前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示
  • 八幡製鉄事件

    八幡製鉄事件から見た政治資金政治資金

    1976年に発覚したロッキード事件、また1988年に発覚したリクルート事件などから、選挙制度と政治資金制度に関する抜本的な「政治改革」がさらに大きな政治課題として認識されるようになった。八幡製鉄事件 フレッシュアイペディアより)

  • 町村信孝

    町村信孝から見た政治資金政治資金

    2009年(平成21年)3月19日に民主党代表・小沢一郎が提議した「企業・団体からの献金全面禁止」について、同日の派閥総会にて「まさに盗っ人猛々しい話だ」「(小沢氏の)目くらまし発言に乗せられないようにしてほしい」と批判した(ただし、町村自身は下記項目の政治資金で記されているように、政治資金規正法で禁止された地方公共団体を初め多数の企業・団体献金を受け取っている)。町村信孝 フレッシュアイペディアより)

  • あたらしい朝

    あたらしい朝から見た政治資金政治資金

    1930年代のドイツ。ナチスの裏金7万5千マルクが入った黒いカバンをうっかりネコババしてしまった2人の不良青年・マックスとエリックは、ほとぼりを冷ますために兵役に就く。しかし、折りしも戦争が始まってしまい、2人の人生の歯車は大きく狂っていく。あたらしい朝 フレッシュアイペディアより)

  • 横峯良郎

    横峯良郎から見た政治資金政治資金

    また2009年、さくらが出場するゴルフ大会訪問のためた交通費や宿泊費など約69万円を政治資金から支出していたが、2011年2月にはさくらが出場するゴルフ大会訪問の際、本人と秘書の宿泊費として愛知県豊橋市のホテルに政党交付金から8万5720円支払っていたことが判明した。ゴルフ大会の見物を政治活動とし、政党交付金を支出することについては大方の了解を得られないものと見られるが、横峯は「同大会の大会顧問を務めており、愛知県内には後援会員もいる」と説明している。横峯良郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中央選挙管理委員会 (大韓民国)

    中央選挙管理委員会 (大韓民国)から見た政治資金政治資金

    中央選挙管理委員会(ちゅうおうせんきょかんりいいんかい)は、大韓民国(以下、韓国)における選挙と政党及び政治資金に関する事務を管理統括する韓国政府の行政機関である。韓国における中央選挙管理委員会は大韓民国憲法の第7章「選挙管理委員会」に基づいて設置される憲法上の機関で、他の行政機関から独立した機関である。中央選挙管理委員会 (大韓民国) フレッシュアイペディアより)

  • ギュンター・マロイダ

    ギュンター・マロイダから見た政治資金政治資金

    1990年のうちに民主農民党は再統一されたドイツの与党たる保守政党・ドイツキリスト教民主同盟(CDU)に吸収されたが、マロイダはCDUへの入党を拒んだ。そして1994年ドイツ連邦議会選挙において、無所属ながらも旧東ドイツを代表する左翼政党の民主社会党(PDS、社会主義統一党の後継政党)のメクレンブルク=フォアポンメルン州の名簿に登載されて立候補し当選、連邦議会(下院に相当)の議員となり、1998年まで務めた。この間、民主社会党の農業分野の顧問であった。その後、2000年にはヨハネス・ラウ大統領の政党の政治資金に関する委員会の相談役となった。ベルリン近郊のベルナウにて死去。ギュンター・マロイダ フレッシュアイペディアより)

  • 城戸嘉世子

    城戸嘉世子から見た政治資金政治資金

    1995年に行われた供託金の増額や無料広告の制限(確認団体であっても得票率1%未満の場合は実費負担)により政治資金の面から選挙立候補が不可能となり、1998年7月の第18回参議院議員通常選挙への立候補を断念した。この時朝日新聞の取材に応じ、「気力がなくなった」と語り政治活動からの引退を表明。間もなく教育党を解散した。城戸嘉世子 フレッシュアイペディアより)

  • 教育党

    教育党から見た政治資金政治資金

    1995年に行われた供託金の増額や無料広告の制限(確認団体であっても得票率1%未満の場合は実費負担)により政治資金の面から選挙立候補が不可能となり、城戸は1998年7月の第18回参議院議員通常選挙への立候補を断念。間もなく教育党は解散した。教育党 フレッシュアイペディアより)

  • 自治行政局

    自治行政局から見た政治資金政治資金

    政党その他の政治団体、政治資金及び政党助成に関する事務自治行政局 フレッシュアイペディアより)

  • 神立の水

    神立の水から見た政治資金政治資金

    2015年1月には日刊ゲンダイがスクープとして、安倍晋三が政治資金で神立の水を購入していたと報じた。安倍の資金管理団体である「晋和会」の収支報告書の少額領収書には複数回にわたり「神立の水」として7,980円ずつに分けて事務所費として計上し、総額は31,920円に上るという。販売会社である光ジャパンは、慧光塾というコンサルタント会社の責任者であった光永仁義の長男光永正樹が代表者を務めるが、光永の経営指導は悪魔祓いやお告げ、心霊治療を行う新興宗教的な色彩が強い風変わりな会社だった。安倍は光永に「お告げ」を受けたり、長男の結婚式で媒酌人を務めるなど母親の安倍洋子とともに家族ぐるみの付き合いがあったという。第1次安倍政権時代には、事務所スタッフが神立の水を別のミネラルウォーターで代用しようとしたところ、安倍は「だめだ!あの水じゃなくちゃ、絶対ダメなんだ!」と激昂したという。神立の水 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示

「政治とカネ」のニューストピックワード