107件中 21 - 30件表示
  • リバタリアン党全国委員会

    リバタリアン党全国委員会から見た政治資金政治資金

    党の政策綱領作成、広報活動、政治資金調達・配分、選挙戦略の調整などを行い、4年ごとに党の大統領候補を指名するリバタリアン党全国大会を主催する役割を果たしている。ただし、通常時における政策の立案や決定に関与する立場ではなく、下部組織である地方委員会の活動に直接干渉することもあまり無い。二大政党と異なり全国大会があまり注目されないため、全国委員会が党を代表する機会は二大政党と比べると多い。リバタリアン党全国委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤正光

    内藤正光から見た政治資金政治資金

    2007年4月、中国で培った人脈をもとに、日用雑貨の輸入などを目的とする株式会社AiOを設立し、会長に就任するが、会社設立直前の2006年?2007年3月にも中国を3回視察し、政党支部から支出していることや、2007年4月から2008年まで、自らが代表を務める政党支部の政治資金で、中国、香港、シンガポールなどを複数回にわたり海外視察したことが明らかになり、「視察先で経済活動と政治活動がきちんと区別されているかは不透明だ。(企業と政治団体からの)旅費の二重取りという誤解も招きかねない」と問題視された。内藤正光 フレッシュアイペディアより)

  • 吉羽美華

    吉羽美華から見た政治資金政治資金

    公式サイトでフォトブック(写真集)を販売しており、売り上げを政治資金にあてている。「自活議員」してメディアにも多数取り上げられる。吉羽美華 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田 真由子。

    豊田 真由子。から見た政治資金政治資金

    2012年、医療法人「徳洲会」のグループ企業(株式会社ダイエタリーケア)から豊田の後援会に、政治資金パーティー券の代金として政治資金規正法上の上限にあたる150万円が支払われていた。2013年12月2日に全額返還済。豊田 真由子。 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤公一

    加藤公一から見た政治資金政治資金

    政治資金としては個人献金が多い。加藤公一 フレッシュアイペディアより)

  • 政治改革

    政治改革から見た政治資金政治資金

    日本 ‐ 1990年代に実施された衆議院選挙制度の変更・政治資金制度改革を指すことが多い。政治改革四法を参照。政治改革 フレッシュアイペディアより)

  • 岩永峯一

    岩永峯一から見た政治資金政治資金

    2008年9月29日、健康上の理由から次期衆院選に立候補せず引退することを表明した。2009年3月3日、自民党滋賀県連会長を辞任。後継候補に三男の岩永裕貴を擁立する意向だったが、後述の政治資金問題などから出馬辞退に追いやられた。その後、公募候補の武藤貴也が後継となったもの、民主党の奥村展三に敗れ落選。岩永峯一 フレッシュアイペディアより)

  • 政治資金規正法

    政治資金規正法から見た政治資金政治資金

    政治資金規正法(せいじしきんきせいほう)は、1948年に制定され、政治家や政治団体が取り扱う政治資金について規定した日本の法律。「規正」が正しく、「規制」ではない。政治資金規正法 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池長右ェ門

    菊池長右ェ門から見た政治資金政治資金

    国民の生活が第一への移籍時に、民主党岩手県連が管理していた政治資金を民主党に無断で自らの資金管理団体に移していたことが発覚。2012年10月11日、民主党岩手県連は菊池と岩手県議・佐々木順一の2人に約4,950万円の損害賠償の支払いを求めて盛岡地方裁判所に提訴し、現在係争中である。菊池長右ェ門 フレッシュアイペディアより)

  • 村井仁

    村井仁から見た政治資金政治資金

    後述の政治資金問題などもあり再選は目指さず、任期満了により2010年8月31日に退任した。村井仁 フレッシュアイペディアより)

107件中 21 - 30件表示

「政治とカネ」のニューストピックワード