219件中 71 - 80件表示
  • 神の手 (サッカー)

    神の手 (サッカー)から見たブーイングブーイング

    スアレスはユニフォームで顔を覆いながら退場したが、PK失敗の瞬間には一転して大喜びする姿がカメラに捉えられた。試合後には「僕にとっては、このW杯で最大のセービングだったと言える」とコメントした(注:スアレスはFWの選手)。母国のメディアには「歴史に名を刻んだ」と称賛されたが、1試合出場停止後の3位決定戦では、プレーのたびにスタンドからブーイングを浴びせられた。神の手 (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • クイズ悪魔のささやき

    クイズ悪魔のささやきから見たブーイングブーイング

    オープニングの音楽はなく、司会の古舘が「最初のビンボー人の方、せーの」と言った直後にドラの音が響き、和田と観客全員の「カモーン!」のコールで番組が始まる。2番目以降の出場者は「続いてのビンボー人の方」になる。出場者の中には、「自分の趣味のための資金が欲しい」などといった私利私欲による自己中心的な動機で出場を決めた人など、明らかに観客の支持を得られなさそうな出場者が登場することがある。この場合、当然第1ステップでの支持は少ないため、第2ステップで100万円を目指す事が前提となり、第2ステップで失敗して賞金が0円となることが多い。そのような人物は、たとえ第2ステップをクリアして100万円を獲っても、祝福どころか「帰れ!帰れ!」というブーイングが起こることがあった。もちろん第1ステップでクイズに失敗して失格となる例もあり、が起こる。第1ステップの段階で観客の支持が0人で即失格となった者が2人いる。なお、クイズシーンが省略されるダイジェストの場合もあり、結果は失敗、賞金獲得とまちまちであった。中には100万円獲得にもかかわらずダイジェストになったこともあった。番組の最後に、その週で獲得された賞金の総額が掲示される。最終回の最後では、番組全編を通して獲得された賞金の合計総額が掲示された。クイズ悪魔のささやき フレッシュアイペディアより)

  • ムラッド・サリ

    ムラッド・サリから見たブーイングブーイング

    2006年5月26日、フランスのパリで行われた「Final of the gradiators」(2分5R、肘打ち・膝蹴り無し)で ブアカーオ・ポー.プラムックと対戦。1R終盤にパンチでダウンを奪われたが、スリップと見なされた。また2Rには、ブアカーオが膝を出し減点された。試合はブアカーオが終始優勢に進めたが、結果は5Rドロー判定で、観客からブーイングの声が上がった。ムラッド・サリ フレッシュアイペディアより)

  • ルー・ブードロー

    ルー・ブードローから見たブーイングブーイング

    他球団も追随したため、ウィリアムズは一時は三塁線にセーフティバントを試みたりがら空きの左翼を狙ったりしたが、ファンからブーイングを浴び、すぐに引っ張りの打撃に戻したという。ルー・ブードロー フレッシュアイペディアより)

  • 来生たかお

    来生たかおから見たブーイングブーイング

    コンサートツアーの1 - 2週間前になると、よく同じ夢を見るという。開演間際にも拘わらず何も準備が出来ておらず、訳も分からず出鱈目に歌い出すと客席からブーイングが起きる、という内容だと吐露している。また夢の中で作曲をしている事があり、とても良い曲と感じつつも目が覚めると思い出せないという。来生たかお フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボール男子アメリカ合衆国代表

    バスケットボール男子アメリカ合衆国代表から見たブーイングブーイング

    予選のフランス戦で、身長215センチのセンター、フレデリック・ワイスをヴィンス・カーターが飛び越えてダンクシュートを決めるという離れ技も見られたものの、このシドニー五輪は諸外国の成長とアメリカの脆さが印象的な大会となった。アメリカ代表が観客にブーイングを受ける場面もあった。特に、リトアニアやフランスを相手にあと一歩のところまで追い詰められたことで、各国がアメリカを「勝てない相手ではない」と認識しはじめたのが、過去2度のオリンピックと異なる点だった。バスケットボール男子アメリカ合衆国代表 フレッシュアイペディアより)

  • AFC U-19選手権2010

    AFC U-19選手権2010から見たブーイングブーイング

    10月4日の日本対UAE戦では、国歌演奏の際に、男が中国語で「国辱を忘れるな」と書いたトレーナーを着てグラウンド内に乱入し、日本の国旗を奪って逃げた。男は、グラウンド内を半分ほど走ったところで大会関係者に取り押さえられたが、一部の中国人観客からは歓声や拍手が上がった。 また、数は多くないが、日本側にボールが回るとブーイングを浴びせるなど、反日的な行為が続いた。AFC U-19選手権2010 フレッシュアイペディアより)

  • 世界剣道選手権大会

    世界剣道選手権大会から見たブーイングブーイング

    抗議、アピール、ブーイング等、日本の剣道界ではタブーとされる行為があり、大会の雰囲気は日本の大会とは一線を画している。世界剣道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ゴードン

    ジェフ・ゴードンから見たブーイングブーイング

    “都会っ子”である為に、地方開催時にブーイングに遭う事もある。ジェフ・ゴードン フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のアメリカンリーグワイルドカードゲーム

    2012年のアメリカンリーグワイルドカードゲームから見たブーイングブーイング

    レンジャーズは8回表、3番デービスから始まるオリオールズの中軸を上原浩治が3者連続の空振り三振に退けた。その裏、打線は1番キンズラーの内野安打とオデイの牽制悪送球で一死二塁とする。しかし2番アンドラスは遊ゴロで、走者を進めることもできず。3番ハミルトンは、オデイのあとを引き継いだ左腕ブライアン・マティスに3球三振を喫し、好機が潰えた。この日のハミルトンは初球に手を出しての凡打と3球三振がふたつずつの4打数無安打で、打席を終えてダグアウトに戻る際にはファンからブーイングを浴びた。逆に危機を切り抜けたオリオールズは9回表、相手の抑え投手ジョー・ネイサンを攻め立て、一死二・三塁から9番マチャドの左前打と1番マクラウスの犠牲フライで2点を加えて突き放した。その裏、オリオールズも抑え投手のジム・ジョンソンをマウンドに送る。レンジャーズは彼から二死満塁と、本塁打が出れば一挙同点という場面を作り上げたが、最後は9番デビッド・マーフィーが左飛に倒れて試合終了となった。2012年のアメリカンリーグワイルドカードゲーム フレッシュアイペディアより)

219件中 71 - 80件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード