前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • 大相撲野球賭博問題

    大相撲野球賭博問題から見た魁傑將晃魁傑將晃

    7月4日、臨時理事会で、勧告案のうち相撲協会が受け入れた処分が決定され、琴光喜は退職金は出す解雇、大嶽親方は退職金を出さない解雇となった。また、これまで正式には公表されていなかった野球賭博関与力士、関係者、及びその他の違法賭博関与力士の名前が公表され、野球賭博関与者27名、それ以外の違法賭博関与者49名(このうち未成年者3名の名前は非公開)とされており同日これらの力士らは謝罪している(詳細な処分は後述)。謹慎処分となった武蔵川理事長の代理に協会の外部理事の村山弘義を決めている。これに関しては親方たちから代行に外部者をすえることに反発する声が出て、放駒理事をおす声もあったが、特別調査委員会のメンバーもそれに対して反発したことから、最終的には親方側が折れ、村山で落ち着いている。理事会は同日、希望者の名古屋場所のチケットの払い戻しを受け付けることも決定した。この問題の影響で名古屋場所の番付発表が1週間延期され、7月5日となったが、番付表には前日に解雇になった琴光喜や大嶽親方の名前が載ることになった。大相撲野球賭博問題 フレッシュアイペディアより)

  • 一門 (相撲)

    一門 (相撲)から見た魁傑將晃魁傑將晃

    2010年1月の理事選ではこの勢力図が大きく様変わりした。3名枠を持つ二所ノ関一門では、事前投票で現職理事の10代二所ノ関(関脇・金剛)と17代放駒(大関・魁傑)に加え、13代鳴戸(横綱・隆の里)を擁立することで調整を図ろうとした。しかし、貴乃花が一門の意向に反して理事選への立候補を強行し、自ら一門から脱退する形となった。その後、13代鳴戸が理事への立候補を取り下げたものの、1名ずつ枠を持っていた時津風一門と高砂一門が協力して3名の理事を出す意向を固めたために立候補者が11名となり、8年ぶりに理事選挙が行われた。一門 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 大乃国康

    大乃国康から見た魁傑將晃魁傑將晃

    芽室中学校では柔道部に所属し、芽室町の学年別大会で優勝したほか全十勝中体連大会・北北海道大会でも優勝するほどの強豪だった。身体の大きさを見込まれただけで出場した陸上競技大会では全く練習していなかった砲丸投げに出場させられたもののいきなり優勝してしまい、東海大学付属第四高等学校から勧誘されたほどである。数々の大会で優勝していた自信から入学に乗り気だったが、夏に地元で行われた巡業を柔道部全員で見学に行った際に、恵まれた体格をした青木少年を見つけた人物から成り行きでまわしを付けられ、相撲を取らされた。かなりの力量を引退したばかりの若十勝正雄に見出され、連絡を受けた魁傑から勧誘を受けたが、親族会議を開催したものの進学を決めていたために逃げ回った。「部屋見学だけでも」と熱心に食い下がれたために4泊5日で部屋へ見学に行くと、東京見物をさせてもらった上に小遣いをもらい、靴も買ってもらえたために気持ちが揺らぎ、翌年の入学願書締切日の前日に魁傑から電話で「柔道じゃ食っていけないよ」と言われたことで決心が固まり、内弟子として入門。大乃国康 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た魁傑將晃魁傑將晃

    2008年9月8日、弟子の白露山の関与も明らかとなった大相撲力士大麻問題が世間の耳目を集める中で開催された日本相撲協会の臨時理事会において、理事長を辞任して理事(大阪場所担当部長)に降格することを発表、後任理事長には武蔵川が選出された。2010年8月に後任の武蔵川が辞任した際の理事長選挙に再び立候補したものの、4票しか獲得できず、8票獲得した放駒に敗れた。2011年4月6日、大相撲八百長問題で弟子が関与したことを受けて、理事から役員待遇委員(大阪場所担当部長代理)に降格。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た魁傑將晃魁傑將晃

    1970年7月場所には新三役となる西小結へ昇進し、横綱・大鵬と玉の海を破って初の殊勲賞を受賞した。その後も幕内上位に定着し、1971年11月場所には西小結の位置で11勝4敗の好成績を挙げて初の技能賞を受賞して、長谷川・貴ノ花・輪島・魁傑と共に大関候補として大いに期待され、これらの力士は三角大福にあやかって「貴輪三魁(きりんさんかい)」と呼ばれることもあった。しかし、1972年ごろから肝臓病が悪化して、1973年9月場所から1975年3月場所まで平幕に在位した。1975年5月場所には関脇へ復帰し、同年9月場所において11勝4敗の好成績を挙げ、続く11月場所では13勝2敗の成績を挙げて初の幕内優勝を果たし、翌1976年1月場所において大関へ昇進した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た魁傑將晃魁傑將晃

    また理事長が停年前に理事長職を辞し、停年退職まで「相談役」として番付に掲載(2000年(平成12年)以降では境川尚、時津風勝男、武蔵川晃偉、放駒輝門)されることもある。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 大鷲平

    大鷲平から見た魁傑將晃魁傑將晃

    入幕後はその長身を生かし、肩越しから取る上手から攻める相撲で、主に幕内中位から下位で活躍した。だが、立ち合いが拙く、押しに弱いという欠点があったため幕内上位では活躍できなかった。横綱・大関陣との対戦圏内には2度進出したが、いずれも大敗している(1975年1月場所・・・5勝10敗、1976年5月場所・・・3勝12敗)。1974年11月場所で、優勝した小結・魁傑から14日目に挙げた勝利が、数少ない印象に残る勝ち星である。大鷲平 フレッシュアイペディアより)

  • 神幸勝紀

    神幸勝紀から見た魁傑將晃魁傑將晃

    小国町立小国中学校在学時より柔道で活躍し、地元の県立小国高校でも柔道を続けた(2段まで昇ったという)。2年生の時、伊勢ヶ濱親方(元横綱・照國)のスカウトを受け、高校を中退して伊勢ヶ濱部屋に入門。1966年9月、16歳で初土俵を踏んだ。同期の初土俵組には、後の大関・魁傑らがいる。神幸勝紀 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年の相撲

    1975年の相撲から見た魁傑将晃魁傑將晃

    魁傑が新大関に昇進。(3月)1975年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 保志光信一

    保志光信一から見た魁傑將晃魁傑將晃

    2011年4月1日、大相撲八百長問題に関する相撲協会臨時理事会の結果、引退勧告を受け、他の処分を受けたモンゴル人力士や白鵬と話し合った結果、4月5日に引退届を提出し受理された。この引退によりモンゴルに住む家族が中傷されており、同じく八百長問題で引退した徳瀬川、光龍、白馬、猛虎浪とモンゴルで釈明会見を近日中に行う予定。4月7日、保志光と共に相撲協会を訪れ、放駒理事長らに最後の挨拶をした。保志光信一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示

「西森輝門」のニューストピックワード