219件中 131 - 140件表示
  • マリー・アントワネット (映画)

    マリー・アントワネット (映画)から見たブーイングブーイング

    第59回カンヌ国際映画祭に出品したが、プレス試写ではブーイングが起こった。また、フランスのマリー・アントワネット協会の会長も「この映画のせいで、アントワネットのイメージを改善しようとしてきた我々の努力が水の泡だ」とコメントし本作を非難している。ただし、本作は伝記映画というよりはマリー・アントワネットを一人の少女として描いた青春映画の側面があり、必ずしも史実を忠実に再現する事を意図して製作された作品ではない(上述の批判に対しても主演のダンストが「歴史的事実というよりも歴史的な感覚の映画。マリー・アントワネットの教育用伝記映画を期待しないでほしい」とコメントしている)。根本的なテーマが誰も知る人のいない異国にわずか14歳で単身やってきた少女の孤独である点は、監督の前作の『ロスト・イン・トランスレーション』と類似している。マリー・アントワネット (映画) フレッシュアイペディアより)

  • スコット・スタイナー

    スコット・スタイナーから見たブーイングブーイング

    相手に正面から組み付き、勢いをつけて後方に反り投げる技。捻りが効いているため、カート・アングルやブロック・レスナーのベリー・トゥ・ベリーとは一味違うものになっている。だが、前述のトリプルHとの抗争時、この技のみを多用していたため、観客からはこの技を出す度にブーイングを喰らっていた。スコット・スタイナー フレッシュアイペディアより)

  • チャーリー・ハース

    チャーリー・ハースから見たブーイングブーイング

    2006年後期、シェルトン・ベンジャミンとWGTTを再結成。クライム・タイムやハーディ・ボーイズとの抗争を開始する。この時期に二人で入場する際の演出を増やし、ハースがノースリーブのパーカーを被って入場、ベンジャミンは胸をはだけたジャケットにサングラス姿で入場と、別々の格好ながらも同色のもので揃えることでチームとしても個人としてもアピールを強め、過去のWGTTと異なった印象を与えた。2007年11月にベンジャミンがECWに移籍したため、またもタッグチームは解消。その後十分な役割も与えられずストーリーラインから外れたが、2008年8月から物真似ギミックとなり、カリート、ジョン・シナ、JBL、ジム・ロス、グレート・カリらの変装と物真似(主に形態模写)でファンを大いに沸かせた。JBLやジム・ロス、ミスター・パーフェクトなどに変装した時には大歓声を浴びたが、シナに扮した際には逆にブーイングを浴びた(シナはサマースラム2008における負傷で欠場中だったのでファンが復帰したのかと思ったため)。また、グレート・カリの物真似をした際には本人に襲撃されるという一幕があった。これによりスラミー賞の物真似賞を獲得している。チャーリー・ハース フレッシュアイペディアより)

  • クリス・アンダーセン

    クリス・アンダーセンから見たブーイングブーイング

    2004年オフにニューオーリンズ・ホーネッツへ移籍。2004-05シーズンもベンチから出場し、時には10リバウンド以上を稼ぐなど、チームにとって貴重なセンターとして貢献するようになった。なお、2年連続でスラムダンクコンテストに出場したが、失敗を繰り返し、会場がブーイングや笑い声に包まれてしまった。クリス・アンダーセン フレッシュアイペディアより)

  • 1994年から1995年のMLBストライキ

    1994年から1995年のMLBストライキから見たブーイングブーイング

    1995年シーズンは当初の4月3日開幕予定から1ヶ月近く遅い4月25日に、期限切れの旧労働協約下で開幕した。試合数も従来より18試合少ない144試合制となった。シーズンの打ち切りとワールドシリーズの中止は自分達への裏切り行為として多くのファンを失望させ、開幕後に各地の球場でファンが抗議と不満の意思を示すブーイング行為が頻発した。特に選手会会長を務めるアトランタ・ブレーブスのトム・グラビンに対する風当たりは強く、登板するたびにブレーブスファンからもブーイングを浴び、郵便受けには憎しみの手紙が殺到した。1994年から1995年のMLBストライキ フレッシュアイペディアより)

  • イン・マイ・ライフ

    イン・マイ・ライフから見たブーイングブーイング

    ジョンとポールはこの曲をライヴで歌うことはなかったが、ジョージ・ハリスンが1974年の北米ツアーでこの曲をレパートリーに加え、原曲とは異なるアレンジで披露。その際に「In My Life, I'll Love You More.」の部分の歌詞を「In My Life, I Love God More.」と変えて歌ったため、観客からブーイングの嵐を浴びた。イン・マイ・ライフ フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ビショフ

    エリック・ビショフから見たブーイングブーイング

    2002年に電撃的にロウのGMとしてWWEと契約、ファン・関係者を驚愕させた。過去のWCWとWWEとのTV番組抗争、更にレスラーを引き抜いては十分に使わないで解雇するといった印象が強かったこともあり、GM就任以来一貫して強力なヒールを演じた。印象や憶測ではなく過去を知る一部ECWファンからは嫌われており、2005年に開催されたPPV、ECW ワン・ナイト・スタンドに反ECW義勇軍を率いて登場した際も、観客から多くのブーイングを浴びた。エリック・ビショフ フレッシュアイペディアより)

  • バトル・オブ・ザ・ビリオネアーズ

    バトル・オブ・ザ・ビリオネアーズから見たブーイングブーイング

    最初に入場して来たのは散髪椅子と散髪屋の看板で、これには(マヌケな入場音楽もあって)実況者のJRも呆れていた。そしてビンスが入場する際には、8万人の観客が館内一斉にブーイングの嵐を見舞う。そしてウマガとエストラーダが先にリングイン。一方トランプがミスU.S.A.と一緒に入場する際には、100ドル紙幣が数万枚が館内に降ってくる。尚、この紙幣は本物である。(同じ事をJBLが行っている。この時の紙幣は1ドル紙幣だが、これも本物の紙幣。但し紙幣にはJBLの顔が写っている。このパロディ紙幣をアメリカでは、1967年よりアメリカ財務省による認可を受けた専門会社で作られたものなら合法で使える。日本にも栃木県に認可された店舗がある)そしてラシュリー、オースチンの順番に登場。バトル・オブ・ザ・ビリオネアーズ フレッシュアイペディアより)

  • 中崎翔太

    中崎翔太から見たブーイングブーイング

    は開幕からセットアッパー候補として1軍に帯同。2015年からの守護神であるデュアンテ・ヒース、中崎と同じくセットアッパー候補である一岡の被安打、ないし与四球の多い不安定な内容もあり4月半ばからは抑えの座に座った。中崎も一時は防御率5点台に達し、6月5日の試合(東北楽天ゴールデンイーグルス戦)では登場時にブーイングを浴びると言った場面もあったが、そのきっかけとなった6月2日の試合(北海道日本ハムファイターズ戦)より後の試合ではセーブの失敗は無く、6月5日以降46試合(48 1/3回)を6失点(自責5)、防御率0.93で抑え、守護神として定着した。最終的に29セーブをマークし、2010年の横山竜士以来となる球団日本人二桁セーブ投手、永川勝浩以来6年ぶりとなる球団日本人20セーブ投手となった。中崎翔太 フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ユーキリス

    ケビン・ユーキリスから見たブーイングブーイング

    また、ユーキリスを応援する際に彼の愛称である「ユーク!」と叫ぶ「ユーキング」という応援がある。これは、アメリカ時代からブースターが行っており、この応援が無かったから活躍ができなかったという話も出ている程ユーキリスにとって大事な応援である。このユーキングという応援は、球場で聞く限りブーイングに聞こえたり「ユー」と言ってるように聞こえるが、実は最後にクを入れて「ユーク!」と言っている。ケビン・ユーキリス フレッシュアイペディアより)

219件中 131 - 140件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード