前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
171件中 1 - 10件表示
  • 上川徹

    上川徹から見たブーイングブーイング

    ポーランド対エクアドル戦ではポーランド代表のヤツェク・クジノヴェクのシュートをノーゴールだと宣言した為、誤審だと感じたポーランドのサポーターから大ブーイングを浴びせられた。しかし、それが誤審ではなかったことはFIFAが3位決定戦も含めてその後の2試合のジャッジを任せたことからも明らかである。上川徹 フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ハート

    ブレット・ハートから見たブーイングブーイング

    1987年1月26日にはダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミスのブリティッシュ・ブルドッグスを破り、WWF世界タッグ王座を獲得。以降、ピンクとブラックをテーマカラーに用いるようになる。タイトルは同年10月26日にストライク・フォース(ティト・サンタナ&リック・マーテル)に奪われるが、その後もヒールのタッグチームとして観客のブーイングを浴び続けた。ブレット・ハート フレッシュアイペディアより)

  • さくらえみ

    さくらえみから見たブーイングブーイング

    1月3日、ユニオンプロレス後楽園ホール大会、大仏キャラの覆面レスラー「ブラックチェリー3号」が1号(りほ似)・2号(みなみ飛香似)と共に登場し、ブーイングを浴びる。さくらえみ フレッシュアイペディアより)

  • ブロック・レスナー

    ブロック・レスナーから見たブーイングブーイング

    レスナーは以前からアメリカンフットボールの最高峰であるNFLに挑戦したいという意思を持っており、2004年3月には本格的にNFLに挑戦するためレッスルマニア20でのビル・ゴールドバーグ戦を最後に退団。なお、この時点で対戦する両者ともWWEを退団するということがあらかじめ分かっていたために、両者に対するファンからの批判が相次ぎ、WWE副社長のジム・ロスがこの件に対しての声明を出した。また試合においてもファンから多くのブーイングを浴び、特別レフェリーを務めたストーン・コールド・スティーブ・オースチンがレスナーに対して試合後スタナーを繰り出してファンの気持ちの沈静化を行った。ブロック・レスナー フレッシュアイペディアより)

  • インターネットスラング

    インターネットスラングから見たブーイングブーイング

    焼き豚、サカ豚、萌え豚、声豚- プロ野球、サッカー、萌え系アニメ、声優(特にいわゆる「アイドル声優」)などに心酔しきって、排他的な発言をする行き過ぎたファンへの蔑称。焼き豚、サカ豚はブーイングの「ブー」から豚の鳴き声を連想し、自分が支持するスポーツ以外に「ブーブー」とブーイングばかりをしている者を、豚と表現するようになったことが由来される。「焼き」は野球の「やき」からのもじり。萌え豚は、ステレオタイプなアニメオタクのイメージで、肥満体型な者が多いという印象からと、萌えキャラを見て興奮し、豚の鼻息のような荒げた呼吸をしている音のイメージから、豚に例えられている。2010年代からは、声優に熱狂するおたくの様子を表す「ブヒる」という語も現れ、やがて「声豚(こえぶた)」という蔑称も使われ始めている。インターネットスラング フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たブーイングブーイング

    主役級のスーパースターは善玉(ベビーフェイス)と悪玉(ヒール)がはっきりと色分けされており、悪玉は観客、地域について罵詈雑言を浴びせ、観客はそれに対してブーイングで応えることを楽しんでいるが、アングルにより、ある日突然役割が入れ替わることも珍しくない。しかし最近ではWWE側がベビーフェイスと設定しプッシュの割に至らない所があるスーパースターにブーイングを浴びせることもある(ジョン・シナなど)。WWE フレッシュアイペディアより)

  • ムラッド・サリ

    ムラッド・サリから見たブーイングブーイング

    2006年5月26日、フランスのパリで行われた「Final of the gradiators」(2分5R、肘打ち・膝蹴り無し)で ブアカーオ・ポー.プラムックと対戦。1R終盤にパンチでダウンを奪われたが、スリップと見なされた。また2Rには、ブアカーオが膝を出し減点された。試合はブアカーオが終始優勢に進めたが、結果は5Rドロー判定で、観客からブーイングの声が上がった。ムラッド・サリ フレッシュアイペディアより)

  • アリゼ・プリセク

    アリゼ・プリセクから見たブーイングブーイング

    チェコ人の父親とベルギー人の母親の間に生まれており、彼女自身はフランス語、英語、チェコ語を話すことができる。しかしオランダ語が話せないことにより、ミス・ベルギー2008でオランダ語での質問に対して理解できなかったことを話すと観客よりブーイングが浴びせられた。アリゼ・プリセク フレッシュアイペディアより)

  • リン・パトリック

    リン・パトリックから見たブーイングブーイング

    1933-34年シーズン、で過ごした後、1934年に父親が監督をしているニューヨーク・レンジャースに入団したが1年目のシーズンは惨憺たるもので、ファンやマスコミは彼に対して冷ややかであり本拠地のマディソン・スクエア・ガーデンでブーイングにさらされた。彼はフィギュアスケート選手のソーニャ・ヘニーからソーニャとあだ名され、レンジャースのファンには"We want Somers"(元選手の)と唱えられる始末であった。リン・パトリック フレッシュアイペディアより)

  • 超・ちゃぶ台返し!

    超・ちゃぶ台返し!から見た野次ブーイング

    ホストクラブ編の主人公。勝の妻で清美・将太の母。初めてホストクラブに行った時、ホストが全員中年で甘い言葉をかけながら意味不明なダンスを踊り、客である若い女性の態度と野次にキレてガラステーブルをひっくり返してしまう。お茶の間編や結婚披露宴編にも登場しており、お茶の間編では夫の勝に愚痴をこぼしており、結婚披露宴編では夫の勝と逃げ出した新郎のことで喧嘩していた。ストレスオーバー時には不機嫌そうな表情で脱力する(勝とはポーズが違う)。超・ちゃぶ台返し! フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
171件中 1 - 10件表示