171件中 61 - 70件表示
  • マーク・キューバン

    マーク・キューバンから見たブーイングブーイング

    2005-2006年シーズンにマーベリックスに所属していたマイケル・フィンリーがサンアントニオ・スパーズの選手としてダラスと対戦した際にブーイングキャンペーンを始めた。マーク・キューバン フレッシュアイペディアより)

  • ヴィンス・ヤング

    ヴィンス・ヤングから見たブーイングブーイング

    2007年にチームをプレーオフに導いたが2008年の開幕戦で2インターセプトを喫し激しいファンのブーイングを受けると共に左膝の靭帯を痛めてしまい、ベテランのケリー・コリンズに先発QBの座を奪われた。彼が不在のチームは開幕11連勝を含む13勝3敗とNFLトップの成績を収めた。NFL選手として心が折れかかっていた彼に転機をもたらしたのはテキサス大学時代から父親のように慕っていたスティーブ・マクネアの急死であった。2009年シーズン、コリンズが不調でチームは開幕から6連敗を喫したが彼が先発QBに復帰後5連勝するなど奇跡のプレーオフ進出も期待された。プレーオフで負傷したフィリップ・リバースに代わり2010年1月のプロボウルに選ばれた。ヴィンス・ヤング フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ファーヴ

    ブレット・ファーヴから見たブーイングブーイング

    そして第3週、シンシナティ・ベンガルズ戦にて負傷したQBドン・マコウスキーの代わりに途中出場。フィールドに彼が現れた瞬間、ランボー・フィールドは凄まじいブーイングに包まれたという。試合終了間際にワイドレシーバーキトリック・テイラーに逆転TDパスを決め、21-20で逆転勝利を収める。次の第4週から先発出場し、QBとしての連続先発出場記録を更新し続けた。この年3227ヤードを投げて18タッチダウン、13インターセプトの成績を残しプロボウルに選ばれた。ブレット・ファーヴ フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ジョンソン (ランニングバック)

    クリス・ジョンソン (ランニングバック)から見たブーイングブーイング

    地元ファンにもブーイングを浴びるようになっているが、これに対して「そうした人々はファンタジーフットボールを通じて応援していただけだろう。」とコメントしている。クリス・ジョンソン (ランニングバック) フレッシュアイペディアより)

  • オリンド・メア

    オリンド・メアから見たブーイングブーイング

    2006年はFG成功率72%に終わり、2007年4月3日、ドルフィンズからドラフト6巡指名権と引き換えにニューオーリンズ・セインツにトレードされた。彼の獲得からすぐに、セインツはジョン・カーニーを解雇した。足の付け根の筋肉を傷めた彼は、プレシーズンゲームの最終戦で3本のFGを失敗、インディアナポリス・コルツとの開幕戦でもFGを失敗した。パンターのスティーブン・ウェザフォードが彼の代わりに数試合キックオフを蹴った。ジャクソンビル・ジャガーズ戦で2本目のFGを失敗すると、その試合で50ヤード以上のFGを狙う彼に対してファンはブーイングを浴びせ、彼はミスした。FGの失敗が続いたものの、ヘッドコーチのショーン・ペイトンは彼を故障者リスト入りするまで使い続け、アトランタ・ファルコンズ戦で負傷した後、マーティン・グラマティカにポジションを奪われた。この年FG17回中10回成功と自己最低58%の成功にとどまっている。の2008年2月27日、セインツから解雇された。オリンド・メア フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ムーア

    マイケル・ムーアから見たブーイングブーイング

    アカデミー賞授賞式ではブッシュを「架空の選挙で選ばれた架空の大統領」、ブッシュ政権の起こしたイラク戦争を「架空の理由で戦っている戦争」と断じた。さらに「恥を知れ、ブッシュ氏よ。恥を知れ! お前は(開戦に反対した)ローマ教皇と(「大統領が自分たちと同じテキサス州出身であることが恥ずかしい」と述べた)ディクシー・チックスを敵に回した。お前の持ち時間は終わりだ」と批判する演説を打って賞賛とブーイングで会場を沸かせたが、終了を促す音楽で強引に打ち切られた。ちなみにムーアによれば、会場では賞賛が圧倒的であったのに、報道ではブーイングが強調されていたとのことである。マイケル・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • 2001-2002シーズンのNBA

    2001-2002シーズンのNBAから見たブーイングブーイング

    ※MVPを受賞したコービー・ブライアントは地元フィラデルフィア出身であったにも関わらず、前季のファイナルでレイカーズが地元チーム76ersを破っているため、会場からブーイングを受けた。2001-2002シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ブリスコ

    ジェリー・ブリスコから見たブーイングブーイング

    1990年代末から2000年代初頭にかけてのWWFアティテュード路線の最盛期には、"悪のオーナー" ミスター・マクマホンの側近役をパターソンと共に演じ、自らも『Raw is War』のレギュラーキャストとして番組に出演。マクマホン率いる権力ヒールユニット「コーポレーション(The Corporation)」の一員となり、ストーン・コールド・スティーブ・オースチンやミック・フォーリーらを陥れるべく姦計をめぐらすなど、マクマホンに媚びへつらう悪の幹部として観客のブーイングを煽った。ジェリー・ブリスコ フレッシュアイペディアより)

  • セオドア・ロング

    セオドア・ロングから見たブーイングブーイング

    10月のブレーキング・ポイントでのCMパンクとジ・アンダーテイカーの世界ヘビー級王座戦でテイカーの必殺技を禁止し王座奪取を阻止したことにより一時的にブーイングを浴びていたが、その後はベビーフェイス寄りのGMに戻り、償いとしてTLCのチェアーマッチではバティスタのテイカーへのローブローを反則行為とし、テイカーの勝利をアシストした。セオドア・ロング フレッシュアイペディアより)

  • ドノバン・マクナブ

    ドノバン・マクナブから見たブーイングブーイング

    1999年のNFLドラフトではティム・カウチに続いて全体2位でフィラデルフィア・イーグルスから指名されて入団した。テキサス大学のRBリッキー・ウィリアムズの指名を望んだファンからブーイングを浴びた。この年のドラフトでは全体12位までにQBが5人指名され1983年ドラフト組以来となるQB豊作と見られていたがカウチ、アキリ・スミス、ケイド・マクナウンの3人は実績を残せずマクナブとダンテ・カルペッパーだけがNFLで成功を収めている。ドノバン・マクナブ フレッシュアイペディアより)

171件中 61 - 70件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード