2251件中 81 - 90件表示
  • 日本の歴史

    日本の歴史から見た政党政治政党

    大正年間(1912年 - 1926年)は大正時代と呼ばれる。日本は日英同盟に基づき第一次世界大戦に連合国の一員として参戦して勝利すると、列強の一つに数えられるようになった。しかし、パリ講和会議では人種差別撤廃を訴えたがイギリス・アメリカの反対によって退けられ、ワシントン会議により日英同盟も解消された。また、列国に協調してシベリア出兵を行ったが、尼港事件など多大な犠牲を払うこととなった。米騒動を契機とする大正デモクラシーと呼ばれる政治運動の結果、アジアで最初の普通選挙が実施され政党政治が成立したが、同時に治安維持法が制定され国体を変革することを目的として結社を組織する社会主義・共産主義団体等への取締が行われた。日本は大戦特需による未曾有の好景気に沸くが、大戦が終わるとその反動による深刻な不景気に苦しみ、そこに関東大震災が混迷する状況に追い討ちをかけた。日本の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • マリ共和国

    マリ共和国から見た政党政党

    マリは実質的に複数政党制が機能する、アフリカでは数少ない国家である。宗教や民族を基盤とした政党、地域政党、性別による差別を主張する政党は禁止。主要政党としては、ムーサ・トラオレ軍事独裁政権の打倒後に政権の座に就いたマリ民主同盟(ADEMA)が最大のものとして挙げられる。他の有力政党にはマリ連合があり、民主化主導全国会議(CNID)、愛国復興運動(MPR)という小政党と共に選挙同盟希望2002を形成している。国民議会内の勢力は以下の通り。マリ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 日本共産党

    日本共産党から見た政党政党

    日本共産党(にほんきょうさんとう、)は、1922年に設立された日本の政党。略称は共産党、共産、JCP。日本共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 新進党

    新進党から見た政党政党

    新進党(しんしんとう、)は、かつて存在した日本の政党。略称は新進、NFP。新進党 フレッシュアイペディアより)

  • マニフェスト

    マニフェストから見た政党政党

    日本では、選挙においては政党の選挙公約の声明(書)において英語のマニフェストがよく使われたことからこの意味に限定されていることが多く、有権者に政策本位の判断を促すことを目的として、政党または首長・議員等の候補者が当選後に実行する政策を予め確約(公約)し、それを明確に知らせるための声明(書)との意味になる。この場合のマニフェストは「政策綱領」「政権公約」「政策宣言」「(政治的)基本方針」などと訳すことが多い。しかし、この用法は「選挙ごとに、政治の基本政策・基本理念が変わる」ことを意味する結果となることから、「選挙公約」、「(政治的)基本方針」とすることが適当であるとの論点もある。マニフェスト フレッシュアイペディアより)

  • 民主左翼連合 (ポーランド)

    民主左翼連合 (ポーランド)から見た政党政党

    民主左翼連合(みんしゅさよくれんごう、)は、ポーランド共和国における社会民主主義政党である。世界各国の中道左派・社会民主主義政党の国際的組織である社会主義インターナショナルに加盟している。現在の党首(2011年12月?)は、レシェク・ミレル。民主左翼連合 (ポーランド) フレッシュアイペディアより)

  • 総裁

    総裁から見た政党政党

    総裁(そうさい)とは、政府機関・政党・公団などの団体の代表職の名称。総裁 フレッシュアイペディアより)

  • 赤道ギニア

    赤道ギニアから見た政党政党

    国民投票によって赤道ギニア共和国として独立し、1968年10月12日、マシアス・ンゲマ(以下マシアス)が初代大統領に就任した。ソ連圏と緊密な関係を維持。マシアスは1970年に自身の与党労働者国民統一党以外の政党活動を禁止し、1972年には終身大統領を宣言、1973年大統領への絶対権力の集中を定めた憲法を採択、独裁体制を固めた。赤道ギニア フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県知事

    都道府県知事から見た政党政党

    初期の知事・県令には、日田県知事の松方正義や兵庫県知事の伊藤博文、神奈川県知事(令)の陸奥宗光(兵庫県知事も歴任)など後に元勲と呼ばれる人々をはじめとする藩閥系の人々が多く任じられたが、官僚機構の整備が進むとともに知事などの地方長官は主に内務省の官僚の昇進コースとなっていった。ただし、政党との提携を模索していた第2次伊藤博文内閣後期から最初の政党内閣である第1次大隈重信内閣(隈板内閣)にかけては政党員が知事に任命される例が続いた。1899年(明治32年)、第2次山県有朋内閣によって文官任用令が改正されて知事が政治任用ポストから外され、政党員が排除されてもっぱら内務官僚が任命されるようになったが、第1次西園寺公望内閣・第2次西園寺公望内閣で内務大臣を務めた原敬の下で立憲政友会(政友会)の影響が強まった。二大政党による政権交代がみられた大正後期から昭和初期の政党内閣期には内務官僚も政友会ともう一方の大政党である憲政会・立憲民政党(民政党)のそれぞれの系列に分かれ、それが知事人事にも反映した。都道府県知事 フレッシュアイペディアより)

  • 顧問

    顧問から見た政党政党

    政党において顧問・最高顧問を置く場合がある。その政党の長老政治家を任命する場合が多く、外部の人間を任命することはほとんどない(かつての日本社会党では、議員歴がない元九州大学教授の向坂逸郎が顧問となっていたが、向坂は党内最大派閥である社会主義協会の代表でもあった)。顧問 フレッシュアイペディアより)

2251件中 81 - 90件表示

「政党」のニューストピックワード