219件中 101 - 110件表示
  • ロックン・ロール (ゲイリー・グリッターの曲)

    ロックン・ロール (ゲイリー・グリッターの曲)から見たブーイングブーイング

    ロッキーズは1982年に本拠地をニュージャージー州へ移転し、改名したが、後身チームであるニュージャージー・デビルズも、「ロックン・ロール」をゴール時に流す曲として継承した。ニュージャージーでは、ファンたちが歌に合わせて「hey, you suck(おい、おまえムカつくぜ)」と大合唱することで、すっかり悪評がたってしまった。上述のグリッターの裁判が進行中の間は、この曲は、(Zombie Nation の「Kernkraft 400」やブラーの「ソング2」など)ほかの曲に差し替えられていたが、その後は再び「ロックン・ロール」が使用されるようになった。2013年10月5日に行なわれた2013/2014年シーズンのホームでの開幕戦の際には、デヴィルズは「ロックン・ロール」を使わず、代わりにニュージャージ州出身のボン・ジョヴィの「This Is Our House」を使った。ところがファンたちはすぐさま否定的な反応を示し、この新しい曲にはブーイングが浴びせられ、SNSではこの変更に対する苦情が飛び交った。Yahoo! Sports のライターであるグレッグ・ウィシンスキー (Greg Wyshynski) は、この変更が「you suck」のチャントと関係があるという見方を示しており、その根拠として、ニューヨーク・レンジャースをこき下ろすチャントが入る「If You're Happy and You Know It」もかけるのを止めたことを挙げた。ロックン・ロール (ゲイリー・グリッターの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 喬艶敏

    喬艶敏から見たブーイングブーイング

    1991年のフランス国際72kg超級で3位になると、アジア選手権では72kg超級と無差別で2階級制覇を達成した。1992年の福岡国際無差別では決勝で同僚の張穎と対戦するものの、張が朽木倒の動作を見せると勝手に倒れこんで有効を取られると、寝技では自分から仰向けの態勢になって袈裟固で抑えこまれるなど八百長と疑われるに充分な無気力試合を展開して、場内からもブーイングが巻き起こる事態となった。1993年に地元中国の上海で開催された東アジア大会では無差別で優勝した。世界選手権では初戦でロシアのスベトラーナ・グンダレンコに敗れると、その後の3位決定戦ではオランダのモニク・ファンデリーに敗れて5位に終わった。1994年のアジア競技大会の無差別決勝では自らより身長で22cm、体重で35kgも下回る阿武教子に開始48秒、内股すかしで豪快に投げられて2位に終わった。続く福岡国際の決勝でも阿武と対戦すると、先に効果を先取するものの、終了20秒ほど前に再度内股すかしで技ありを取られて逆転負けを喫した。喬艶敏 フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・スタッフォード

    マシュー・スタッフォードから見たブーイングブーイング

    2009年のNFLドラフトでは、前年に16戦全敗のデトロイト・ライオンズが全体1位でスタッフォードを指名した。この際、LBアーロン・カリーの指名を望んでいると見られるライオンズファンからのブーイングも起きた。事前交渉によって前年のマット・ライアン(アトランタ・ファルコンズ)の6年総額7,200万ドルを超える6年総額7,800万ドルという超大型契約が成立していたため、ドラフト当日の全体1位指名発表の際には、興を削がれたファンからブーイングが沸き起こった。またCMに有名人をあまり起用してこなかったユニリーバにステイシー・キーブラー以来となるスポーツ選手として起用され、AxeのCMへの出演契約を結んだ。マシュー・スタッフォード フレッシュアイペディアより)

  • ワールドマスターズ2015

    ワールドマスターズ2015から見たブーイングブーイング

    今大会に参加する選手7名を含めた11名のイスラエル選手団が、モロッコの空港で安全保障上の懸念から一時身柄を拘束されて、パスポートを押収される事態に陥った。イスラエル総保安庁は選手団に対して、アラブ諸国へ向かう際には武装した護衛を付けること、公共の場でイスラエルを想起させる表象や行動を避けるようにとのアドバイスをしていた。しかし、モロッコ当局が武装した護衛の同伴を拒否したために、選手団は護衛を付けずモロッコに向かうことになった。この件ではIJFが仲裁に入って圧力をかけたことから、選手団は翌日釈放されることになった。一方、会場ではパレスチナの旗が振られて、イスラエルの選手が登場する度に激越な野次やブーイングが沸き起こり、負けると大きな歓声が起こった。結果として、元世界チャンピオンのヤーデン・ジェルビを始め、誰もメダルを獲得できずに終わった。ジェルビはフェイスブックで次のようなコメントを記した。「モロッコで起こった諸々の出来事は恥ずべき事態だった。単に柔道を行いに来ただけで政治とは関係ないのに、我々がイスラエル人だからという理由でこんな目に会うなんて。イスラエル人に限らず他の誰にもこんなことが再び起こらないことを切に願う」。なお、2010年に同じモロッコのアガディールで世界ジュニアが開催された際にもイスラエルは選手団を派遣していたが、この時はイスラエルの国旗が会場から取り除かれた。ワールドマスターズ2015 フレッシュアイペディアより)

  • ドノバン・マクナブ

    ドノバン・マクナブから見たブーイングブーイング

    1999年のNFLドラフトではティム・カウチに続いて全体2位でフィラデルフィア・イーグルスから指名されて入団した。テキサス大学のRBリッキー・ウィリアムズの指名を望んだファンからブーイングを浴びた。この年のドラフトでは全体12位までにQBが5人指名され1983年ドラフト組以来となるQB豊作と見られていたがカウチ、アキリ・スミス、ケイド・マクナウンの3人は実績を残せずマクナブとダンテ・カルペッパーだけがNFLで成功を収めている。ドノバン・マクナブ フレッシュアイペディアより)

  • 嘉門 タツオ

    嘉門タツオから見たブーイングブーイング

    2005年 - 1月5日 アポロ・シアターで「アマチュアナイト」に出演する。当時流行の『ラストサムライ』と『キル・ビル』からサムライ姿で切腹をパントマイムしてギターでブルースを歌う予定が、歌前のパフォーマンスでブーイングを受け退場する。嘉門タツオ フレッシュアイペディアより)

  • トム・グラビン

    トム・グラビンから見たブーイングブーイング

    にはマダックスが加入し、ジョン・スモルツ、スティーブ・エイベリーと合わせて四天王と呼ばれた。22勝6敗・防御率3.20をマーク、1967年-1972年のファーガソン・ジェンキンス以来となる3年連続20勝以上を記録し、3年連続で最多勝利のタイトルを獲得した。8月に労使交渉が決裂し、選手側がストライキを決行。当時メジャーリーグ選手会会長だったグラビンはファンから怒りを買った。ストライキが解除されたは登板時にブーイングを浴びた。クリーブランド・インディアンズとのワールドシリーズでは2戦2勝の活躍でシリーズMVPを受賞。38年ぶり、移転後初のワールドチャンピオンとなった。トム・グラビン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ザンブラーノ

    カルロス・ザンブラーノから見たブーイングブーイング

    は、シーズン開幕前に「今年はオレがサイ・ヤング賞を獲る。そして、カブスはワールドシリーズで優勝。このオレが保証する」と宣言。しかしこの年、ザンブラーノはトラブルに見舞われる。まず、6月1日のブレーブス戦において、捕逸や暴投で失点したことに怒り、ベンチやクラブハウスで捕手マイケル・バレットと殴り合いを起こす。この件については同月20日、最終的にバレットがパドレスへトレードで放出されることになった。また、9月3日のドジャース戦では4.1回8失点で降板。ファンは8月以降勝ち星のなかったザンブラーノにブーイングを浴びせ、これに対しザンブラーノは罵り言葉を発しながらベンチへ。翌日に謝罪したが、評判を落としてしまった。結局、この年は自己最多の18勝を挙げたが、奪三振率やWHIPが前年から低下し、サイ・ヤング賞の投票では2年連続の5位。チームは前年の最下位から地区優勝しポストシーズンへ進出したが、地区シリーズで敗退。8月17日には5年総額9,150万ドルで契約を延長するなど明るい話題もあったが、自身もチームも開幕前の宣言通りにはならなかった。カルロス・ザンブラーノ フレッシュアイペディアより)

  • バーノン・ウェルズ (野球)

    バーノン・ウェルズ (野球)から見たブーイングブーイング

    は相次ぐ故障からの復活を目指し、個人トレーナーを雇って肉体改造に着手。その結果、2004年以降では最多の158試合に出場し、故障の不安を払拭した。しかし、打撃は深刻な不振に陥り、本塁打、打点はレギュラー定着後では最低の数字に終わった。特に得点圏打率は.205と振るわず、シーズン終盤は下位打線を打つことが多くなった。本拠地のロジャース・センターでは、地元ファンからブーイングを浴びせられることもあった。2007年以降、大型契約に見合わない成績が続き、2010年から5年総額1億600万ドルという著しく巨額の支払いが残ることもあり、“不良債権”の代名詞的存在になってしまった。ESPNは、ウェルズを「トレード価値がない選手」2位に選び(1位はバリー・ジト)、低調な打撃成績と狭まった守備範囲が巨額の契約に見合わないと指摘した。また、スポーツ・イラストレイテッドは、現役選手を対象にした「最悪の契約」ランキング1位にウェルズを選んだ。オフには、打撃不振の原因となった左手首の手術を受けた。バーノン・ウェルズ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • エヴェルトン・テイシェイラ

    エヴェルトン・テイシェイラから見たブーイングブーイング

    2009年3月28日、K-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMAのスーパーファイトにてジェロム・レ・バンナと対戦。再延長まで縺れ込む接戦の末に2-1の僅差判定勝ちとなったが、場内の観客からはブーイングが起きた。エヴェルトン・テイシェイラ フレッシュアイペディアより)

219件中 101 - 110件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード