219件中 51 - 60件表示
  • 小学生レスラー

    小学生レスラーから見たブーイングブーイング

    体の柔らかさを生かして、関節技からはたやすく逃れることができる。このため、小学生レスラー同士の戦いで、関節技で勝敗が決することは稀である。さらに、小学生に対して厳しい技を仕掛けた場合、観客席からブーイングが出ることがある。このブーイングに相手レスラーが対応している間に技を脱した小学生レスラーが反撃する姿もしばしば見られる。小学生レスラー フレッシュアイペディアより)

  • コシロ・バジリ

    コシロ・バジリから見たブーイングブーイング

    2001年のレッスルマニア17では、過去のWWF系レスラーが参加したギミック・バトルロイヤルにおいて優勝を飾った。この優勝の際、それまで一貫してヒールとしてブーイングを浴び続けた彼に対し、観客は大きな喝采を送った。2005年にはWWE殿堂に迎えられ、レッスルマニア21の前日に行われた表彰セレモニーでは、長年の宿敵であったサージェント・スローターが殿堂入りのインダクターを務めた。コシロ・バジリ フレッシュアイペディアより)

  • セオドア・ロング

    セオドア・ロングから見たブーイングブーイング

    同年9月のブレーキング・ポイントでのCMパンクとジ・アンダーテイカーの世界ヘビー級王座戦で、テイカーの必殺技を禁止し王座奪取を阻止したことにより一時的にブーイングを浴び、10月のブラッギングライツでのRAWとの対抗戦では、チームRAW所属のビッグ・ショーに「チームを裏切ったら世界ヘビー級王座第一挑戦権を与える」と打診するなど、スマックダウンの名誉のためなら手段を選ばない一面も見せた。その後はベビーフェイス寄りのGMに戻り、償いとしてTLCのチェアーマッチではバティスタのテイカーへのローブローを反則行為とし、テイカーの勝利をアシストした。セオドア・ロング フレッシュアイペディアより)

  • ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

    ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習から見たブーイングブーイング

    ボラットは大陸横断中にロデオ大会でアメリカ国歌を歌うこととなる。直前に大会関係者から「髭=テロリスト」とみられることを指摘されるが、髭をそらずに観衆の前に登場したボラットは「テロの戦い(≠対テロの戦い)を支持する」と宣言し、「対テロの戦い」の事だろうと好意的に受け止めた観客から好評を買う。しかし続いて「ブッシュ大統領がかの国のすべての男、女、子供の血をすすり、国を完全に破壊し、向こう1000年間は1匹のトカゲも生存しない状態にすることを願う」と宣言し微妙な空気を作り出す。そして国歌独唱では唐突にアメリカ国歌の曲に架空のカザフスタン国歌(「カザフスタンはカリウムの輸出が多い、他の国の作るカリウムは粗悪なもの」など、実際のカザフスタン国歌とは全くの別物)をのせて歌い、嵐のようなブーイングを受ける。ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 フレッシュアイペディアより)

  • 椿姫 (オペラ)

    椿姫 (オペラ)から見たブーイングブーイング

    初演当時は娼婦を主役にした作品ということで、イタリアの統治国側の検閲により道徳的な観点から問題視されたが、ヒロインが最後に死ぬということで上演がゆるされたと言われる。初演は1853年3月6日、ヴェネツィアのフェニーチェ劇場で行われた。しかし、準備不足(作品の完成から初演まで数週間しかなかった)などから、初演では聴衆からも批評家からもブーイングを浴び、歴史的大失敗を喫した(蝶々夫人、カルメンと共に有名オペラの3大失敗ということがある)。しかし、翌年の同地での再演では入念なリハーサルを重ねた結果、聴衆に受け入れられた。その後も上演を重ねる毎に人気を呼び、今日ではヴェルディの代表作とされるだけでなく、世界のオペラ劇場の中でも最も上演回数が多い作品の一つに数えられる。椿姫 (オペラ) フレッシュアイペディアより)

  • ディック・スレーター

    ディック・スレーターから見たブーイングブーイング

    1980年もフロリダのCWFを主戦場に、ダスティ・ローデスやバリー・ウインダムと南部ヘビー級王座を巡る抗争を展開。同時期、日本ではベビーフェイスとして絶大な人気を得ていたが(後述)、CWFではイワン・コロフ、ニコライ・ボルコフ、アレックス・スミルノフらロシア人ギミックの反米ユニットとも共闘、観客のブーイングを浴びた。また、ミスター・サイトーともタッグを組み、ジャック&ジェリーのブリスコ・ブラザーズとタッグタイトルを争った。ディック・スレーター フレッシュアイペディアより)

  • キスカム

    キスカムから見たブーイングブーイング

    キスカム (英語:kiss cam) とは、アメリカやカナダにおいて、アリーナ、スタジアム、コートといったスポーツイベント会場で行われる社会的遊戯。本来のイベント・試合におけるタイムアウト、CM休憩、中断時間に行われる、陽気な娯楽として行われる傾向が強い。キスカム用のカメラが観客の中からカップルを選び、会場のジャンボトロンなど大型スクリーンにその姿を映し出す。それから映されたカップルは、他の観客によってはやしたてられながら、お互いキスするよう誘われる。カップルがキスをすれば喝采や口笛を浴びるのが一般的だが、キスすることを拒否すればブーイングを浴びる。キスカム フレッシュアイペディアより)

  • マジカル頭脳パワー!!のクイズ・ゲーム

    マジカル頭脳パワー!!のクイズ・ゲームから見たブーイングブーイング

    定岡正二もこのクイズで加藤同様に食い違うことが多く、1995年9月21日放送の90分SPで「頭に『し』のつくびっくりすると止まるもの」の時に、定岡一人が「しゃっくり」に対し他の3人(所・加藤・香取慎吾)は「心臓」だったためブーイングを食らった(実際には「心臓が止まりそうになった」は比喩表現であるため、問題だけ考えるならしゃっくりで正しい)。そこで定岡は次の問題(頭に『ふ』のつく電気で動くもの)のときに「パーフェクトなら土下座する」と豪語したものの、解答は全員(所・千堂・木村拓哉・小松千春)が「ふとん乾燥機」。おかげで土下座する羽目になってしまい、板東に「定岡はどこだ?! 定岡はどこだ?!」と叫びながら振り回されることとなった。マジカル頭脳パワー!!のクイズ・ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ペイトン・マニング

    ペイトン・マニングから見たブーイングブーイング

    2009年シーズン、前年から続けていたレギュラシーズンの連勝を23とし、NFL記録を更新した。この年、チームは開幕から14連勝し、ニューヨーク・ジェッツ戦ではマニングらは試合途中から下げられて温存、15-29で敗れた。ホームで行われたこの試合ではファンからブーイングも起きた。最終週のバッファロー・ビルズ戦でも途中からベンチに下がりチームは敗れ14勝2敗でシーズンを終えた。この年、史上初となる4度目のシーズンMVPに選ばれた。プレーオフではボルチモア・レイブンズではパス44回中30回成功、2TD、1INTで20-3と勝利、AFCチャンピオンシップゲームのニューヨーク・ジェッツ戦では後半に2本のTDパスを通すなど、パス39回中26回成功、377ヤードを投げて3TD、30-17で勝利、3年ぶり2度目のスーパーボウル出場を果たした。ニューオーリンズ・セインツとの第44回スーパーボウルで彼は第1Qに、スーパーボウルタイ記録となる96ヤードのタッチダウンドライブを決めた。その後逆転された後、ジョセフ・アダイのTDランで締めくくる76ヤードのTDドライブを演出し、17-13と逆転した。17-24とリードされた第4Q、敵陣31ヤードまでボールを進めたが、最後トレイシー・ポーターにインターセプトリターンTDを許し、17-31で敗れた。ペイトン・マニング フレッシュアイペディアより)

  • フランソアウド・セナ・デ・ソウザ

    フランソアウド・セナ・デ・ソウザから見たブーイングブーイング

    2005年、クラウス・アウゲンターラー監督の構想外となり、J1・柏レイソルへ移籍。しかし、ほとんど出場機会を得られないままシーズンを終え、チームはJ1・J2入れ替え戦でヴァンフォーレ甲府に惨敗し、J2へ降格した。ブラジル、ドイツでの実績に見合った活躍が出来なかったフランサに対するサポーターの失望は大きく、入れ替え戦第2戦に途中出場した際は、ホームにも関わらず、ボールを持つ度に観客からブーイングを浴びた。フランソアウド・セナ・デ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

219件中 51 - 60件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード