42件中 31 - 40件表示
  • 松野頼久

    松野頼久から見た政治資金政治資金

    2009年9月、松野の資金管理団体「政治システム研究会」が2店3件クラブなどの店で政治資金を使用していたことが発覚した。松野の代理人は新聞社の取材に対し、「いかがわしい風俗店とは違い、打ち合わせの場所として活用している。不適切とは思わない」と回答した。松野頼久 フレッシュアイペディアより)

  • しんぶん赤旗

    しんぶん赤旗から見た政治資金政治資金

    政治資金収支報告書によれば、新聞収入によって全機関誌を含めて約250億円と党に大きな収入をもたらしており、これによって日本共産党は収入約300億円で日本一政治資金が多い政党となっているが、実際には発行コストも全機関誌を含めて約180億円かかっているので、必ずしも他の政党と比べて資金が潤沢とは言えない。ちなみに新聞事業経費を除いた実収入は、約116億円で、日本で3位である。収入から支出を引いた実収入は社民党とほぼ同じである。しんぶん赤旗 フレッシュアイペディアより)

  • バンドワゴン効果

    バンドワゴン効果から見た政治資金政治資金

    特に、投票の秘密が無いか不完全で、誰に投票したかが分かるケースでは、勝者による論功行賞への期待や報復への恐れがあるためバンドワゴン効果は強く働く。これは間接選挙の場合や組織票集め、政治資金集めといった状況でよく見られる。バンドワゴン効果 フレッシュアイペディアより)

  • 上田清司

    上田清司から見た政治資金政治資金

    土屋義彦前知事の県政については、「問題もあったが、評価すべき業績は多い」と語り、政治資金をめぐる不祥事で引退に追い込まれた土屋に対する表立った批判はせず、対立の火種を作らぬ配慮を見せる。土屋知事時代に与党だった県議会各会派との融和に努め、自身も「首都圏連合」など前知事の県政構想や事業の一部を継承している。上田清司 フレッシュアイペディアより)

  • 田中義一

    田中義一から見た政治資金政治資金

    田中は就任の際、300万円の政治資金を持参金としたが、陸軍機密費から出たものではないかと他党から追及されている(陸軍機密費横領問題)。また、在郷軍人会を票集めに利用したとする疑惑もあった。田中義一 フレッシュアイペディアより)

  • 馬英九

    馬英九から見た政治資金政治資金

    1981年、帰台した馬英九は政府によって総統府第一局副局長に抜擢され、主に蒋経国総統の通訳(英語)を担当した。1984年に国民党中央委員会副秘書長、1988年に行政院研考会主任委員兼大陸委員会(陸委会)工作匯報執行秘書、1990年に国家統一委員会研究員、1991年には陸委会副主任委員兼スポークスマンに就任するなど行政経験を積み、同年国民大会代表全国区に国民党候補として選出されている。1993年に連戦が行政院長に就任すると馬英九はその要請を受け法務部長に就任する。法務部長在任中は地方の汚職・不正政治資金摘発に辣腕を振るう一方、死刑制度に批判的姿勢を示した。1996年に行政院政務委員に就任している。馬英九 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋義彦

    土屋義彦から見た政治資金政治資金

    2003年(平成15年)7月 自身の政治資金管理団体「地方行政研究会」の1億円を超える献金記載漏れが発覚。政治資金規正法違反で長女市川桃子が逮捕される。当初強気の姿勢を見せ、職に留まることを明言していたが、ついに知事を辞職。自身も東京地検特捜部の事情聴取を受けたが、起訴猶予処分となる。政界引退。土屋義彦 フレッシュアイペディアより)

  • 荻原 健司

    荻原健司から見た政治資金政治資金

    参議院議員当選後、政治資金や事務所に関連しいくつかの法令違反が発覚している。荻原健司 フレッシュアイペディアより)

  • 富山・長野連続女性誘拐殺人事件

    富山・長野連続女性誘拐殺人事件から見た政治資金政治資金

    1980年5月13日 富山地裁で初公判。検察側は冒頭陳述で「富山・長野の両事件とも、両被告が身代金目的の誘拐を事前共謀し、誘拐をM、殺害はA、死体遺棄は両被告が実行した」とし、「Aが犯行を主導しMが従った」と主張した。罪状認否でMは誘拐を否認。Aは「Mから政治資金絡みで金が入ると聞かされていただけ。誘拐殺人などは全く知らない」として無罪を主張した。富山・長野連続女性誘拐殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 政党

    政党から見た政治資金政治資金

    ついで20世紀後半に、政治資金の規制や助成の制度が、政党の内部運営にまで踏み込む法制化をもたらした。法制化には、政党活動の奨励と政党に対する国家干渉の両面がある。制度の先鞭をつけたドイツで、この状態は政党国家モデルとして研究された。政党による国家支配は(たとえば国民の意思より政党の意思が優越するというような意味で)単純に実現しているわけではない。しかし、法制化の恩恵を既成政党に限ることで、新興政党の挑戦を国家の力で妨げる側面はある。政党 フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示

「政治とカネ」のニューストピックワード