218件中 71 - 80件表示
  • 原子力研究バックエンド推進センター

    原子力研究バックエンド推進センターから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    公益財団法人原子力研究バックエンド推進センター(げんしりょくけんきゅうバックエンドすいしんセンター、)は、原子力施設から生じる放射性廃棄物の処分や原子炉の廃炉等に関する技術の確立のための調査研究を行う団体。元文部科学省所管で、略称はRANDEC。原子力研究バックエンド推進センター フレッシュアイペディアより)

  • シュトゥット石

    シュトゥット石から見た核廃棄物放射性廃棄物

    長期間にわたって水中で保管された放射性廃棄物の表面に生成されることがあり、実際にハンフォード・サイトで保管されていた使用済み核燃料の表面から見つかっている 。また、チェルノブイリ原子力発電所事故の炉心溶融物からもシュトゥット石が見つかっている。これらのことから、シュトゥット石やメタシュトゥット石のような過酸化ウラニルは、酸化ウランやウランのケイ酸塩鉱物のように長い研究により理解の進んだ鉱物に代わる放射性廃棄物の重要な変異生成物であると考えられている。これは、ユッカマウンテン放射性廃棄物処分場のような地層処分施設における長期保管に影響を与えかねないからである。シュトゥット石とメタシュトゥット石の性質に関する情報はまだ十分でなく、放射性廃棄物の安定性に正負どちらの影響があるか分かっていない。しかし、不溶性の4価ウランが腐食によって可溶性のウラニルイオンになって移行する経路があることは確かである。シュトゥット石 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田市現代美術館

    十和田市現代美術館から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    事業費の90%以上に相当する22億8400万円は、青森県が抱える六ヶ所村核燃料再処理施設や放射性廃棄物管理施設から得られる電源三法交付金で賄われており、十和田市側も交付金がなければ建設が不可能だったことを認めている。十和田市現代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • フロントエンド

    フロントエンドから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    原子力発電所で、燃料製造・発電所建設・運転などにかかわる事業を「フロントエンド事業」と呼ぶ。また原子炉の廃炉や放射性廃棄物の処理、核燃料サイクルにかかわる事業を「バックエンド事業」と呼ぶ。フロントエンド フレッシュアイペディアより)

  • 燃料サイクル安全工学研究施設

    燃料サイクル安全工学研究施設から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    燃料サイクル安全工学研究施設(ねんりょうサイクルあんぜんこうがくけんきゅうしせつ、NUclear fuel Cycle safety Engineering research Facility、NUCEF)とは、放射性廃棄物や再処理工場等の臨界安全等を研究するための施設である。日本原子力研究開発機構東海研究開発センター原子力科学研究所に所在する。燃料サイクル安全工学研究施設 フレッシュアイペディアより)

  • 海洋投入

    海洋投入から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    放射性廃棄物では海洋処分と呼び、海洋投棄と沿岸放出に分けることがある。海洋投入 フレッシュアイペディアより)

  • 廃炉

    廃炉から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    また数十年間の運転中に累積した大量の放射性廃棄物の処理に関しては恒久的な措置は未だ決まっていない。低レベルの放射性廃棄物に関しては処理後廃棄処分される予定であるが、高レベルの放射性廃棄物に関してはどこでどういう方法で隔離保管するかは未定である。この隔離保管期間は数百・数千から数万年と長期に渡る為、未来の地球上生命体への負の遺産の影響をできる限り低減させる必要がある。廃炉 フレッシュアイペディアより)

  • 太平洋諸島フォーラム

    太平洋諸島フォーラムから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    1980年に日本が関係国に通告した科学技術庁提案で決定した低レベル放射性廃棄物海洋実験投棄計画(1981年、小笠原諸島北東の公海、北緯30度 東経147度 水深6000mの地点にドラム缶五千から一万缶の実験投棄を実施予定だった)への抗議。1982年、放射性廃棄物投棄計画の中止を求める南太平洋諸国住民の署名を前に、科学技術庁原子力安全局局長は、計画を破棄する考えがないことを明言し、低レベル放射性廃棄物の投棄は海洋汚染を引き起こさないと強調した。しかし、1985年1月、中曽根首相は、日本の首相として初の南太平洋地域公式訪問に先立ち、放射性廃棄物の太平洋への投棄計画を無期停止すると発表した。太平洋諸島フォーラム フレッシュアイペディアより)

  • 非核兵器地帯

    非核兵器地帯から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    東南アジア地域の非核兵器化を定めたバンコク条約では核保有国である5大国の署名が行われていない。ここから、非核兵器化を進めている地域の中でもその進行度の違い、また核保有国の中でも非核兵器化に積極的な国と消極的な国をある程度うかがい知ることができる。また、これらの条約には放射性廃棄物の排出禁止の規程が含まれることが多い。非核兵器地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 核データ

    核データから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    核データ(かくデータ)とは原子核に関するさまざまな計測もしくは評価された物理的反応確率のことを示す。これは多くのモデルやシミュレーションの基本的な入力として使うことにより、相互作用の性質を理解するのに使われる。その例としては核融合炉や核分裂炉の理論計算、遮蔽や放射線防護計算、臨界安全、核兵器、原子核物理学研究、放射線療法、放射線診断学、RI内用療法、粒子加速器設計および運用、地質学や環境学、放射性廃棄物廃棄の計算、宇宙旅行で受ける線量の計算などが挙げられる。核データ フレッシュアイペディアより)

218件中 71 - 80件表示

「放射性廃棄物」のニューストピックワード