171件中 111 - 120件表示
  • 上々軍団

    上々軍団から見たブーイングブーイング

    上記の名義で同じ系列事務所のハロー!プロジェクトのイベントにおいてMCをすることが多く、登場するとファンから熱いブーイングを浴びることが恒例となっている。上々軍団 フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・ブース

    マシュー・ブースから見たブーイングブーイング

    大部分を黒人が占める南アフリカのファンからの人気も高く、ブースがボールをキープしたり好守備を見せると「ブース!ブース!」という声援が送られる。日本の一部のメディア を含む世界中のメディアが、彼が自国のファンから「ブー!ブー!」というブーイングを受けていると勘違いして報道した。ブース自身はこの声援に対し「ブーイングと勘違いされるけど、僕の名前を呼んでくれているだけ。サッカーは人種融合を訴えたネルソン・マンデラ元大統領の理想像だ」と語っている。マシュー・ブース フレッシュアイペディアより)

  • レッスルマニアXX

    レッスルマニアXXから見たブーイングブーイング

    そして大会当日を迎え、試合開始当初はベビーフェイスのオースチンとゴールドバーグには声援、ヒールのレスナーにはブーイングが浴びせられていたが、やがてそれは試合自体を拒絶する巨大なブーイングとなった。レッスルマニアXX フレッシュアイペディアより)

  • ドニー・ムーア

    ドニー・ムーアから見たブーイングブーイング

    ファンから戦犯扱いを受け、は登板の度にブーイングを浴び、また故障もあって不調に陥り14試合の登板に終わる。1月22日にフリーエージェントとなるが、2月9日に再契約。しかし8月7日の登板を最後に、8月26日にエンゼルスを解雇された。ドニー・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤亜紀

    佐藤亜紀から見たブーイングブーイング

    ピエール・クロソウスキーの『バフォメット』に登場するキャラクターから「大蟻食」を自称。近代西洋史、ことに専門域であるフランスの美術・文学、クラシック音楽などに造詣が深く、その知識を援用した創作・批評を行う。小説の方面では、本人言う所の「ライトノベルとしてのファンタジー」(ただし当該ジャンルの作者達の姿勢には「したたか」などという言葉で留保を示している)に比して異常なまでに書き込まれた世界観、専門的な知見をもとにした時代考証、本人の嗜好に関連付ければ山尾悠子等にも通じる緊密で硬い文体(「コチコチ」と韜晦したこともある)などを特徴とする。「大」が付くほどのオペラファンであり、作品中でもたびたび登場人物がオペラを鑑賞するシーンが見受けられる。エッセイ集『ブーイングの作法』には、オペラの見方を書いたエッセイが複数収められている。佐藤亜紀 フレッシュアイペディアより)

  • たけしプロレス軍団

    たけしプロレス軍団から見たブーイングブーイング

    当時のプロレスファンには「プロレスを理解できない部外者」に対する明確な拒絶反応が存在しており、芸能人(ビートたけし)がらみのプロレス軍団というギミックは到底受け入れられないものだった。しかも猪木と長州のシングル対決はシリーズ全体の目玉カードだったため、その試合に期待して集まった観客の怒りが頂点に達してしまった。TPGがリング上に登場した直後から、「帰れ!」「プロレスを甘く見るな!」などの罵声が飛び、激しいブーイングも起きた。たけしプロレス軍団 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・アンダーセン

    クリス・アンダーセンから見たブーイングブーイング

    2004年オフにニューオーリンズ・ホーネッツへ移籍。2004-05シーズンもベンチから出場し、時には10リバウンド以上を稼ぐなど、チームにとって貴重なセンターとして貢献するようになった。なお、2年連続でスラムダンクコンテストに出場したが、失敗を繰り返し、会場がブーイングや笑い声に包まれてしまった。クリス・アンダーセン フレッシュアイペディアより)

  • ジ・アンダーテイカー

    ジ・アンダーテイカーから見たブーイングブーイング

    その豊富な経験と実績でバックステージでの同僚のレスラーのリスペクトは高く、リーダー格の地位にある。入場・試合等では、ヒールを演じていてもブーイングが歓声にかき消されるほどである。安定したレスリングテクニックもさることながら、当たり外れの大きい怪奇派ギミックを完璧にこなし、WWEで人気を得るための最も重要な要素であるマイクアピールを殆どせずに入場するだけで自分のペースに巻き込んでしまう。ジ・アンダーテイカー フレッシュアイペディアより)

  • エジミウソン・ドス・サントス・シルバ

    エジミウソン・ドス・サントス・シルバから見たブーイングブーイング

    2008年に浦和レッドダイヤモンズに完全移籍。チームへの適応に時間を要したことから、サポーターからブーイングや応援ボイコットを受けた時期もあったが、最終的にチーム最多となる公式戦通算16得点を記録した。エジミウソン・ドス・サントス・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • 梅木良則

    梅木良則から見たブーイングブーイング

    2007年9月17日、HERO'Sでの山本"KID"徳郁vsビビアーノ・フェルナンデス戦において、ストップ・ドント・ムーブからの復帰の際に再現の難しい姿勢をむりやり再現させようとし、レフェリー同士の協議においても「再現できますって!」などと叫んだあげく、結局はスタンディングでの再開となり、結果として2分間近い試合の中断を招いた。KIDも苦笑しながら応じた他、会場では梅木に対してブーイングも起こった。梅木良則 フレッシュアイペディアより)

171件中 111 - 120件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード