43件中 31 - 40件表示
  • アラブ首長国連邦

    アラブ首長国連邦から見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    国名のとおり、7つの独立した首長国が連邦を組んでいる体制であるため、各首長国の権限が大きく、連邦政府の権限は比較的小さい。外交、軍事、通貨などについては連邦政府の権限であり、また連邦全体の大まかな制度は統一されているが、資源開発、教育、経済政策、治安維持(警察)、社会福祉、インフラ整備などは各首長国の権限である。そのため、アブダビでは石油資源開発系の省庁が大きく、ドバイでは自由貿易系の省庁が力を持っている。世界有数のソブリン・ウエルス・ファンドであるアブダビ投資庁(ADIA)も、連邦ではなくアブダビ首長国に属する。アラブ首長国連邦 フレッシュアイペディアより)

  • カザナ・ナショナル

    カザナ・ナショナルから見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    カザナ・ナショナル (Khazanah Nasional Berhad) はマレーシアの政府系ファンドである。1993年9月3日に公開有限会社として設立。同社の資本は全て財務大臣が保有する。取締役会は官民両方の代表者で構成され、会長は首相(2011年現在はナジブ・ラザク)が務める。マレーシアの政府系ファンドには後発の1MDBも存在する。カザナ・ナショナル フレッシュアイペディアより)

  • バークレイズ

    バークレイズから見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    2017年6月、バークレイズ元重役らが2008年にカタールから不正に資金を調達して緊急基金をつくった容疑で告訴された。バークレイズは中東の政府系ファンドへ資本参加しており、それらは1MDBへの融資を焦げつかせていた。バークレイズ フレッシュアイペディアより)

  • ウラジーミル・プーチン

    ウラジーミル・プーチンから見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    また、ロシア政府は2005年に国際通貨基金(IMF)からの債務、2006年にパリクラブからの債務を完済し、ロシア経済は安定して国際的な信用を取り戻した。この対外債務返済に大きく貢献したのが2004年に創設した政府系ファンドの「安定化基金」である。この基金は原油価格下落のリスクに備えるのを目的とし、原油の輸出関税と採掘税の税収を原油価格の高いときに基金に繰り入れ、資金を積み立てる構造になっていたが、この基金を利用することにより対外債務が返済された。その後2008年に安定化基金は原資となる税収に天然ガスと石油製品の輸出関税と天然ガスの採掘税を追加した上で「準備基金」と「国民福祉基金」に分割された。前者は従来のように原油価格下落時の対応を目的とし、後者は年金支払いの補充など国民福祉向上のために使われることを目的としている。ウラジーミル・プーチン フレッシュアイペディアより)

  • サウジアラビア

    サウジアラビアから見た政府系投資ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    OPECの盟主的存在であり、石油などの天然資源の採掘と輸出が主な外貨獲得源(石油が外貨収入の約90%を占めている)となっているほか、これらで獲得した外貨を世界各国で投資運用している。中央銀行は1952年に設立された通貨庁であり、政府系投資ファンドとしても知られている。サウジアラビア フレッシュアイペディアより)

  • 国有企業

    国有企業から見た政府系投資ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    APFC :en:Alaska Permanent Fund(アラスカ州に本社があるアメリカの「政府系投資ファンド」)国有企業 フレッシュアイペディアより)

  • ハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アール=サーニー

    ハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アール=サーニーから見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    同年7月にはソブリン・ウエルス・ファンドのCEOの職も退任した。ハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アール=サーニー フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    日本では1980年代以降に大幅な規制緩和が進んだ。まず法人税が大幅に切り下げられてきた。資本の自由化は東京のオフショア市場化に結実した。合衆国でレバレッジド・バイアウトが横行するのと並行して、日本の社債制度がLBOを容易にする方向へ変わっていった。一方でミューチュアル・ファンド資本が多国籍企業に大量投下され、その日本支社がしばしば各業界で大手企業である。2000年前後の学説には、外国法人からの直接投資だけに着目し伸び悩んでいるとして開放的な政策を推進するものが見られる。しかし現実的・実質的な資本関係に着目した直接投資は十分に増えてきている。資本自給率の維持も基本政策として重要な観点であるが、直接投資は外国と日本いずれにおいても庶民へ還元できるような国益を無視している。この点、経産省がソブリン・ウエルス・ファンドを含むデータを提出させている。それによると日本株をアクティブ運用する支配的なところは2014年3月末現在で上から順に、ノルウェー中央銀行の投資部門、アブダビ投資庁、そしてフィデリティ・インベストメンツである。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 政府系投資会社

    政府系投資会社から見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    政府系投資会社 フレッシュアイペディアより)

  • 国富ファンド

    国富ファンドから見たソブリン・ウエルス・ファンドソブリン・ウエルス・ファンド

    国富ファンド フレッシュアイペディアより)

43件中 31 - 40件表示