71件中 41 - 50件表示
  • 魁猛

    魁猛から見た魁傑將晃魁傑將晃

    来日前はモンゴルでバスケットボールに勤しんでいたが、放駒親方(元大関・魁傑)が大相撲の世界へスカウトしたことをきっかけで入門を決意。通っていた高校を2年次で中退し、放駒部屋に入門。2003年5月場所で初土俵を踏んだ。初土俵時の四股名は「若虎」。魁猛 フレッシュアイペディアより)

  • 若乃島史也

    若乃島史也から見た魁傑將晃魁傑將晃

    復帰場所から3場所連続で6勝1敗の好成績を上げ続け、2005年5月場所では初めての幕下。2番相撲から3連敗を喫して一時は1勝3敗と後が無い星取になったが、5番相撲からの3連勝で勝ち越しを極め、翌場所は幕下中位に番付を上げる。しかしその後は幕下中位から三段目上位の壁にぶつかり、一進一退が続いた。そんな中、2008年3月場所からはそれまで本名をそのまま使用していた四股名を若乃島と改めている。2010年9月場所からは幕下に定着し(奇しくも、この場所前に師匠の放駒親方(元大関・魁傑)が日本相撲協会第11代理事長に就任している)、2011年9月場所からは幕下上位の十両昇進が見える番付に定着している。2013年1月場所後、師匠の停年(定年)退職を控えて放駒部屋が閉鎖されたため、芝田山部屋に移籍した。若乃島史也 フレッシュアイペディアより)

  • 栃ノ心剛

    栃ノ心剛から見た魁傑將晃魁傑將晃

    10月18日、同月14日に門限や服装規定を破った栃ノ心ら弟子3人が師匠である春日野親方に腹や背中を素手やゴルフクラブのアイアンで殴られるなどした暴行容疑が浮上し、師匠と栃ノ心らは警視庁本所警察署で事情聴取を受けた。栃ノ心は14日に暴行を受けてから部屋を出て行き16日まで部屋に戻らなかったが、その後春日野親方に土下座して謝罪し自分の非を認め、被害届を提出しない意向である。「自分が悪いことをした。これからはこういうことがないように頑張る」とコメントした。関係者によると、栃ノ心は門限破りと服装違反の常習犯であり、当面は土俵内での申し合いと外出が禁止され、事実上謹慎状態にあり、栃ノ心は「(申し合い)稽古はしたいけど仕方ない」と反省している。ちなみに、同月5日に開かれた研修会で集まった力士に対し、放駒理事長は外出時の服装など日常の行動について注意した矢先の出来事だった。師匠は「関取たる者、相撲だけじゃなく、態度や言動も伴っていないといけない。栃ノ心は、もうちょっと『心』をしっかりしてほしい」と語った。27日、師匠は九州場所入りしても反省の色が見えない限り、当面は土俵内の稽古を禁止すると記者に答えた。「反省か何かがないと。嫌なら辞めてもらうしかない」とも語っている。その後謹慎は解かれたが、土俵上では精彩を欠く相撲内容がしばらく続いていた。しかし次第に調子を取り戻し、2012年9月場所は東京場所で初めての三役となったが、6勝9敗と負け越してしまった。栃ノ心剛 フレッシュアイペディアより)

  • 翔傑喜昭

    翔傑喜昭から見た魁傑將晃魁傑將晃

    駒乃富士の名は部屋の若者頭である花ノ国が命名した。翔傑の名は、壁を突破する機を掴もうと考え、羽ばたく思いと、入門時の師匠だった17代放駒親方の現役時代の四股名である魁傑に因んで自分で命名した。出身地に因んだ伊豆ノ国も候補に挙がった。翔傑喜昭 フレッシュアイペディアより)

  • 1948年

    1948年から見た魁傑將晃魁傑將晃

    2月16日 - 魁傑將晃、元大相撲力士・第11代日本相撲協会理事長・元放駒親方1948年 フレッシュアイペディアより)

  • 下関市

    下関市から見た魁傑將晃魁傑將晃

    魁傑將晃(大相撲力士・元大関、第11代日本相撲協会理事長)小学3年から高校卒業まで下関で育つ下関市 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦日向子

    杉浦日向子から見た魁傑將晃魁傑將晃

    高校時代に大相撲が好きになり、特に魁傑のファンになる(のちに魁傑の弟子の大乃国も、大ファンになっている)。しかし、数学や物理が好きな、理系少女でもあった。杉浦日向子 フレッシュアイペディアより)

  • 幕下付出

    幕下付出から見た魁傑將晃魁傑將晃

    この際、放駒審判部長は「昇進の権利があるが、第一優先ではない」と述べ、北の湖理事長は「東西の番付に力士はおり、付出は正位より地位が下である(同等ではない)」との見解を述べた。ただし、龍皇を優先したとしてもこの場所十両東8枚目で5勝10敗であった隆乃若を幕下に陥落させることも可能であったが、幕下15枚目格付出で全勝優勝した下田の翌場所の番付での十両昇進はならなかった。幕下付出 フレッシュアイペディアより)

  • 大関

    大関から見た魁傑將晃魁傑將晃

    この大関特例復帰の制度で、関脇から大関に再昇進した例は4人(三重ノ海、貴ノ浪、武双山、栃東)で5度(栃東が2度)である。三重ノ海はのちに横綱昇進も果たしている。貴ノ浪は一度大関特例復帰を果たしたが、そのわずか2場所後関脇に再陥落しており、再度の大関特例復帰はならなかった。この特例復帰の場合は、新大関に昇進するのと同様に新番付発表を待たずに、大関復帰が決定した場所の直後から大関として扱われる。また、大関への再昇進伝達式は行われない。なお、魁傑は大関を陥落した翌場所に10勝を挙げられず平幕に落ちた後、この制度の恩典にあずからずに大関に復帰しており、その際には再昇進伝達式が行われている。大関 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た魁傑將晃魁傑將晃

    またこの頃、貴ノ花と同部屋の魁傑(後の年寄・放駒)の3人で“阿佐ヶ谷トリオ”と呼ばれた。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示

「西森輝門」のニューストピックワード