171件中 91 - 100件表示
  • ケビン・ファーティグ

    ケビン・ファーティグから見たブーイングブーイング

    大柄な体格な上に、散々予告を焦らしながらの再デビューだったので、トップのシリアスヒールとして活躍をすると思われていたが、ジョバーの立ち回りが多く、ブーイングすらまともに受けていないほどであった。その後、ボールズ・マホーニーとの抗争を経て、ニュー・ブリードの一員としてECWオリジナルズと抗争。その後ニュー・ブリードから脱退した。ケビン・ファーティグ フレッシュアイペディアより)

  • ジェロム・レ・バンナ

    ジェロム・レ・バンナから見たブーイングブーイング

    3月28日、K-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMAのスーパーファイトにてエヴェルトン・テイシェイラと対戦し、延長2ラウンドまで縺れ込むも2-1の判定負け。この試合をテレビ解説していた魔裟斗と会場で見ていたピーター・アーツは「バンナの勝ちだった」と明言しており、一部の観客も判定に対してブーイングを飛ばしていた。バンナ自身も4ラウンド終了時の判定に対しては不満を露わにしたが、試合後は苦笑しながらも潔くテイシェイラと握手をかわした。ジェロム・レ・バンナ フレッシュアイペディアより)

  • アシュリー・シンプソン

    アシュリー・シンプソンから見たブーイングブーイング

    「サタデー・ナイト・ライブ」出演直後、フットボールの試合のハーフタイム・ショーに出演した時も、会場からは大ブーイングの嵐であった。この番組は長年続く歴史ある番組で、出演出来るのは一流のアーティストとして認められた証であり、U2、ローリング・ストーンズ等の大物も出演を喜ぶ程である。アシュリーは自身の人気と歌唱力を全米に知らしめる機会であったが、それどころか赤っ恥をかき、全米中の人々から非難を受ける結果となってしまった。アシュリー・シンプソン フレッシュアイペディアより)

  • りほ

    りほから見たブーイングブーイング

    同日DDT両国国技館大会「両国ピーターパン 〜大人になんてなれないよ〜」アイアンマンヘビーメタル級王座争奪ロイヤルランブルに出場したが、中澤マイケルに対するくるくるリボンが失敗し、敗退(直後、中澤は大ブーイングを受ける)。りほ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィトールド・クレール

    ヴィトールド・クレールから見たブーイングブーイング

    クレールは、1960年ローマオリンピックに連続出場を果たす。三段跳決勝では、最終試技を前に、ポーランドのヨゼフ・シュミット、ソ連のウラジミール・ゴリャエフ、アメリカの黒人選手であるイラ・デービスに次いで4位に位置していた。最終跳躍で、クレールは16.43mのベストを出し、デービスを2cm逆転。試技を終えていたデービスはクレールに近寄り祝福しようとした。しかし、クレールは、まだアイナルソンの最終跳躍が残っていたため、デービスを拒否。これに対し、状況を知らないスタジアムの観衆は差別的な行為をしたとして容赦なくクレールにブーイングを浴びせた。クレールは場内のブーイングがなぜ起こっているのか原因がわからなかった。ソ連のコーチはクレールとともにデービスに事情を説明した。しかし、観客には理解してもらえなかった。アイナルソンの最終跳躍の後、クレールの2大会連続銅メダルが確定した。彼に対するブーイングは表彰式のときにも起こり、泣いているクレールは同僚のゴリャエフに導かれながらグラウンドを後にした。ヴィトールド・クレール フレッシュアイペディアより)

  • アンドルー・カード

    アンドルー・カードから見たブーイングブーイング

    カードが2007年5月にマサチューセッツ大学アマースト校から名誉学位を取得した際、彼のイラク戦争支持に反対する観衆は、プラカードを振りかざしながらブーイングをして、彼の演説を掻き消した。また、卒業生らは彼の出席に対する抗議の意志を示すガウンを着ていた。アンドルー・カード フレッシュアイペディアより)

  • 殺人魚雷

    殺人魚雷から見たブーイングブーイング

    1990年代前半の全日本プロレスマットにおいて、超世代軍、鶴田軍、聖鬼軍などの日本人との対決、また当時の全日本外国人エースだったスタン・ハンセンとの外国人世代闘争による激しい戦いは、ファンから多大な支持を得た(超世代軍、鶴田軍との試合ではあまりの強さのためにブーイングが非常に多かった)。殺人魚雷 フレッシュアイペディアより)

  • 二岡智宏

    二岡智宏から見たブーイングブーイング

    2008年7月6日に、山本モナと共に「東京都品川区五反田のラブホテル街に出入りしていた」という記事が、2008年(平成20年)7月10日発売の女性週刊誌『女性セブン』に、写真付きで不倫スキャンダルとして掲載された。この年の二岡は開幕直後に怪我で二軍落ちしており、復帰直前と目されていた最中の出来事だった。この一件で二岡の一軍復帰も急遽見送られ、直後に読売ジャイアンツ球場で行われたイースタン・リーグの試合では、球場にいたファンから、激しいブーイングを浴びる事態も起きた。同年のシーズンオフをもって、林とともに日本ハムにトレードとなる。長年巨人を支えた巨人の看板選手でなおかつ当時は選手会長であり、その年は故障で若い坂本にスタメンを奪われてしまったものの当時32歳というまだまだ中堅の選手であり、坂本ら若手と競争する状況に置かれてもスタメンを奪回できる機会や実力が二岡には十分あったため、巨人側が1シーズンの不振のみで二岡をトレードに踏み切る事には不可解な点が多い。そのため、このスキャンダルの責任を追及され「厄介払い」されたのではないか、と考える世論も多かった。 同時にトレードされた林もプライベートでのスキャンダル疑惑が当時写真誌に報じられており、それらの報道の真偽がどうであれ球団のイメージにダウンにつながる可能性もあるため、「二岡と共に球団のイメージダウンを嫌って追放されたのでは」と週刊誌等で憶測が流れていた。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • マリー・アントワネット (映画)

    マリー・アントワネット (映画)から見たブーイングブーイング

    第59回カンヌ国際映画祭に出品したが、プレス試写ではブーイングが起こった。また、フランスのマリー・アントワネット協会の会長も「この映画のせいで、アントワネットのイメージを改善しようとしてきた我々の努力が水の泡だ」とコメントし本作を非難している。ただし、本作は伝記映画というよりはマリー・アントワネットを一人の少女として描いた青春映画の側面があり、必ずしも史実を忠実に再現する事を意図して製作された作品ではない(上述の批判に対しても主演のダンストが「歴史的事実というよりも歴史的な感覚の映画。マリー・アントワネットの教育用伝記映画を期待しないでほしい」とコメントしている)。根本的なテーマが誰も知る人のいない異国にわずか14歳で単身やってきた少女の孤独であることは、監督の前作の『ロスト・イン・トランスレーション』と似たものがある。マリー・アントワネット (映画) フレッシュアイペディアより)

  • サージェント・スローター

    サージェント・スローターから見たブーイングブーイング

    2009年1月にエージェント職を解任されたが、アンバサダー(親善大使)として会社には留まっており、イベント等への出演を続けている。同年8月10日にはRAWのホストを務めた。開催地がカナダであり、観客をたびたび挑発したため会場はブーイングの嵐となった。2010年11月15日に "Old School edition" と銘打って放送されたスペシャル版のRAWでは久々にリングに復帰し、アルベルト・デル・リオとシングルマッチで対戦するも敗退した。サージェント・スローター フレッシュアイペディアより)

171件中 91 - 100件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード