171件中 51 - 60件表示
  • ジェリー・ローラー

    ジェリー・ローラーから見たブーイングブーイング

    この間もヒールのトップとして、ボボ・ブラジル、ミスター・レスリング、ロッキー・ジョンソン、ボブ・アームストロング、ロバート・フラー、ポール・オーンドーフ、ビル・ダンディーら人気選手の敵役となって観客のブーイングを煽っていたが、1977年9月、ダンディーとの髪切りマッチに勝利した後に引退を表明。しかし翌月、会場での音楽パフォーマンス中にジミー・バリアントに急襲されたことを機に、ベビーフェイスに転向しての復帰を果たした。また、同年よりメンフィスにて新団体のCWA(Continental Wrestling Association)をジェリー・ジャレットと共に主宰、プロモーター兼エースとして絶対的な人気を獲得する。ジェリー・ローラー フレッシュアイペディアより)

  • 奥大介

    奥大介から見たブーイングブーイング

    磐田時代にサポーターズマガジン上で、自分にブーイングを浴びせるサポーターについて、「そういう人たちはお金払うからスタジアムに来んといてほしい」と発言したことがある。この発言の背景には、現夫人の佐伯日菜子との交際を快く思わず、嫌がらせまがいの行動を行うサポーターたちがいたこともあった。だが、実際はそれらのサポーター以外にも奥本人のモチベーションの低下を練習から感じ取った、地元のサポーターからの叱咤も含んでいたため、サポーターの反感を買ってしまった面もあった。奥大介 フレッシュアイペディアより)

  • 故意四球

    故意四球から見たブーイングブーイング

    故意四球はルール違反にあたる行為ではなく、相手に力を発揮させないようにするための立派な戦術の一つであるが、興行としてのプロ野球においては、故意四球を行っている最中に、投手に対してブーイングを行ったり野次を飛ばしたりする観客が多い。勝敗、特に優勝争いが関わる状況などの故意四球は許容されることも多いが、後述の打撃タイトルの阻止や過去の記録(本塁打数等)を保存するための故意四球やそれに類する行為に対しては、非常に強い批判が行われ、故意四球が与えられることが分かった打者の中には、抗議の意味も込めてわざと空振りし、ストライクにする選手もいる。記録妨害行為が大きな反響を呼び、コミッショナーやリーグの会長が厳重注意したこともある。故意四球 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・チェリモ

    リチャード・チェリモから見たブーイングブーイング

    残り150mでスカーはスパートし、チェリモを引き離し1着でゴールインするが、その直後スカーの失格が発表され、チェリモが金メダルとなることで観衆は大喜びした。これに対し、モロッコ側は異議を申し立てる。異議は認められ判定は覆り、スカーの金メダルが復活した。表彰式では、スカーに金メダルが贈られると観衆から大ブーイングが起こり、チェリモの銀メダルにはスタンディングオベーションが贈られたのであった。リチャード・チェリモ フレッシュアイペディアより)

  • ニューイングランド・ペイトリオッツ

    ニューイングランド・ペイトリオッツから見たブーイングブーイング

    1978年のプレシーズンゲームでスターWRのダリル・スティングレーがオークランド・レイダーズのジャック・テイタムのハードヒットを受けてほぼ全身麻痺となりそのまま引退に追い込まれた。主力選手を失ったものの10勝4敗で迎えたビルズ戦、残り8秒でデビッド・ポージーの34ヤードのFGが決まると60,000人のファンは一斉にグラウンドになだれ込んで地区優勝を祝った。最終戦の直前にHCのフェアバンクスがコロラド大学ボルダー校のHCとなることが明らかにされ試合前にフェアバンクスはチームオーナーのビリー・サリバンによってクビにされロン・エルハルトが指揮を執った。プレーオフ1回戦はフェアバンクスが再度サイドラインから指揮を執り、地元シェーファー・スタジアムで戦ったがヒューストン・オイラーズに敗れファンはHCに対してブーイングを行った。ニューイングランド・ペイトリオッツ フレッシュアイペディアより)

  • 来生たかお

    来生たかおから見たブーイングブーイング

    コンサートツアーの1 - 2週間前になると、よく同じ夢を見るという。開演間際にも拘わらず何も準備が出来ておらず、訳も分からず出鱈目に歌い出すと客席からブーイングが起きる、という内容だと吐露している。また夢の中で作曲をしている事があり、とても良い曲と感じつつも目が覚めると思い出せないという。来生たかお フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見たブーイングブーイング

    奇策にすがるようにも見える起用法や采配には選手やサポーターから批判が起こり、選手紹介の際にスタジアムがブーイングで鳴り響く事態に陥った。そして極めつけは当時の主力だった永井雄一郎がエンゲルスの采配と浦和フロントのコンセプトの無さを公然と批判する事態にも発展した(最終的に永井はこの年限りで浦和を退団し、清水エスパルスへ移籍した)。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・ズビスコ

    ラリー・ズビスコから見たブーイングブーイング

    WWWFがWWFに改称してからも、若手ベビーフェイスとして新王者ボブ・バックランドやサンマルチノのパートナーを務めたが、1980年1月22日に行われたサンマルチノとのエキシビション・マッチでヒールに転向。恩師を裏切った男として観客の大ブーイングを浴びる。以降、かつての師匠との遺恨試合を東部一帯で繰り広げ、同年8月9日にはシェイ・スタジアムに3万6295人の大観衆を集めた "Showdown at Shea" のメインイベントでスチール・ケージ・マッチを行った。ラリー・ズビスコ フレッシュアイペディアより)

  • ディック・スレーター

    ディック・スレーターから見たブーイングブーイング

    1980年まではフロリダのCWFを主戦場に活動し、ダスティ・ローデスやバリー・ウインダムと南部ヘビー級王座を巡る抗争を展開。同時期、日本ではベビーフェイスとして絶大な人気を得ていたが(後述)、同地区ではイワン・コロフ、ニコライ・ボルコフ、アレックス・スミルノフらロシア人ギミックの反米ユニットとも共闘し、観客のブーイングを浴びた。また、ミスター・サイトーともタッグを組み、1980年7月に行われたUSタッグ王座争奪トーナメントに出場したことがある。ディック・スレーター フレッシュアイペディアより)

  • クリフ・リー

    クリフ・リーから見たブーイングブーイング

    スプリングトレーニングで左脇腹を痛め、2007年の開幕を故障者リスト入りで迎えた。5月3日にメジャー復帰を果たしたが、制球が悪く、7月16日から7月26日にかけて球団史上ウェス・フェレル以来74年ぶりとなる3試合連続7自責点を記録し、7月26日のレッドソックス戦では地元ファンから容赦ないブーイングを浴び、翌27日にAAA級のバッファローへ降格。クリフ・リー フレッシュアイペディアより)

171件中 51 - 60件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード