57件中 11 - 20件表示
  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た味の素ゼネラルフーヅ

    AGF「コーヒーギフト」(檀ふみと共演)魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た若乃花幹士 (2代)

    しかし9月場所では前頭4枚目で14勝1敗を挙げて2度目の優勝(元大関の平幕優勝は史上初)、11月場所には関脇に復帰して11勝4敗、1977年1月場所も11勝4敗の好成績を収め、3場所通算で36勝9敗の好成績により若三杉と共に大関推挙を受けた。本来大関推挙を伝える使者が来るのは1度きりのところ、返り咲きとなる魁傑にも使者が送られた。当時魁傑本人はその時「一度大関の名を汚しちゃったので、(口上で)何と言えばいいのかなあ」と言っていたらしい。なお、現行の「大関は2場所連続負け越しで関脇に陥落、直後の場所で10勝すれば即復帰できる」という制度ができて以降、大関陥落の翌場所に10勝を挙げられず後に大関復活を果たし、さらに2度も大関推挙を受けた力士は、現在まで魁傑ただ1人のみである。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た北の富士勝昭

    1971年(昭和46年)9月場所に新入幕、この場所は7勝8敗と負け越すが幕内にとどまり、11月場所は8勝7敗、1972年(昭和47年)1月場所は7勝8敗、どうにか幕内を維持しているといった程度の凡庸な成績が続いた。しかし3月場所は絶好調で、横綱・北の富士とこの場所大関とりとなる関脇・長谷川らを倒して12勝3敗、長谷川との優勝決定戦では作戦にはまって負けて初優勝はお預けとなった。この頃から輪島、貴ノ花らと並んで「阿佐ヶ谷トリオ」として注目され、特に魁傑は朴訥とした優しいお兄さん的な顔立ちが女学生に受けて絶大な人気を博した。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た日本大学

    日本大学文理学部中退。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た音無美紀子音無 美紀子

    ヤマサ醤油「さしみしょうゆ」(音無美紀子と共演)魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た貴ノ花利彰

    1971年(昭和46年)9月場所に新入幕、この場所は7勝8敗と負け越すが幕内にとどまり、11月場所は8勝7敗、1972年(昭和47年)1月場所は7勝8敗、どうにか幕内を維持しているといった程度の凡庸な成績が続いた。しかし3月場所は絶好調で、横綱・北の富士とこの場所大関とりとなる関脇・長谷川らを倒して12勝3敗、長谷川との優勝決定戦では作戦にはまって負けて初優勝はお預けとなった。この頃から輪島、貴ノ花らと並んで「阿佐ヶ谷トリオ」として注目され、特に魁傑は朴訥とした優しいお兄さん的な顔立ちが女学生に受けて絶大な人気を博した。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た琴櫻傑將

    金星:3個 (北の富士1個、琴櫻1個,北の湖1個)魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た若乃花幹士 (初代)

    引退後は年寄・17代放駒を襲名し、1981年に花籠部屋から分家独立した(この時移籍した内弟子の中に後の横綱となる大ノ国がいた)。その後、弟弟子で12代花籠を継承した輪島が借金の担保に年寄名跡をあてがうという事件が発覚して廃業すると、一門の長老であった二子山親方(横綱・初代若乃花)に指名されて花籠部屋の弟子全員を引き取ることになり、放駒部屋は小部屋から一気に大部屋へと躍進した。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た玉ノ海梅吉

    度重なる負傷により、好不調の波が激しかった。特に左肘の状態がひどく、このために大関から2度陥落したがその負傷さえなければ横綱になっていたという評価は現在でもある。「休場は負けだ」との名言を残し(「試合放棄だ」と言ったこともある)、不調で黒星が続いても決して休まず戦う姿はファンの人気を集め、誠実な土俵態度とあいまって力士の手本と評され名大関と呼ばれた。また腰が高いという欠点もあって、相撲解説者・玉の海梅吉は、四股名をもじって「魁傑は未解決だね」と言っていた。どうやら強弱の差が激しく、強みと弱みが表裏一体であるといった意味だったらしい。同郷である元首相の佐藤栄作が、現役時代の後援会長を生前務めていた。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た青葉山弘年

    印象に残る取組として、引退する前年の1978年3月場所7日目、大関旭國との対戦で水入り、再水入りでも勝負がつかず、両者に休憩時間を与える為に当日の結びの一番(北の湖敏満 - 青葉山弘年戦)を先に行った後、10分後改めて取り直し。その取り直しの一番もまた三度目の水入りとなる寸前に掬い投げで勝ち、合計10分19秒にわたる大熱戦の一番がある。ちなみに魁傑はこの一番の前日の6日目、大関若三杉とも水入りの相撲を取っており(この時は敗戦)、旭國も膵臓炎で場所前に退院したばかりであった。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示

「西森輝門」のニューストピックワード