71件中 31 - 40件表示
  • 荒勢永英

    荒勢永英から見た魁傑將晃魁傑將晃

    実家は農家。高知中学校在学時より相撲を始め高知高校、日本大学と相撲部で活躍。大学卒業を目前にした1972年1月に花籠部屋へ入門し同月、幕下付出で初土俵を踏んだ。当初の四股名は本名の「荒瀬」。以来一度の負け越しも無く、1973年7月場所に24歳で入幕を果たした。大学時代の2年先輩でもある横綱・輪島の土俵入りで露払いを務め、太刀持ちを務めた日大(柔道部)中退の魁傑とともに「日大トリオの土俵入り」と話題になった。荒勢永英 フレッシュアイペディアより)

  • 露鵬幸生

    露鵬幸生から見た魁傑魁傑將晃

    2007年5月場所初日では待ったをかけたか否かで行司木村正直と揉めて、悪態をつき、九重審判部副部長から苦言を呈された。又、同場所3日目にも対高見盛戦で、既に勝利が決まっているにも拘わらず、高見盛を土俵下へ突き落とした。翌日高見盛に直接謝罪したものの、放駒審判部長(元大関魁傑)は「これ以上問題を起こせば、何か考えないといけない」と話していた。露鵬幸生 フレッシュアイペディアより)

  • 河津掛け

    河津掛けから見た魁傑將晃魁傑將晃

    大相撲ではあまり見ることの無い珍しい決まり手の一つだが、かつて元関脇陸奥嵐(1975年7月場所11日目、対大関魁傑戦1)や、元大関貴ノ浪が得意としていた技だった。最近では、2012年3月場所5日目で、前頭16枚目隆の山が同14枚目勢に勝った一番がある。河津掛け フレッシュアイペディアより)

  • 花籠部屋

    花籠部屋から見た魁傑將晃魁傑將晃

    1952年(昭和27年)5月場所限りで引退した二所ノ関部屋(大関・佐賀ノ花)所属の元幕内・大ノ海は、年寄・芝田山を襲名すると共に幕内・初代若乃花など数名の内弟子を連れて二所ノ関部屋から分家独立して芝田山部屋を創設した後、1953年5月に名跡変更を行って11代花籠を襲名して、同時に部屋の名称を芝田山部屋から花籠部屋へと改めた。11代花籠は、横綱・若乃花(初代)や横綱・輪島、大関・魁傑、関脇・若秩父、関脇・荒勢などといった錚々たる面々の関取を育て上げ、花籠部屋を大勢力へと成長させた。花籠部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 忌宮神社

    忌宮神社から見た魁傑將晃魁傑將晃

    また、魁傑將晃が現役時代、荒熊稲荷神社で九州場所の必勝祈願を行い優勝したことが縁となり、毎年11月3日の三日相撲に合わせて参拝する。荒熊稲荷神社脇には相撲資料館が併設され魁傑や大乃国康(現:芝田山)の化粧まわしや優勝杯、大銀杏などが展示されている。忌宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • 旭國斗雄

    旭國斗雄から見た魁傑將晃魁傑將晃

    それでも持病の膵臓炎で度々入院治療を続けながら、翌昭和53年(1978年)3月場所7日目、魁傑との取組で二度水入りの大相撲となり、勝負がつかずに両者に休憩時間を与えるべく当日の結びの一番(北の湖敏満 - 青葉山弘年戦)を先に行い、10分後に改めて取り直し、これも大相撲となって3度目の水入りかという所で力尽き掬い投げで敗北を喫したものの合計10分19秒の大熱戦で、場所前に退院したばかりの旭國にとっては正に「土俵上で死ねたら本望」の言葉通りの相撲であった。昭和54年(1979年)9月場所7日目に、同期生である新横綱・三重ノ海との対戦で負傷して途中休場後、再起は難しいと考えて引退した。現役引退に際し、「一度は優勝したかった」と名残惜しそうに述べていた。旭國斗雄 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年の相撲

    1974年の相撲から見た魁傑將晃魁傑將晃

    幕内最高優勝 : 魁傑將晃(12勝3敗,1回目)1974年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川勝敏

    長谷川勝敏から見た魁傑將晃魁傑將晃

    長く大関候補と呼ばれ、1972年(昭和47年)3月場所関脇で12勝3敗、優勝決定戦で前頭7枚目魁傑を大熱戦の末下し優勝。前場所も優勝者に次ぐ10勝5敗で大関昇進との声も上がったが、当時4人いた大関の琴櫻、清國、大麒麟、前の山が揃って不振で、そのうえ大関同士の無気力相撲に対する批判、大関が弱く「粗製乱造」の批判が上がっていたことなどから、運悪く昇進を逃した。長谷川勝敏 フレッシュアイペディアより)

  • 臥牙丸勝

    臥牙丸勝から見た魁傑將晃魁傑將晃

    2011年1月14日、墨田区内のインド料理店で食事中の際に黒海と口論になり、店の厨房と客席を仕切るガラス扉を割った上に天井に穴を開けていたことが判明し、その際、店長からの警察への通報により器物破損罪容疑で警視庁本所警察署から事情聴取を受けたということが同年1月24日に明らかになった。黒海は「親類を亡くして落ち込んでいた臥牙丸を励ましていたが、立ち上がった際にガラスが手に当たった」と説明している。黒海の師匠である追手風親方は騒動から5日経過した1月19日に放駒理事長に事件について報告し、同年1月24日に黒海・臥牙丸の両者と監督責任として追手風親方が放駒理事長から厳重注意を受けた。放駒理事長は「喧嘩したとは聞いていない。ただ、(本場所中の)そんな時間まで顔が合う(取組が組まれる)力士(同士)が飲んでいたのは問題だ」と本場所中の騒動であったことを問題視し、放駒理事長は同年2月1日に開かれた力士会において両者に対して注意を行った。店側とは既に示談が成立している。臥牙丸勝 フレッシュアイペディアより)

  • 豊響隆太

    豊響隆太から見た魁傑將晃魁傑將晃

    山口県出身の関取は魁傑以降、琴岩国まで誕生しなかったが、2006年は豊真将・豊響と下関市から2人の山口県出身関取を輩出した。地元では先輩・豊真将に続いてほしいという期待が高まっている。豊響隆太 フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示

「西森輝門」のニューストピックワード