208件中 21 - 30件表示
  • 日本の政治

    日本の政治から見た最高裁判所裁判官国民審査

    また、憲法は、裁判所に違憲立法審査権を付与している(日本国憲法第81条)。裁判所は、法律をはじめとする国の法令や行政行為について、それが憲法に適合しているか否か宣言することができる。この権限は、国家の行為の適否について、終局的に判断する権限であることから、最も強い権限のはずである。このような体制を指して、司法国家と言われる。しかし、裁判所はいわゆる司法消極主義に立つとされ、国会や内閣(いわゆる政治部門)の判断に対し、異議を差し挟むことには謙抑的である。特に、高度の政治性を有する国家行為に対する合憲性の審査は裁判所の権限外とする「統治行為論」を採用した場合、裁判所はただ時の政権に追従するのみになってしまうとの批判がある。なお、司法に主権者たる国民の意見を反映させる機会としては、最高裁判所裁判官に対する「国民審査」制度や刑事裁判における「裁判員」制度などがある。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た家庭裁判所

    下級裁判所(高等裁判所・地方裁判所・家庭裁判所・簡易裁判所)の裁判官は、最高裁判所の指名した者の名簿により、内閣が任命する。下級裁判所の裁判官は、任期を10年とし、再任されることができる。下級裁判所の裁判官の定年は65歳(簡易裁判所裁判官は70歳)である。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た憲法改正

    今日、日本の国是といわれる平和主義であるが、戦後以来その解釈をめぐっては大きな議論を巻き起こしてきた(日本国憲法および憲法改正、立憲主義、平和主義の項参照)。とりわけ、地政学的条件において極東の情勢不安が指摘される中で、日本は戦後以来一貫して日米同盟を堅持し、事実上アメリカの覇権主義と核の傘の下で平和を維持してきた。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た東南アジア諸国連合

    経済大国としては、日本は主要国首脳会議 (G8) およびアジア太平洋経済協力 (APEC) の参加国である他、ASEANとの間では、ASEAN+3として関係を発展させている上に、東アジアサミットにも参加している。国際援助および開発支援の場でも日本は大きな貢献者であり、2004年には、同年の国民総所得の0.19%を援助金に充てた。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た排他的経済水域

    日本は極東の島国として、食糧及び原材料の自給率の低い少資源国である。したがって、交易による資源確保のために諸外国と友好関係を築く必要がある。しかし古くから日本との領土問題を抱えるロシアとの緊張関係があり、最近は海洋権益を求め日本と排他的経済水域をめぐって緊張関係が高まる中華人民共和国(中国)との関係も微妙となっており、核兵器を開発して地域不安をもたらしている朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)とは事実上の敵対関係にあるなど、必ずしも安定したとはいえない情勢にある。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た二世議員

    日本は二世議員が多いことも確かであり、父母の政治的地盤を継承により、事実上の世襲による風潮には批判的な声も多い。一方で個人のレベルでは父ないし近親の政治家の姿を幼い頃から見て育っているため、政治的感覚や政策への知識に優れ、一概に悪いとは言えない。むしろ、二世輩出を主として許容する政治家の登用体制に問題があり、二世であるかないかを問わず、個人としての資質を評価すべきという意見もある。近年はそうした世情を反映してか、与野党ともに一般に公募を行っている政党も多い。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た官僚

    憲法上は国会を「国権の最高機関」と定め、「国の唯一の立法機関」とすることから、付与される政治上の権力は国会が最も大きい(日本国憲法第41条)。もっとも、憲法は、内閣総理大臣に内閣を代表して議案(内閣提出法案)を提出する権限を付与しており(日本国憲法第72条)、国会で成立する法案の大半は内閣提出法案となっている。そのため、実質的には内閣の権限が国会に優越するほど大きく、内閣の下に置かれる行政機関の影響力も非常に大きい(いわゆる行政国家現象の顕在化)。さらに、行政機関の内部では、資格任用制により採用される幹部職員、いわゆる官僚(キャリア公務員)が、政治任用される幹部職(大臣・副大臣・大臣政務官の政務三役)をしのぐ影響力を持っているため、官僚国家であるとも言われる。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た自衛隊

    日本国憲法は、日本が武力を以て、他国との間で戦闘を交えることを禁じている。一方で、日本には、陸海空から成る自衛隊が組織されており、2003年から2009年にかけて、自衛隊がイラクへ派遣された。これは、第二次世界大戦以降では、日本が初めて海外に武装組織を派遣した瞬間だった。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た腐敗認識指数

    ドイツのNGOトランスペアレンシー・インターナショナルによれば、2009年の腐敗認識指数は17位であり、主要国首脳会議加盟国の中ではカナダ、ドイツに次いで、イギリスと同順位の3番目となっている。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た連立政権

    戦後10年間は小党が分立する状態が続いたが、1955年(昭和30年)に日本社会党の右派と左派が統一し、日本民主党と自由党が合同(保守合同)して自由民主党が成立したことにより、55年体制が確立した。55年体制では自由民主党が常に与党となり、国会では自由民主党の総裁が内閣総理大臣に指名された。自由民主党の一部議員が離党して作った新自由クラブとの連立政権が組まれた時期(1983年(昭和58年)から1986年(昭和61年)まで)を除き、長らく自由民主党の単独内閣が続いた。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

208件中 21 - 30件表示

「政治の話題」のニューストピックワード