219件中 41 - 50件表示
  • 2005年の中国における反日活動

    2005年の中国における反日活動から見たブーイングブーイング

    2004年7月に、サッカーのAFCアジアカップ2004が中国の重慶で行われたが、反日感情が剥き出しになり、日本のグループリーグから決勝までの数試合は、君が代演奏時や試合中で激しいブーイングや反日行為に晒された。また、勝利を喜ぶ日本人サポーターに罵声を浴びせたり、ゴミや食べ物が投げつけられ、インターネット上でも反日的な書き込みが相次いだ。2005年の中国における反日活動 フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ファーヴ

    ブレット・ファーヴから見たブーイングブーイング

    そして第3週、シンシナティ・ベンガルズ戦にて負傷したQBドン・マコウスキーの代わりに途中出場。フィールドに彼が現れた瞬間、ランボー・フィールドは凄まじいブーイングに包まれたという。試合終了間際にワイドレシーバーキトリック・テイラーに逆転TDパスを決め、21-20で逆転勝利を収める。次の第4週から先発出場し、QBとしての連続先発出場記録を更新し続けた。この年3227ヤードを投げて18タッチダウン、13インターセプトの成績を残しプロボウルに選ばれた。ブレット・ファーヴ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ゴールデン・カップス (プロレス)

    ザ・ゴールデン・カップス (プロレス)から見たブーイングブーイング

    1994年12月にグレイシー道場へ道場破りを敢行したもののヒクソン・グレイシーに返り討ちに遭い、翌1995年10月9日に行われた新日本プロレスとの全面対抗戦では「200%勝ちます」と公言して臨んだ長州力戦にもサソリ固めであっさりと敗退した安生洋二は、ビッグマウスとは対照的な負けっぷりから「ブーイング大王」の異名を持つ程の大ヒールとなっていた。ちなみに、この時の長州の試合後のコメントが「キレてないですよ」(正確には「キレちゃいないよ」)である。ザ・ゴールデン・カップス (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 管弦楽のための協奏曲 (バルトーク)

    管弦楽のための協奏曲 (バルトーク)から見たブーイングブーイング

    タイトルの「中断」は曲の中盤で乱入してくるショスタコーヴィチの交響曲第7番の第1楽章の展開部の主題(ナチスによるレニングラード侵攻を描いたもの。元々この旋律自体レハールの『メリー・ウィドウ』からの引用の可能性が高い)が引用されている部分のこと。トロンボーンのグリッサンドによる「ブーイング」と、木管楽器の「嘲笑」が特徴的である。 一方、第2主題に当たるヴィオラに始まる旋律は、非常に美しい。この旋律もシャーンドル・ジェルジの証言や近年の研究で、バルトークより7歳年上のハンガリーの作曲家ジグモンド・ヴィンツェ(1874-1935)のオペレッタ『ハンブルクの花嫁』で歌われる有名なアリア「美しく、素晴らしいハンガリー」との類似が指摘されている。管弦楽のための協奏曲 (バルトーク) フレッシュアイペディアより)

  • テッド・リンジー

    テッド・リンジーから見たブーイングブーイング

    このような偶然から入団したレッドウィングスでは、リンジーはセンターのシッド・エイベル及び右ウイングのゴーディ・ハウとともにラインを組み、マスコミや、ファンは彼らを「プロダクションライン」と呼んだ。テッド・リンゼイは、当時の選手の標準からすれば、5フィート8インチ、163ポンドと小柄であったが、その激しい気性とタフな当たりから「テリブル・テッド (Terrible Ted) 」と愛称され、敵チームサイドからはブーイングで迎えられるほど恐れられ、リーグのトップ選手に上り詰めた。なお、余りに激しいプレーをしたことから、現役時代通算で顔面を700針余り縫ったとの逸話もある。テッド・リンジー フレッシュアイペディアより)

  • リン・パトリック

    リン・パトリックから見たブーイングブーイング

    1933-34年シーズン、で過ごした後、1934年に父親が監督をしているニューヨーク・レンジャースに入団したが1年目のシーズンは惨憺たるもので、ファンやマスコミは彼に対して冷ややかであり本拠地のマディソン・スクエア・ガーデンでブーイングにさらされた。彼はフィギュアスケート選手のソニア・ヘニーからソーニャとあだ名され、レンジャースのファンには"We want Somers"(元選手の)と唱えられる始末であった。リン・パトリック フレッシュアイペディアより)

  • アーマンド・ガララーガの幻の完全試合

    アーマンド・ガララーガの幻の完全試合から見たブーイングブーイング

    試合が再開され、28人目の打者として1番クロウがこの日の第4打席に。この間もカブレラはジョイスと判定について口論している。一塁走者ドナルドは投球間に二塁を経て三塁に達する(守備側の無関心として盗塁は記録されず)ものの、最後はクロウが三塁ゴロとなり試合終了。ガララーガはメジャー初完投・初完封勝利を挙げ、この日バッテリーを組んだアレックス・アビラと肩を抱き合った。その一方で、ベンチから出てきたリーランドらは改めてジョイスのもとへ行って抗議し、観客もジョイスにブーイングを浴びせた。アーマンド・ガララーガの幻の完全試合 フレッシュアイペディアより)

  • サー・オリバー・フンパーディンク

    サー・オリバー・フンパーディンクから見たブーイングブーイング

    1970年代から1980年代にかけて、フロリダを中心にNWAの主要テリトリーで活躍。ハウス・オブ・フンパーディンク(The House of Humperdink)なるヒール軍団を組織し、悪徳マネージャーとして観客のブーイングを浴びた。キャリア末期は、WWFやWCWでも活動した。サー・オリバー・フンパーディンク フレッシュアイペディアより)

  • ミルコ・ヴチニッチ

    ミルコ・ヴチニッチから見たブーイングブーイング

    2010-11シーズンはクラウディオ・ラニエリの解任以前は3トップの一角として、ヴィンチェンツォ・モンテッラの就任後はゼロトップ時代のように左サイドでプレー。2010年9月25日のインテル戦では終了直前にダイビングヘッドで決勝点を挙げた。しかし、2011年4月16日のパレルモ戦と4月19日のインテル戦と2戦続けて絶好機でシュートを外して敗戦の戦犯となり、最終的には10得点を挙げたもののサポーターからは大きなブーイングを受け、チームも6位に終わった。ミルコ・ヴチニッチ フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・フラー

    リカルド・フラーから見たブーイングブーイング

    このシーズン2部リーグに所属していたサウサンプトンでフラーは2005年8月29日の対コヴェントリー・シティFC戦で得点し幸先良いデビューを飾ると、9月18日のダービー・カウンティFC戦でもゴールを決めた。しかし徐々に成績が降下し、たびたびチームの方針に不平を述べるなどの問題行動を起こしたため、ホームゲームにもかかわらずファンにブーイングを浴びることとなった。そうしたチームとの不和もあり、フラーは2006年2月に同じく2部のイプスウィッチ・タウンFCへとレンタル移籍した。レンタル移籍先のイプスウィッチ・タウンでは3試合で2得点を決める活躍を見せたが、同時にイエローカードを2枚、レッドカードを1枚受けてしまった。イプスウィッチ・タウンで良くも悪くも活躍したフラーは3月末にサウサンプトンFCに復帰した 。リカルド・フラー フレッシュアイペディアより)

219件中 41 - 50件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード