57件中 21 - 30件表示
  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た大ノ海久光

    山口県岩国市に生まれ、小学校3年生まで岩国市で過ごし、その後は日本大学文理学部に進学するまで下関市で過ごした。下関市立日新中学校時代に柔道を始め、山口県立下関中央工業高等学校では柔道部の主将になった。講道館で行なわれた紅白試合で6人抜きを達成して講道館3段と銀盃が与えられるなどの実績を見て、花籠親方(前3・大ノ海)がスカウトに来るが本人はこれを断わり日大に進学。しかし花籠親方が父を説得したことを知って入門を決意、日大を1年で中退して1966年(昭和41年)9月場所で初土俵を踏んだ。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た長谷川勝敏

    1971年(昭和46年)9月場所に新入幕、この場所は7勝8敗と負け越すが幕内にとどまり、11月場所は8勝7敗、1972年(昭和47年)1月場所は7勝8敗、どうにか幕内を維持しているといった程度の凡庸な成績が続いた。しかし3月場所は絶好調で、横綱・北の富士とこの場所大関とりとなる関脇・長谷川らを倒して12勝3敗、長谷川との優勝決定戦では作戦にはまって負けて初優勝はお預けとなった。この頃から輪島、貴ノ花らと並んで「阿佐ヶ谷トリオ」として注目され、特に魁傑は朴訥とした優しいお兄さん的な顔立ちが女学生に受けて絶大な人気を博した。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た大乃国康

    引退後は年寄・17代放駒を襲名し、1981年に花籠部屋から分家独立した(この時移籍した内弟子の中に後の横綱となる大ノ国がいた)。その後、弟弟子で12代花籠を継承した輪島が借金の担保に年寄名跡をあてがうという事件が発覚して廃業すると、一門の長老であった二子山親方(横綱・初代若乃花)に指名されて花籠部屋の弟子全員を引き取ることになり、放駒部屋は小部屋から一気に大部屋へと躍進した。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た佐藤栄作

    度重なる負傷により、好不調の波が激しかった。特に左肘の状態がひどく、このために大関から2度陥落したがその負傷さえなければ横綱になっていたという評価は現在でもある。「休場は負けだ」との名言を残し(「試合放棄だ」と言ったこともある)、不調で黒星が続いても決して休まず戦う姿はファンの人気を集め、誠実な土俵態度とあいまって力士の手本と評され名大関と呼ばれた。また腰が高いという欠点もあって、相撲解説者・玉の海梅吉は、四股名をもじって「魁傑は未解決だね」と言っていた。どうやら強弱の差が激しく、強みと弱みが表裏一体であるといった意味だったらしい。同郷である元首相の佐藤栄作が、現役時代の後援会長を生前務めていた。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た貴ノ浪貞博

    しかしながら大関に戻ってから2場所連続で8勝7敗の成績が続き、その上またしても肘の故障に悩まされ、1977年7月場所で6勝9敗と負け越し、9月場所も5勝10敗と連続して負け越してしまい再び大関から転落。大関から関脇へ2度も陥落した力士は当時魁傑が史上初めてで、1977年11月場所で再び大関特例復帰を目指したが、6勝9敗と又しても負け越し。その後魁傑は3度目の大関昇進(2度の大関復活)を目指すも、1978年(昭和53年)5月場所で小結に復帰するのが精一杯に終わり、好成績を挙げる事は殆ど無くなった(ほか貴ノ浪と栃東も2度大関陥落、その内栃東が史上初の2度大関特例復帰を果たした)。大関再陥落後も魁傑は横綱や大関との名勝負を繰り広げたが、1979年(昭和54年)1月場所11日目でついに現役引退を表明した(4勝7敗、引退当日の不戦敗は除外)。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た若羽黒朋明

    1972年5月場所は新三役となる小結に昇進して11勝を挙げ、輪島・貴ノ花・三重ノ海らと共に次代を担う大関候補として「貴輪三魁」と称された。また、この場所のエピソードとして、9日目に大関・大麒麟との取組でマゲを引っ張られ反則勝ちとなった一番がある。その後二年間は三役に定着し、何度も二桁の成績を挙げて大関目前とされながら、なかなか壁を越えられなかったが、1974年(昭和49年)11月場所には小結で12勝3敗、決定戦で弱いと評判の横綱・北の湖との優勝決定戦で一方的に突き出して初優勝。翌1975年(昭和50年)1月場所でも11勝4敗の好成績を収め、3場所通算で30勝15敗+優勝1回の好成績により大関に推挙された。なおその2場所前の1974年9月場所で魁傑は7勝8敗と負け越している。年6場所制以降、大関昇進力士で大関昇進前3場所間に負け越しの場所があるのは他に若羽黒がいる。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た大麒麟將能

    1972年5月場所は新三役となる小結に昇進して11勝を挙げ、輪島・貴ノ花・三重ノ海らと共に次代を担う大関候補として「貴輪三魁」と称された。また、この場所のエピソードとして、9日目に大関・大麒麟との取組でマゲを引っ張られ反則勝ちとなった一番がある。その後二年間は三役に定着し、何度も二桁の成績を挙げて大関目前とされながら、なかなか壁を越えられなかったが、1974年(昭和49年)11月場所には小結で12勝3敗、決定戦で弱いと評判の横綱・北の湖との優勝決定戦で一方的に突き出して初優勝。翌1975年(昭和50年)1月場所でも11勝4敗の好成績を収め、3場所通算で30勝15敗+優勝1回の好成績により大関に推挙された。なおその2場所前の1974年9月場所で魁傑は7勝8敗と負け越している。年6場所制以降、大関昇進力士で大関昇進前3場所間に負け越しの場所があるのは他に若羽黒がいる。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た中国

    当初は本名の西森(番付では森は木冠に冫人で書かれた)を名乗っていたが、十両に昇進すると花錦という四股名に改名した。しかし本人は、花錦は自分には合わないとして嫌っていた。後に改名することになった際に女将さんによって魁傑と命名されると(実際には、本人の昼寝中に新しい四股名を女将から複数提示され、寝ぼけながらも別の候補を選んだが、昼寝から覚めると魁傑に決まっていたという)、これが昔中国で活躍した武将の名であることを知って大いに気に入り以後は相撲に熱が入るようになった。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た横綱審議委員会

    白鵬の直前3場所の成績(13勝の優勝同点+14勝の優勝+13勝の優勝1点差)は放駒親方の弟子・大乃国の横綱昇進時の成績(15戦全勝優勝+12勝の優勝1点差+13勝の優勝1点差)を上回り、雅山の直前3場所の成績(34勝11敗)は魁傑自らの大関昇進時の成績(優勝1回を含む30勝15敗)を上回るものであり、その整合性のなさが指摘された。しかし横綱昇進に関しては、形式上は番付編成会議及び臨時理事会で討議されるものの横綱審議委員会が事実上の昇進決定を下す機関となり、審議委員会は基本的に近年は準ずる成績というものを採用していない。また大関昇進に関しては、その時期における大関の人数、昇進に向けての機運などにも左右されているが、雅山の時は既に大関が5人いる上優勝がないという状況であった。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た年寄名跡

    引退後は年寄・17代放駒を襲名し、1981年に花籠部屋から分家独立した(この時移籍した内弟子の中に後の横綱となる大ノ国がいた)。その後、弟弟子で12代花籠を継承した輪島が借金の担保に年寄名跡をあてがうという事件が発覚して廃業すると、一門の長老であった二子山親方(横綱・初代若乃花)に指名されて花籠部屋の弟子全員を引き取ることになり、放駒部屋は小部屋から一気に大部屋へと躍進した。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

57件中 21 - 30件表示

「西森輝門」のニューストピックワード