219件中 81 - 90件表示
  • 2013年のアメリカンリーグワイルドカードゲーム

    2013年のアメリカンリーグワイルドカードゲームから見たブーイングブーイング

    サラザーはこの年の7月にデビューしたばかりの新人だが、10試合で奪三振率11.25と高い数値を記録し、この試合の先発に抜擢された。この試合でも、まずは立ち上がりの2イニングを続けて三者凡退に抑え、その間に2番ウィル・マイヤーズから4番エバン・ロンゴリアまで3者連続の空振り三振を奪う。3番ジェームズ・ローニーを空振り三振に仕留めたフォーシームは、コースこそ外角高めに外れていながら、球速は100mph(約160.9km/h)を計時していた。対するカッブも、最初の2イニングを無失点で終わらせる。その途中、1回裏の2番ニック・スウィッシャーの打席では、判定が覆る場面があった。2ボール2ストライクからの5球目、カッブは外角低めにツーシームを投じ、スウィッシャーがこの球に手を出した。これを三塁塁審グレッグ・ギブソンは、いったんファウルと判定した。しかしレイズ側の抗議を受けて審判団が協議した結果、ファウルチップでの三振に判定が変更された。場内はブーイングに包まれた。2013年のアメリカンリーグワイルドカードゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ミッキーのオーケストラ

    ミッキーのオーケストラから見たブーイングブーイング

    演奏が終わり、自分のプロデューサー生命もこれで終わりだと嘆くマカロニ氏。しかし客席から聞こえてきたのはブーイングなどではなく大声援。ミッキーたちの必死の演奏が客に認められたのだ。全力を出し尽くしヘナヘナ状態のミッキーを抱きかかえ、客の声援に応えるミッキーとマカロニ氏だった。ミッキーのオーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • 2001-2002シーズンのNBA

    2001-2002シーズンのNBAから見たブーイングブーイング

    ※MVPを受賞したコービー・ブライアントは地元フィラデルフィア出身であったにも関わらず、前季のファイナルでレイカーズが地元チーム76ersを破っているため、会場からブーイングを受けた。2001-2002シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1996年アトランタオリンピックの野球競技・キューバ代表

    1996年アトランタオリンピックの野球競技・キューバ代表から見たブーイングブーイング

    前大会より20以上も上回る総得点118点と圧倒的な打撃力を見せつけた。予選ラウンドの対アメリカ合衆国戦ではオマール・ルイスが初回先頭打者に死球を与えて場内ブーイングの嵐の中で試合が開始され、両チームが頭や顔面スレスレの投球を投げ合う応酬合戦が行われた。9本の本塁打が飛び交う激しい打ち合いの末に8-10でキューバが空中戦を制した。決勝戦の対日本戦では2回までに6点のリードを奪うも、6回に松中信彦の5号満塁本塁打で追い付かれる展開となったが、最終的には13-9で打撃戦を制した。1992年バルセロナに続き、2大会連続の9試合全勝で金メダルを獲得した。1996年アトランタオリンピックの野球競技・キューバ代表 フレッシュアイペディアより)

  • アル・ダウニング

    アル・ダウニングから見たブーイングブーイング

    4月8日、アトランタ・フルトン・カウンティ・スタジアムで行われた対アトランタ・ブレーブス戦に先発。4日前の試合でベーブ・ルースに並ぶ通算714号本塁打を打ったブレーブスの4番ハンク・アーロンと対戦することになった。2回裏の第1打席は四球で歩かせ、53,775人の大観衆からブーイングを浴びた。ノーアウト1塁で迎えた4回裏の第2打席に、メジャー新記録となる715号本塁打を打たれた。アル・ダウニング フレッシュアイペディアより)

  • リック・マーテル

    リック・マーテルから見たブーイングブーイング

    全盛時の1980年代は甘いマスクの二枚目ベビーフェイスとして黄色い声援を集め、円熟期に入った1990年代はルックスの良さを鼻にかけたナルシシスト系ヒールに転じて観客のブーイングを煽るなど、善悪両方のポジションで活躍した。リック・マーテル フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たブーイングブーイング

    2009年7月20日、DREAM.10でビトー・"シャオリン"・ヒベイロと対戦。シャオリンとの対戦が決定した際に「(柔術世界王者シャオリン相手に)思いっきり寝技で勝負します!」と宣言していたにもかかわらず、試合では寝技を避けて終始スタンドでのミドルキックや膝蹴りで攻勢となり、判定勝ち。試合後のリング上で「いやー、ムエタイって面白いでしょ?」(友人である藤原あらしの発言のオマージュ)と発言すると、会場からブーイングが起こった。また、試合後の会見では「最初から“判定上等!”でした」と発言した。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • スタンディングオベーション

    スタンディングオベーションから見たブーイングブーイング

    スタンディングオベーション()は、演奏会やスポーツなど人が集まるイベントなどで、観客が立ち上がって拍手を送ることである。素晴らしい演奏や演技、プレーに感動した観客による最大限の賛辞である。昔日本語では満場総立ちと表現することがあった。逆に非難する場合は、ブーイングが用いられる。スタンディングオベーション フレッシュアイペディアより)

  • 変化 (相撲)

    変化 (相撲)から見たブーイングブーイング

    大相撲ではがっぷりと真っ直ぐ相手にぶつかるか、四つに組みに行くのを良しとする考えが一般的である。そのため、変化によって白星を挙げても評価されず、批判の対象となる場合がある。特に、横綱や大関が下位力士に対してこれを行ったり、大一番で行うと会場から野次やブーイングを受ける。下位力士の場合、一発勝負として使われることもあるが、これも繰り返された場合、「強くなりたいのならばやっては駄目」と識者から批判される。何より多用すると通用しなくなる上に飛び跳ねることで怪我のリスクが増えるため、大局的に見て合理的な手段とは言えないという認識もある。変化 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • ドニー・ムーア

    ドニー・ムーアから見たブーイングブーイング

    ファンから戦犯扱いを受け、は登板の度にブーイングを浴び、また故障もあって不調に陥り14試合の登板に終わる。1月22日にフリーエージェントとなるが、2月9日に再契約。しかし8月7日の登板を最後に、8月26日にエンゼルスを解雇された。ドニー・ムーア フレッシュアイペディアより)

219件中 81 - 90件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード