171件中 21 - 30件表示
  • 中尾芳広

    中尾芳広から見たブーイングブーイング

    2006年9月10日、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦のワンマッチで中村和裕と対戦。両者が噛み合わず全く盛り上がらない試合となり、判定0-3で敗北し会場から激しいブーイングを浴びた。さらに、試合後の高田延彦に「最低とは言わないが、あのような試合を見なければならないハメになってしまったことは課題と受け止めて、今後に向けてはしっかり修正していきたい」と苦言を呈された。中尾芳広 フレッシュアイペディアより)

  • テッド・リンジー

    テッド・リンジーから見たブーイングブーイング

    このような偶然から入団したレッドウィングスでは、リンジーはセンターのシッド・エイベル及び右ウイングのゴーディ・ハウとともにラインを組み、マスコミや、ファンは彼らを「プロダクションライン」と呼んだ。テッド・リンゼイは、当時の選手の標準からすれば、5フィート8インチ、163ポンドと小柄であったが、その激しい気性とタフな当たりから「テリブル・テッド (Terrible Ted) 」と愛称され、敵チームサイドからはブーイングで迎えられるほど恐れられ、リーグのトップ選手に上り詰めた。なお、余りに激しいプレーをしたことから、現役時代通算で顔面を700針余り縫ったとの逸話もある。テッド・リンジー フレッシュアイペディアより)

  • 佐野直

    佐野直から見たブーイングブーイング

    デビュー当時、その頃は素顔だった菊タローに憧れていて、シングルマッチで初めて対戦した時は、デビュー戦よりも緊張したそうである。試合技術が「しょっぱい」ことから、試合に勝ったり、タイトルを取ったりすると必ずブーイングが巻き起こる。更には新木場1stRINGで自身の看板を設置しており、ファンから顰蹙を買っている。佐野直 フレッシュアイペディアより)

  • イギリスにおける1946-1947年の冬

    イギリスにおける1946-1947年の冬から見たブーイングブーイング

    厳冬は英国産業に長期的影響を及ぼした。1947年2月までに英国では既に、この年の工業生産が10%減少すると推定された。さらに3月の洪水の影響で、被害額は2億5000万?3億7500万ポンド(2007年の物価水準で30億?45億ポンド相当)増加した。農業は特に深刻で、穀物とジャガイモの収穫量は過去2年間に比べて10?20%減少した。牧羊業者は飼育頭数の4分の1を失い、羊の数を回復させるのに6年を費やした。厳冬は政治にも影響し、食料や電力の供給を維持できなかった労働党政権を、国民は信頼しなくなった。たとえば、2月11日に開催されたの結婚式の際、彼女の父であるウィンストン・チャーチルは群衆の喝采を受けたが、首相クレメント・アトリーはブーイングを浴びた。大衆の不評を買ったエマニュエル・シンウェルはスケープゴートにされ、大臣職から外された。にもかかわらずこの厳冬は、1950年の選挙の際に労働党がチャーチル率いる保守党に多数の議席を奪われた一因とされている。イギリスにおける1946-1947年の冬 フレッシュアイペディアより)

  • 木股大輔

    木股大輔から見たブーイングブーイング

    富永千浩との抗争で三代目超神龍に奪われた自身のテーマ曲であったが、突如としてGammaと抗争を始めムチ打ちマッチでGammaのテーマ曲を掛け奪おうとするも敗北。しかしGammaよりブーイングのみのテーマ曲?を逆プレゼントされた。木股大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田弘隆

    岡田弘隆から見たブーイングブーイング

    五輪本番では、自身の練習不足に対する不安や、勝たなければいけないというプレッシャーに加え、同じく日本代表で初日に出場した細川伸二が会場の大ブーイングの中、不可解な判定で敗れた事に憤りを感じ、とめどなく押し寄せる興奮に岡田は3日間一睡もできぬまま、試合当日を迎えた。岡田弘隆 フレッシュアイペディアより)

  • Battle of the Year

    Battle of the Yearから見たブーイングブーイング

    2004年には、新たに参加することになったイスラエル代表に対し、一部のオーディエンスからブーイングが起こるという事態が起こった。根底にあるのは中東情勢に関する国家間や人種の問題である。MCであるTrixが「ヒップホップの存在する意味は世界の人々が平和になるためのものではないのか?、そこに国同士の問題や人種の問題を持ち込むな!!」といった趣旨の発言をしてその場を収め、イベント自体は問題なく進行した。ブレイクダンスが様々な地域で行われており、またBOTYに世界中から観客が訪れているからこその出来事であるといえる。Battle of the Year フレッシュアイペディアより)

  • シルヴァン・グラニエ

    シルヴァン・グラニエから見たブーイングブーイング

    その後しばらくして、同じくOVWで一緒だったレネ・デュプリと反米思想フレンチ・ユニット、ラ・レジスタンスを結成。イラク戦争へのアメリカ批判を行い、参加しなかったフランスを賞賛する。リング上でスコット・スタイナーらと激論し、試合の方でも世界タッグ王座を獲得するなど活躍する。その後、ロブ・コンウェイもレジスタンスに加わり、アメリカ人から猛烈なブーイングを浴びる大ヒールに君臨。シルヴァン・グラニエ フレッシュアイペディアより)

  • バトル・オブ・ザ・ビリオネアーズ

    バトル・オブ・ザ・ビリオネアーズから見たブーイングブーイング

    最初に入場して来たのは散髪椅子と散髪屋の看板で、これには(マヌケな入場音楽もあって)実況者のJRも呆れていた。そしてビンスが入場する際には、8万人の観客が館内一斉にブーイングの嵐を見舞う。そしてウマガとエストラーダが先にリングイン。一方トランプがミスU.S.A.と一緒に入場する際には、100ドル紙幣が数万枚が館内に降ってくる。尚、この紙幣は本物である。(同じ事をJBLが行っている。この時の紙幣は1ドル紙幣だが、これも本物の紙幣。但し紙幣にはJBLの顔が写っている。このパロディ紙幣をアメリカでは、1967年よりアメリカ財務省による認可を受けた専門会社で作られたものなら合法で使える。日本にも栃木県に認可された店舗がある)そしてラシュリー、オースチンの順番に登場。バトル・オブ・ザ・ビリオネアーズ フレッシュアイペディアより)

  • アーマンド・ガララーガの幻の完全試合

    アーマンド・ガララーガの幻の完全試合から見たブーイングブーイング

    試合が再開され、28人目の打者として1番クロウがこの日の第4打席に。この間もカブレラはジョイスと判定について口論している。一塁走者ドナルドは投球間に二塁を経て三塁に達する(守備側の無関心として盗塁は記録されず)ものの、最後はクロウが三塁ゴロとなり試合終了。ガララーガはメジャー初完投・初完封勝利を挙げ、この日バッテリーを組んだアレックス・アビラと肩を抱き合った。その一方で、ベンチから出てきたリーランドらは改めてジョイスのもとへ行って抗議し、観客もジョイスにブーイングを浴びせた。アーマンド・ガララーガの幻の完全試合 フレッシュアイペディアより)

171件中 21 - 30件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード