51件中 11 - 20件表示
  • 倒閣

    倒閣から見た内閣

    倒閣(とうかく)は、内閣を総辞職させること。倒閣 フレッシュアイペディアより)

  • 倒閣

    倒閣から見た問責決議

    参議院で首相問責決議を可決させることで首相辞任に圧力をかける。福田康夫や麻生太郎や野田佳彦に対して問責決議が可決され、数ヶ月後に退陣となった。もっとも、法的拘束力のない問責決議の政治的効果については評価が定まっていない。倒閣 フレッシュアイペディアより)

  • 倒閣

    倒閣から見た内閣不信任決議

    第二次世界大戦後は与党内における権力抗争などを念頭に倒閣が行われる。つねに与党内閣を否定している野党の行動に対してはあまり用いない。衆議院で内閣不信任決議の可決をすることが直接的な倒閣となるが、衆議院解散権があるため衆議院議員総選挙で首相支持派が衆議院議席の過半数を占めて再任されるというかたちで続投をすることはできる。また国会における政権基盤の安定によって衆議院から信任され続けて解散総選挙を拒否し続けても、任期切れの総選挙で首相支持派が衆議院議席の過半数を割り首相再任が見込めないという形で内閣退陣に追い込まれることがある。倒閣 フレッシュアイペディアより)

  • 倒閣

    倒閣から見た衆議院解散

    第二次世界大戦後は与党内における権力抗争などを念頭に倒閣が行われる。つねに与党内閣を否定している野党の行動に対してはあまり用いない。衆議院で内閣不信任決議の可決をすることが直接的な倒閣となるが、衆議院解散権があるため衆議院議員総選挙で首相支持派が衆議院議席の過半数を占めて再任されるというかたちで続投をすることはできる。また国会における政権基盤の安定によって衆議院から信任され続けて解散総選挙を拒否し続けても、任期切れの総選挙で首相支持派が衆議院議席の過半数を割り首相再任が見込めないという形で内閣退陣に追い込まれることがある。倒閣 フレッシュアイペディアより)

  • 倒閣

    倒閣から見た内閣総辞職

    倒閣(とうかく)は、内閣を総辞職させること。倒閣 フレッシュアイペディアより)

  • 倒閣

    倒閣から見た自社さ連立政権

    与党から離党したり連立与党が連立を解消したりすることで政権基盤を不安定化させ、衆議院で内閣不信任が可決されやすくなったり政府重要議案を廃案化しやすくすることによって首相辞任に圧力をかける。羽田孜首班指名直後の日本社会党の閣外離脱は当初かならずしも倒閣を意図したものではなかったが、結果的に自社さ三党の内閣不信任案提出で可決確実が見込まれる情勢につながったため倒閣となった。また、離党ではないが、大平正芳内閣では総選挙敗北後の首班指名で自民党反主流派が大平とは別の自民党候補を首班擁立して失敗した。倒閣 フレッシュアイペディアより)

  • 倒閣

    倒閣から見た加藤の乱

    衆議院で内閣不信任決議の可決。即時の内閣総辞職か10日後までの解散総選挙告示、どちらかを選ばねばならないように仕向ける。解散総選挙をしても総選挙後の特別国会の冒頭で一旦総辞職してから首班指名選挙をしなければならないため、衆議院で首相支持派が過半数占めれば続投できるが、過半数を割れば退陣となる。日本国憲法で明記された法的根拠が存在する倒閣である。例として、宮沢内閣時の内閣不信任可決で嘘つき解散による解散となり、総選挙で敗北して退陣となった。一方、吉田内閣時の内閣不信任可決でバカヤロー解散による解散となるが、総選挙で勝利することによって切り抜けた。森内閣時の加藤の乱のように内閣不信任可決に失敗した例もある。倒閣 フレッシュアイペディアより)

  • 倒閣

    倒閣から見た実定法

    実定法上は党首と首相が別人でも問題ないが、ウェストミンスター・システムを範とする政党内閣制においては与党党首が首相たることが慣例。首相は退陣するのでなければ、離党、解散などして別の形での政権の枠組みを作って政権基盤を整える必要がある。例として、三木武夫内閣や麻生太郎内閣では自民党内反主流派が両院議員総会における総裁解任を検討したが、総裁解任構想は不発に終わる。また、福田赳夫は首相在任中に定例の総裁選で敗れ、鈴木善幸は首相在任中に定例の総裁選で党内情勢の悪化で出馬断念に追い込まれ、それぞれ退陣した。倒閣 フレッシュアイペディアより)

  • 倒閣

    倒閣から見た党首

    首相を輩出している与党内で党首を解任させるか党首選で対立候補を当選させて現職党首を落選させることで首相から党首権限を剥奪させて、首相辞任に圧力をかける。与党からの離党や党議違反による処分などのリスクがなく、与党に留まったまま党内手続きに則って首相の党首権限剥奪によって首相辞任に圧力をかけることができる。倒閣 フレッシュアイペディアより)

  • 倒閣

    倒閣から見た自由民主党総裁選挙

    実定法上は党首と首相が別人でも問題ないが、ウェストミンスター・システムを範とする政党内閣制においては与党党首が首相たることが慣例。首相は退陣するのでなければ、離党、解散などして別の形での政権の枠組みを作って政権基盤を整える必要がある。例として、三木武夫内閣や麻生太郎内閣では自民党内反主流派が両院議員総会における総裁解任を検討したが、総裁解任構想は不発に終わる。また、福田赳夫は首相在任中に定例の総裁選で敗れ、鈴木善幸は首相在任中に定例の総裁選で党内情勢の悪化で出馬断念に追い込まれ、それぞれ退陣した。倒閣 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「政局」のニューストピックワード