前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
219件中 1 - 10件表示
  • 三つ星レストランにて

    三つ星レストランにてから見たブーイングブーイング

    『三つ星レストランにて』(みつぼしレストランにて)は、モンティ・パイソンがテレビシリーズ『空飛ぶモンティ・パイソン』で放送したスケッチである。第1シリーズ第3話『遠くから異なる種類の木を見分ける方法』で放送された。原題は "Dirty Fork"(訳:汚いフォーク)であるが、英語圏ではより端的に『レストラン・スケッチ』()としても知られている。このスケッチには、パイソンズのスケッチとしては初めて、登場人物に聴衆がブーイングするシーンが含まれる。三つ星レストランにて フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ハート

    ブレット・ハートから見たブーイングブーイング

    1987年1月26日にはダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミスのブリティッシュ・ブルドッグスを破り、WWF世界タッグ王座を獲得。以降、ピンクとブラックをテーマカラーに用いるようになる。タイトルは同年10月26日にストライク・フォース(ティト・サンタナ&リック・マーテル)に奪われるが、その後もヒールのタッグチームとして観客のブーイングを浴び続けた。ブレット・ハート フレッシュアイペディアより)

  • さくらえみ

    さくらえみから見たブーイングブーイング

    1月3日、ユニオンプロレス後楽園ホール大会、大仏キャラの覆面レスラー「ブラックチェリー3号」が1号(りほ似)・2号(みなみ飛香似)と共に登場し、ブーイングを浴びる。さくらえみ フレッシュアイペディアより)

  • 上川徹

    上川徹から見たブーイングブーイング

    ポーランド対エクアドル戦ではポーランド代表のヤツェク・クジノヴェクのシュートをノーゴールだと宣言した為、誤審だと感じたポーランドのサポーターから大ブーイングを浴びせられた。しかし、それが誤審ではなかったことはFIFAが3位決定戦も含めてその後の2試合のジャッジを任せたことからも明らかである。上川徹 フレッシュアイペディアより)

  • ブロック・レスナー

    ブロック・レスナーから見たブーイングブーイング

    レスナーは以前からアメリカンフットボールの最高峰であるNFLに挑戦したいという意思を持っており、2004年3月には本格的にNFLに挑戦するためレッスルマニア20でのビル・ゴールドバーグ戦を最後に退団。なお、この時点で対戦する両者ともWWEを退団するということがあらかじめ分かっていたために、両者に対するファンからの批判が相次ぎ、WWE副社長のジム・ロスがこの件に対しての声明を出した。また試合においてもファンから多くのブーイングを浴び、特別レフェリーを務めたストーン・コールド・スティーブ・オースチンがレスナーに対して試合後スタナーを繰り出してファンの気持ちの沈静化を行った。ブロック・レスナー フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たブーイングブーイング

    主役級のスーパースターは善玉(ベビーフェイス)と悪玉(ヒール)がはっきりと色分けされており、悪玉は観客、地域について罵詈雑言を浴びせ、観客はそれに対してブーイングで応えることを楽しんでいるが、アングルにより、ある日突然役割が入れ替わることも珍しくない。しかし最近ではWWE側がベビーフェイスと設定しプッシュの割に至らない所があるスーパースターにブーイングを浴びせることもある(ジョン・シナなど)。WWE フレッシュアイペディアより)

  • 内藤哲也

    内藤哲也から見たブーイングブーイング

    前年のファン投票の結果、レッスルキングダム8のダブルメインイベント第1試合に登場し、オカダの保持するIWGPヘビー級王座に挑戦。実質セミファイナルに降格という屈辱の中30分超の熱戦の末、最後はオカダのレインメーカーに敗れた。IWGP王座奪取に失敗した内藤はここから失速することとなり、2月11日、THE NEW BEGINNING in OSAKAでは観衆から大ブーイングを浴びせられる中、石井智宏に敗れてNEVER王座も陥落。3月15日のNJC1回戦で石井に雪辱を果たしてリマッチへの道を作り、4月6日にINVASION ATTACK 2014にて石井のNEVER王座に挑戦したが敗北した。その後のビッグマッチではタイトル戦線に全く絡めず、目的意識を失いかけた中でG1に出場。最終戦を待たずして予選落ちとなるものの、公式リーグ戦で今大会G1優勝者のオカダ、IWGPヘビー級王者のAJスタイルズから勝利を収めたことで、下半期への闘いに向けて可能性を残すことに成功。内藤哲也 フレッシュアイペディアより)

  • アリゼ・プリセク

    アリゼ・プリセクから見たブーイングブーイング

    チェコ人の父親とベルギー人の母親の間に生まれており、彼女自身はフランス語、英語、チェコ語を話すことができる。しかしオランダ語が話せないことにより、ミス・ベルギー2008でオランダ語での質問に対して理解できなかったことを話すと観客よりブーイングが浴びせられた。アリゼ・プリセク フレッシュアイペディアより)

  • カーテンコール

    カーテンコールから見たブーイングブーイング

    各人が登場した際の拍手や歓声の大きさ、花束の数、ブーイングの有無などはその歌手の当日の出来に対する客席からの評価や平生からの人気度の一種のバロメーターである。そこで現れた評価の差異が共演者間の不和を招くこともあるため、劇場によってはアンサンブル・カーテンコールを一回行うのみで、独唱者が個別にカーテンコールを受けることを禁止する場合もある。カーテンコール フレッシュアイペディアより)

  • ヴィトールド・クレール

    ヴィトールド・クレールから見たブーイングブーイング

    クレールは、1960年ローマオリンピックに連続出場を果たす。三段跳決勝では、最終試技を前に、ポーランドのヨゼフ・シュミット、ソ連のウラジミール・ゴリャエフ、アメリカの黒人選手であるイラ・デービスに次いで4位に位置していた。最終跳躍で、クレールは16.43mのベストを出し、デービスを2cm逆転。試技を終えていたデービスはクレールに近寄り祝福しようとした。しかし、クレールは、まだアイナルソンの最終跳躍が残っていたため、デービスを拒否。これに対し、状況を知らないスタジアムの観衆は差別的な行為をしたとして容赦なくクレールにブーイングを浴びせた。クレールは場内のブーイングがなぜ起こっているのか原因がわからなかった。ソ連のコーチはクレールとともにデービスに事情を説明した。しかし、観客には理解してもらえなかった。アイナルソンの最終跳躍の後、クレールの2大会連続銅メダルが確定した。彼に対するブーイングは表彰式のときにも起こり、泣いているクレールは同僚のゴリャエフに導かれながらグラウンドを後にした。ヴィトールド・クレール フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
219件中 1 - 10件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード