171件中 71 - 80件表示
  • ビル・ゴールドバーグ

    ビル・ゴールドバーグから見たブーイングブーイング

    WWEとは高額の一年契約だったが、TVマッチのみの参戦で、それ以外の興行には参加しないという特別扱いであり、さらにアメリカ以外の団体(ハッスル等)の試合には出場できるという内容であった。そのため、WWEオーナーのマクマホン・ファミリーから不満がもれることとなった。毎日のように行われる巡業を拒否するゴールドバーグに対してWWEは年俸ダウンを提示したため契約更新はされず、2004年3月14日のレッスルマニア20に出場した後に退団。このことは非公表だったにもかかわらず事前にインターネットを通じて一般のファンにまで知れ渡り、また同大会での対戦相手ブロック・レスナーも同様に退団することが伝わってしまっていた。そのため「世紀の一戦」になるはずだったこの試合は入場時から両者に対するファンからのブーイングが尋常ではなく、まともに試合が成り立たず実況のジム・ロスが試合中に2人の退団の事実を(あくまで「噂」としてだが)コメントしたり、試合の特別レフェリーを務めたストーン・コールド・スティーブ・オースチンが試合後両者に対してスタナーを繰り出すなど、ファンの気持ちを抑えるのに苦心することとなった。ビル・ゴールドバーグ フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボール男子アメリカ合衆国代表

    バスケットボール男子アメリカ合衆国代表から見たブーイングブーイング

    予選のフランス戦で、身長215センチのセンター、フレデリック・ワイスをヴィンス・カーターが飛び越えてダンクシュートを決めるという離れ技も見られたものの、このシドニー五輪は諸外国の成長と米国の脆さが印象的な大会となった。米国代表が観客にブーイングを受ける場面もあった。特に、リトアニアやフランスを相手にあと一歩のところまで追い詰められたことで、各国が米国を「勝てない相手ではない」と認識しはじめたのが、過去2度のオリンピックと異なる点だった。バスケットボール男子アメリカ合衆国代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の中国における反日活動

    2005年の中国における反日活動から見たブーイングブーイング

    2004年7月に、サッカーのAFCアジアカップ2004が中国の重慶で行われたが、反日感情が剥き出しになり、日本の予選リーグから決勝までの数試合は、国歌演奏時や試合中で激しいブーイングや反日行為に晒された。また、勝利を喜ぶ日本人サポーターに罵声を浴びせたり、ゴミや食べ物が投げつけられ、インターネット上でも反日的な書き込みが相次いだ。2005年の中国における反日活動 フレッシュアイペディアより)

  • スピードワゴン

    スピードワゴンから見たブーイングブーイング

    井戸田が結婚後初めて『笑いの金メダル』に出演した時、「俺モテたいよ」と言ったところ、観客からブーイングが起こり、小沢が「逆に教えてくれよ」と発言。オチでは井戸田の「俺の新婚生活くらい甘いよ」と言う台詞に小沢が「いいかげんにしろよ!」とキレて終わった。スピードワゴン フレッシュアイペディアより)

  • カニエ・ウェスト

    カニエ・ウェストから見たブーイングブーイング

    2009年9月13日に行われたMTV Video Music Awards 2009では、最優秀女性アーティスト・ヴィデオ賞を受賞したテイラー・スウィフトのスピーチ中に泥酔して乱入、彼女のスピーチを妨害しマイクを奪い、「君の受賞は本当に良かったけど、ビヨンセが史上最高のビデオを作ったアーティストの1人だ」と発言、場内からブーイングを浴びた。その後最高賞である最優秀ビデオ賞を受賞したビヨンセがスウィフトを壇上に招き入れ、スピーチの続きを促す気遣いを見せている。この行為は波紋を呼び、カニエは自身のブログや翌14日に出演したNBC「ジェイ・レノ・ショー」で謝罪、スウィフト本人にも電話で謝罪したが、音楽ファンや著名人から非難の声が上がり、バラク・オバマ大統領もCNBC主導による記者会見中のオフレコ発言で、カニエに対し「Jackass(ばか者)」と呼ぶ騒ぎにまで発展した。なおこのオバマの発言は、ABC「ナイトライン」のキャスター、テリー・モーランがTwitter上で暴露した物で、この事を意図的に報じなかったCNBCがABCを非難、モーランは発言内容を削除し、ABCは謝罪に追われる事態となった。カニエ・ウェスト フレッシュアイペディアより)

  • ロッキー4/炎の友情

    ロッキー4/炎の友情から見たブーイングブーイング

    試合当日、ソ連国民が埋め尽くすモスクワの試合会場の貴賓席には、ソ連政府首脳陣の姿が並んでいた。ロッキーに対する猛烈なブーイングの中、試合開始のゴングが鳴る。圧倒的な体格差から繰り出されるパンチを防ぎきれず、何度となくマットに倒されるロッキー。しかしドラゴは「奴は人間じゃない、まるで鉄だ」とその強さと不屈の闘志を畏怖していた。やがて試合が乱戦になり打ち合いが始まると、ロッキーはさらにダウンの回数を重ねてゆく。それでも諦めずにドラゴに立ち向かっていくうち、会場に変化が現れた。最初はロッキーに対して敵意を抱いていた観衆が、その勇敢な戦いに熱狂し、やがてロッキーコールまで始めたのである。ロッキー4/炎の友情 フレッシュアイペディアより)

  • 新藤力也

    新藤力也から見たブーイングブーイング

    興行の前説(初めて観戦する人の為に応援とブーイングの仕方を指導)も担当しているがいわゆる「いじられキャラ」で、ブーイングの指導や噛んだりすると容赦無くブーイングが飛ばされる。新藤力也 フレッシュアイペディアより)

  • チャーリー・ハース

    チャーリー・ハースから見たブーイングブーイング

    2006年後期、シェルトン・ベンジャミンとWGTTを再結成。クライム・タイムやハーディ・ボーイズとの抗争を開始する。この時期に二人で入場する際の演出を増やし、ハースがノースリーブのパーカーを被って入場、ベンジャミンは胸をはだけたジャケットにサングラス姿で入場と、別々の格好ながらも同色のもので揃えることでチームとしても個人としてもアピールを強め、過去のWGTTと異なった印象を与えた。2007年11月にベンジャミンがECWに移籍したため、またもタッグチームは解消。その後十分な役割も与えられずストーリーラインから外れたが、2008年8月から物真似ギミックとなり、カリート、ジョン・シナ、JBL、ジム・ロス、グレート・カリらの変装と物真似(主に形態模写)でファンを大いに沸かせた。JBLやジム・ロス、ミスター・パーフェクトなどに変装した時には大歓声を浴びたが、シナに扮した際には逆にブーイングを浴びた(シナはサマースラム2008における負傷で欠場中だったのでファンが復帰したのかと思ったため)。また、グレート・カリの物真似をした際には本人に襲撃されるという一幕があった。これによりスラミー賞の物真似賞を獲得している。チャーリー・ハース フレッシュアイペディアより)

  • コシロ・バジリ

    コシロ・バジリから見たブーイングブーイング

    2001年のレッスルマニア17では、過去のWWF系レスラーが参加したギミック・バトルロイヤルにおいて優勝を飾っている。この優勝の際、それまで一貫してヒールとしてブーイングを浴び続けた彼に対し、観客は大きな喝采を送った。コシロ・バジリ フレッシュアイペディアより)

  • ステフォン・マーブリー

    ステフォン・マーブリーから見たブーイングブーイング

    ステフォン・マーブリー(Stephon Marbury, 1977年2月20日 - )は、アメリカ合衆国のバスケットボール選手。中国プロバスケットボールリーグ (CBA) の北京ダックスに所属している。188cm、93kg。ポジションはポイントガード、シューティングガード。ニューヨークのブルックリン出身。愛称は「Starbury(スターブリー)」(ただし、近年はブーイングの意味が込められた「Boo-bury(ブーブリー)」と揶揄されることもある)。従兄弟はロサンゼルス・クリッパーズに所属しているセバスチャン・テルフェアである。ステフォン・マーブリー フレッシュアイペディアより)

171件中 71 - 80件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード