218件中 81 - 90件表示
  • 沢山保太郎

    沢山保太郎から見た核廃棄物放射性廃棄物

    核廃棄物処理場・事前調査問題での対立候補勢力ではなく、沢山を雪崩的圧勝へ持ち込んだ原動力である、東洋町の沢山保太郎後援会が主軸となって批判している点が特異である。沢山保太郎 フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・ハーン

    デイヴィッド・ハーンから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    ハーンの原子炉は臨界質量にこそ達しなかったが、通常の環境放射線の1000倍をはるかに上回るほどの放射線を発する危険な装置であった。ハーンは不安に駆られて実験装置を破壊しようとしたが、偶然にも警察がその危険に気づくのが先だったため、彼の実験はFBIや原子力規制委員会を中心とする連邦放射線緊急事態対応計画の対象となった。1995年6月26日、環境保護庁はハーンの母親の土地を有害物質の浄化が必要なスーパーファンドに指定し、装置の置かれた納屋を取り壊すとともに、低レベルの放射性廃棄物をユタ州に埋めた。一方でハーンの母親は実験の全容が明らかになることで家屋を失ってしまうことを恐れ、放射性物質の大半を回収し、当局の把握しないところで一般ごみとして廃棄してしまった。ハーンもまた、放射線被ばくの医学的評価を受けることを拒絶した。デイヴィッド・ハーン フレッシュアイペディアより)

  • 放射性廃棄物処理設備

    放射性廃棄物処理設備から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    放射性廃棄物処理設備(ほうしゃせいはいきぶつ しょりせつび、英語:Radioactive Waste Management Facility)とは、主に原子力発電所の運転に伴って発生する比較的低い放射能レベルの放射性廃棄物を安全に処理・貯蔵するための設備である。放射性廃棄物処理設備 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年福島県知事選挙

    2014年福島県知事選挙から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)と福島第一原子力発電所事故後初の知事選であり、除染による放射性廃棄物の中間貯蔵施設建設受け入れの是非など、震災復興関連が争点になるとみられた。2014年福島県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • エプスドルファーグルント

    エプスドルファーグルントから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    ロスベルクの森には、1960年代末に設けられ、1990年代に近代化された、放射性廃棄物の州立集積所がある。ここは、医療、研究、工業、産業分野から廃棄された放射性物質のいわゆる中間貯蔵施設であり、約 400 m3が貯蔵される。エプスドルファーグルント フレッシュアイペディアより)

  • グリムゼル峠

    グリムゼル峠から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    峠は、ローヌ氷河のローヌ川の水源に近い。この地域にはさらに、地下放射性廃棄物処理の研究に利用されたグリムゼル実験場がある。グリムゼル峠 フレッシュアイペディアより)

  • レインボー・ウォーリア号 (初代)

    レインボー・ウォーリア号 (初代)から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    レインボー・ウォーリア号は捕鯨反対、アザラシ猟反対、核実験反対、核廃棄物海中投棄反対の活動船として世界各地に出没、アイスランド、カナダ、スペイン、フランス、ソ連等々、様々な国の漁船団と、また沿岸警備隊や海軍と衝突しては拿捕されるということを繰り返した。85年、アメリカの核実験により放射能汚染の危険性があると考えられたマーシャル諸島はロンゲラップ環礁から、島民を他の島に移住させるための輸送作戦を行った後、レインボー・ウォーリア号は予定されていたフランスのムルロア環礁における核実験に抗議するためにニュージーランドに向かった。レインボー・ウォーリア号 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 核燃料サイクル開発機構

    核燃料サイクル開発機構から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    核燃料サイクル開発機構(かくねんりょうサイクルかいはつきこう、サイクル機構、Japan Nuclear Cycle Development Institute、JNC)は、高速増殖炉、核燃料物質の再処理、高レベル放射性廃棄物の処理・処分に関する技術開発をかつて行っていた特殊法人。動力炉・核燃料開発事業団を改組して1998年に設立された。2001年12月19日に閣議決定された特殊法人等整理合理化計画において「廃止した上で日本原子力研究所と統合し、新たに原子力研究開発を総合的に実施する独立行政法人を設置する方向で、平成16年度までに法案を提出する。」とされた。その後、2004年秋の臨時国会に日本原子力研究所との統合のための法案が提出され、2005年10月に日本原子力研究所と統合、日本原子力研究開発機構として再編された。核燃料サイクル開発機構 フレッシュアイペディアより)

  • フォートカルフーン原子力発電所

    フォートカルフーン原子力発電所から見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    フォートカルフーンには、使用済み核燃料を格納する深さ 12m の貯蔵プールがあるが、2006年にプールのキャパシティへ達した後は、オマハ電力公社はドライキャスクに使用済み核燃料を保管するようになった。フォートカルフーン原子力発電所は全部で 270トンから 360トンの高レベル放射性廃棄物を保有している。容器は永久に使用済み核燃料を収納できるものではなく、ユッカ山核燃料貯蔵施設での貯蔵を停止したとき、オマハ電力公社は「必要であれば、現場で問題なく燃料を保管する準備はできている」と述べた。フォートカルフーン原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 丹生ダム

    丹生ダムから見た放射性廃棄物放射性廃棄物

    丹生ダムについて建設予定地である地元・余呉町は、知事の施策に対し一貫して反発の姿勢を見せた。長年の懸案である高時川の治水対策が根本から覆される事に対する反発と、ダムによる固定資産税の還元という歳入、及びダムにより出現する人造湖を活かした観光開発などによって財政再建を目指していたことから余呉町は知事に対し激しく反発し対決姿勢を鮮明にした。町側は仮にダム中止により財政再建が望めない場合、電源三法に基づく電源立地交付金の取得を目的に原子力発電環境整備機構による高レベル放射性廃棄物処分場の誘致に立候補すると表明したが、放射性廃棄物の問題により当時の町長は再選出馬せず、結果的には嘉田知事派の町長が就任することとなった。また、その影響か、余呉出身で五期目であった県議が2007年の統一地方選挙における滋賀県議会議員選挙の出馬を見送る事態となった。丹生ダム フレッシュアイペディアより)

218件中 81 - 90件表示

「放射性廃棄物」のニューストピックワード