129件中 21 - 30件表示
  • 放射性廃棄物

    放射性廃棄物から見た医療

    原子力施設や核兵器関連施設以外にも、原子力の研究施設や大学、医療分野や民間産業分野、農業分野などでも放射性物質を使用する場合があるので、放射性廃棄物は発生する。放射性廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 放射性廃棄物

    放射性廃棄物から見た放射能

    放射性廃棄物の問題は、扱っている対象が放射能を持つ放射性物質であるという事実である。放射性廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 放射性廃棄物

    放射性廃棄物から見た農業

    原子力施設や核兵器関連施設以外にも、原子力の研究施設や大学、医療分野や民間産業分野、農業分野などでも放射性物質を使用する場合があるので、放射性廃棄物は発生する。放射性廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 放射性廃棄物

    放射性廃棄物から見た内部被曝

    劣化ウラン弾の金属ウランは、目標命中時の変形エネルギーで微粉末化され、空中で直ちに酸素と結合して激しく燃焼して周囲に拡散するため、被害者が戦闘員だけに限定されず、付近に人や動物が居れば呼吸器から容易に吸い込まれる。わずかであるが残留している放射性同位体(234Uなど)による内部被曝を起こしているとして、国際的な社会問題になっている。重金属としての化学毒性もある。放射性廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 放射性廃棄物

    放射性廃棄物から見た政府開発援助

    なお、バーゼル条約により、締結国は有害な廃棄物の輸出・入は厳しく制限され、政府開発援助と抱き合わせで発展途上国に引き取らせるなどの方法は禁止されている。環境上適正な処分について可能な限り国内の処分施設の確保が求められている。放射性廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 放射性廃棄物

    放射性廃棄物から見たテロリズム

    テロリズムの手段として、放射性廃棄物の撒布(汚い爆弾)が考えられており、放射性廃棄物の管理を厳重に行なわれなければならない理由のひとつとされる。IAEAにより国際規制物資として監視下にある。放射性廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 放射性廃棄物

    放射性廃棄物から見た六ヶ所低レベル放射性廃棄物埋設センター

    余裕深度処分 低レベル放射性廃棄物の内、放射能レベルの高いものは21世紀初頭において一般に地下利用の無い地下50~100メートルに作られる人工構造物(トンネル型またはサイロ型施設)に搬入され埋設される。処分対象は制御棒、炉内構造物、放射化金属および燃料加工や再処理施設におけるプロセス廃棄物等である。管理期間は数百年。処分・管理方法等については調査中である。日本原燃の六ヶ所低レベル放射性廃棄物埋設センターにて次の三号施設として調査中。放射性廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 放射性廃棄物

    放射性廃棄物から見た地層処分

    これらの廃棄物は、半減期の長い長寿命核種(特に、マイナーアクチニド (MA) のネプツニウム、アメリシウム、キュリウムには、半減期が数万年に及ぶものもある)が含まれており、時間経過による減衰は考慮できないため、短寿命で放射線量の多い放射性物質の減衰を目的として、一定期間の管理を行ったうえで、人間界から隔絶するために地下深くに埋設して処分する地層処分が、主に関係する諸国で検討されている。放射性廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 放射性廃棄物

    放射性廃棄物から見た再処理工場

    原子力発電所から出る放射性廃棄物の場合、原子炉で燃焼した燃料棒(使用済燃料)や、作業員が使用した衣服(→放射線防護服)やこれの除染に用いた水など多岐に渡る。使用済燃料は一時保管した後、再処理工場に運ばれる。再処理工場からは、燃料棒の部品(ハル・エンドピース)、また燃料棒のペレットに含まれる核分裂反応による生成物(核分裂生成物)や、湿式によるウラン・プルトニウムの分離抽出の過程で発生した廃液などの放射性廃棄物が発生する。さらに運用終了した原子力発電所の解体時には、放射化により放射能を持った原子炉そのものが放射性廃棄物となってしまう。放射性廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 放射性廃棄物

    放射性廃棄物から見た黒鉛炉

    核施設を空爆される恐れがない場合においては、ウランの濃縮作業に大量の電力を消費するより、239Pu を生産するための兵器級プルトニウム生産炉(黒鉛炉)を構築し発電しながら核兵器を作ったほうが、安価に大量の核兵器を生産できる。しかしながら、発電しながらでは高品質のプルトニウムの生産効率が今ひとつ悪いため、戦略核兵器用に短時間で大量の核弾頭を生産するには不利である。そのため、発電を放棄し兵器級プルトニウム生産に特化した黒鉛炉(パイルと呼ばれる)が使用される。ウラン原爆は経年劣化がなく取り扱いやすい優秀な兵器が作れる半面、ウラン濃縮に大変な電力と時間が必要されるため、核兵器を大量に作るには不適切である、というより非実用的である。そのため、5大国の核兵器は実験用を除くほとんどすべてがプルトニウム爆弾であり、北朝鮮も黒鉛炉で兵器級プルトニウムを生産している。しかし、一般の民生発電用の沸騰水型原子炉や加圧水型原子炉の使用済み核燃料を再処理工場で処理して取れるプルトニウムは(特別に燃料棒を早く抜き出さない限り) 240Pu 含有量が高すぎる。そのため、濃縮技術で 239Pu 含有量を高め、240Pu 含有量を9%以下にするなどの特別な処理をしない限りは核爆弾を作っても不完全核爆発を起こす。そのため、爆弾はサイズだけは巨大化するが爆発力はせいぜい1キロトン止まりなので、兵器としては現実的でない。一般的な兵器用プルトニウムの生産では、パイルとよばれる専用の黒鉛炉で新しいウラン燃料を使って短期間(おそらく数か月など)燃焼させた核燃料を取り出して利用する。必要なプルトニウム 239Pu がある程度できており、反面、不要なプルトニウム 240Pu が非常に少ない。このためIAEAは商用原子炉の核燃料交換作業に非常に注意を払っている。放射性廃棄物 フレッシュアイペディアより)

129件中 21 - 30件表示

「放射性廃棄物」のニューストピックワード