33件中 11 - 20件表示
  • ブーイング

    ブーイングから見た座布団の舞

    大相撲では、横綱が平幕力士に敗退した際に観客席で“座布団の舞”が起きるが、これは金星力士への賞賛とも横綱へのブーイングともとれる。ブーイング フレッシュアイペディアより)

  • ブーイング

    ブーイングから見たテレビ放送

    普通、舞台やグラウンドにいる出演者や選手などに向って「ブー」などと唸ることを指す。また、現在では、周りから一斉に非難を浴びることを「ブーイングを浴びる」、「ブーイングの嵐を浴びる」と言うことがある。テレビ放送のバラエティ番組では観客が「えー」と言い不満感を表すことさえも「ブーイング」とされることも多い。ブーイングとは逆に、賞賛を表す行為は、立ち上がって拍手をする、スタンディングオベーションである。ブーイング フレッシュアイペディアより)

  • ブーイング

    ブーイングから見たヒール (プロレス)

    選手や審判、プレーに対して行われる。「ブー」と唸るだけでなく、指笛を鳴らしたり(アメリカでは賞賛だがヨーロッパでは野次に相当)、手の親指を立てて逆さまにすることもある(サムズアップに対するサムズダウン)。サッカーや野球などではよく見られるが、肯定派と否定派で善悪の意見が分かれている。また、一部のサッカーや野球のファンサイトでは、相手に威圧感を与える行為として、肯定・紹介しているところもある。特にサッカーのゲームでは、世界中のほぼ全てのチームにおいてサポーターの一部がブーイング行為をしているのが見受けられる。また、プロレス試合においては、悪役(ヒールもしくはルード)に対してブーイングを送ることがヒールに対する賛辞となっており、プロレス特有の特殊事例と言える。ただし、ベビーフェイス(善玉)へのブーイングは通常のブーイングと同じ意味である。また、つまらない試合には“boring”(つまらない、退屈)チャントが発生する場合がある。ブーイング フレッシュアイペディアより)

  • ブーイング

    ブーイングから見た保守

    特にカーテンコールの際に、個別に登場してくる歌手、指揮者、演出家に対して行われることが多い。アリアなどの直後に行われることもある。余程ひどい演奏をしない限りは歌手や指揮者がブーイングを受けることはあまりないが、保守的な観客が多いと、特に演出が斬新な場合に、演出家がブーイングを受けることがよくある。あまりのブーイングに、上演が中止になったり、公演が打ち切りになったりした例もある。日本ではブーイングはあまり見られない。ブーイング フレッシュアイペディアより)

  • ブーイング

    ブーイングから見たサッカー

    選手や審判、プレーに対して行われる。「ブー」と唸るだけでなく、指笛を鳴らしたり(アメリカでは賞賛だがヨーロッパでは野次に相当)、手の親指を立てて逆さまにすることもある(サムズアップに対するサムズダウン)。サッカーや野球などではよく見られるが、肯定派と否定派で善悪の意見が分かれている。また、一部のサッカーや野球のファンサイトでは、相手に威圧感を与える行為として、肯定・紹介しているところもある。特にサッカーのゲームでは、世界中のほぼ全てのチームにおいてサポーターの一部がブーイング行為をしているのが見受けられる。また、プロレス試合においては、悪役(ヒールもしくはルード)に対してブーイングを送ることがヒールに対する賛辞となっており、プロレス特有の特殊事例と言える。ただし、ベビーフェイス(善玉)へのブーイングは通常のブーイングと同じ意味である。また、つまらない試合には“boring”(つまらない、退屈)チャントが発生する場合がある。ブーイング フレッシュアイペディアより)

  • ブーイング

    ブーイングから見たスタンディングオベーション

    普通、舞台やグラウンドにいる出演者や選手などに向って「ブー」などと唸ることを指す。また、現在では、周りから一斉に非難を浴びることを「ブーイングを浴びる」、「ブーイングの嵐を浴びる」と言うことがある。テレビ放送のバラエティ番組では観客が「えー」と言い不満感を表すことさえも「ブーイング」とされることも多い。ブーイングとは逆に、賞賛を表す行為は、立ち上がって拍手をする、スタンディングオベーションである。ブーイング フレッシュアイペディアより)

  • ブーイング

    ブーイングから見た観客

    ブーイング(booing)とは、観客が出演者や選手などに対して不満や怒り、非難を表すために行われる行為である。日本語の「野次(やじ)」もこれに近いが、こちらはむしろ言葉をもって行われる。ブーイング フレッシュアイペディアより)

  • ブーイング

    ブーイングから見た親指

    選手や審判、プレーに対して行われる。「ブー」と唸るだけでなく、指笛を鳴らしたり(アメリカでは賞賛だがヨーロッパでは野次に相当)、手の親指を立てて逆さまにすることもある(サムズアップに対するサムズダウン)。サッカーや野球などではよく見られるが、肯定派と否定派で善悪の意見が分かれている。また、一部のサッカーや野球のファンサイトでは、相手に威圧感を与える行為として、肯定・紹介しているところもある。特にサッカーのゲームでは、世界中のほぼ全てのチームにおいてサポーターの一部がブーイング行為をしているのが見受けられる。また、プロレス試合においては、悪役(ヒールもしくはルード)に対してブーイングを送ることがヒールに対する賛辞となっており、プロレス特有の特殊事例と言える。ただし、ベビーフェイス(善玉)へのブーイングは通常のブーイングと同じ意味である。また、つまらない試合には“boring”(つまらない、退屈)チャントが発生する場合がある。ブーイング フレッシュアイペディアより)

  • ブーイング

    ブーイングから見た横綱

    大相撲では、横綱が平幕力士に敗退した際に観客席で“座布団の舞”が起きるが、これは金星力士への賞賛とも横綱へのブーイングともとれる。ブーイング フレッシュアイペディアより)

  • ブーイング

    ブーイングから見た演奏

    特にカーテンコールの際に、個別に登場してくる歌手、指揮者、演出家に対して行われることが多い。アリアなどの直後に行われることもある。余程ひどい演奏をしない限りは歌手や指揮者がブーイングを受けることはあまりないが、保守的な観客が多いと、特に演出が斬新な場合に、演出家がブーイングを受けることがよくある。あまりのブーイングに、上演が中止になったり、公演が打ち切りになったりした例もある。日本ではブーイングはあまり見られない。ブーイング フレッシュアイペディアより)

33件中 11 - 20件表示

「政治のヤジ」のニューストピックワード