392件中 91 - 100件表示
  • 政策空間

    政策空間から見た政策政策

    政策空間(せいさくくうかん、Policy Space)は、日本の研究機関。政策に関連する分析・提言などを専門に行っている。同題の学術雑誌を発行している。政策空間 フレッシュアイペディアより)

  • 文化帝国主義

    文化帝国主義から見た政策政策

    文化帝国主義(ぶんかていこくしゅぎ、)とは、ある国の文化または言語を別の国に植えつけ、発達させ、他文化、言語との差別化を図るなどの政策方針、あるいはその行為そのものを指す。通常、文化を植え付けるのは経済的にまたは軍事的に強大な国(列強、先進国)で、後者は小国、あまり力を持たない国(開発途上国)である。文化帝国主義は、有効でかつ正式な政策、または一般的な態度としての形態をとることができる。この用語は、通常、非難的な意味合いで用いられ、外国の影響を拒絶する際に使われることが多い。文化帝国主義 フレッシュアイペディアより)

  • 闕所

    闕所から見た政策政策

    また、欠落(出奔)した場合にもこれに準じて闕所が行われて田畑、家屋敷、家財の没収が行われた。だが、江戸時代中期以後には犯罪を犯していない農民の欠落で、なおかつ当該者に相続人がいる場合には農業経営に必要な田畑、家屋敷などの没収は免除され、債権・債務などのみが没収される(結果的には欠落農民の相続人は主要財産はそのまま継承して借金だけが免除される)という奇妙な規定が登場するようになる。これは農業経営の存続を保証することで年貢負担の担い手である農民の土地への復帰を促すための政策の一環であり、家族が存在しても闕所によって家財のほとんどが没収となった、欠落した武士や商人などとは扱いが異なっていたと言える。闕所 フレッシュアイペディアより)

  • ショック・ドクトリン

    ショック・ドクトリンから見た政策政策

    「ショック・ドクトリン」の最初の応用例は、1973年の軍事クーデターによるアウグスト・ピノチェト政権下のチリであるとする。シカゴ学派は投資家の利益を代弁、「大きな政府」や「福祉国家」をさかんに攻撃し、国家の役割は警察と契約強制のみであるべきで、他はすべて民営化し市場の決定に委ねよと説いていたが、そのような政策は有権者の大多数から拒絶され自国で推進することができず、独裁体制下のチリで実行に移されたと述べている。チリでは無実の一般市民の逮捕・拷問・処刑が相次ぐばかりでなく、「惨事便乗型資本主義」がはびこって、「小さな政府」主義が金科玉条となり、公共部門の民営化、福祉・医療・教育などの社会的支出の削減が断行され、多くの国民が窮地に追い込まれた。ショック・ドクトリン フレッシュアイペディアより)

  • 日本学術会議協力学術研究団体

    日本学術会議協力学術研究団体から見た政策政策

    当該指定制度を司る日本学術会議は、日本学術会議法に基づく内閣総理大臣所管の科学者の日本国代表機関として、政府に対し、科学振興・科学技術発展・科学研究活用、ならびに科学研究者養成などに関する政策提言・勧告の法的権限を有する諮問機関であり、日本学術会議協力学術研究団体は、その日本学術会議と公的な協働関係にある学術研究団体である。日本学術会議協力学術研究団体 フレッシュアイペディアより)

  • 文語

    文語から見た政策政策

    戦後に入って日本語の書記言語を東京方言をもとにした標準語に統一する政策が行われ、現在では、新しく書かれる文学作品は定型詩等を除きほぼ標準語に近い言葉遣いで統一されている。文語 フレッシュアイペディアより)

  • 箱物行政

    箱物行政から見た政策政策

    箱物行政(はこものぎょうせい)とは、図書館や美術館などの施設の建設に重点を置く国や自治体の政策を揶揄する表現のこと。箱物行政 フレッシュアイペディアより)

  • プライド・カムリ

    プライド・カムリから見た政策政策

    政策的にはウェールズ独立・ウェールズ民族主義のほかに民主社会主義・社会民主主義を掲げており、左派寄りの傾向がある。小選挙区制が導入されているイギリス下院では5議席以下で低調だが、小選挙区比例代表併用制であるウェールズ議会では大きな力を持っている。プライド・カムリ フレッシュアイペディアより)

  • 民主正義党

    民主正義党から見た政策政策

    政策は抑圧的であった。夜間外出禁止令の解除や、中学校・高等学校の制服廃止などで、自由化ポーズを示した。しかし、夜9時からのKBSニュースでは必ず全斗煥の動静をトップで報道(テン全ニュース)させ、全斗煥に似たコメディアンのテレビ出演を禁止し、反体制政治家・学生運動家は容赦なく厳罰に処した。他党にも政権担当の道は開いていたものの、選挙制度が極めて与党に有利であり、選挙結果は必ずしも民意を反映していなかった。学生運動家からは「殺人政党」と非難された。民主正義党 フレッシュアイペディアより)

  • 泣きながら生きて

    泣きながら生きてから見た政策政策

    中華人民共和国の文化大革命、下放政策により教育を受けられなかった中国人男性丁尚彪が日本の大学への入学を目指し語学留学する。泣きながら生きて フレッシュアイペディアより)

392件中 91 - 100件表示

「政策」のニューストピックワード