219件中 91 - 100件表示
  • エジミウソン・ドス・サントス・シルバ

    エジミウソン・ドス・サントス・シルバから見たブーイングブーイング

    2008年に浦和レッドダイヤモンズに完全移籍。加入当初は、チームへの適応に時間を要したことから、サポーターからブーイングや応援ボイコットを受けた時期もあったが、高原直泰らとのポジション争いを制し、コンスタントに得点を重ねチームの得点源として活躍した。また、前線での積極的なチェイシングにより守備面でも大きく貢献。2009年6月13日、ナビスコカップ第7節、対大宮戦で日本での通算100得点を達成。J1において新記録となる6シーズン連続10得点以上も達成した。2010年もエースストライカーとして君臨。J1通算200試合出場の節目の試合でもあった8月21日の対湘南ベルマーレ戦で2得点を挙げ、史上最年少でのJ1通算100得点を達成、初の20代で達成した選手となった。また自身が持つJ1連続10得点以上の記録を7シーズンに更新、チームの調子が上がらない中でもリーグ3位となる16得点を記録、自身初のリーグ戦全試合出場を果たした。エジミウソン・ドス・サントス・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • 岡田弘隆

    岡田弘隆から見たブーイングブーイング

    五輪本番では、自身の練習不足に対する不安や、勝たなければいけないというプレッシャーに加え、同じく日本代表で初日に出場した細川伸二が会場の大ブーイングの中、不可解な判定で敗れた事に憤りを感じ、とめどなく押し寄せる興奮に岡田は3日間一睡もできぬまま、試合当日を迎えた。集中力・判断力を欠きながらも初戦は突破したものの、3回戦でフランス代表のパスカル・タイヨに横四方固で一本負けを喫す。試合後に畳の上で大の字に寝たまま動けなかった時の心境を、「負けたショックではなく、疲れ切ったせいで起き上がれなかった。そのまま寝てしまうような感覚に襲われた。」と岡田は述懐する。岡田弘隆 フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・スタウダマイアー

    デイモン・スタウダマイアーから見たブーイングブーイング

    ラプターズの初代ゼネラルマネージャーは、アイザイア・トーマスであり、彼はポイントガードを補強することを望んでいた。この年のNBAドラフトはカナダのトロントで開催され、地元ファンはラプターズがUCLA出身のスモールフォワード、エド・オバノンを指名することを望んだが、ラプターズは1巡目7位指名権をデイモン・スタウダマイアーに使った。スタウダマイアーの名前が読み上げられた瞬間はドラフト会場内にブーイングが起こったほどであった。6フィート以下の身長の選手がドラフト全体10位以内で指名されたのは、1985年のNBAドラフト以来のことであった。デイモン・スタウダマイアー フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    2006 ワールド・ベースボール・クラシックから見たブーイングブーイング

    日本チームのキャプテン的存在であるイチローが1次リーグ前の公式会見で「対戦した相手が、向こう30年は日本には手は出せないな、という感じで勝ちたいと思う」という発言をした。これは別に特定の国を意識したわけではなく、大会数か月前から今大会に並々ならぬ情熱を見せていたイチローがその自信の程を冗談交じりで発言したものであるが、このことが韓国のマスコミにより「(韓国は)30年間日本に勝てない」という風に言ったと報道されたため、韓国のファン達に「挑発的な発言」ととられ(韓国の監督も準決勝終了後の記者会見でそのことを認める発言をした)、その後3回行われた日本対韓国戦で韓国応援団のイチローに対する激しいブーイングや韓国選手が日本選手を挑発するような行動が再三出現した(その例として準決勝における鄭成勲(現代)のイチローへのボール放り投げ事件、金炳賢による小笠原道大へのデッドボールなど)。2006 ワールド・ベースボール・クラシック フレッシュアイペディアより)

  • 立合い

    立合いから見たブーイングブーイング

    といった物があげられる。この内、上の4つはひとまずぶつかって前に圧力をかけるもので、相撲の取り方として正当なものと見なされる。また、5.も四つ相撲の力士では普通に見られ、実際には引き手を引きつけつつ体は前に圧力をかける。あとのものは一種の奇襲と考えられる。一発勝負としてはありであるが、大相撲ではこれを繰り返すと批判を受ける。特に横綱や大関が下位に対してこれを行うと時にブーイングを受ける。解説者のコメントとしても、「変化も相撲の技だし食うほうも悪い」と言いつつも、「お客のことも考えろ」「(有望な若手に対して)こんなことをしていては強くなれない」と変化した力士を叱るのが一般的である。立合い フレッシュアイペディアより)

  • Booing!!!

