71件中 51 - 60件表示
  • 千代の富士貢

    千代の富士貢から見た魁傑將晃魁傑將晃

    日本相撲協会では、1994年に武蔵川と揃って役員待遇に昇格し、審判部副部長を務めていたが、評議員が少ない高砂一門に所属しており、さらに一門内でも外様出身であるため、理事に立候補することが出来ずにいた。また、1998年に弟弟子の八角が格上の監事に就任したり、貴乃花が理事選に立候補を仄めかした際には「九重ですら理事になれないんだから、親方になったばかりの貴乃花に務まる訳がない」と順番を考慮する発言を誰もしなかったなど、協会内での出世や評価は現役時代の実績に比べて芳しくなかった。審判部長は理事が担当するため、古くから審判部副部長職にあるにも関わらず、二子山・押尾川・放駒と3代続いて大関止まりの理事が九重を抑えて審判部長に就任していたことから、「副部長を務めている」というよりも「部長に昇進できずにいる」という感が漂っていた。千代の富士貢 フレッシュアイペディアより)

  • 隆の里俊英

    隆の里俊英から見た魁傑將晃魁傑將晃

    晩年の鳴戸は現役時代より体重が30kg以上増え、少々歩くと呼吸が荒くなることもあり、本場所中に入院し、場所中の監察委員の業務を休んだこともあった。2000年ごろから心臓疾患があり、心臓発作時に服用する薬を常備するほどであった。睡眠時無呼吸症候群も併発したほか喘息に苦しんでおり、放駒理事長(当時)によると、最後は肺炎も起こしていたという。鳴戸の主治医によると両脚に蜂窩織炎もあり、40度の高熱を出すこともあった。隆の里俊英 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た魁傑將晃魁傑將晃

    2013年1月場所は関脇の地位で10勝以上を挙げれば、1場所で大関特例復帰だった。だが2日目の琴奨菊戦で早くも土、3日目の豪栄道戦も連敗するなど序盤から波に乗れず、13日目の高安戦でついに6敗目を喫してしまい、これで大関再昇進の夢は断たれた。千秋楽の勢戦は取り直しの末白星で終え、8勝7敗とぎりぎり勝ち越し。ちなみに、関脇陥落場所で大関復活ならずも勝ち越した力士は、1974年7月場所の大受(9勝6敗)以来39年ぶり2人目。なお現行の降格制度になった1969年7月場所以降、大関から関脇陥落した力士は把瑠都の他13人おり、10勝以上の特例復帰のチャンスを逃した後で大関再昇進した力士は、魁傑ただ1人しかいない。ただし雅山は2001年11月場所で関脇陥落後、2006年7月場所で再びチャンスが巡り、三役で3場所連続2桁の34勝(11敗)と十分な星を挙げたが、結局大関復帰が見送られたケースがある。それゆえに今後も、把瑠都の再大関への道のりは極めて厳しいと見る向きが多い。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 角番

    角番から見た魁傑將晃魁傑將晃

    また関脇陥落場所で特例復帰の10勝を挙げられずに、のちに大関復帰を果たした力士は魁傑ただ1人である。魁傑は1975年(昭和50年)11月場所で大関から関脇へ陥落決定後、一時は平幕の地位に落ちていた。次の1976年(昭和51年)9月場所では14勝1敗で平幕優勝を果たしており、同年11月場所は関脇に復活して11勝4敗、翌1977年(昭和52年)1月場所も11勝4敗で、幕内上位で3場所36勝9敗の好成績を挙げて同年3月場所に大関再昇進を果たした。しかし2度目の大関昇進から、4場所後の同年9月場所を最後に再び大関から関脇に陥落し、その後は大関再復帰は果たせず1979年(昭和54年)1月場所をもって、平幕の地位で現役を引退した。角番 フレッシュアイペディアより)

  • 稀勢の里寛

    稀勢の里寛から見た魁傑將晃魁傑將晃

    11月場所では直前に師匠(鳴戸)が急逝するという事態に見舞われる中で土俵に上がった。初日から4連勝の後、5日目に平幕の豪栄道に敗れるなどしたものの、14日目に10勝目をあげ、この時点で大関昇進の目安である直前3場所33勝まであと1勝(32勝)となったが、最近6場所中5場所で2桁勝利を挙げていること、横綱白鵬に対し3勝3敗と互角であることや相撲内容から千秋楽の結果を待たずに審判部が会議を開き、臨時理事会を開催するよう放駒理事長(元大関魁傑)に満場一致で要請し、30日に理事会の開催が決定。理事会で大関昇進が見送られた例がない(横綱昇進の場合のみ)ため事実上大関昇進が決定した。千秋楽は琴奨菊に敗れて(この敗戦により対琴奨菊戦は前年の11月場所から6連敗となった)10勝5敗に終わったが、相撲内容が評価されて技能賞を受賞した。しかし一部のマスコミ関係者などは、稀勢の里の大関昇進に対し疑問の声も少なからず存在していた。稀勢の里寛 フレッシュアイペディアより)

  • 岩国市

    岩国市から見た魁傑将晃魁傑將晃

    魁傑将晃 - 元大相撲力士、日本相撲協会理事長岩国市 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た魁傑將晃魁傑將晃

    2011年1月14日早朝、墨田区内のインド料理店で食事中に臥牙丸と口論になり喧嘩に発展、店の厨房と客席を仕切るガラス扉を割り、天井に穴を開けていた事が1月24日に判明。店長が「酔っ払いが騒ぎを起こし、ガラスを壊された」と警察に通報、双方とも酒に酔っており器物破損罪容疑で警視庁本所警察署から事情聴取を受ける、と報道された。しかし黒海は、「親類を亡くして落ち込んでいた臥牙丸を励ましていたが、立ち上がった際にガラスが手に当たった」と語り、追手風親方は重きを見て、騒動から5日経過した19日に放駒理事長に報告。24日、黒海・臥牙丸と監督不行き届きと見られた追手風親方が厳重注意を受けた。放駒理事長は「けんかしたとは聞いていない。ただ、(本場所の)そんな時間まで顔が合う力士(=取組が組まれる力士同士)が飲んでいたのは問題だ」と本場所中の騒動であったことを問題視しており、2月1日の力士会で注意された。5月27日、この件で書類送検された。店側とは既に示談が成立している。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た魁傑將晃魁傑將晃

    2010年1月場所後に行われる理事選に立候補することを表明。2010年2月の相撲協会理事選挙は10人の改選で5つある一門ごとに理事候補を調整して無投票で決定することが慣例となっており、二所ノ関一門は既に現職理事の放駒と二所ノ関のほか、新人の鳴戸が立候補を予定しているが、これに貴乃花が加わって4人の投票になるところであった。2009年12月から一門で候補者選定会議が行われ、4人の中で最年少であった貴乃花に対して立候補を断念させる方針に傾き、貴乃花は2010年1月8日に一門を離脱し単独で理事選に出馬することを正式に表明した。一部マスコミでは「貴の乱」と称した。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 水入り

    水入りから見た魁傑將晃魁傑將晃

    取り組みが再開した後は、すぐに勝負が決する場合もあるが、疲労のため再度長時間の相撲となることがある。2度目の水入りとなった場合は審判委員の協議の上、後の取組を挟んで取り直しとなる。有名な例としては1978年(昭和53年)3月場所7日目の大関旭國 - 前頭4枚目魁傑戦(掬い投げで魁傑の勝ち)、2001年(平成13年)5月場所6日目の大関武双山 - 小結琴光喜戦(寄り切りで琴光喜の勝ち)がある。それでも水が入る場合には、引き分けとする。引分は幕内では1974年(昭和49年)9月場所11日目の前頭6枚目二子岳 - 同10枚目三重ノ海戦で水入りの後、二番後取り直しとなったが決着がつかず引き分けとなり、これ以降35年以上も出ていない。水入り フレッシュアイペディアより)

  • ジンクス

    ジンクスから見た魁傑將晃魁傑將晃

    優勝制度の始まった明治42年6月場所の高見山以来、6人連続で最高で関脇止まりだった。昭和8年1月場所「幕内格別席」で優勝した男女ノ川がのちに第34代横綱まで昇進してこのジンクスは破られた(ただし、「別席」は春秋園事件で日本相撲協会を脱退した幕内力士が復帰する際に設けられた地位で、脱退しなければ三役に上がっていた可能性のある実力者でも別席に入れられた)が、その後も平幕優勝を経験して大関以上に昇進したのは佐田の山(第50代横綱)、魁傑(再大関)、貴花田(第65代横綱)、琴光喜の20人中4人がいるだけとなる。ジンクス フレッシュアイペディアより)

71件中 51 - 60件表示

「西森輝門」のニューストピックワード