スターン報告

    スターン報告から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    原子力発電 - ベースロードとしては安価であるが、負荷追従運転はコストを押し上げる。停止するコストが高いため、エネルギー貯蔵手段の進歩が無い限り、負荷追従に化石燃料が用いられることが多くなるだろう。加えて、放射性廃棄物処理と核拡散が問題となる。スターン報告 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の核実験

    中国の核実験から見た高レベル放射性廃棄物放射性廃棄物

    同1993年、中国は甘粛省西側の乾燥地帯に初の放射性廃棄物投棄センター建設をはじめ、さらに中国南部、南西部、東部に建設計画中であった。廃棄物の地層処分は現在、国際的に深層処分が主流であるが、中国政府は浅層処分で 「充分に安全」としている。高レベル放射性廃棄物(HLW)用地について、チベットは北京からも離れているため「核廃棄物を投棄するには最適」ともされる。中国の核実験 フレッシュアイペディアより)

  • 水上原子力発電所

    水上原子力発電所から見た核廃棄物放射性廃棄物

    このプラントは3年毎に核燃料の交換が必要となり、これは毎年20万メートルトンの石炭や10万トンの石油の消費削減に貢献することになる。この原子炉は40年の寿命が見込まれており、12年毎に故郷である造船所へと曳き戻されて波止場につながれオーバーホールを受ける。核廃棄物は、造船所とロシアの核エネルギー産業による組織がすべての処理を行う予定である。これにより発電する場所での放射性物質の痕跡は一切残らないことになる。水上原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 田坂広志

    田坂広志から見た高レベル放射性廃棄物放射性廃棄物

    1981年 - 三菱金属入社。原子力事業部で高レベル放射性廃棄物処理・処分プロジェクトなどに従事。原子力委員会委員。田坂広志 フレッシュアイペディアより)

179件中 71 - 80件表示

「放射性廃棄物」のニューストピックワード