    Booing!!!から見たブーイングブーイング

    当日はセレッソ大阪ホームのイベントだったため、LUKA(倉田)を含めたメンバーはセレッソのユニフォームを着用して出演。しかしYURICA(橘)はFC東京応援番組「FC東京VIVA Paradise」のリポーターだった関係で、自身のみFC東京のユニフォームを着用して登場。当然の如くYURICAには、場内から"ブーイング"を浴びせられた。Booing!!! フレッシュアイペディアより)

  • 一般教書演説

    一般教書演説から見たブーイングブーイング

    議場では上院議長である副大統領と下院議長が相並んで議長席につき、 下院守衛長 (Sergeant at Arms of the United States House of Representatives) の"Mister/Madam Speaker, the President of the United States!"(議長閣下、合衆国大統領の入場です)の掛け声の後に入場する大統領を与野党議員ともに盛大な拍手で大統領の入場を迎える友好的な雰囲気の下に演説が開始される。演説中、言及される個別の政策項目に賛成する議員による拍手でしばしば演説が中断されるが、当該項目に反対する議員による、その場での意志表明は拍手を控えることにとどまり、野次やブーイングなどが行われることは通常ない。散会後には演説内容が遠慮のない批評の対象となり、議員などの政治家がマスメディアを通じて反論演説を行うこともある。一般教書演説 フレッシュアイペディアより)

  • ラトロイ・ホーキンス

    ラトロイ・ホーキンスから見たブーイングブーイング

    の開幕当初は、1990年代後半のヤンキース黄金時代を支えた外野手のポール・オニールがつけていた番号で準欠番扱いとなっていた背番号21をつけていた(スプリング・トレーニング時にはモーガン・エンスバーグが着用していたがオニールに配慮し辞退)。そのため、ホーキンスの登板時にファンがブーイングや野次を飛ばしたり、オニールの名前を呼ぶなどの事態が生じたため、4月16日に背番号を22へ変更した。この年はクローザーにマリアノ・リベラ、右のセットアッパーにカイル・ファーンズワースが在籍していたが、前年オフにルイス・ビスカイーノが移籍。ビスカイーノの代役として期待されていたが、33試合に登板し、1勝1敗・防御率5.71と結果を残せず、7月26日にDFAとなった。ラトロイ・ホーキンス フレッシュアイペディアより)

  • おはよう忍者隊ガッチャマン

    おはよう忍者隊ガッチャマンから見たブーイングブーイング

    国際科学技術庁長官。ギャラクターの動向を探るために日本とアメリカを往復しており、彼の発言はほとんど外人訛りしている。ギャラクターの動向は気になるが、それよりも日本のお笑い・芸能人・怪談話や、『ZIP!』のコーナーである「MOCO'S キッチン」の方が気になっている。その一方で日本の風習に関しては間違った認識をすることが多いが、日本の文化にも関心を持っており、休日には南部博士も同行して浅草などの日本の観光地での観光を楽しんでいる他、ゴッドフェニックスに同乗した際には富士山の各方向からの眺望を楽しんでいた。また一本締めでギャラクターに捕えられた南部博士の解放に成功したり、300系新幹線のラストランを見届けた。その一方でキャバクラ通いであり、座禅を行った際には僧侶に対して逆切れを起こしていた。アメリカ人であるためハロウィーンを大切にしており結果的にカッツェの計画を阻止させた他、自らギャラクターに捕えられた時も、ギャラクター隊員からのアメリカに関する質問に真面目に答えていた。短気な性格であるため、成人式でのスピーチの際「ゆとり野郎」と発言したところ、新成人からブーイングを浴びたこともあった。またスーパーボウルのチケットでギャラクターをおびき寄せようと提案するなど、提案がアメリカ流であり、そのため南部博士とギャラクター対策に関する方針で対立することがあり、国際科学技術庁の忘年会の余興では南部博士がビンゴしたビンゴカードを自ら強奪した他、なおかつケチである。時折英会話レッスンを行っているが、縁起でもない英語を教えたりするなどとKYであり、おはよう忍者隊に「中学生レベルの英会話で大丈夫」と伝えて国際科学技術庁の会議に出席させたのはよかったのだが、最終的にはおはよう忍者隊は赤恥をかくことになってしまった。自分の執務室の電話はダイヤル式のカラー電話である。また、毎年年末ジャンボ宝くじを購入しているが、300円しか当てたことがない。他にもケンに切腹を迫ったことも。おはよう忍者隊ガッチャマン フレッシュアイペディアより)

  • 張穎

    張穎から見たブーイングブーイング

    1989年の世界選手権では無差別で3位になった。1990年のアジア大会では72kg超級で優勝を飾った。1991年の世界選手権では韓国の文祉允に一本背負投の有効で敗れて2位だった。1992年のバルセロナオリンピックには国内に無差別世界チャンピオンの荘暁岩がいたために出場できなかった。1992年の福岡国際無差別では決勝で同僚の喬艶敏と対戦するものの、張が朽木倒の動作を見せると喬が勝手に倒れこんでそれが有効となると、寝技では喬が自ら仰向けの態勢になって張に袈裟固で抑えこまれるなど八百長と疑われるに充分な無気力試合が展開されて、場内からもブーイングが巻き起こる事態となった。1994年のアジア大会では2連覇を飾った。1995年の世界選手権では、決勝でオランダのアンヘリク・セリーゼに判定で敗れて2位に終わった。翌年のアトランタオリンピックには世界選手権無差別2位の孫福明に国内予選で敗れて出場できずに終わった。巨体を活かした大外刈や払巻込、さらには朽木倒などを得意にしていた。張穎 フレッシュアイペディアより)

219件中 91 - 100件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード