208件中 71 - 80件表示
  • 日本の政治

    日本の政治から見た国事行為

    日本国憲法は、主権が国民に存する国民主権を定める。また、政治上の権力を行政権・立法権・司法権の三権に分け、それぞれを内閣・国会・裁判所に配する権力分立の体制を定める。国会を国権の最高機関とする議会制民主政治が行われ、国会と内閣の協働による議院内閣制が採られる。さらに、「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」として、世襲君主である天皇を置く。天皇は国政に関する権能を有しないと憲法で定めており、内閣の助言と承認により「国事行為」を行う。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た軍事力

    日本国憲法は、日本が武力を以て、他国との間で戦闘を交えることを禁じている。一方で、日本には、陸海空から成る自衛隊が組織されており、2003年から2009年にかけて、自衛隊がイラクへ派遣された。これは、第二次世界大戦以降では、日本が初めて海外に武装組織を派遣した瞬間だった。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た特別国会

    国会は毎年1回の召集が義務づけられており、これを常会(通常国会)という。また、内閣が自ら、あるいは一定数の国会議員の要求により、内閣が臨時に国会の召集を決定することもでき、これを臨時会(臨時国会)という。1992年(平成4年)以降は例年1月に常会が召集され、9月頃に臨時会が召集される。衆議院議員総選挙後には特別会(特別国会)が召集され、内閣総理大臣を指名する。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た権力分立

    日本国憲法は、主権が国民に存する国民主権を定める。また、政治上の権力を行政権・立法権・司法権の三権に分け、それぞれを内閣・国会・裁判所に配する権力分立の体制を定める。国会を国権の最高機関とする議会制民主政治が行われ、国会と内閣の協働による議院内閣制が採られる。さらに、「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」として、世襲君主である天皇を置く。天皇は国政に関する権能を有しないと憲法で定めており、内閣の助言と承認により「国事行為」を行う。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見たトランスペアレンシー・インターナショナル

    ドイツのNGOトランスペアレンシー・インターナショナルによれば、2009年の腐敗認識指数は17位であり、主要国首脳会議加盟国の中ではカナダ、ドイツに次いで、イギリスと同順位の3番目となっている。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た国民総所得

    経済大国としては、日本は主要国首脳会議 (G8) およびアジア太平洋経済協力 (APEC) の参加国である他、ASEANとの間では、ASEAN+3として関係を発展させている上に、東アジアサミットにも参加している。国際援助および開発支援の場でも日本は大きな貢献者であり、2004年には、同年の国民総所得の0.19%を援助金に充てた。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た連邦大統領 (ドイツ)

    日本の国家元首については議論がある。その候補には、天皇、内閣総理大臣、その他の機関などが挙げられる。もっとも、そもそも「元首」が日本において何を意味するかについて議論が錯綜しているため、水掛け論になりがちである。諸外国において国家元首とは、三権を統合した国家全体の長を指すが、三権分立の国家では、イギリス女王のように実権を持たない君主、ドイツ大統領のように実権を持たない公選の名誉職、フランス大統領のように行政権を首相と共有する公選の職、アメリカ大統領のように行政府の長を兼任する公選の職などがある。いずれも「行政府の長」を超えた「国家全体の長」ではあるが、その権限は三権分立との関係から(行政権を超えた部分では)形式的なものである。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た内閣官房

    予備審査が終わると、主任の国務大臣から内閣総理大臣に対し、国会提出について閣議請議の手続を行う。閣議請議の窓口である内閣官房は、受け付けた請議案を内閣法制局に送付する。内閣法制局は最終的な審査を行い、必要に応じて修正し、内閣官房に回付する。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た副大臣

    憲法上は国会を「国権の最高機関」と定め、「国の唯一の立法機関」とすることから、付与される政治上の権力は国会が最も大きい(日本国憲法第41条)。もっとも、憲法は、内閣総理大臣に内閣を代表して議案(内閣提出法案)を提出する権限を付与しており(日本国憲法第72条)、国会で成立する法案の大半は内閣提出法案となっている。そのため、実質的には内閣の権限が国会に優越するほど大きく、内閣の下に置かれる行政機関の影響力も非常に大きい(いわゆる行政国家現象の顕在化)。さらに、行政機関の内部では、資格任用制により採用される幹部職員、いわゆる官僚(キャリア公務員)が、政治任用される幹部職(大臣・副大臣・大臣政務官の政務三役)をしのぐ影響力を持っているため、官僚国家であるとも言われる。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た市町村

    日本国憲法はまた、地方自治を定める。日本の地方自治は、全国を47の地域に隈なく分けた都道府県と、都道府県の中をいくつかの地域に隈なく分けた市町村の、2段階の地方公共団体によって担われる。すべての都道府県と市町村には、各々、議事機関である議会と執行機関である首長(都道府県知事、市町村長)が置かれる。地方公共団体は、法律の範囲内で条例を制定することができる。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

208件中 71 - 80件表示

「政治の話題」のニューストピックワード