219件中 11 - 20件表示
  • ケビン・ファーティグ

    ケビン・ファーティグから見たブーイングブーイング

    大柄な体格な上に、散々予告を焦らしながらの再デビューだったので、トップのシリアスヒールとして活躍をすると思われていたが、ジョバーの立ち回りが多く、ブーイングすらまともに受けていないほどであった。その後、ボールズ・マホーニーとの抗争を経て、ニュー・ブリードの一員としてECWオリジナルズと抗争。その後ニュー・ブリードから脱退した。ケビン・ファーティグ フレッシュアイペディアより)

  • バーシティ・クラブ

    バーシティ・クラブから見たブーイングブーイング

    ザ・バーシティ・クラブ(The Varsity Club)は、1980年代後半にアメリカ合衆国で活動したプロレスラーのユニットである。大学のレスリング部出身のアスリートをモチーフとしていたが、レスリングのエリートであることを鼻にかけたヒールとなって観客のブーイングを煽った。バーシティ・クラブ フレッシュアイペディアより)

  • ランボー・フィールド

    ランボー・フィールドから見たブーイングブーイング

    2009年11月1日にはパッカーズで16シーズン不動のエースQBとして活躍したブレット・ファーヴに対してランボー・フィールドのファンはブーイングで迎え撃ったが試合はファーヴの活躍でミネソタ・バイキングスが38-26でパッカーズを破った。ランボー・フィールド フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のNFLドラフト

    2011年のNFLドラフトから見たブーイングブーイング

    オーナー側と選手側間で結ばれる労使協定(CBA)が失効、ロックアウトの最中ドラフトが行われた。そのため例年と異なり、現有の選手をトレードして、ドラフト指名権をトレードすることは行うことができなかった(ドラフト指名権のみのトレードは行うことができた。)。またロックアウトが終了するまでドラフトで指名した選手及び、ドラフト外の選手とは契約できなかった。過去のドラフトと異なり、全体1位指名権を持つパンサーズは、ドラフト指名前に選手と契約することや交渉を行うことができなかった。ドラフト当日は、オーナー側がロックアウトを行っていることに怒った観客からロジャー・グッデルコミッショナーへブーイングが行われた。2011年のNFLドラフト フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・ジョンソン (アメリカンフットボール)

    ラリー・ジョンソン (アメリカンフットボール)から見たブーイングブーイング

    2009年2月、2年連続でチーム成績が低迷していること、カンザスシティ市内でもブーイングを浴びることなどから移籍を望む発言を地元ラジオ局のインタビューで明かした。ラリー・ジョンソン (アメリカンフットボール) フレッシュアイペディアより)

  • Battle of the Year

    Battle of the Yearから見たブーイングブーイング

    2004年には、新たに参加することになったイスラエル代表に対し、一部のオーディエンスからブーイングが起こるという事態が起こった。根底にあるのは中東情勢に関する国家間や人種の問題である。MCであるTrixが「ヒップホップの存在する意味は世界の人々が平和になるためのものではないのか?、そこに国同士の問題や人種の問題を持ち込むな!!」といった趣旨の発言をしてその場を収め、イベント自体は問題なく進行した。ブレイクダンスが様々な地域で行われており、またBOTYに世界中から観客が訪れているからこその出来事であるといえる。Battle of the Year フレッシュアイペディアより)

  • クラック (オペラ)

    クラック (オペラ)から見たブーイングブーイング

    クラックはしばしば、ライヴァル歌手の公演を不成功に導くためにも用いられる。対立する2派がそれぞれの大部隊に動員をかけたケースでは、流血の抗争、公演の中止などにつながることもある。そのようなケースで有名なのは、1950年代ミラノ・スカラ座でのマリア・カラスとレナータ・テバルディ両派の対立、同じスカラ座での1960年代後半から1970年代前半のミレッラ・フレーニとレナータ・スコット両歌手支持グループの対立がある。ライヴァル歌手出演の公演に大挙して押しかけ、歌唱上の些細な瑕疵も聴き逃さず入れる野次やブーイングと、支持者側のそれをかき消すような熱烈な拍手喝采の衝突はスカラ座の一種の名物であった。もっとも、どちらの場合も単なるサポーター同士の抗争に過ぎず、歌手本人がライヴァルの失敗を画策していたわけではない、との見方もある。クラック (オペラ) フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ブリスコ

    ジェリー・ブリスコから見たブーイングブーイング

    1990年代末から2000年代初頭にかけてのWWFアティテュード路線の最盛期には、"悪のオーナー" ミスター・マクマホンの側近役をパターソンと共に演じ、自らも『Raw is War』のレギュラーキャストとして番組に出演。マクマホン率いる権力ヒールユニット「コーポレーション(The Corporation)」の一員となり、ストーン・コールド・スティーブ・オースチンやミック・フォーリーらを陥れるべく姦計をめぐらすなど、マクマホンに媚びへつらう悪の幹部として観客のブーイングを煽った。ジェリー・ブリスコ フレッシュアイペディアより)

  • ポール・バーチル

    ポール・バーチルから見たブーイングブーイング

    2005年に入り、WWEと契約。最初は下部組織であるDSWに所属していた。同年8月27日にスマックダウンの下部番組であるヴェロシティに登場。ウィリアム・リーガル対スコッティ・2・ホッティ戦にて、リーガルの勝利をアシストした。以降リーガルと組んで、ヒールとしてWWEでの活動を開始する。11月に行われたイギリス公演では、地元でありながらヒールであったため、観客席からは声援とブーイングが入り混じっていた。ポール・バーチル フレッシュアイペディアより)

  • ピザ・アンダーグラウンド

    ピザ・アンダーグラウンドから見たブーイングブーイング

    2014年5月、イングランドのノッティンガムの「ドット・トゥ・ドット・フェスティバル (Dot to Dot Festival)」の一環として「Rock City」に出演した際に、バンドはブーイングを受けてステージから降ろされた。観衆のひとりは、後に、このパロディ・グループは「歴代最高のバンドのひとつを笑いもの」にしたのだと批判した。ステージには何パイントものビールが投げ込まれ、フロントマンのマコーリー・カルキンは、「何で(ビールをグラスごと)投げるんだい…俺は(ビールを)飲みたいぜ (why are you throwing those? ...I'd rather drink them!)」と観衆に叫んだが、バンドは15分も経たないうちにステージを降りた。ピザ・アンダーグラウンド フレッシュアイペディアより)

219件中 11 - 20件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード