179件中 81 - 90件表示
  • デイノコッカス・ラディオデュランス

    デイノコッカス・ラディオデュランスから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    当初は形状や性質からMicrococcusに分類されたが、極めて強い放射線耐性を持つこと、細胞壁の構造が異なること、16S rRNA系統解析の結果も異なることなど調査が進むにつれMicrococcusとは異なる細菌であることが明らかになり、新たに設けられたDeinococcus属(奇妙な(Deino)+ 果実(coccus、球菌に対してよく使われる))に分類された。現在、放射性廃棄物などから金属を回収する用途に利用できるのではないかと期待されている。デイノコッカス・ラディオデュランス フレッシュアイペディアより)

  • マルクール原子力地区

    マルクール原子力地区から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    アタラント(Atalante):高レベル放射性廃棄物の管理に関する研究所。マルクール原子力地区 フレッシュアイペディアより)

  • エナジーソリューションズ・アリーナ

    エナジーソリューションズ・アリーナから見た核廃棄物放射性廃棄物

    2006年、デルタ航空はネーミングライツの更新を辞退。低レベル核廃棄物処理企業のエナジーソルーションズが命名権を取得し、名称が変更された。エナジーソリューションズ・アリーナ フレッシュアイペディアより)

  • エネルギー資源

    エネルギー資源から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    核分裂エネルギーは、第二次世界大戦前後に現れたエネルギー源である。蒸気機関や内燃機関が基本的には化学物質の燃焼であるのに対して、原子核分裂では核分裂反応を利用しているために、莫大なエネルギーを取り出すことが可能である。核分裂エネルギーは、当初原子爆弾などの軍事用途に用いられていたが、戦後は発電用途(原子力発電)でも用いられるようになる。しかし、核分裂反応では放射性廃棄物が発生するために、特に原子力発電では放射性廃棄物の処分が問題となることも多い。エネルギー資源 フレッシュアイペディアより)

  • Mi-26 (航空機)

    Mi-26 (航空機)から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    1986年4月26日に発生したチェルノブイリ原発事故では、Mi-8などと共に上空から砂・鉛・ホウ素などを散布しての消火活動を行った。これらの機体は全てが高レベルの放射能で汚染されているため、放射性廃棄物として現在も発電所周辺に放置されている。Mi-26 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 核燃料サイクル開発機構

    核燃料サイクル開発機構から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    核燃料サイクル開発機構(かくねんりょうサイクルかいはつきこう、サイクル機構、Japan Nuclear Cycle Development Institute、JNC)は、高速増殖炉、核燃料物質の再処理、高レベル放射性廃棄物の処理・処分に関する技術開発をかつて行っていた特殊法人。動力炉・核燃料開発事業団を改組して1998年に設立された。2001年12月19日に閣議決定された特殊法人等整理合理化計画において「廃止した上で日本原子力研究所と統合し、新たに原子力研究開発を総合的に実施する独立行政法人を設置する方向で、平成16年度までに法案を提出する。」とされた。その後、2004年秋の臨時国会に日本原子力研究所との統合のための法案が提出され、2005年10月に日本原子力研究所と統合、日本原子力研究開発機構として再編された。核燃料サイクル開発機構 フレッシュアイペディアより)

  • 環境運動連合

    環境運動連合から見た核廃棄物放射性廃棄物

    1997年:ムンジャンデ・ヨンファ温泉建設反対運動、台湾の核廃棄物を北朝鮮に搬入することに反対する運動の展開、ウィチョン工業団地建設反対運動展開環境運動連合 フレッシュアイペディアより)

  • 原子核変換

    原子核変換から見た高レベル放射性廃棄物放射性廃棄物

    人工的に核種変換を起こす技術の事を核変換技術と言う。特に高エネルギーかつ長寿命の放射性核種を含む高レベル放射性廃棄物を、比較的短い時間で低レベルの放射性物質にすることを目指す研究が行われ、消滅処理とも呼ばれていた。原子核変換 フレッシュアイペディアより)

  • エプスドルファーグルント

    エプスドルファーグルントから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    ロスベルクの森には、1960年代末に設けられ、1990年代に近代化された、放射性廃棄物の州立集積所がある。ここは、医療、研究、工業、産業分野から廃棄された放射性物質のいわゆる中間貯蔵施設であり、約 400 m3が貯蔵される。エプスドルファーグルント フレッシュアイペディアより)

  • ケネス・ヘア

    ケネス・ヘアから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    ヘアが研究上の関心を寄せていた主題には、大気中の二酸化炭素、気候変動、旱魃、砂漠気候などがあった。ヘアは自然環境の保護を強く主張した人物であり、酸性雨、砂漠化、重金属、原子炉(および放射性廃棄物)、オゾン、温室効果ガス、気候変動などに関する様々な委員会等に関わった。カナダ原子力公社の研究開発助言パネル (the Research and Development Advisory Panel ) にも加わっており、スウェーデンやフランスにおける放射性廃棄物処理についての研究にも取り組んだ。ケネス・ヘア フレッシュアイペディアより)

179件中 81 - 90件表示

「放射性廃棄物」のニューストピックワード