30件中 11 - 20件表示
  • 第2次松方内閣

    第2次松方内閣から見た倒閣倒閣

    だが、松方・進歩党が希望するこの二大課題が解決すると、元々大隈との提携に不満があった薩摩閥系閣僚と進歩党側の対立が激化、更に松方が財政難の解決のために地租改正反対一揆以来一種のタブーとなっていた「地租増徴」を提案したことから進歩党内に倒閣の機運が生じた。その結果、1897年(明治30年)10月31日に進歩党は事実上の野党となり、直後に大隈と進歩党系参事官は辞任した。同年12月25日、衆議院で内閣不信任案が上程されて可決が確実視されると、松方は直ちに衆議院解散を断行する(第5回衆議院議員総選挙)。だが、選挙後の政権運営の方策が全く見出せなかった松方はその日のうちに辞表を提出した。衆議院を解散してそのまま内閣総辞職を行った例は大日本帝国憲法・日本国憲法を通じてこの時だけであった。第2次松方内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 軍部大臣現役武官制

    軍部大臣現役武官制から見た倒閣倒閣

    このため、軍部大臣現役武官制の採用によって、明治憲法下の内閣総理大臣が「同輩内の主席」でしかなく組閣に軍部の合意が事実上必要となっていたことから、軍部によるその意向にそわない組閣の阻止が可能となった。また、たとえ一度組閣されても、内閣が軍部と対立した場合、軍が軍部大臣を辞職させて後任を指定しないことにより内閣を総辞職に追い込み、合法的な倒閣を行うことができた。このようにして、軍部の政治介入が可能となり、軍部の政治的優位が確立した。軍部大臣現役武官制 フレッシュアイペディアより)

  • 一内閣一仕事

    一内閣一仕事から見た倒閣倒閣

    政治的対立が極限に達し、予算審議が停滞した場合、首相自身(または首相の側近)が与党内の反執行部幹部や野党の有力幹部と内密に対談して、首相退陣を条件に本予算を成立させる案を提示することがある。与野党間の対立を超えて予算案成立という形で社会に対して一定の安心感を与える一方で、与党反執行部や野党に対して「倒閣に成功した」という果実を与えることを目的としている。組閣直後から本予算成立以外に仕事がない内閣のことを「予算管理内閣」と表現する。一内閣一仕事 フレッシュアイペディアより)

  • 海部おろし

    海部おろしから見た倒閣倒閣

    海部おろし(かいふおろし)とは、1991年に政治改革関連法案を巡って海部俊樹首相を退陣させた自由民主党内の倒閣運動のこと。海部おろし フレッシュアイペディアより)

  • 速やかな政策実現を求める有志議員の会

    速やかな政策実現を求める有志議員の会から見た倒閣倒閣

    柴山昌彦が議連の会合で「我々の提言を党執行部にのませるのか。(執行部が)のまないなら(野党が衆院に提出する)内閣不信任案賛成までやるのか」と呼びかけるなど、麻生政権批判を鮮明にする参加者もいるが、代表世話人の塩崎は「倒閣運動ではないかという話も出ているが、そういうレベルの話ではない」としている。速やかな政策実現を求める有志議員の会 フレッシュアイペディアより)

  • 河合良成

    河合良成から見た倒閣倒閣

    昭和9年(1934年)、帝国人造絹糸株の売買に関して疑惑があるとマスコミによって問題化される。第一次世界大戦前後の財界の世話役だった郷誠之助を囲む少壮財界人や若手官僚の勉強会「番町会」の会員が次々に検挙された(帝人事件)。河合も逮捕され獄舎につながれてしまった。いまではこの事件は斎藤実内閣倒閣を目論んだ、司法部内の平沼騏一郎系ファッショ勢力による政治的謀略だったという見方が通説になっており、結局無罪判決を勝ち取る。河合良成 フレッシュアイペディアより)

  • 陸軍三長官

    陸軍三長官から見た倒閣倒閣

    大正初期から、将官人事はこの三長官が合意とすることが慣例となった。清浦内閣の陸相人事をめぐって揉めた際、「三長官合意」を論拠として宇垣一成が陸相となった。それはその後も慣例として続き、陸軍の幹部人事について三長官が会議を開くことが陸軍省参謀本部教育総監部関係業務担任規定で明文化された。軍部大臣現役武官制が復活した際は、この三長官合意を盾に、陸相を推挙しないなどの行動によって、組閣断念や倒閣となることがあった。陸軍三長官 フレッシュアイペディアより)

  • 安保闘争

    安保闘争から見た倒閣運動倒閣

    「60年安保闘争」は空前の盛り上がりを見せたが、戦前の東條内閣の閣僚でありA級戦犯容疑者にもなった岸とその政治手法に対する反感により支えられた倒閣運動という性格が強くなり、安保改定そのものへの反対運動という性格は薄くなっていたため、岸内閣が退陣し池田勇人内閣が成立(7月19日)すると、運動は急激に退潮した。安保闘争 フレッシュアイペディアより)

  • 新党日本

    新党日本から見た倒閣倒閣

    田中は菅内閣の震災後の対応については批判したものの倒閣運動(菅おろし)に対しては否定的な態度をとり、6月2日に否決された菅内閣への内閣不信任決議案には反対票を投じた。新党日本 フレッシュアイペディアより)

  • 在廷ノ臣僚及帝国議会ノ各員ニ告ク詔勅

    在廷ノ臣僚及帝国議会ノ各員ニ告ク詔勅から見た倒閣倒閣

    12月3日から衆議院予算委員会(委員長:河野広中)での明治26年度予算の審議が開始されたが、委員会は予算案歳出総額8376万円のうち、新艦建造費332万円全額を含めた885万円の削減を要求した。政府はこれを受けて対応を協議したが、議会(衆議院)との妥協を主張する後藤象二郎農商務大臣と強硬策を唱える山縣有朋司法大臣との間で意見が一致せず、ベテランとは言え準備もないままに突如内閣の首班を代行する事になった井上もその対応に苦慮していた。井上は静養中の伊藤に手紙を送って協議した結果、吏党も民党もともに倒閣を画策していると判断して山縣の意見を採る事とした。明けて1893年1月16日、井上臨時首相代理は先年の衆議院決議に基づいて義務的経費に相当する345万円の削減(ほとんどが新艦建造費)は認められないと答弁した。これに民党・吏党ともに反発したが、直後に開かれた予算委員会において尾崎行雄が「一銭一厘たりとも政府提出の原案と違っては行政機関の運転を円滑にし法律上の責務を尽すことが出来ぬと言うのでありますか?」と質問した際に渡辺国武大蔵大臣が直ちに「その通りであります」と答弁し(「一銭一厘問答」)、更に同日に政府に対して再考を求める河野委員長発議の動議を翌17日に井上が拒絶を表明した事から、議会は総理大臣がいない政府を弱体と見て更に攻勢をかけ、政府の反省を求めて22日までの休会を宣言した。これによって政府と議会は全面対決した状態で双方が睨み合いを続ける事となった。在廷ノ臣僚及帝国議会ノ各員ニ告ク詔勅 フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示

「政局」のニューストピックワード