171件中 31 - 40件表示
  • 2008年のMLBオールスターゲーム

    2008年のMLBオールスターゲームから見たブーイングブーイング

    試合前のセレモニーでは、殿堂入りした選手・監督総勢49名の紹介とともに先発メンバーが紹介されるという趣向で行われた。ニューヨーク・ヤンキースのホームグラウンドで行われたため宿敵ボストン・レッドソックス、及び、同じニューヨークに本拠地を置くニューヨーク・メッツの選手は大きなブーイングで迎えられた。2008年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ケン・シャムロック

    ケン・シャムロックから見たブーイングブーイング

    2000年5月21日、PRIDE初参戦となったPRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦のスペシャルマッチでアレクサンダー大塚と対戦し、左フックでTKO勝ち。試合後に長々とマイクパフォーマンスをしたことから観客からブーイングを受けた。ケン・シャムロック フレッシュアイペディアより)

  • リック・マーテル

    リック・マーテルから見たブーイングブーイング

    全盛時の1980年代は甘いマスクの二枚目ベビーフェイスとして黄色い声援を集め、円熟期に入った1990年代はルックスの良さを鼻にかけたナルシシスト系ヒールに転じて観客のブーイングを煽るなど、善悪両方のポジションで活躍した。リック・マーテル フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・ヨネ

    モハメド・ヨネから見たブーイングブーイング

    2010年3月20日、後楽園ホール大会のメインイベントにおいてビッグマウス・ラウドのビック村上・臼田勝美組と対戦するが、終始場外での試合を繰り広げ、ノアでは珍しい無効試合となり、観客から大ブーイングを受ける。雪辱を期した2010年3月26日の千葉公園体育館で、GHCタッグ王座をかけてビック村上・臼田勝美組と対戦、2度目の防衛を果たした。モハメド・ヨネ フレッシュアイペディアより)

  • ポール・バーチル

    ポール・バーチルから見たブーイングブーイング

    2005年に入り、WWEと契約。最初は下部組織であるDSWに所属していた。同年8月27日にスマックダウンの下部番組であるヴェロシティに登場。ウィリアム・リーガル対スコッティ・2・ホッティ戦にて、リーガルの勝利をアシストした。以降リーガルと組んで、ヒールとしてWWEでの活動を開始する。11月に行われたイギリス公演では、地元でありながらヒールであったため、観客席からは声援とブーイングが入り混じっていた。ポール・バーチル フレッシュアイペディアより)

  • ビクター・リベラ

    ビクター・リベラから見たブーイングブーイング

    同年下期より、WWFでフレッド・ブラッシーをマネージャーにヒールに転向。長年に渡ってベビーフェイスの黒人スターとして活躍してきたロサンゼルスでも、アレン・コージやジ・エンフォーサーと凶悪タッグを組んで観客のブーイングを浴びた。ビクター・リベラ フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ビショフ

    エリック・ビショフから見たブーイングブーイング

    2002年に電撃的にロウのGMとしてWWEと契約、ファン・関係者を驚愕させた。過去のWCWとWWEとのTV番組抗争、更にレスラーを引き抜いては十分に使わないで解雇するといった印象が強かったこともあり、GM就任以来一貫して強力なヒールを演じた。印象や憶測ではなく過去を知る一部ECWファンからは嫌われており、2005年に開催されたPPV、ECW ワン・ナイト・スタンドに反ECW義勇軍を率いて登場した際も、観客から多くのブーイングを浴びた。エリック・ビショフ フレッシュアイペディアより)

  • ルー・アルバーノ

    ルー・アルバーノから見たブーイングブーイング

    アルティモアとのコンビ解消後はマイクパフォーマンスの才能を活かし、1969年よりWWWFでイワン・コロフのマネージャーに転身。1971年1月18日にはブルーノ・サンマルチノからWWWF世界ヘビー級王座を奪取させることに成功した。以降、フレッド・ブラッシーやグラン・ウィザードと共に、ビンス・マクマホン・シニア時代のWWWF / WWFを代表する悪徳マネージャーとしてブーイングを浴び続けた。ルー・アルバーノ フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・プリチャード

    ブルース・プリチャードから見たブーイングブーイング

    1988年6月より、テレビ伝道師をデフォルメしたヒールのキャラクター、ブラザー・ラブとしてWWFに登場。オールバックに眼鏡、白スーツとネクタイに赤いシャツというスタイルで番組のホストを務め、"The Brother Love Show" なるインタビューコーナーも担当。ヒール陣営を賛美する一方で、ハルク・ホーガンをはじめとするベビーフェイスのゲストを愚弄して観客のブーイングを煽り、最後にはベビーフェイスに叩きのめされるというパターンで会場を沸かせた。その弁舌を活かし、1990年秋にWWFにデビューしたジ・アンダーテイカーの初期のマネージャーも担当している。ブルース・プリチャード フレッシュアイペディアより)

  • サー・オリバー・フンパーディンク

    サー・オリバー・フンパーディンクから見たブーイングブーイング

    1970年代から1980年代にかけて、フロリダを中心にNWAの主要テリトリーで活躍。ハウス・オブ・フンパーディンク(House of Humperdink)なるヒール軍団を組織し、悪徳マネージャーとして観客のブーイングを浴びた。キャリア末期は、WWFやWCWでも活動した。サー・オリバー・フンパーディンク フレッシュアイペディアより)

171件中 31 - 40件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード