88件中 41 - 50件表示
  • 内田樹

    内田樹から見た日本の政治日本の政治

    教育行政について、政治や政治家は教育に関わるべきではないとする立場をとっている。学校教育という制度が、非常に惰性の強い制度であって、急激な変更はなじまないと考えている。つまり、政治家が替わるごとに教育に急激な変化が起こるのは、決して良いものではないという考えである。たとえば、大阪市長特別顧問に就任した際の記者会見において、平松市長に対してこう述べている。「私が市長にお願いしたいことが一つあります。一つだけです。それは地方自治体の首長は教育行政に関与して欲しくないということです」。この“政治が教育行政に関わりすぎるべきではない”という点において、大阪維新の会の教育政策には批判的である。内田樹 フレッシュアイペディアより)

  • 1967年の日本の女性史

    1967年の日本の女性史から見た日本の政治日本の政治

    3月25日 日本政府、太平洋戦争の沖縄戦で看護婦として動員され玉砕したひめゆり部隊などの女子学生88人に勲8等宝冠章を叙勲。11月26日 特攻隊員にも。1967年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健 (アナウンサー)

    清水健 (アナウンサー)から見た日本の政治日本の政治

    読売テレビからの退社に際しては、噂された政界への転身を否定。退社後は、育児と並行しながら、清水健基金を通じての支援・講演活動を続けている。その一方で、活動の一環として、在阪他局が制作する番組へゲストで出演することもある。清水健 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • 風屋ダム

    風屋ダムから見た日本の政治日本の政治

    豊富な水量が流れる熊野川は水力発電の適地として古くから開発が計画されてきたが、開発に必要な道路の敷設を阻む急峻な地形や、流域が奈良県・三重県・和歌山県という3県をまたぐ関係で水利権の取得や補償の手続きが困難で、さらに日本国指定名勝・天然記念物の瀞八丁を初めとする豊かな自然環境を保護しなければならない、といった課題を抱えており、長らく実現を見なかった。そんな中、戦後の電力不足を重く見た日本政府は、1952年(昭和27年)の第3回電源開発調整審議会(電調審)で熊野川の開発を電源開発にあたらせることとした。先にアメリカ合衆国海外技術調査団 (OCI) が実施した調査を踏まえ、予備調査を実施し、1954年(昭和29年)7月の第15回電調審で熊野川全体開発計画が決定。候補10地点のうち十津川第一・第二発電所を含む4発電所(他は尾鷲第一・第二発電所)が着工準備地点に指定された。その後、本格的な調査に入り、水利権・補償問題の解決をみて、1956年(昭和31年)12月の第21回電調審で着工が正式に決定した。風屋ダム フレッシュアイペディアより)

  • 民主旋風

    民主旋風から見た日本の政治日本の政治

    地方選挙6連勝を受けて行った衆院選で、年金記録問題や道路特定財源制度などの政治課題を始め、1年で首相が投げ出し辞任をする自民党への批判を争点に掲げるなか、比例区では政党名の獲得票が2984万4799票と日本の選挙史上で過去最高を記録し、選挙区では大量の共産空白区による共産票吸収という与党批判票を集めて圧勝し、日本政治史初の本格的な政権交代を実現した。民主旋風 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た日本の政治日本の政治

    1980年のモスクワオリンピックの出場権は、前大会優勝国として既に獲得していた。選手強化も順調に進み、1979年のプレオリンピックでも優勝したことで五輪連覇できる可能性はかなり高いと言われていた。しかし同年開催国のソ連がアフガニスタンに侵攻し、これに対する対抗措置としてアメリカ政府が提案したオリンピックボイコットに日本政府が同調したため不参加となった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • 日中関係史

    日中関係史から見た日本の政治日本の政治

    1941年の太平洋戦争の開始直後から中国大陸では国共内戦が本格的に再開されたが、最終的に中国共産党傘下の人民解放軍が勝利し、1949年10月に毛沢東が中華人民共和国の建国を宣言した。一方、蒋介石のグループは台湾に中華民国政府を移す。朝鮮戦争により険悪化した米中関係の影響で、日本国政府は1951年の対日講和に際して中華民国との平和条約を決断し、日中戦争の終結が決まり日本に対する戦争賠償の請求も放棄された。米国の介入もあり、中台両岸関係は台湾海峡を挟んで軍事的に緊張した状態が続くことになる。日本の政治は自由民主党と日本社会党による55年体制によって保守化していく。1956年、フルシチョフの対米平和共存路線で中ソ対立が沸き起こる。大躍進政策に失敗した毛沢東は失脚して、実権派の劉少奇に権力が委譲された中共とは政経分離の積み上げ方式で経済交流が行われることになったが、1958年の長崎国旗事件で一時的に交流が断絶する。日中関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 国会議事堂

    国会議事堂から見た日本の政治日本の政治

    第二次世界大戦後に日本国憲法が制定され、帝国議会にかわる国会が国権の最高機関と位置付けられると、国会議事堂はその権威を象徴する施設となった。昭和30年代に入り、周辺の国有地が衆議院および参議院へ移管されるとともに、パレスハイツ(現・最高裁判所庁舎)・ジェファーソンハイツ(現・衆議院議長公邸および参議院議長公邸)・リンカーンセンター(現・国土交通省庁舎)等の米軍接収地も返還が決まったため、首都高速道路の整備と合わせて、国会議事堂の敷地拡張および周辺の区画整理が行われた。現在の議事堂周辺には衆参両院の議員会館や政党関係の施設が立ち並び、日本の政治の中枢となっている。国会議事堂 フレッシュアイペディアより)

  • 革新政党

    革新政党から見た日本の政治日本の政治

    日本の政治体制においては、政治・経済システムへの社会主義的要素を導入する政治勢力(旧日本社会党→社会民主党・新社会党、日本共産党、沖縄社会大衆党など)をはじめとするリベラル勢力に対して用いられる。ただし、冷戦終結及び55年体制の崩壊、自社さ体制の成立および当時の社会党党首にして内閣総理大臣の村山富市による自衛隊および日米安保の容認などによって、それまでの伝統的な「保守対革新」という政治構図が崩壊したことに伴い、沖縄県以外では使用頻度は低下している。革新政党 フレッシュアイペディアより)

  • 第40回衆議院議員総選挙

    第40回衆議院議員総選挙から見た日本の政治日本の政治

    この選挙において、日本新党から野田佳彦、前原誠司、枝野幸男など後の民主党政権で入閣する議員や小池百合子、河村たかしなど知事や政令指定都市の市長のほか、自民党から安倍晋三、岸田文雄、共産党から志位和夫、穀田恵二、公明党から太田昭宏ほか、田中真紀子、高市早苗(以上無所属)などが初当選しており、与野党問わず後の日本の政治に影響を与えるキーパーソンとなる人物が多く当選している。第40回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

88件中 41 - 50件表示

「政治の話題」のニューストピックワード