116件中 41 - 50件表示
  • 経済新人会

    経済新人会から見た日本政府日本の政治

    2002年の三田祭講演会では、李登輝元台湾総統による講演会の開催を予定していたが、当時総合政策学部長であった小島朋之が、「自分と国分良成(ともに中国政治学者)の面子が失われる」と来日再考を李登輝氏に要請、同時に黒田昌裕慶應義塾常任理事が学生らに企画の撤回を要求したが、経済新人会側はこれを断固拒否した。その後、三田祭全体を管轄する学生組織の三田祭実行委員会が会場となる西校舎ホールの貸し出しを不許可とした。これらの動きを受けて日本政府から来日のビザが発行されず、直前で中止となった。経済新人会 フレッシュアイペディアより)

  • 海上公安局

    海上公安局から見た日本政府日本の政治

    運輸省の外局で非軍事組織である海上保安庁の組織・装備及び人員を、総理府の外局で国防組織である保安庁へ移管の上「海上公安局」として設置させるという政府の方針の下、実際にそのための法律(海上公安局法など)も成立し1952年(昭和27年)7月31日に公布された。海上公安局 フレッシュアイペディアより)

  • 大嶽秀夫

    大嶽秀夫から見た日本政治日本の政治

    大嶽 秀夫 (おおたけ ひでお、1943年10月28日 - )は、日本の政治学者(博士 (法学))。専攻は、政治過程論、日本政治。東北大学名誉教授、京都大学名誉教授。大嶽秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • ノンフィクション劇場

    ノンフィクション劇場から見た日本の政治日本の政治

    大島渚演出、ナレーションは小松方正。国籍の違いから日本政府から補償を得られることができない、元朝鮮人日本兵の傷痍軍人たち(彼らは街頭募金で生計を立てている)にスポットを当て、太平洋戦争犠牲者に対するヒューマニズムの復活を訴えた作品。「日本人よ、これでいいのだろうか」というメッセージによって締めくくられる。記念すべき第1回ギャラクシー賞受賞作。なお作品中には、傷痍軍人たちと押し問答する、当時の内閣総理大臣・池田勇人の秘書官だった伊藤昌哉(後の政治評論家)や、すでに政界を引退していた元首相・吉田茂も登場するが、この作品では説明こそないものの、吉田を「“忘れられた皇軍”たちをないがしろにした無責任且つ冷酷な人物」にとらえさせるような映像構成に仕上がっている。ちなみにこの20年後の1983年に公開された大島の監督作『戦場のメリークリスマス』にも、ジョニー大倉扮する朝鮮人日本兵に対する不当な扱いが描かれているほか、大島自身同作品と興行面で争っていた『小説吉田学校』を駄作呼ばわりし、監督の森谷司郎や主演の森繁久彌を激怒させている。ノンフィクション劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 投票行動

    投票行動から見た日本の政治日本の政治

    バッファー・プレイヤーとは、戦後の日本政治において、自民党の政権担当能力を信頼し自民党政権を支持しているが、政局は与野党伯仲が望ましいと考え、自民党を大勝させないが政権から転落しないように投票を行う有権者(またはその投票行動)のことである。投票行動 フレッシュアイペディアより)

  • 歌田勝弘

    歌田勝弘から見た日本の政治日本の政治

    富国生命社外取締役、東日本旅客鉄道取締役の他、経団連副会長他の要職を務め、1993年には「日本インベスター・リレーションズ (IR) 協議会」を設立し会長に就任。また世界に遅れた日本のバイオサイエンス、バイオビジネスの振興・推進に尽力し1995年、「バイオインダストリー協会」設立で理事長、のち最高顧問となって、1999年に製薬、食品、情報通信など50社以上の企業トップが集まり結成された「日本バイオ産業人会議」の発足に尽力し世話人代表となった。これらは2002年、政府の「バイオテクノロジー戦略会議」(小泉純一郎議長)に発展し、現在"バイオ産業立国"実現を目指した国家プロジェクトの一つとなっている。歌田勝弘 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマト・イチハシ

    ヤマト・イチハシから見た日本政治日本の政治

    1913年、スタンフォード大学で日本史、日本政治、国際関係、日系アメリカ人についての講義を始めるヤマト・イチハシ フレッシュアイペディアより)

  • 1967年の日本の女性史

    1967年の日本の女性史から見た日本の政治日本の政治

    3月25日 日本政府、太平洋戦争の沖縄戦で看護婦として動員され玉砕したひめゆり部隊などの女子学生88人に勲8等宝冠章を叙勲。11月26日 特攻隊員にも1967年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 簡易保険

    簡易保険から見た日本の政治日本の政治

    2007年10月1日に実施された郵政民営化以前に、日本政府・日本郵政公社が行っていた生命保険事業のことである。正式名称は「簡易生命保険」であり、通称「簡保(かんぽ)」。民営化前には「Kampo」とローマ字表記することも多かった。簡易生命保険法によって規定されていた。簡易保険 フレッシュアイペディアより)

  • 窪田志一

    窪田志一から見た日本の政治日本の政治

    以降、政府から命を狙われるようになったと主張し、国政選挙に打って出るようになる。窪田志一 フレッシュアイペディアより)

116件中 41 - 50件表示

「政治の話題」のニューストピックワード