219件中 21 - 30件表示
  • ゾーラ・バッド

    ゾーラ・バッドから見たブーイングブーイング

    デッカーは左のでん部を怪我した為、レースを再開することが出来ず、倒れ込んだまま途中棄権。バッドはその直後、現地ロサンゼルスの観客から容赦ないブーイングを浴びせられてしまい、暫くの間はトップを守っていたものの、次第に走る気力を失っていった。結局バッドの五輪メダル獲得は成らず、7位入賞という結果に終わった(優勝はルーマニア代表のマリチカ・プイカ)。レース後、彼女はデッカーに謝りに行ったときに、「どうでもいいから」とあしらわれたという。ゾーラ・バッド フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・チェリモ

    リチャード・チェリモから見たブーイングブーイング

    残り150mでスカーはスパートし、チェリモを引き離し1着でゴールインするが、その直後スカーの失格が発表され、チェリモが金メダルとなることで観衆は大喜びした。これに対し、モロッコ側は異議を申し立てる。異議は認められ判定は覆り、スカーの金メダルが復活した。表彰式では、スカーに金メダルが贈られると観衆から大ブーイングが起こり、チェリモの銀メダルにはスタンディングオベーションが贈られたのであった。リチャード・チェリモ フレッシュアイペディアより)

  • 私的演奏協会

    私的演奏協会から見たブーイングブーイング

    私的演奏協会では、会員のみが演奏会への出席を認められた。物見高いウィーンの聴衆を締め出し、こうした聴衆が現代音楽に対して、あざけりの口笛を吹き鳴らすことのないようにしただけでなく、音楽評論家さえ締め出して、悪意のある評論家が出版物の中で攻撃することがないようにした。このため演奏会場の入り口には、「評論家は出入り無用(Kritikern ist der Eintritt verboten)」と書かれた掲示が出された。さらに演奏会場において、客観的な作品認識の妨げにならないように、聴衆はブーイングはもちろんのこと、拍手や歓呼さえも禁止された。私的演奏協会 フレッシュアイペディアより)

  • グランドスラム・アブダビ2015

    グランドスラム・アブダビ2015から見たブーイングブーイング

    なお、イスラエル選手団は2015年5月にモロッコのラバトで開催されたワールドマスターズ2015では入国こそ認められたものの、空港で一時拘束される事態となり、会場では選手が畳に上がるたびに野次やブーイングを浴びるなどのトラブルが発生していた(ワールドマスターズ2015の項を参照のこと)。グランドスラム・アブダビ2015 フレッシュアイペディアより)

  • ディオン・サンダース

    ディオン・サンダースから見たブーイングブーイング

    1990年5月22日の試合で対戦相手、シカゴ・ホワイトソックスの42歳の大ベテラン捕手、カールトン・フィスクと言い合った。この日の試合の3回一死で走者三塁の場面からサンダースが遊撃手への弱いポップフライを放ってダッグアウトまで小走りで戻り、ヤンキースファンからブーイングを浴びた。この怠慢プレーをフィスクが「ファック」という語を用いてキツく注意したが、サンダースは「奴隷制の時代はもう終わっている」と言い返した。これについてフィスクは「人種差別は関係無い。これはプロのエチケットだ」「ヤンキースのピンストライプの誇りを持ってプレーして欲しい」と後に述べている。ディオン・サンダース フレッシュアイペディアより)

  • オリンド・メア

    オリンド・メアから見たブーイングブーイング

    2006年はFG成功率72%に終わり、2007年4月3日、ドルフィンズからドラフト6巡指名権と引き換えにニューオーリンズ・セインツにトレードされた。彼の獲得からすぐに、セインツはジョン・カーニーを解雇した。足の付け根の筋肉を傷めた彼は、プレシーズンゲームの最終戦で3本のFGを失敗、インディアナポリス・コルツとの開幕戦でもFGを失敗した。パンターのスティーブン・ウェザフォードが彼の代わりに数試合キックオフを蹴った。ジャクソンビル・ジャガーズ戦で2本目のFGを失敗すると、その試合で50ヤード以上のFGを狙う彼に対してファンはブーイングを浴びせ、彼はミスした。FGの失敗が続いたものの、ヘッドコーチのショーン・ペイトンは彼を故障者リスト入りするまで使い続け、アトランタ・ファルコンズ戦で負傷した後、マーティン・グラマティカにポジションを奪われた。この年FG17回中10回成功と自己最低58%の成功にとどまっている。の2008年2月27日、セインツから解雇された。オリンド・メア フレッシュアイペディアより)

  • レッスルマニアXX

    レッスルマニアXXから見たブーイングブーイング

    そして大会当日を迎え、試合開始当初はベビーフェイスのオースチンとゴールドバーグには声援、ヒールのレスナーにはブーイングが浴びせられていたが、やがてそれは試合自体を拒絶する巨大なブーイングとなった。レッスルマニアXX フレッシュアイペディアより)

  • 荒川仁人 対 オマール・フィゲロア戦

    荒川仁人 対 オマール・フィゲロア戦から見たブーイングブーイング

    荒川は上述のように開催地のサンアントニオに感謝の意を示したが、直前の試合で勝者としてインタビューを受けたサーマンは、「ここでこの街にも感謝したい、サンディエゴ!」と都市名を間違えて叫び、大ブーイングを受けていた。荒川仁人 対 オマール・フィゲロア戦 フレッシュアイペディアより)

  • ジラード事件

    ジラード事件から見たブーイングブーイング

    ジラード自身は、その酒癖の悪さや借金癖から兵士仲間からも軽く扱われる存在だった。アメリカ軍を不名誉除隊した後、台湾生まれの日本人女性と結婚し当年度中に帰国した時も兵士仲間からブーイングが起きた。被害者の遺族(夫と6人の子供)には補償金として1,748.32米ドル(2011年現在 13,642米ドル)が支払われたが司法が売買された結果だと日本人の多くが捉え、被害者の夫も「感謝しない」と述べた。ジラード事件 フレッシュアイペディアより)

  • アシュリー・シンプソン

    アシュリー・シンプソンから見たブーイングブーイング

    「サタデー・ナイト・ライブ」出演直後、フットボールの試合のハーフタイム・ショーに出演した時も、会場からは大ブーイングの嵐であった。この番組は長年続く歴史ある番組で、出演出来るのは一流のアーティストとして認められた証であり、U2、ローリング・ストーンズ等の大物も出演を喜ぶ程である。アシュリーは自身の人気と歌唱力を全米に知らしめる機会であったが、それどころか赤っ恥をかき、全米中の人々から非難を受ける結果となってしまった。アシュリー・シンプソン フレッシュアイペディアより)

219件中 21 - 30件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード