116件中 11 - 20件表示
  • 印紙犯罪処罰法

    印紙犯罪処罰法から見た日本政府日本の政治

    印紙犯罪処罰法(いんしはんざいしょばつほう、明治42年4月28日法律第39号)は、日本政府の発行する印紙を偽造・変造する行為等を処罰する日本の法律。印紙犯罪処罰法 フレッシュアイペディアより)

  • 特定都市鉄道整備促進特別措置法

    特定都市鉄道整備促進特別措置法から見た日本政府日本の政治

    また、1960年代初頭以来大手民鉄の運賃制度にはレートベース方式が採用され、将来の事業資産増加を収益率に織り込む形で投資的経費を賄うこととなっていた。しかし、実際の運用は恣意性に左右され、世論の反発、及びそれを恐れた与野党全般の消極姿勢などによって、適切な時期に適切な率での値上げが認められず(なお、当時運賃改定は運輸省の許認可事項であった)、鉄道事業者各社は改定初年から翌年は鉄道事業の収益が黒字となるものの、年数を経過すると物騰に付いて行けず、すぐに赤字となる浮沈が繰り返された。結局鉄道事業者は輸送力増強の投資に慎重にならざるを得なくなり、投資は停滞した。一方、政府は1970年代以降、国鉄問題の処置に多くの人的資源と資金を投じており、また、オイルショック以後は低成長、第二次オイルショック以降プラザ合意の頃までは緊縮財政に舵を切っていたため、助成拡大の余地に乏しかった。特定都市鉄道整備促進特別措置法 フレッシュアイペディアより)

  • 一坂俊太郎

    一坂俊太郎から見た日本政府日本の政治

    1874年に初代徳島市長である井上高格らと共に自由民権運動を訴える「自助社」を結成。しかし自助社が出版した「通諭書」は過激な言葉で日本政府を批判していた為、俊太郎らは政府に捕らわれてしまう。一坂俊太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 政党優位論

    政党優位論から見た日本の政治日本の政治

    政党優位論(せいとうゆういろん)は、特に日本の戦後政治について、官僚よりも政党(与党)の方が政策決定で優位に影響力を行使しているとする、政治学および行政学における説明モデルのこと。主な論者は行政学者の村松岐夫。対義語は官僚優位論。政党優位論 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄人連盟

    沖縄人連盟から見た日本政府日本の政治

    発案者松本三益は、敗戦後直ぐ比嘉春潮や大濱信泉などに呼びかけ協力を得て、連盟発足の準備を進めた。1945年(昭和20年)12月9日、伊波普猷、大濱信泉、比屋根安定、比嘉春潮、永丘智太郎らが発起人代表となって結成され、翌年1946年(昭和21年)2月24日には結成大会が開かれ、会長に伊波普猷が選出された。その後連盟は、GHQや日本政府に対し、沖縄県出身者の救済を要望する交渉を次々と行った。沖縄人連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 雨宮淳

    雨宮淳から見た日本政府日本の政治

    日本政府は逝去した2月8日付にて雨宮淳を従四位に叙し、旭日中綬章を授けた。雨宮淳 フレッシュアイペディアより)

  • 沖村

    沖村から見た日本の政治日本の政治

    沖村 (東京都) - 東京都の小笠原支庁管内に存在した村。サンフランシスコ講和条約により日本国政府の行政から分離されて廃止。本土復帰後に小笠原村となる。沖村 フレッシュアイペディアより)

  • 風屋ダム

    風屋ダムから見た日本の政治日本の政治

    豊富な水量が流れる熊野川は水力発電の適地として古くから開発が計画されてきたが、開発に必要な道路の敷設を阻む急峻な地形や、流域が奈良県・三重県・和歌山県という3県をまたぐ関係で水利権の取得や補償の手続きが困難で、さらに日本国指定名勝・天然記念物の瀞八丁を初めとする豊かな自然環境を保護しなければならない、といった課題を抱えており、長らく実現を見なかった。そんな中、戦後の電力不足を重く見た日本政府は、1952年(昭和27年)の第3回電源開発調整審議会(電調審)で熊野川の開発を電源開発にあたらせることとした。先にアメリカ合衆国海外技術調査団 (OCI) が実施した調査を踏まえ、予備調査を実施し、1954年(昭和29年)7月の第15回電調審で熊野川全体開発計画が決定。候補10地点のうち十津川第一・第二発電所を含む4発電所(他は尾鷲第一・第二発電所)が着工準備地点に指定された。その後、本格的な調査に入り、水利権・補償問題の解決をみて、1956年(昭和31年)12月の第21回電調審で着工が正式に決定した。風屋ダム フレッシュアイペディアより)

  • 地主補償問題

    地主補償問題から見た日本政府日本の政治

    戦後の農地改革に対する地主達の反発は根強く、中には旧小作地や小作料の没収を図るために場合によっては非合法手段を図った者もあったが、その多くが農地委員会への異議申し立てや行政訴訟などに訴えた。特に農地改革は日本国憲法第29条第3項の「公共のため」に当たらず、また買収価格が当時の地主採算価格でなされたとは言え、同時期に発生していたインフレーションの水準を考えれば、実態としては非常に低い価格であるとして違憲訴訟を起こした地主の例もあった。だが、GHQによる占領終了後の1953年12月23日に出された最高裁判所の判決で農地改革が合憲であるとの判断が出されたことから、日本政府並びに農林省に対して補償を求める動きが旧地主らの間で高まった。地主補償問題 フレッシュアイペディアより)

  • 松田隆作

    松田隆作から見た日本政府日本の政治

    1980年 「現代いけばな美術館1980」展にフラワーデザイン界より唯一人出品。 1983年 コンテンポラリーアート界のギャラリーにて個展。以降、個展を多数開催。1997年 フラワーパフォーマンス「East meets West」に出演。1988年 日本ディスプレイデザイン賞で優秀賞を受賞。 1990年 「EXPO90 花の万博」(大阪)にて日本政府苑の植物展示アートディレクターを務める。松田隆作 フレッシュアイペディアより)

116件中 11 - 20件表示

「政治の話題」のニューストピックワード