171件中 101 - 110件表示
  • O・J・シンプソン

    O・J・シンプソンから見たブーイングブーイング

    1973年にシンプソンはNFLの年間記録として初めて2,000ヤードを越える2,003ヤードのランを記録し(それまでの記録は1963年、ジム・ブラウンの1,863ヤード。)、当年のMVPを受賞した。後に年間2,003ヤードの記録は破られるものの、当時は1シーズン14試合制であり、連続14試合での獲得ヤードでシンプソンの記録を超えたNFL選手は未だ現れていない(1978年以降は1シーズン16試合制)。。この年開幕週のニューイングランド・ペイトリオッツ戦で250ヤードを走り1試合のラッシング獲得ヤードNFL記録を作った。その後4試合連続で100ヤード以上を走り5試合終了時点で813ヤードとなったシンプソンにはジム・ブラウンの記録更新の期待が高まった。スーパーボウルチャンピオンのマイアミ・ドルフィンズ戦では55ヤードと抑えられたが、カンザスシティ・チーフス戦で157ヤードを走りシーズン前半7試合で1,000ヤードを突破した。続く2試合で79ヤード、99ヤードに終わったが続く4試合で100ヤード以上を走りシーズン2試合を残した時点で1,584ヤードまで記録を伸ばした。吹雪が舞う中で行われた地元リッチ・スタジアムで行われたニューイングランド・ペイトリオッツ戦で21回のキャリーで219ヤードを走ったシンプソンはジム・ブラウンの記録まで残り1試合で63ヤードまで迫った。最終節シェイ・スタジアムで行われたニューヨーク・ジェッツ戦も雪の中での試合となったが第1Qにジム・ブラウンの記録を更新し2000ヤード達成直前の2プレーでQBファーガソンがシンプソンを休ませるためにFBのジム・ブラックストンにボールを持たせたプレーには記録達成の瞬間を心待ちにした敵地ジェッツのファンからもブーイングが起きた。最後はブラックストンが空けた中央にシンプソンが走るプレーで7ヤードを獲得しこの試合200ヤード、シーズン通算2003ヤードの記録を達成した。この年新人QB、若い2人のWRであったため、パス攻撃はほとんど選択されず、OJが左、OJが右、OJが中央といったプレーコールがほとんどであった。シンプソンの新記録の影にはタイトエンドも含めたエレクトリックカンパニーと呼ばれる10年で最高のオフェンスラインの存在もあった。この試合残り8分となったところでQBジョー・ファーガソンはハドルで「OJの2000ヤード達成まであと60ヤードだぞ。」とチームメートに声をかけた。新記録達成後の記者会見にシンプソンはオフェンスの全選手を同席させ1人1人を特にレジー・マッケンジーへ感謝の言葉を述べた。またシンプソンはオフェンスの選手やコーチたちに純金製のブレスレットを贈った。その総額は2万ドルを超えたという。O・J・シンプソン フレッシュアイペディアより)

  • スコット・スタイナー

    スコット・スタイナーから見たブーイングブーイング

    相手に正面から組み付き、勢いをつけて後方に反り投げる技。捻りが効いているため、カート・アングルやブロック・レスナーのベリー・トゥ・ベリーとは一味違うものになっている。だが、前述のトリプルHとの抗争時、この技のみを多用していたため、観客からはこの技を出す度にブーイングを喰らっていた。スコット・スタイナー フレッシュアイペディアより)

  • ニュルンベルクのマイスタージンガー

    ニュルンベルクのマイスタージンガーから見たブーイングブーイング

    ヴォルフガングの娘カタリーナ・ワーグナー(:de:Katharina Wagner, 1978年生)演出による上演は、賛辞と激しいブーイングに分かれるスキャンダルとなった。ニュルンベルクのマイスタージンガー フレッシュアイペディアより)

  • パトリス・エヴラ

    パトリス・エヴラから見たブーイングブーイング

    2010 FIFAワールドカップのメキシコ戦にニコラ・アネルカがレイモン・ドメネク監督を侮辱し、チームから追放された事件で「(チーム内に)裏切り者がいる」と発言し、首脳陣と衝突。練習ボイコットにまで発展させる要因となった。これにより前述のとおりフランス代表からは出場停止処分が課され、さらにフランスのマルセイユで行われた2010-11シーズンチャンピオンズリーグ決勝トーナメントベスト16第1レグに出場したが、エブラがボールに触れる度にマルセイユサポーターからブーイングを浴びることとなった。パトリス・エヴラ フレッシュアイペディアより)

  • レッスルマニアX-Seven

    レッスルマニアX-Sevenから見たブーイングブーイング

    ちなみに、本大会はオースチンの地元テキサスで開催されたということもあり、翌年のレッスルマニアX8のホーガン戦ほどではないにしろロックに対してブーイングが飛び、オースチンがヒールターンしてバッドエンディングになったにも関わらず、観客はオースチンの戴冠に大いに盛り上がった。レッスルマニアX-Seven フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ゴードン

    ジェフ・ゴードンから見たブーイングブーイング

    “都会っ子”である為に地方開催時にブーイングに遭う事もある。ジェフ・ゴードン フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高校野球

    日本の高校野球から見たブーイングブーイング

    1992年8月16日に行われた明徳義塾対星稜の試合では明徳義塾の監督は星稜の4番松井秀喜に対し5打席すべてを敬遠するという作戦に出た。試合は明徳義塾が勝利したが試合終了直後から試合内容に納得のいかない観客から「帰れ」コールやブーイングが起き、これによって校歌斉唱の声が潰されただけではなく、高野連が異例の声明を発表する事態になる。監督は試合終了後に「高校生の中に一人プロが混じっていた。勝つために(敬遠を)指示した」と記者団に答えた。スポーツ紙、テレビニュース、一般紙は明徳義塾の行動に対する非難を行い、プロ野球経験者は非難、擁護と意見が二分した。日本の高校野球 フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・フラー

    リカルド・フラーから見たブーイングブーイング

    このシーズン2部リーグに所属していたサウサンプトンでフラーは2005年8月29日の対コヴェントリー・シティFC戦で得点し幸先良いデビューを飾ると、9月18日のダービー・カウンティFC戦でもゴールを決めた。しかし徐々に成績が降下し、たびたびチームの方針に不平を述べるなどの問題行動を起こしたため、ホームゲームにもかかわらずファンにブーイングを浴びることとなった。そうしたチームとの不和もあり、フラーは2006年2月に同じく2部のイプスウィッチ・タウンFCへとレンタル移籍した。レンタル移籍先のイプスウィッチ・タウンでは3試合で2得点を決める活躍を見せたが、同時にイエローカードを2枚、レッドカードを1枚もらってしまった。イプスウィッチ・タウンで良くも悪くも活躍したフラーは3月末にサウサンプトンFCに復帰した 。リカルド・フラー フレッシュアイペディアより)

  • ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

    ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習から見たブーイングブーイング

    ボラットは大陸横断中にロデオ大会でアメリカ国歌を歌うこととなる。直前に大会関係者から「髭=テロリスト」とみられることを指摘されるが、髭をそらずに観衆の前に登場したボラットは「テロの戦い(≠対テロの戦い)を支持する」と宣言し、「対テロの戦い」の事だろうと好意的に受け止めた観客から好評を買う。しかし続いて「ブッシュ大統領がかの国のすべての男、女、子供の血をすすり、国を完全に破壊し、向こう1000年間は1匹のトカゲも生存しない状態にすることを願う」と宣言し微妙な空気を作り出す。そして国歌独唱では唐突にアメリカ国歌の曲に架空のカザフスタン国歌(「カザフスタンはカリウムの輸出が多い、他の国の作るカリウムは粗悪なもの」など、実際のカザフスタン国歌とは全くの別物)をのせて歌い、嵐のようなブーイングを受ける。ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見たブーイングブーイング

    2000年10月26日、ラグビーのオーストラリア代表チーム、ワラビーズの歓迎レセプションで、「日本代表は未来永劫ワールドカップを抱くことはできない」と発言。2日後同チームの試合を秩父宮ラグビー場で観戦したが、観客からは一斉にブーイングが起こった。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

171件中 101 - 110件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード