116件中 31 - 40件表示
  • 硫黄島村

    硫黄島村から見た日本の政治日本の政治

    1952年(昭和27年)4月28日 - サンフランシスコ講和条約により日本国政府の行政から分離され、硫黄島村廃止。アメリカ合衆国の信託統治領となり、引き続きアメリカ合衆国軍管理下に置かれる。これに伴い、各村役場は廃止され、役場の一般事務は東京都総務局行政部地方課分室で行われる。硫黄島村 フレッシュアイペディアより)

  • 白鳥浩

    白鳥浩から見た日本政治日本の政治

    シュタイン・ロッカンの理論を基に日本政治、欧州統合の研究を行う。白鳥浩 フレッシュアイペディアより)

  • 歳計現金

    歳計現金から見た日本の政治日本の政治

    歳計現金(さいけいげんきん)は、または地方公共団体の歳入・歳出に属する現金のことである。歳計現金 フレッシュアイペディアより)

  • 中核都市

    中核都市から見た日本政府日本の政治

    中核都市(ちゅうかくとし)とは都市圏または生活圏の核となる機能を備えた都市、あるいは、地方自治体の行政区域内にある業務地区のことである。なお、都市の規模に関係なく行政用語として使われることが多く、日本政府が定める中核市と同義語ではない。中核都市 フレッシュアイペディアより)

  • あわら市立金津中学校

    あわら市立金津中学校から見た日本政府日本の政治

    現校舎は、現在の建築基準法が制定される前に建設された校舎である。日本政府と文部科学省が2007年(平成19年)に行った調査で、大規模な地震により倒壊の危険性の高い公立小中学校に耐震化工事を勧告した。これを受けあわら市は地震防災対策特別措置法で義務づけられた耐震診断を実施。その結果あわら市にある2校の中学校は、どちらも倒壊の危険性が高いと診断された。しかし2校をどちらも耐震化させるには、莫大な費用が必要とされた。そのため、同市内のあわら市立芦原中学校と統合しようという案が出された。統合の是非は同年に行われたあわら市市長選挙に持ち越され、その結果統合推進派は落選し、2校は統合されずに終わった。そのため、2010年(平成22年)から2011年(平成23年)にかけて校舎および体育館の改修耐震工事が成された。あわら市立金津中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 516部隊

    516部隊から見た日本政府日本の政治

    516部隊関連のものに限らず、日本軍の生産した化学兵器が、敗戦直後に中国領内に遺棄されたのではないかといわれる。日本政府の主張では、その多くが集められたハルバ嶺には30?40万発の化学砲弾・化学剤容器などが埋没されたほか、中国各地にも存在するとみられ、ハルバ嶺以外では2007年2月までに3万7千発が日本の事業で回収された。中国政府は、1990年に日本政府に対して、遺棄化学兵器の処理を非公式に打診した。日本政府は、1991年から現地調査などを進め、1995年の化学兵器禁止条約批准の後には、同条約の規定に基づいて残存する化学兵器の処理を進めている。516部隊 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐美志都

    宇佐美志都から見た日本政府日本の政治

    経済産業省の省案内の表紙揮毫(2002?2007)、(社)日本木造住宅産業協会機関紙表紙揮毫・文字学連載(2003?現在)。2011年に開催されたCOP10(生物多様性条約締結会議)では、日本政府の提言書の表紙揮毫や、NY国連総会での作品「歌」披露など、国際的な役割も果たす。国連事務局長との対談も行う。在英時には英国初の、「ジャパン祭」では、重要無形文化財・新内節浄瑠璃保持者の鶴賀若狭掾と共演し、「いろは唄」揮毫。英国大使館や英国企業との繋がりも深い。宇佐美志都 フレッシュアイペディアより)

  • 浜島町南張

    浜島町南張から見た日本政府日本の政治

    明治時代以降、浜島村・浜島町を経て、志摩市に至るまで大字として存続している。浜島町の各大字では両墓制をとっていたが、南張は単墓制だった。1926年(昭和元年)に日本政府の支援の下で奥山池が完成、1918年(大正7年)から新しい農業の開拓に挑んでいた園芸同志会は、1931年(昭和6年)にアールスフェボリット(マスクメロンの代表品種)の生産を開始した。メロン栽培の取り組みは成功し、現在では南張メロンとしてブランドが確立している。また、1948年(昭和23年)より酪農が始まり、1968年(昭和43年)には南張酪農組合が組織された。1980年代に開館した「国民年金保養センターはまじま」は2005年(平成17年)1月10日をもって閉館した。浜島町南張 フレッシュアイペディアより)

  • 丸紅飯田

    丸紅飯田から見た日本政府日本の政治

    日本政府は戦後の諸外国との貿易を伸展させるためには、貿易商社の強化を図る必要があるとして、1952年(昭和27年)に商社強化策を打ち出した。この国策の流れに乗る形で1949年(昭和24年)12月1日、旧丸紅商店、大同貿易、岸本商店の商権、資産、そして社員を母体として設立された国内総合商社、丸紅株式会社が、1955年(昭和30年)9月1日に、当時大豆の相場下落で損を抱えて苦しんでいた中堅商社の高島屋飯田株式会社(現在の高島屋の母体企業)と合併して、丸紅飯田株式会社(Marubeni-Iida Co., Ltd.)とした。丸紅飯田 フレッシュアイペディアより)

  • 大東島紙幣

    大東島紙幣から見た日本政府日本の政治

    島を支配していた玉置商店が発行していた引換券は1銭から10円までの6種類であった。そのうえ島内では日本政府発行の硬貨や日本銀行券は一切流通していなかったため、島内の子供も日本の正式な通貨だと思い込んでいたという。玉置商会からすれば島の住民に支払うべき現金を用意する必要が無く、その資金を運用することで大きな利益を上げていたという。大東島紙幣 フレッシュアイペディアより)

116件中 31 - 40件表示

「政治の話題」のニューストピックワード