219件中 111 - 120件表示
  • 常盤聡

    常盤聡から見たブーイングブーイング

    2013年3月20日のJ2第4節北九州vs東京Vでは、古巣である北九州のサポーターから盛大なブーイングを浴びせられ、三浦監督からも気遣われたが、常盤本人はブーイングに全く気付いていなかった。常盤聡 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンラズベリー賞

    ゴールデンラズベリー賞から見たブーイングブーイング

    また、英語の「ラズベリータルト」(raspberry tart)が「fart」(おなら) と韻を踏んでいることから、ラズベリーはおならをまねた音、すなわちブーイングの音を指すようになった。賞の名はこのことにも掛かっている。ゴールデンラズベリー賞 フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・ブース

    マシュー・ブースから見たブーイングブーイング

    大部分を黒人が占める南アフリカのファンからの人気も高く、ブースがボールをキープしたり好守備を見せると「ブース!ブース!」という声援が送られる。日本の一部のメディア を含む世界中のメディアが、彼が自国のファンから「ブー!ブー!」というブーイングを受けていると勘違いして報道した。ブース自身はこの声援に対し「ブーイングと勘違いされるけど、僕の名前を呼んでくれているだけ。サッカーは人種融合を訴えたネルソン・マンデラ元大統領の理想像だ」と語っている。マシュー・ブース フレッシュアイペディアより)

  • ニューイングランド・ペイトリオッツ

    ニューイングランド・ペイトリオッツから見たブーイングブーイング

    1978年のプレシーズンゲームでスターWRのダリル・スティングレーがオークランド・レイダーズのジャック・テイタムのハードヒットを受けてほぼ全身麻痺となりそのまま引退に追い込まれた。主力選手を失ったものの10勝4敗で迎えたビルズ戦、残り8秒でデビッド・ポージーの34ヤードのFGが決まると60,000人のファンは一斉にグラウンドになだれ込んで地区優勝を祝った。最終戦の直前にHCのフェアバンクスがコロラド大学ボルダー校のHCとなることが明らかにされ試合前にフェアバンクスはチームオーナーのビリー・サリバンによってクビにされロン・エルハルトが指揮を執った。プレーオフ1回戦はフェアバンクスが再度サイドラインから指揮を執り、地元シェーファー・スタジアムで戦ったがヒューストン・オイラーズに敗れファンはHCに対してブーイングを行った。ニューイングランド・ペイトリオッツ フレッシュアイペディアより)

  • ヒューストン・テキサンズ

    ヒューストン・テキサンズから見たブーイングブーイング

    2006年のドラフトでは全米のメディアはレジー・ブッシュの指名を予想し、地元ヒューストンではローズボウルでそのブッシュのUSCを破り全米チャンピオンになったテキサス大学のQBヴィンス・ヤングの指名を期待した。この2人のいずれがドラフトで指名されることになるか注目されたがチームが全体1位で指名したのはノースカロライナ州立大学のDEマリオ・ウィリアムズであった。リライアント・スタジアムで行われたこのドラフトでファンは失望するとともにブーイングを行った。全米のメディアもマイケル・ジョーダンとサム・ブーイが指名された1984年のNBAドラフトを持ち出してこの選択はドラフト史上最悪のものではないかと報道した。ブッシュはニューオーリンズ・セインツに、ヤングはテネシー・タイタンズに入団した。この年ブッシュが加入したセインツはNFCチャンピオンシップゲームまで進出し、ヤングは最優秀攻撃選手に選ばれたのに対してウィリアムズは足底筋膜炎に罹り47タックル、4.5サックに終わった。チームはこの年開幕から3連敗したがテネシー・タイタンズ戦ではオフェンスの獲得ヤードで427対197と圧倒されたもののターンオーバーでボールを5回奪い勝利した。また第41回スーパーボウルを制したインディアナポリス・コルツを27-24で破り10回目の対戦で初勝利をあげた。オフェンスではQBカーが成長しパス成功率68.9%、バッファロー・ビルズ戦では22回連続パス成功の記録を残した。またアンドレ・ジョンソンはリーグトップの103回のレシーブを記録し2度目のプロボウルに選ばれた。またドラフト2巡指名のデミーコ・ライアンズは最優秀新人守備選手に選ばれた。ヒューストン・テキサンズ フレッシュアイペディアより)

  • フェデリコ・バルザレッティ

    フェデリコ・バルザレッティから見たブーイングブーイング

    自由契約となったバルザレッティは、同じトリノにあるクラブであり、トリノのライバルであるユヴェントスに移籍した。トリノへの忠誠を誓っていたバルザレッティは妻が妊娠していたこともありトリノの街に留まることを選んだが、トリノサポーターからは裏切り者としてブーイングを受けることとなった。フェデリコ・バルザレッティ フレッシュアイペディアより)

  • ステフォン・マーブリー

    ステフォン・マーブリーから見たブーイングブーイング

    愛称は「Starbury(スターブリー)」(ただし、NBA生活での晩年はブーイングの意味が込められた「Boo-bury(ブーブリー)」と揶揄されることもあった)。従兄弟はセバスチャン・テルフェアである。ステフォン・マーブリー フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ジョンソン (ランニングバック)

    クリス・ジョンソン (ランニングバック)から見たブーイングブーイング

    地元ファンにもブーイングを浴びるようになっているが、これに対して「そうした人々はファンタジーフットボールを通じて応援していただけだろう。」とコメントしている。クリス・ジョンソン (ランニングバック) フレッシュアイペディアより)

  • 牽制球

    牽制球から見たブーイングブーイング

    牽制球は重要な戦術ではあるが、あまりに多用すると試合の遅延行為となりえるため、プロ野球ではファンからブーイングを受けることもある。なお、1度や2度の牽制球でもブーイングを行うファンも少なからず存在するが、これに関してはマナーの問題とされる。牽制球 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツにおけるイスラエル・ボイコット

    スポーツにおけるイスラエル・ボイコットから見たブーイングブーイング

    10月にUAEで開催された柔道のグランドスラム・アブダビ2015では、出場を予定していた元63kg級世界チャンピオンのヤーデン・ジェルビや73kg級ヨーロッパチャンピオンのサギ・ムキなどを含むイスラエルの選手15名が、イスラエルと国交のないアブダビ当局からビザ発給を拒否される事態となった。IJFが事態の打開に向けて動き出した結果、イスラエル選手団にもビザが発給されて大会への参加が可能となった。但し、イスラエルの旗の下ではなく、IJFの旗の下での参加を余儀なくされることになった。今回の措置はイスラエル選手団の安全を確保し、なおかつ大会をスムーズに進行させるために取られたものであり、イスラエル柔道連盟会長のモシェ・ポンテもそれに同意した。ジェルビによれば、アブダビで開催される国際大会への参加は6年前から試みられていたが、今回ようやくそれが実現されることになったという。なお、イスラエル選手団は2015年5月にモロッコのラバトで開催されたワールドマスターズ2015では入国こそ認められたものの、空港で一時拘束される事態となり、会場では選手が畳に上がるたびに野次やブーイングを浴びるなどのトラブルが発生していた。一方で、イスラエルのスポーツ・文化大臣であるミリ・レジェブは、一連の事態は決して許容できるものではないとして、このようなことを常態化させないために何らかの対策を講じる必要があると語った。スポーツにおけるイスラエル・ボイコット フレッシュアイペディアより)

219件中 111 - 120件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード