219件中 61 - 70件表示
  • 殺人魚雷

    殺人魚雷から見たブーイングブーイング

    1990年代前半の全日本プロレスマットにおいて、超世代軍、鶴田軍、聖鬼軍などの日本人との対決、また当時の全日本外国人エースだったスタン・ハンセンとの外国人世代闘争による激しい戦いは、ファンから多大な支持を得た(超世代軍、鶴田軍との試合ではあまりの強さのためにブーイングが非常に多かった)。殺人魚雷 フレッシュアイペディアより)

  • クリフ・リー

    クリフ・リーから見たブーイングブーイング

    、スプリングトレーニングで左脇腹を痛め、開幕を故障者リスト入りで迎えた。5月3日にメジャー復帰を果たしたが、制球が悪く、7月16日から7月26日にかけて球団史上ウェス・フェレル以来74年ぶりとなる3試合連続7自責点を記録し、7月26日のレッドソックス戦では地元ファンから容赦ないブーイングを浴び、翌27日にAAA級のバッファローへ降格。クリフ・リー フレッシュアイペディアより)

  • 佐野直

    佐野直から見たブーイングブーイング

    デビュー当時、その頃は素顔だった菊タローに憧れていて、シングルマッチで初めて対戦した時は、デビュー戦よりも緊張したそうである。試合技術が「しょっぱい」ことから、試合に勝ったり、タイトルを取ったりすると必ずブーイングが巻き起こる。更には新木場1stRINGで自身の看板を設置しており、ファンから顰蹙を買っていた(現在は契約終了により撤去済)。佐野直 フレッシュアイペディアより)

  • サラ・シルバーマン

    サラ・シルバーマンから見たブーイングブーイング

    2007年6月3日に行われたMTVムービー・アワードの司会を務めたが、同授賞式に刑務所収監前のパリス・ヒルトンが出席しており、彼女はそれをネタにした。「2、3日後にパリス・ヒルトンが刑務所に入ります」と言うと会場の観客から歓声が上がった。続けて「判決に反して彼女は特別待遇を受けるらしいわ。何でも刑務所で快適に過ごせるようにと看守が牢屋の柵をペニスの形に塗装するらしい」と言うとさすがに観客からブーイングが上がったが、「そうね、そうよね。私も心配だわ。パリスの歯が折れちゃうんじゃないかって」とオチをつけた。彼女は2日後にパリスが刑務所に収監されるとネタにしたが、実際はパリスは予定を早め授賞式直後に刑務所に入っている。サラを含め、同授賞式に出席しパリスを散々ネタにしたコメディアンもこれは予想していなかった。サラ・シルバーマン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゴールドバーグ

    ビル・ゴールドバーグから見たブーイングブーイング

    WWEとは高額の一年契約だったが、TVマッチのみの参戦で、それ以外の興行には参加しないという特別扱いであり、さらにアメリカ以外の団体(ハッスル等)の試合には出場できるという内容であった。そのため、WWEオーナーのマクマホン・ファミリーから不満がもれることとなった。毎日のように行われる巡業を拒否するゴールドバーグに対してWWEは年俸ダウンを提示したため契約更新はされず、2004年3月14日のレッスルマニア20に出場した後に退団。このことは非公表だったにもかかわらず事前にインターネットを通じて一般のファンにまで知れ渡り、また同大会での対戦相手ブロック・レスナーも同様に退団することが伝わってしまっていた。そのため「世紀の一戦」になるはずだったこの試合は入場時から両者に対するファンからのブーイングが尋常ではなく、まともに試合が成り立たず実況のジム・ロスが試合中に2人の退団の事実を(あくまで「噂」としてだが)コメントしたり、試合の特別レフェリーを務めたストーン・コールド・スティーブ・オースチンが試合後両者に対してスタナーを繰り出すなど、ファンの気持ちを抑えるのに苦心することとなった。ビル・ゴールドバーグ フレッシュアイペディアより)

  • 中尾芳広

    中尾芳広から見たブーイングブーイング

    2006年9月10日、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦のワンマッチで中村和裕と対戦。両者が噛み合わず全く盛り上がらない試合となり、判定0-3で敗北し会場から激しいブーイングを浴びた。さらに、試合後の高田延彦に「最低とは言わないが、あのような試合を見なければならないハメになってしまったことは課題と受け止めて、今後に向けてはしっかり修正していきたい」と苦言を呈された。中尾芳広 フレッシュアイペディアより)

  • マフムード・アフマディーネジャード

    マフムード・アフマディーネジャードから見たブーイングブーイング

    2007年9月 - ニューヨーク訪問の際にグラウンド・ゼロに訪れたいとの要望に対してアメリカ政府側は警備上の都合により見合わせてほしいと回答し実現しなかったが、コロンビア大学の講演は行うことができ、その際にイランには同性愛者はいないと発言し参加者の学生から失笑とブーイングをかった。アフマディーネジャードは普段は笑顔を見せることがあまりないがこの講演の際は笑顔を見せていた。マフムード・アフマディーネジャード フレッシュアイペディアより)

  • イギリスにおける1946-1947年の冬

    イギリスにおける1946-1947年の冬から見たブーイングブーイング

    厳冬は英国産業に長期的影響を及ぼした。1947年2月までに英国では既に、この年の工業生産が10%減少すると推定された。さらに3月の洪水の影響で、被害額は2億5000万?3億7500万ポンド(2007年の物価水準で30億?45億ポンド相当)増加した。農業は特に深刻で、穀物とジャガイモの収穫量は過去2年間に比べて10?20%減少した。牧羊業者は飼育頭数の4分の1を失い、羊の数を回復させるのに6年を費やした。厳冬は政治にも影響し、食料や電力の供給を維持できなかった労働党政権を、国民は信頼しなくなった。たとえば、2月11日に開催されたの結婚式の際、彼女の父であるウィンストン・チャーチルは群衆の喝采を受けたが、首相クレメント・アトリーはブーイングを浴びた。大衆の不評を買ったエマニュエル・シンウェルはスケープゴートにされ、大臣職から外された。にもかかわらずこの厳冬は、1950年の選挙の際に労働党がチャーチル率いる保守党に多数の議席を奪われた一因とされている。イギリスにおける1946-1947年の冬 フレッシュアイペディアより)

  • ミケランジェロ・アントニオーニ

    ミケランジェロ・アントニオーニから見たブーイングブーイング

    1960年、『情事』は既存の映画文法とは全く異なる作品であり、第13回カンヌ国際映画祭で上映された際にはブーイングが鳴り止まなかったものの審査員賞を受賞。英国映画協会サザーランド杯も受賞し、アントニオーニの代表作となった。また、同作に出演したモニカ・ヴィッティはこれ以後、アントニオーニのミューズとして欠かせない存在となった。ミケランジェロ・アントニオーニ フレッシュアイペディアより)

  • ECW

    ECWから見たブーイングブーイング

    1999年夏からTNN局(現Spike TV)と3年契約を交わしケーブルテレビでの放送にも進出した。しかしヘイマンの経営者としての手腕の低さや、その企業イメージの悪さなどによって圧倒的に局側に有利な条件での契約が結ばれた。TV放映権料もほとんど取れず、局側の審査官によって細かく禁止の映像表現や放送禁止用語が設定されたためにECWはその過激さを奪われた(ヘイマンはこれをアングルに取り入れ、サイラスをTNNが差し向けたヒールの審査官に仕立て、ファンのブーイングを浴びせることでTNNを揶揄した)。また毎週の番組制作費やPPVの広告費が収益を越え、自転車操業を繰り返したために赤字は加速度的に膨らんでいった。2000年秋、TNNはWWEの『RAW IS WAR』の放送契約を得ると一方的にECWとの契約を破棄し、テレビ放送は終了。PPVを開催する度に負債額は増えて選手へのギャラも払えなくなり、2001年1月13日の大会をもって団体は活動を停止。同年4月、ECWは倒産しヘイマンも自己破産を申告。債務処理が開始され、6月25日付けで前述のように債権者の一人であったビンス・マクマホンがECWに関する一切の権利を買い取った。ECW フレッシュアイペディアより)

219件中 61 - 70件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード