43件中 21 - 30件表示
  • 台湾銀行

    台湾銀行から見た政府系投資ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    NSF National Stabilisation Fund ? 中華民国(台湾)の政府系投資ファンド台湾銀行 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の政治

    アメリカ合衆国の政治から見た政府系投資ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    APFC Alaska Permanent Fund?(アラスカ州に本社があるアメリカの「政府系投資ファンド」)アメリカ合衆国の政治 フレッシュアイペディアより)

  • フリップカート

    フリップカートから見た政府系ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    2014年7月29日、フリップカートはタイガー・グローバルマネジメントLLC、アクセルパートナーズ、モルガンスタンレー・インベストメントマネージメント及び新規投資家としてシンガポールの政府系ファンド「GIC」から10億ドルの資金調達をしたと発表した?フリップカート フレッシュアイペディアより)

  • アンソニー・アトキンソン

    アンソニー・アトキンソンから見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    2014年にはInequality: What Can Be Done? (邦題『21世紀の不平等』)を啓蒙書として発表し、そこでイギリスを念頭に置いて15の政策提言を行っている。その内容は「労働者の雇用を増大させる技術革新を行う」「ステークホルダー間での適切な権力バランスの実現」「最低賃金での公的雇用保証」「最低賃金以上の報酬慣行規範」「成人した時点での全員への最低限相続の実施」「ソブリン・ウエルス・ファンドの投資による国の資産増大」「所得税の累進性向上」「個人所得税の勤労所得割引の実施」「相続税の確実な徴収」「累進的な固定資産税の実施」「全児童への児童手当の給付」「何らかの社会的貢献を条件としたベーシック・インカム」「富有国のODAの目標額を国民総所得の1%に引き上げ」などである。アトキンソンはこれらの提言において福祉国家論を強固に主張し、これらの提言に対して予想される反論に実証的に応答している。アンソニー・アトキンソン フレッシュアイペディアより)

  • ノルウェー中央銀行

    ノルウェー中央銀行から見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    ノルウェー銀行(ノルウェーぎんこう、ノルウェー語:Norges BankあるいはNoregs Bank)は、ノルウェーの中央銀行。中央銀行の伝統的政策である金融システムの安定と物価の安定のほかに、ソブリン・ウエルス・ファンドであるノルウェー政府年金基金を運営する。ノルウェー王国の中央銀行であることからノルウェー中央銀行と記述されることもある。ノルウェー中央銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 中国投資

    中国投資から見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    中国投資有限責任公司(ちゅうごくとうしゆうげんせきにんこうし、、)は、中華人民共和国の政府系ファンドである。中国投資 フレッシュアイペディアより)

  • ノルウェーの経済

    ノルウェーの経済から見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    石油、天然ガスといった天然資源は早晩、枯渇すると予測されているため、石油収入は次世代のノルウェー人にも活用するよう、ソブリン・ウエルス・ファンドであるノルウェー政府年金基金が資産運用を行う一方、石油資源に依存しない産業の育成が課題となっている。ノルウェーの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 1MDB

    1MDBから見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    1MDB(1Malaysia Development Berhad, former Terengganu Investment Authority)は、2008年マレーシアで設立されたソブリン・ウエルス・ファンド。エネルギー・不動産・観光・アグリビジネス銘柄を保有する。国内産業の振興・多角化を建前としていたが運用実態は異なった。2015年7月2日ウォール・ストリート・ジャーナルが、ファンドからナジブ・ラザク首相の個人口座へおよそ7億ドルが振り込まれた公文書記録を報じた。本国当局だけでなくオフショア市場のある各国の金融当局までもが、翌8月のパナマ文書を利用してファンド資金の行方をグローバルに捜査した。欧米言語による媒体が次々と不正を追及していった。事件の規模は年内にたちまち拡大し、国際金融市場においてクリアストリーム事件以来の醜聞となった(1MDB scandal)。1MDB フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    今でこそ代表的な株主はミューチュアル・ファンドのバンガード・グループであったり、マイケル・カレンが2001年に立ち上げたソブリン・ウエルス・ファンドのNew Zealand Superannuation Fund だったりするが、昔はリオ・ティントであった。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • ハロッズ

    ハロッズから見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    2010年5月、ハロッズは売却に対して拒否する姿勢を示したが、カタールの政府系投資ファンドであるカタール・ホールディングスに売却された。その2週間前、アルファイドは「クウェート、サウジアラビア、カタールから(ハロッズを買収しようと)人々が働きかけてきている。十分、理にかなったことだ。だが、私は彼らに2本の指を突き立ててみせる(日本でいう「裏ピース」)。それ(=ハロッズ)は売り物ではない。これはマークス&スペンサーやセインズベリーズなんて(ハロッズに比して低価値の)モノではない。それ(=ハロッズ)は人々を満足させる特別な場所だ。唯一のメッカなのだ。」と述べた。ハロッズ フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示

「政府系ファンド」のニューストピックワード