171件中 81 - 90件表示
  • マリーンズファン

    マリーンズファンから見たブーイングブーイング

    相手ピッチャーが牽制球をした場合にはかまわずブーイングをすることが、2005年の優勝時前後を皮切りに徐々に問題になっていた。かつては敵味方を問わず問題のあるプレーに対して行われた行為だったが、「ロッテファンは敵の牽制にブーイングするのが流儀」という誤解が広まり、緊迫した場面でのたった1球の牽制球であっても内野席のファンまでもが反応するような事態になっているという状況が起きた。こうした動きを受けて、2007年の「MARINES MATCH CARD PROGRAM」(=マッチデープログラム)には応援団からのお願いとして「牽制時のブーイングをやめよう」との呼びかけが掲載されるようになった。マリーンズファン フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・ジョンソン (アメリカンフットボール)

    ラリー・ジョンソン (アメリカンフットボール)から見たブーイングブーイング

    2009年2月、2年連続でチーム成績が低迷していること、カンザスシティ市内でもブーイングを浴びることなどから移籍を望む発言を地元ラジオ局のインタビューで明かした。ラリー・ジョンソン (アメリカンフットボール) フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・アラーニャ

    ロベルト・アラーニャから見たブーイングブーイング

    スカラ座の2007-2008年シーズン初日の『アイーダ』公演でラダメスに抜擢されたが、開始早々のアリア「清きアイーダ」で天井桟敷から「恥を知れ! ここはスカラだぞ!」とブーイングされ、演奏途中で舞台を放棄し、勝手に退場した。これによりスカラ座へ出入り禁止となった。ロベルト・アラーニャ フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第4番 (マーラー)

    交響曲第4番 (マーラー)から見たブーイングブーイング

    全曲初演は1901年11月25日、ミュンヘンにて、作曲者自身の指揮でカイム管弦楽団(ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の前身)による。初演は不評で、多くの聴衆からブーイングが浴びせられたという。交響曲第4番 (マーラー) フレッシュアイペディアより)

  • ECW

    ECWから見たブーイングブーイング

    1999年夏からTNN局(現Spike TV)と3年契約を交わしケーブルテレビでの放送にも進出した。しかしヘイマンの経営者としての手腕の低さや、その企業イメージの悪さなどによって圧倒的に局側に有利な条件での契約が結ばれた。TV放映権料もほとんど取れず、局側の審査官によって細かく禁止の映像表現や放送禁止用語が設定されたためにECWはその過激さを奪われた(ヘイマンはこれをアングルに取り入れ、サイラスをTNNが差し向けたヒールの審査官に仕立て、ファンのブーイングを浴びせることでTNNを揶揄した)。また毎週の番組制作費やPPVの広告費が収益を越え、自転車操業を繰り返したために赤字は加速度的に膨らんでいった。2000年秋、TNNはWWEの『RAW IS WAR』の放送契約を得ると一方的にECWとの契約を破棄し、テレビ放送は終了。PPVを開催する度に負債額は増えて選手へのギャラも払えなくなり、2001年1月13日の大会をもって団体は活動を停止。同年4月、ECWは倒産しヘイマンも自己破産を申告。債務処理が開始され、6月25日付けで前述のように債権者の一人であったビンス・マクマホンがECWに関する一切の権利を買い取った。ECW フレッシュアイペディアより)

  • ペイトン・マニング

    ペイトン・マニングから見たブーイングブーイング

    2009年シーズン、前年から続けていたレギュラシーズンの連勝を23とし、NFL記録を更新した。この年、チームは開幕から14連勝し、ニューヨーク・ジェッツ戦ではマニングらは試合途中から下げられて温存、15-29で敗れた。ホームで行われたこの試合ではファンからブーイングも起きた。最終週のバッファロー・ビルズ戦でも途中からベンチに下がりチームは敗れ14勝2敗でシーズンを終えた。この年、史上初となる4度目のシーズンMVPに選ばれた。プレーオフではボルチモア・レイブンズではパス44回中30回成功、2TD、1INTで20-3と勝利、AFCチャンピオンシップゲームのニューヨーク・ジェッツ戦では後半に2本のTDパスを通すなど、パス39回中26回成功、377ヤードを投げて3TD、30-17で勝利、3年ぶり2度目のスーパーボウル出場を果たした。ニューオーリンズ・セインツとの第44回スーパーボウルで彼は第1Qに、スーパーボウルタイ記録となる96ヤードのタッチダウンドライブを決めた。その後逆転された後、ジョセフ・アダイのTDランで締めくくる76ヤードのTDドライブを演出し、17-13と逆転した。17-24とリードされた第4Q、敵陣31ヤードまでボールを進めたが、最後トレイシー・ポーターにインターセプトリターンTDを許し、17-31で敗れた。ペイトン・マニング フレッシュアイペディアより)

  • エーミィ・ダーマス

    エーミィ・ダーマスから見たブーイングブーイング

    その後はトリッシュの引退によりベビーターンしたミッキー・ジェームスと抗争を続けていたが、2006年11月26日Survivor Series 2006において引退。しかし、盛大に祝福されながら引退したトリッシュとは対称的に観客から大ブーイングされた挙句、クライム・タイムに下着を盗まれる等、いくらアングルとはいえあまりにも惨めな引退となってしまった。エーミィ・ダーマス フレッシュアイペディアより)

  • ミッキーのオーケストラ

    ミッキーのオーケストラから見たブーイングブーイング

    演奏が終わり、自分のプロデューサー生命もこれで終わりだと嘆くマカロニ氏。しかし客席から聞こえてきたのはブーイングなどではなく大声援。ミッキーたちの必死の演奏が客に認められたのだ。全力を出し尽くしヘナヘナ状態のミッキーを抱きかかえ、客の声援に応えるミッキーとマカロニ氏だった。ミッキーのオーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • AFCアジアカップ2004

    AFCアジアカップ2004から見たブーイングブーイング

    日本のグループステージから決勝までの数試合は、国歌演奏時や試合中で激しいブーイングや反日行為に晒された。そして、ジーコ監督も「国歌演奏のときにブーイングするのは納得がいかない」とマナーの悪さを批判した。特に、準々決勝のヨルダン戦では、日本の国歌演奏では観客の半数ほどは座ったままで、試合中は激しいブーイングが起き、PK戦では日本が外すと大歓声が起きた。また、日本の勝利が決まった瞬間、日本のサポーターが歓声を上げたところ、周りの観衆から紙コップなどのゴミが投げつけられ、罵声を浴びせた。終了後、警備員に囲まれて会場を後にした。尖閣諸島の領有権を主張する横断幕も掲げられ、観客のほとんどはヨルダンを応援した。また重慶市内の大学生の中国人男性は「小泉首相の靖国神社参拝など日本政府に不満があり、こんなに何万人もの人と一緒に不満を表せる機会はなく、とても楽しい」と話した。AFCアジアカップ2004 フレッシュアイペディアより)

  • マフムード・アフマディーネジャード

    マフムード・アフマディーネジャードから見たブーイングブーイング

    2007年9月 - ニューヨーク訪問の際にグラウンド・ゼロに訪れたいとの要望に対してアメリカ政府側は警備上の都合により見合わせてほしいと回答し実現しなかったが、コロンビア大学の講演は行うことができ、その際にイランには同性愛者はいないと発言し参加者の学生から失笑とブーイングをかった。アフマディーネジャードは普段は笑顔を見せることがあまりないがこの講演の際は笑顔を見せていた。マフムード・アフマディーネジャード フレッシュアイペディアより)

171件中 81 - 90件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード