171件中 11 - 20件表示
  • NO LIMIT (プロレス)

    NO LIMIT (プロレス)から見たブーイングブーイング

    2月14日には前年の12月に敗れたテリブレ&テハノJr.組を挑戦者に逆指名し初防衛戦。前回のお返しとばかりに裕次郎の急所攻撃からのリミットレス・エボリューションでテハノJr.を下し初防衛戦に成功した。帰国してからもベルト攻撃などメキシコと同じようなヒール色の強いファイトスタイルで試合をしているためにブーイングが起きることもしばしばあったが、4月4日の後楽園ホール大会棚橋弘至と組んでのCHAOSとの6人タッグマッチで試合後棚橋を襲撃しCHAOSと結託。ヒール転向を果たした。NO LIMIT (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ゴールデン・カップス (プロレス)

    ザ・ゴールデン・カップス (プロレス)から見たブーイングブーイング

    1994年12月にグレイシー道場へ道場破りを敢行したもののヒクソン・グレイシーに返り討ちに遭い、翌1995年10月9日に行われた新日本プロレスとの全面対抗戦では「200%勝ちます」と公言して臨んだ長州力戦にもサソリ固めであっさりと敗退した安生洋二は、ビッグマウスとは対照的な負けっぷりから「ブーイング大王」の異名を持つ程の大ヒールとなっていた。ちなみに、この時の長州の試合後のコメントが「キレてないですよ」(正確には「キレちゃいないよ」)である。ザ・ゴールデン・カップス (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 小学生レスラー

    小学生レスラーから見たブーイングブーイング

    体の柔らかさを生かして、関節技からはたやすく逃れることができる。このため、小学生レスラー同士の戦いで、関節技で勝敗が決することは稀である。さらに、小学生に対して厳しい技を仕掛けた場合、観客席からブーイングが出ることがある。このブーイングに相手レスラーが対応している間に技を脱した小学生レスラーが反撃する姿もしばしば見られる。小学生レスラー フレッシュアイペディアより)

  • 牽制球

    牽制球から見たブーイングブーイング

    牽制球は重要な戦術ではあるが、あまりに多用すると試合の遅延行為となりえるため、プロ野球ではファンからブーイングを受けることもある。一方で、千葉ロッテマリーンズのファンのように1度や2度の牽制球でもブーイングを行うファンも少なからずおり、これに関しては牽制球よりもマナーの問題としてブーイングに批判が向けられている(最近は応援団によりやめるよう指導がされているが、いまだにブーイングを行う者がいる。マリーンズサポーターを参照)。牽制球 フレッシュアイペディアより)

  • スタンディングオベーション

    スタンディングオベーションから見たブーイングブーイング

    スタンディングオベーション(Standing ovation)は、演奏会やスポーツイベントなどで、観客が立ち上がって拍手を送ることである。素晴らしい演奏や演技、プレーに感動した観客による最大限の賛辞である。日本語では満場総立ちと表現することがある。逆に非難する場合は、ブーイングが用いられる。スタンディングオベーション フレッシュアイペディアより)

  • スライム冒険記

    スライム冒険記から見たブーイングブーイング

    自らを勇者と名乗る覆面をつけたスライム。必殺技は「UV斬」だが、ウルフにすら全くダメージを与えられなかった。棚ボタでギガ・バトルトーナメントを優勝してしまい、観客から大ブーイングを浴びる。スライム冒険記 フレッシュアイペディアより)

  • 変化 (相撲)

    変化 (相撲)から見たブーイングブーイング

    大相撲ではがっぷりと真っ直ぐ相手にぶつかるか、四つに組みに行くのを良しとする考えが一般的である。そのため、変化によって白星を挙げても評価されず、批判の対象となる場合がある。特に、横綱や大関が下位力士に対してこれを行ったり、大一番で行うと会場から野次やブーイングを受ける。下位力士の場合、一発勝負として使われることもあるが、これも繰り返された場合、「強くなりたいのならばやっては駄目」と識者から批判される。変化 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 私的演奏協会

    私的演奏協会から見たブーイングブーイング

    私的演奏協会では、会員のみが演奏会への出席を認められた。物見高いウィーンの聴衆を締め出し、こうした聴衆が現代音楽に対して、あざけりの口笛を吹き鳴らすことのないようにしただけでなく、音楽評論家さえ締め出して、悪意のある評論家が、出版物の中で現代音楽を攻撃することがないようにした。このため演奏会場の入り口には、「評論家は出入り無用 Kritikern ist der Eintritt verboten 」と書かれた掲示が出された。さらに、演奏会場において、客観的な作品認識の妨げにならないように、聴衆はブーイングはもちろんのこと、拍手や歓呼さえも禁止された。私的演奏協会 フレッシュアイペディアより)

  • AFC U-19選手権2010

    AFC U-19選手権2010から見たブーイングブーイング

    10月4日の日本対UAE戦では、国歌演奏の際に、男が中国語で「国辱を忘れるな」と書いたトレーナーを着てグラウンド内に乱入し、日本の国旗を奪って逃げた。男は、グラウンド内を半分ほど走ったところで大会関係者に取り押さえられたが、一部の中国人観客からは歓声や拍手が上がった。 また、数は多くないが、日本側にボールが回るとブーイングを浴びせるなど、反日的な行為が続いた。AFC U-19選手権2010 フレッシュアイペディアより)

  • 世界剣道選手権大会

    世界剣道選手権大会から見たブーイングブーイング

    抗議、アピール、ブーイング等、日本の剣道界ではタブーとされる行為があり、大会の雰囲気は日本の大会とは一線を画している。世界剣道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

171件中 11 - 20件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード