2876件中 121 - 130件表示
  • 社会民主主義

    社会民主主義から見た政党政党

    現代的な社会民主主義は欧州で生まれ、冷戦期の西欧・北欧諸国を中心に発展してきた政治思想である。社会民主主義政党/社会民主党は、旧共産党が社会民主主義に転じた東欧諸国も含め、現在の欧州各国で与党や有力な野党となっている。アジア、アメリカ合衆国、カナダ、ラテンアメリカ諸国にも社会民主主義政党は存在するが、これらの政党は欧州型の政党と規模や主張の点で大きく異なる部分がある。各国の社会民主主義政党の多くは、社会主義政党の国際組織である社会主義インターナショナルに加盟している。社会民主主義 フレッシュアイペディアより)

  • 日本維新の会 (2012-2014)

    日本維新の会 (2012-2014)から見た政党政党

    結いの党との連携を軸とした野党再編を推し進める橋下は、1月19日のNHKのインタビューで日本維新の会の党内対立について問われた際、「共同代表石原は結いの党を護憲政党というが、僕は結いの党は護憲政党ではないと言い続けている。維新は個性豊かな政治家の集まりでお互いに言いたいことを言い合うが、最後にはきちんとまとまるから見ていてほしい。議論の過程だけを見て内部対立と言ってほしくない」と応え、党内対立を否定した。日本維新の会 (2012-2014) フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見た政党政党

    1988年にはネ・ウィン退陣と民主化を求める大衆運動が高揚し、ネ・ウィンは7月にBSPP議長を退く(8888民主化運動)。同年9月18日に政権を離反したソウ・マウン国軍最高司令官率いる軍部が再度クーデターにより政権を掌握し再度ビルマ連邦へ改名した。総選挙の実施を公約したため、全国で数百の政党が結成される。軍部は国民統一党を結党し体制維持をはかった。民主化指導者アウンサンスーチーらは国民民主連盟 (NLD) を結党するが、アウンサンスーチーは選挙前の1989年に自宅軟禁された。以降、彼女は長期軟禁と解放の繰り返しを経験することになる。1988年1月、ビルマ共産党 (CPB) 内部で、インド系上層部とワ族・コーカン族の下部組織との間で武力闘争が起こり、上層部が中国へ追放されてビルマ共産党が崩壊し、1989年にが結成された。この時、キン・ニュンが、利用価値を見いだしたロー・シンハンを派遣して停戦調停を行なった。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • 二回投票制

    二回投票制から見た政党政党

    また、過去のフランスでは第三共和政の時代から下院選挙に二回投票制を使うことが多かった。しかし当時は左右両派からそれぞれ有力候補を絞り込むのではなく、中道の政党として左翼・右翼(保守)の両派から幅広く集票できる急進社会党に有利に働き、同党が第三共和政で中核的な政治的位置に君臨する要因となっていた。この違いは第三共和政が(第五共和政の半大統領制と異なり)議院内閣制を採用しており、首相を信任する下院の力が大きかったためだという。二回投票制 フレッシュアイペディアより)

  • 党首討論

    党首討論から見た政党政党

    党首討論(とうしゅとうろん)とは政党の党首同士が討論をすること。議会における公的な制度として行われる場合と、選挙期間においてマスメディアを通じて行われる場合とがある(前者では予算委員会と同様にテレビ中継が行われる)。党首討論 フレッシュアイペディアより)

  • 中道右派

    中道右派から見た政党政党

    中道右派(ちゅうどううは 英語:Centre-right)とは、政党あるいは政党グループの分類。穏健な右派・保守派のこと。中道保守。中道右派 フレッシュアイペディアより)

  • 第44回衆議院議員総選挙

    第44回衆議院議員総選挙から見た政党政党

    こうした状況下で、郵政民営化法案に反対票を投じ、自民党の公認を得られなかった衆議院議員は、元衆議院議長綿貫民輔、元建設大臣亀井静香らが綿貫を代表に「国民新党」を、元財務副大臣小林興起、荒井広幸らは長野県知事田中康夫を代表に迎え、「新党日本」を結党した。この新党日本は結党時は国会議員が4人であったため、公職選挙法上の政党として認められる国会議員5人以上ではなかったことから、国民新党の参議院議員長谷川憲正を名簿上移籍させることで政党として認められたが、このことで、新党結成は理念や政策の一致によるものではなく、政党としての権利を得るためだけの数合わせで、選挙互助会に過ぎないと批判を浴びることとなった。また、復活を目指す元北海道開発庁長官鈴木宗男も北海道で政治団体「新党大地」を結成した。第44回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 第45回衆議院議員総選挙

    第45回衆議院議員総選挙から見た政党政党

    選挙の結果、民主党が選挙前を大幅に上回る308議席を獲得し、議席占有率は64.2%に及んだ。単一の政党が獲得した議席・議席占有率としては現憲法下で行われている選挙としては過去最高であり、空前絶後の勝利であった。社会民主党や日本共産党は選挙前勢力を維持、国民新党は1議席減らした。337人を擁立した幸福実現党は供託金をすべて没収される大差で全員落選した。第45回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 開発独裁

    開発独裁から見た政党政党

    これらの開発途上国が経済発展・工業化をめざして開発政策を推し進めていくためには、国家の諸資源を一元的に管理して、計画的かつ優先的に経済開発に投入する必要があった。しかし、こうした開発途上国の政治過程に、地域的・党派的・イデオロギー的・宗教的に多様な集団と、それらを代表する政党などが、選挙や議会制民主主義を通じて参入してくれば、各派の利害が錯綜して、それら調整することは難しくなる。開発独裁 フレッシュアイペディアより)

  • 仙谷由人

    仙谷由人から見た政党政党

    同年11月10日、凌雲会の会長に前原誠司が就くことになり、仙谷は顧問に就任した。また、政治団体としての凌雲会の代表者についても、従来は仙谷として届け出ていたが、これを期に前原に変更することになった。2012年10月5日、内閣改造に伴う党人事により副代表に就任。2012年12月16日に行われた第46回衆議院議員総選挙では、小選挙区で自民党の新人福山守に敗れ、比例復活もできず議席を失った。この結果については、国民から「弱腰外交」と批判された、菅内閣での官房長官時代の中国漁船衝突事件への対応や、国会答弁で「自衛隊は暴力装置」と発言したこと、また「原発推進派」とみなされ一部の支持者が離反したことも要因に挙げられている。仙谷由人 フレッシュアイペディアより)

2876件中 121 - 130件表示

「政党」のニューストピックワード