219件中 31 - 40件表示
  • 10点満点

    10点満点から見たブーイングブーイング

    二つ目は男子種目別鉄棒競技でのアレクセイ・ネモフ(ロシア)の演技においてである。演技の出来に比べネモフの得点が余りにも低く採点されたため、観客は不満のブーイングを放ち競技が十数分ストップせざるを得なかった。ネモフは観客の前に立ち、応援への御礼と競技が継続できるように静粛を求めた。最終的に審判団はネモフの得点をわずかに引き上げたが、メダルには手が届かなかった。10点満点 フレッシュアイペディアより)

  • ブラヴォー

    ブラヴォーから見たブーイングブーイング

    ブーイング - 批判や不満を表す掛け声ブラヴォー フレッシュアイペディアより)

  • 梅木良則

    梅木良則から見たブーイングブーイング

    2007年9月17日、HERO'Sでの山本"KID"徳郁vsビビアーノ・フェルナンデス戦において、ストップ・ドント・ムーブからの復帰の際に再現の難しい姿勢をむりやり再現させようとし、レフェリー同士の協議においても「再現できますって!」などと叫んだあげく、結局はスタンディングでの再開となり、結果として2分間近い試合の中断を招いた。KIDも苦笑しながら応じた他、会場では梅木に対してブーイングも起こった。梅木良則 フレッシュアイペディアより)

  • NO LIMIT (プロレス)

    NO LIMIT (プロレス)から見たブーイングブーイング

    2月14日には前年の12月に敗れたテリブレ&テハノJr.組を挑戦者に逆指名し初防衛戦。前回のお返しとばかりに裕次郎の急所攻撃からのリミットレス・エボリューションでテハノJr.を下し初防衛戦に成功した。帰国してからもベルト攻撃などメキシコと同じようなヒール色の強いファイトスタイルで試合をしているためにブーイングが起きることもしばしばあったが、4月4日の後楽園ホール大会にて棚橋弘至と組んでのCHAOSとの6人タッグマッチで試合後棚橋を襲撃しCHAOSと結託、ヒール転向を果たした。NO LIMIT (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • AFCアジアカップ2004

    AFCアジアカップ2004から見たブーイングブーイング

    日本のグループステージから決勝までの数試合は、国歌演奏時や試合中で激しいブーイングや反日行為に晒された。そして、ジーコ監督も「国歌演奏のときにブーイングするのは納得がいかない」と中国人のマナーの悪さを酷評した。特に、準々決勝のヨルダン戦では、日本の国歌演奏では観客の半数ほどは座ったままで、試合中は激しいブーイングが起き、PK戦では日本が外すと大歓声が起きた。また、日本の勝利が決まった瞬間、日本のサポーターが歓声を上げたところ、周りの観衆は紙コップなどのゴミを投げつけ、罵声を浴びせた。終了後、日本サポーターは警備員に囲まれて会場を後にした。尖閣諸島の領有権を主張する横断幕も掲げられ、観客のほとんどはヨルダンを応援した。AFCアジアカップ2004 フレッシュアイペディアより)

  • ルー・アルバーノ

    ルー・アルバーノから見たブーイングブーイング

    アルティモアとのコンビ解消後はマイクパフォーマンスの才能を活かし、1969年よりWWWFでイワン・コロフのマネージャーに転身。1971年1月18日にはブルーノ・サンマルチノからWWWF世界ヘビー級王座を奪取させることに成功した。以降、フレッド・ブラッシーやグラン・ウィザードと共に、ビンス・マクマホン・シニア時代のWWWF / WWFを代表する悪徳マネージャーとしてブーイングを浴び続けた。ルー・アルバーノ フレッシュアイペディアより)

  • ビクター・リベラ

    ビクター・リベラから見たブーイングブーイング

    アメリカでは1976年下期にWWWFへ復帰、ミッドカードのポジションで活動していたが、1978年秋よりフレッド・ブラッシーをマネージャーに迎えてヒールに転向。同年10月14日にはフィラデルフィアにてボブ・バックランドのWWWF世界ヘビー級王座に挑戦した。スパイロス・アリオン、バロン・シクルナ、スタン・スタージャックらをパートナーに、トニー・ガレア&ラリー・ズビスコが保持していたWWWF世界タッグ王座にも再三挑戦している。長年に渡ってベビーフェイスの黒人スターとして活躍してきたロサンゼルスでも、アレン・コージやジ・エンフォーサー、オックス・ベーカーなどのヒールと組んで観客のブーイングを浴びた。ビクター・リベラ フレッシュアイペディアより)

  • バイオジェネシス・スキャンダル

    バイオジェネシス・スキャンダルから見たブーイングブーイング

    ロドリゲスは処分が発表された8月5日に股関節手術と大腿四頭筋の怪我から復帰し、ブーイングを浴びる中で2013年シーズン初出場を果たした。異議申し立てを行い、9月終わりまで試合出場を続けた。シーズン終了後の10月4日に「MLB機構とバド・セリグコミッショナーがアレックス・ロドリゲスの名声とキャリアを失わせるために利用しようとしていた証拠を不適切に集めようとしていた」としてMLB機構を提訴した。バイオジェネシス・スキャンダル フレッシュアイペディアより)

  • スルヤ・ボナリー

    スルヤ・ボナリーから見たブーイングブーイング

    演技終了後、普通は審査員に向かってポーズを決めるところを、ボナリーは審査員に背を向けて観客に笑顔でポーズをとった。3回転ジャンプの度重なる失敗に加え、ルール上の禁止技を行ったこともあり、審判からの採点は伸び悩み最終的に10位に終わった。それでも指導者であり、母のシュザンヌ・ボナリーや友人フィリップ・キャンデロロの母親はボナリーを温かく迎え、点数表示板の点の低さよりもボナリーを祝福する幸せな瞬間であった。NHKアナウンサーの刈屋富士雄は、そのボナリーのバックフリップに驚きを隠せずに「エキシビジョンなどでは許されていますが、競技会ではやってはいけないことになっています」「出来れば、あくまでも競技会の規定の中で、勝負して欲しかったボナリー」「これは点が低いのは当然なんですが、それを知らない場内からはブーイングが起こっています」等と実況。ボナリーはキス・アンドクライに座った後、長野五輪で金メダルを獲得したタラ・リピンスキーの演技を鑑賞してから、静かにステージ裏に下がっていった。スルヤ・ボナリー フレッシュアイペディアより)

  • レッスルマニアX-Seven

    レッスルマニアX-Sevenから見たブーイングブーイング

    ちなみに、本大会はオースチンの地元テキサスで開催されたということもあり、翌年のレッスルマニアX8のホーガン戦ほどではないにしろロックに対してブーイングが飛び、オースチンがヒールターンしてバッドエンディングになったにも関わらず、観客はオースチンの戴冠に大いに盛り上がった。レッスルマニアX-Seven フレッシュアイペディアより)

219件中 31 - 40件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード