39件中 11 - 20件表示
  • 秋山定輔

    秋山定輔から見た倒閣運動倒閣

    議員の職を追われた後は政界の黒幕として明治から昭和にかけて活動し、大隈内閣の成立工作とその倒閣運動や松島遊郭疑獄への関与の疑い、さらには孫文や蒋介石などの中国大陸の要人との接触が取りざたされた。1937年、歌人柳原白蓮の夫である宮崎龍介が中国を訪問しようとして憲兵隊に逮捕された際には、関連を疑われて数日間拘留されている。また近衛文麿による新体制運動の構築にも協力していた 。一方で1915年・1917年の総選挙や1928年の東京市長選へ立候補し政界への復帰を目指したが、いずれも落選している。秋山定輔 フレッシュアイペディアより)

  • 鰻香内閣

    鰻香内閣から見た倒閣倒閣

    シーメンス事件で山本権兵衛首相の出身母体である海軍と特定企業の癒着が問題になった際に、新年度予算案における海軍予算の削減が問題となった。貴族院では最大会派の研究会と同じく有力会派の茶話会が実現不可能な削減要求を成立させて山本内閣を総辞職に追い込んだ。研究会と茶話会はいずれも元老山縣有朋の側近である清浦奎吾と平田東助が貴族院議員時代に代表者を務めていた会派であり、超然主義を奉じて政党政治に否定的な姿勢を示していた。特に当時貴族院の最大会派であった研究会は政党との関係を持っただけで議員が会派から除名されるほどの徹底ぶりであったとされるほどの反政党主義であり、ともに山本が立憲政友会から閣僚を入れたことに反感を抱いていた。そこでこれを好機として、平田が清浦や田健治郎らを誘って倒閣運動を起こしたのであった。鰻香内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 小山亮

    小山亮から見た倒閣倒閣

    小山の所属する護国同志会は、鈴木の演説や小山の質問に対する答弁を「不忠不信」と批判する声明書を発表しているが、これは徹底抗戦の立場からの倒閣運動の一環とみられている。小山亮 フレッシュアイペディアより)

  • 三木おろし

    三木おろしから見た倒閣運動倒閣

    三木おろし(みきおろし)とは、1975年から1976年にかけ起こった、三木武夫内閣総理大臣の退陣を狙った自由民主党内の倒閣運動である。1976年前半の動きを「第一次三木おろし」、1976年後半以降の動きを「第二次三木おろし」ということもある。三木おろし フレッシュアイペディアより)

  • 中村慶一郎

    中村慶一郎から見た倒閣倒閣

    森喜朗の首相就任に伴い、内閣官房参与(広報担当)に起用される。2000年11月9日、中村を含む5人の政治評論家を前に加藤紘一が「森首相に(内閣)改造はやらない」と発言。後の加藤の乱の契機になる、加藤による倒閣の宣言であったが、居合わせた中村はすぐにこの情報を森に伝え、結果的に加藤の乱は不発に終わった。中村慶一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 海部おろし

    海部おろしから見た倒閣倒閣

    海部おろし(かいふおろし)とは、1991年に政治改革関連法案を巡って海部俊樹首相を退陣させた自由民主党内の倒閣運動のこと。海部おろし フレッシュアイペディアより)

  • 天罰発言事件

    天罰発言事件から見た倒閣倒閣

    一方、護国同志会をはじめとする議会側は、徹底抗戦派の陸軍幹部がこの機会に鈴木内閣を倒閣することを望んでいた。護国同志会の一員だった中谷武世は戦後の回想録で「内閣と護国同志会とが、首相の演説をめぐって激突した時点に於て、機を逸せず終戦派との対決姿勢を打ち出し、手遅れにならぬ中(うち)に和平降伏への動きを封ずべきだった」と記している。天罰発言事件 フレッシュアイペディアより)

  • 速やかな政策実現を求める有志議員の会

    速やかな政策実現を求める有志議員の会から見た倒閣倒閣

    柴山昌彦が議連の会合で「我々の提言を党執行部にのませるのか。(執行部が)のまないなら(野党が衆院に提出する)内閣不信任案賛成までやるのか」と呼びかけるなど、麻生政権批判を鮮明にする参加者もいるが、代表世話人の塩崎は「倒閣運動ではないかという話も出ているが、そういうレベルの話ではない」としている。速やかな政策実現を求める有志議員の会 フレッシュアイペディアより)

  • 東郷茂徳

    東郷茂徳から見た倒閣倒閣

    東郷は開戦後も「早期講和」の機会を探るために外務大臣を留任したが、翌年の大東亜省設置問題を巡って東條首相と対立して辞任した。外務省と別箇に大東亜省を設置する事で、日本がアジア諸国を自国の植民地と同じように扱っていると内外から見られる事を危惧したことや「早期講和」に消極的な東條内閣に対する一種の倒閣運動だったと見られる。東郷茂徳 フレッシュアイペディアより)

  • 河合良成

    河合良成から見た倒閣倒閣

    昭和9年(1934年)、帝国人造絹糸株の売買に関して疑惑があるとマスコミによって問題化される。第一次世界大戦前後の財界の世話役だった郷誠之助を囲む少壮財界人や若手官僚の勉強会「番町会」の会員が次々に検挙された(帝人事件)。河合も逮捕され獄舎につながれてしまった。いまではこの事件は斎藤実内閣倒閣を目論んだ、司法部内の平沼騏一郎系ファッショ勢力による政治的謀略だったという見方が通説になっており、結局無罪判決を勝ち取る。河合良成 フレッシュアイペディアより)

39件中 11 - 20件表示

「政局」のニューストピックワード