政治のヤジ ニュース&Wiki etc.

ブーイング(booing)とは、観客が出演者や選手などに対して不満や怒り、非難を表すために行われる行為である。日本語の「野次(やじ)」もこれに近いが、こちらはむしろ言葉をもって行われる。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ブーイング」のつながり調べ

  • チャイム

    チャイムから見たブーイング

    時には子どもが時間を忘れて休み時間を遊んでしまう・また教師が時間を忘れて授業してしまい、大幅に休み時間に食い込んで、生徒からブーイングを受けることもあるが、「自然と5分前行動が身についた」「時間の余裕を考えて行動することで、むしろゆとりができた」「授業の終末が若干延びてしまいそうなときに、チャイムで授業を打ち切られることがない」などの利点も挙げられている。いずれにせよ、児童・生徒や教師が「時計」を意識して行動するという目標は十分達成されていると言えよう。(チャイム フレッシュアイペディアより)

  • 神の手 (サッカー)

    神の手 (サッカー)から見たブーイング

    スアレスはユニフォームで顔を覆いながら退場したが、PK失敗の瞬間には一転して大喜びする姿がカメラに捉えられた。試合後には「僕にとっては、このW杯で最大のセービングだったと言える」とコメントした(注:スアレスはFWの選手)。母国のメディアには「歴史に名を刻んだ」と称賛されたが、1試合出場停止後の3位決定戦では、プレーのたびにスタンドからブーイングを浴びせられた。(神の手 (サッカー) フレッシュアイペディアより)

「ブーイング」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「政治のヤジ」のニューストピックワード