219件中 121 - 130件表示
  • ラファエル・パルメイロ

    ラファエル・パルメイロから見たブーイングブーイング

    7月15日には史上26人目の3000本安打を達成した。「3000安打&500本塁打」を達成したのは、ハンク・アーロン、ウィリー・メイズ、エディ・マレーに続き史上4人目である。なお、この歴史的瞬間に守備位置のライトで立ち会ったイチローは、「なかなかこんな機会に巡り合うことはない。貴重な瞬間だった」「ヒットを毎年200本打っても15年かかる記録。彼は19年間やっているそうですが、それだけ長い間グラウンドに立っていることだけでもすごい」「とても尊敬している。自分が500本塁打打つなんて、おそらく練習でもありえないし、まさに偉大な業績だ」と彼を称えた。ところが3000安打500本塁打を達成した直後の2005年8月1日、アナボリックステロイド使用の陽性反応が出た。パルメイロは「故意にステロイドは使用してはいない。なぜ陽性になったのかはわからない」とコメントしたが容れられず、結局MLBから10日間の出場停止処分を受けた。半年前のアメリカ議会特別委員会の証言ではステロイド使用疑惑を強く否定していたため、パルメイロのドーピング違反は全米で大きく報道された。2005年は前年以上に打棒が衰えていたが、出場停止処分からの復帰後はファンからのブーイングによって精神的に疲労し、さらに不振におちいった。同年8月下旬のトロント・ブルージェイズ戦ではついに耳栓を使用するに至り、結局本塁打・打点と共に過去15年で最低の成績に終わり、オフにはチームから契約を解除された。以後はプレーせず、この2005年シーズン限りで実質引退状態となった。ラファエル・パルメイロ フレッシュアイペディアより)

  • ロス・インゴベルナブレス

    ロス・インゴベルナブレスから見たブーイングブーイング

    2009年よりCMLLに所属し、テクニコという立場で活動し続けていたルーシュだが、試合を展開する中で、時折ルードのような振る舞いを観衆に見せつけ、ブーイングを浴びせられることが少なからずあった。2013年半ばに入ると、その傾向はさらに悪化していき、ルーシュは「CMLLで最も嫌われているレスラー」と称されるようになる。ロス・インゴベルナブレス フレッシュアイペディアより)

  • カール・メイズ

    カール・メイズから見たブーイングブーイング

    メイズは自発的にマンハッタン地区検察局へ行き、故意によるものでは無かったと証言して罪には問われない事を確認した。8月18日のインディアンス対ヤンキースの試合では両球団の選手が喪章(黒のアームバンド)を着用してプレーする中、メイズはこの喪章を着けなかったので目立ってしまった。メイズに対する風当たりは強く、レッドソックス、タイガース、セントルイス・ブラウンズを含む幾つかの球団はジョンソン会長へメイズを球界から追放するように求める嘆願書を送った。この動きに対してジョンソン会長はメイズが登板する試合のボイコットを禁じ、事態を沈静化させようとした。8月23日の対タイガース戦の試合前にタイ・カッブから「可能であるなら、私はチャップマンの墓石にこう刻んでいただろう。ここに傲慢、悪質、貪欲の犠牲者が眠る」と記されたノートを渡された事をメイズが明かしている。この試合に登板したメイズは明らかに緊張した面持ちだったが、ヤンキースファンからの声援を背に受け、復帰を完封勝利で飾った。暫くはブーイングと歓声が入り混じる中での登板となった。9月初めのクリーブランドへの遠征試合にはメイズは同行するつもりだったが、インディアンス関係者の感情に配慮して球団が同行を認めなかった。カール・メイズ フレッシュアイペディアより)

  • グランド・オール・オプリ

    グランド・オール・オプリから見たブーイングブーイング

    1960年代、ヒッピー反体制文化の広がりにより、オープリーは長髪を受け入れない保守的で道徳的な立場を保持していた。カントリーロック先駆者のグラム・パーソンズが当時メンバーであったバーズはアルバム『Sweetheart of the Rodeo 』のためにナッシュビルにやってきた。このバンドのレコードレーベルのコロムビア・レコードは1968年3月15日にライマン公会堂で演奏できるようアレンジし、パーソンズはこれを楽しみにしていた。しかしながら観客の声援に応え舞台に登場しようとした途端に出演を止められ、客席からはヤジ、ブーイング、「歌え、歌え」とのコールが起こった。トムポール・グレイサーに曲紹介されたマール・ハガードの『Life in Prison 』のカバーを歌う予定であったが、怒った彼らは代わりに『Hickory Wind 』を歌った。グランド・オール・オプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のMLBオールスターゲーム

    2008年のMLBオールスターゲームから見たブーイングブーイング

    試合前のセレモニーでは、殿堂入りした選手・監督総勢49名の紹介とともに先発メンバーが紹介されるという趣向で行われた。ニューヨーク・ヤンキースのホームグラウンドで行われたため宿敵ボストン・レッドソックス、及び、同じニューヨークに本拠地を置くニューヨーク・メッツの選手は大きなブーイングで迎えられた。2008年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • アポロ・シアター

    アポロ・シアターから見たブーイングブーイング

    1934年以来、アマチュアの歌手やダンサーが出演する人気イベント「アマチュアナイト」が行われている。プロへの登竜門といわれ、エラ・フィッツジェラルド、ビリー・ホリデイ、ジェームス・ブラウン、ダイアナ・ロス、マーヴィン・ゲイ、ジャクソン5、スティーヴィー・ワンダー、アレサ・フランクリン、ベン・E・キング、ローリン・ヒル、サラ・ヴォーンなど多くのスターを輩出してきた。毎週水曜日に開催され、観客の拍手で優勝者が決まり、上位入賞者は1ヶ月に1度行われる「ショー・オフ」に出場、さらに上位入賞すれば3ヶ月に1度行われる「トップ・ドッグ」に出場できる。さらに勝ち抜けば年間チャンピオンを決める「スーパー・トップ・ドッグ」に出場できる。「スーパー・トップ・ドッグ」まで出場を進めたものは、この劇場版アマチュアナイトから全米放送のテレビ版アマチュアナイト「Show time at the apollo」への切符をオーディションやスカウトなしで手にすることが出来る。反対にブーイングを浴びると、箒で舞台から掃き出されパフォーマンス途中で強制退場させられる。アポロ・シアター フレッシュアイペディアより)

  • ヴィンス・ヤング

    ヴィンス・ヤングから見たブーイングブーイング

    2007年にチームをプレーオフに導いたが、2008年の開幕戦で2インターセプトを喫し激しいファンのブーイングを受けると共に左膝の靭帯を痛めてしまい、ベテランのケリー・コリンズに先発QBの座を奪われた。彼が不在のチームは開幕11連勝を含む13勝3敗とNFLトップの成績を収めた。NFL選手として心が折れかかっていた彼に転機をもたらしたのはテキサス大学時代から父親のように慕っていたスティーブ・マクネアの急死であった。ヴィンス・ヤング フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・ボルコフ

    ニコライ・ボルコフから見たブーイングブーイング

    1984年下期、ビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下で全米進出を行っていたWWFと再契約。フレッド・ブラッシーを再びマネージャーに迎え、ハルク・ホーガンのWWF世界ヘビー級王座に挑戦する一方、サージェント・スローターとの米ソ抗争を開始。スローターのWWF離脱後はアイアン・シークとの反米コンビでタッグ戦線に進出、1985年3月31日のレッスルマニア第1回大会でバリー・ウインダムとマイク・ロトンドのUSエクスプレスを破り、WWF世界タッグ王座を獲得した。その後も長きに渡ってWWFを主戦場とし、リング上でソビエト連邦国歌を斉唱するなどしてブーイングを浴びた。ニコライ・ボルコフ フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見たブーイングブーイング

    奇策にすがるようにも見える起用法や采配には選手やサポーターから批判が起こり、選手紹介の際にスタジアムがブーイングで鳴り響く事態に陥った。そして極めつけは当時の主力だった永井雄一郎がエンゲルスの采配と浦和フロントのコンセプトの無さを公然と批判する事態にも発展した(最終的に永井はこの年限りで浦和を退団し、清水エスパルスへ移籍した)。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・ヨネ

    モハメド・ヨネから見たブーイングブーイング

    2010年3月20日、後楽園ホール大会のメインイベントにおいてビッグマウス・ラウドのビッグ村上・臼田勝美組と対戦するが、終始場外での試合を繰り広げ、ノアでは珍しい無効試合となり、観客から大ブーイングを受ける。雪辱を期した2010年3月26日の千葉公園体育館で、GHCタッグ王座をかけて村上・臼田組と対戦、2度目の防衛を果たした。モハメド・ヨネ フレッシュアイペディアより)

219件中 121 - 130件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード