171件中 41 - 50件表示
  • スルヤ・ボナリー

    スルヤ・ボナリーから見たブーイングブーイング

    演技終了後、普通は審査員に向かってポーズをきめるところを、ボナリーは審査員に背を向けて観客に笑顔でポーズをとった。3回転ジャンプの度重なる失敗に加え、ルール上の禁止技を行ったこともあり、審判からの採点は伸び悩み最終的に10位に終わった。それでも指導者であり、母のシュザンヌ・ボナリーや友人フィリップ・キャンデロロの母親はボナリーを温かく迎え、点数表示板の点の低さよりもボナリーを祝福する幸せな瞬間であった。NHKアナウンサーの刈屋富士雄は、そのボナリーのバックフリップに驚きを隠せずに「エキシビジョンなどでは許されていますが、競技会ではやってはいけない事になっています」「出来れば、あくまでも競技会の規定の中で、勝負して欲しかったボナリー」「これは点が低いのは当然なんですが、それを知らない場内からはブーイングが起こっています」等と実況。ボナリーはキス・アンドクライに座った後、長野五輪で金メダルを獲得したタラ・リピンスキーの演技を鑑賞してから、静かにステージ裏に下がっていった。スルヤ・ボナリー フレッシュアイペディアより)

  • 根本要

    根本要から見たブーイングブーイング

    巧みな話術ゆえにコンサートでは長く喋り過ぎることがしばしばあるが、「今日はあまり喋りません。純粋に音楽を楽しんでください。」と言うと、客からはブーイングが起こる。このようにステージトークも期待されている、ミュージシャンとしては稀有な存在(他にはさだまさし、松山千春、やしきたかじん、武田鉄矢ら)。コンサートに占めるトークの割合は3割に達し、対策として舞台に回転灯が設置された(喋り過ぎると光る)。根本要 フレッシュアイペディアより)

  • バーシティ・クラブ

    バーシティ・クラブから見たブーイングブーイング

    ザ・バーシティ・クラブ(The Varsity Club)は、1980年代後半にアメリカ合衆国で活動したプロレスラーのユニットである。大学のレスリング部出身のアスリートをモチーフとしていたが、レスリングのエリートであることを鼻にかけたヒールとなって観客のブーイングを煽った。バーシティ・クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 神の手 (サッカー)

    神の手 (サッカー)から見たブーイングブーイング

    スアレスはユニフォームで顔を覆いながら退場したが、PK失敗の瞬間には一転して大喜びする姿がカメラに捉えられた。試合後には「僕にとっては、このW杯で最大のセービングだったと言える」とコメントした(注:スアレスはFWの選手)。母国のメディアには「歴史に名を刻んだ」と称賛されたが、1試合出場停止後の3位決定戦では、プレーのたびにスタンドからブーイングを浴びせられた。神の手 (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • ランボー・フィールド

    ランボー・フィールドから見たブーイングブーイング

    2009年11月1日にはパッカーズで16シーズン不動のエースQBとして活躍したブレット・ファーヴに対してランボー・フィールドのファンはブーイングで迎え撃ったが試合はファーヴの活躍でミネソタ・バイキングスが38-26でパッカーズを破った。ランボー・フィールド フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・スタッフォード

    マシュー・スタッフォードから見たブーイングブーイング

    2009年4月25日に行われたNFLドラフトでは、前年に16戦全敗のデトロイト・ライオンズが全体1位でスタッフォードを指名された。この際、LBアーロン・カリーの指名を望んでいると見られるライオンズファンからのブーイングも起きた。事前交渉によって前年のマット・ライアン(アトランタ・ファルコンズ)の6年総額7,200万ドルを超える6年総額7,800万ドルという超大型契約が成立していたため、ドラフト当日の全体1位指名発表の際には、興を削がれたファンからブーイングが沸き起こった。またCMに有名人をあまり起用してこなかったユニリーバにステイシー・キーブラー以来となるスポーツ選手として起用され、AxeのCMへの出演契約を結んだ。マシュー・スタッフォード フレッシュアイペディアより)

  • ヒューストン・テキサンズ

    ヒューストン・テキサンズから見たブーイングブーイング

    2006年のドラフトでは全米のメディアはレジー・ブッシュの指名を予想し、地元ヒューストンではローズボウルでそのブッシュのUSCを破り全米チャンピオンになったテキサス大学のQBヴィンス・ヤングの指名を期待した。この2人のいずれがドラフトで指名されることになるか注目されたがチームが全体1位で指名したのはノースカロライナ州立大学のDEマリオ・ウィリアムズであった。リライアント・スタジアムで行われたこのドラフトでファンは失望するとともにブーイングを行った。全米のメディアもマイケル・ジョーダンとサム・ブーイが指名された1984年のNBAドラフトを持ち出してこの選択はドラフト史上最悪のものではないかと報道した。ブッシュはニューオーリンズ・セインツに、ヤングはテネシー・タイタンズに入団した。この年ブッシュが加入したセインツはNFCチャンピオンシップゲームまで進出し、ヤングは最優秀攻撃選手に選ばれたのに対してウィリアムズは足底筋膜炎に罹り47タックル、4.5サックに終わった。チームはこの年開幕から3連敗したがテネシー・タイタンズ戦ではオフェンスの獲得ヤードで427対197と圧倒されたもののターンオーバーでボールを5回奪い勝利した。また第41回スーパーボウルを制したインディアナポリス・コルツを27-24で破り10回目の対戦で初勝利をあげた。オフェンスではQBカーが成長しパス成功率68.9%、バッファロー・ビルズ戦では22回連続パス成功の記録を残した。またアンドレ・ジョンソンはリーグトップの103回のレシーブを記録し2度目のプロボウルに選ばれた。またドラフト2巡指名のデミーコ・ライアンズは最優秀新人守備選手に選ばれた。ヒューストン・テキサンズ フレッシュアイペディアより)

  • 割 (相撲)

    割 (相撲)から見たブーイングブーイング

    幕内での割り返しは近年では殆ど見られない。但し、平成24年(2012年)夏場所の千秋楽に大関琴欧洲が休場して不戦敗となった際、協会側のコメントに「せめて前日の14日目夜までに届けてくれれば割り返しにする可能性もあった」とあり、重要な取組の場合はあり得るとの見解である。この時の対戦相手は、11勝3敗で優勝争い先頭集団の一角だった栃煌山で、本割の不戦勝が優勝決定の一番になるという最悪の事態さえも起こりかねなかったため、不戦勝の勝ち名乗りの時国技館内はブーイングの嵐であった(その後栃煌山と旭天鵬の優勝決定戦になったため最悪の事態は回避され、旭天鵬が平幕優勝となった)。割 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • トム・グラビン

    トム・グラビンから見たブーイングブーイング

    にはマダックスが加入し、ジョン・スモルツ、スティーブ・エイベリーと合わせて四天王と呼ばれた。22勝6敗・防御率3.20をマーク、1967年-1972年のファーガソン・ジェンキンス以来となる3年連続20勝以上を記録し、3年連続で最多勝のタイトルを獲得した。8月に労使交渉が決裂し、選手側がストライキを決行。当時メジャーリーグ選手会会長だったグラヴィンはファンから怒りを買った。ストライキが解除されたは登板時にファンからブーイングを浴びた。クリーヴランド・インディアンズとのワールドシリーズでは2戦2勝の活躍でシリーズMVPを受賞。38年ぶり、移転後初のワールドチャンピオンとなった。トム・グラビン フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木貴

    佐々木貴から見たブーイングブーイング

    大日本プロレスの2006年1月2日の興行で、「アパッチも大日本も関係なしに、伊東と組んで一番を目指す。」と発言。これが金村キンタローら、アパッチメンバーの逆鱗に触れて抗争が勃発。佐々木も伊東、井上勝正、関本大介、MIYAWAKI、佐野直と対立派閥「たかし軍団」を結成。以来、新日本プロレスの真壁刀義ら、メジャー団体所属選手も巻き込み、ファンからのブーイングを浴びつつ、アパッチのメンバー達に牙を剥いている。佐々木貴 フレッシュアイペディアより)

171件中 41 - 50件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード