392件中 51 - 60件表示
  • プリンシパル=エージェント理論

    プリンシパル=エージェント理論から見た政策政策

    現代の民主政治では議会が立法権を掌握する場合が多い。ただし、政治家自らが法案を起草するよりも官僚に委ねた方が、立法作業にかかる多大な労力を官僚に肩代わりさせるという意味で、政治家にとっては合理的である。しかし、政策課題の問題状況、既存の政策の実施状況、新しい政策と法案を立案する上での専門知識などについて、官僚(エージェント)は政治家(プリンシパル)よりも情報優位者である。よって、情報の非対称性を利用して、官僚が政治家の選好から逸脱した法案を作成し政策を実施してしまう可能性がある。プリンシパル=エージェント理論 フレッシュアイペディアより)

  • 子どもの読書活動の推進に関する法律

    子どもの読書活動の推進に関する法律から見た施策政策

    子どもの読書活動の推進に関する法律(こどものどくしょかつどうのすいしんにかんするほうりつ)は、子どもの読書活動の推進に関し、基本理念を定め、並びに国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、子どもの読書活動の推進に関する必要な事項を定めることにより、子どもの読書活動の推進に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって子どもの健やかな成長に資することを目的とした法律である。子どもの読書活動の推進に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 戦略論 (リデル=ハート)

    戦略論 (リデル=ハート)から見た政策政策

    リデル=ハートによれば戦略とは政治目的を達成するために軍事的手段を配分・適用する術と捉えられている。そしてさらに国家目的を遂行する政策としての大戦略、軍の総司令官が責任を負う戦争術としての純粋な戦略、最後に戦闘を全般に扱う戦術に区分する。本書では戦略の要素として物的要素としての運動と心的要素としての奇襲があり、これらは相補的な関係にあると述べている。従来の戦略学の議論で重視される物的要素だけでなく心的要素を重視しなければならないとリデル=ハートは強調する。そもそも戦略の目的とは戦略の定義から考えれば軍事的手段と非軍事的手段を選択することであるため、戦闘そのものを求めるのではなく、有利な戦略環境を求めるべきである。戦略論 (リデル=ハート) フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢暴動

    伊勢暴動から見た政策政策

    1876年(明治9年)4月18日、度会県が三重県に編入され、現在とほぼ同じ領域を持つ三重県が誕生した。しかし、三重県誕生によってすぐ県下の政策方針が統一されたわけではなく、北勢(三重県北部)では1876年(明治9年)の米価を基準に地租を定めたのに対し、南勢(三重県南部)では1875年(明治8年)の米価を基準に定められた。1875年(明治8年)の方が1876年(明治9年)よりも米価が高かったため、南勢の農民の不満の種となった。また、地租は高いのに米を安く売らざるを得ず、更に米商人の買い叩きに遭い、その上櫛田川下流の三角州地帯は1876年(明治9年)9月に大雨で堤防が決壊、砂が田畑に流入するという多重苦に悩まされていた。伊勢暴動 フレッシュアイペディアより)

  • 移住者収容

    移住者収容から見た政策政策

    移住者収容(Immigration detention)とは、査証違反、不法入国、国内法違反などを原因とする罪を犯した移住者を、出国(送還)命令、地域への出所等の判断が出るまでの期間、施設で拘留する政策。 移住者収容 フレッシュアイペディアより)

  • 教育改革国民会議

    教育改革国民会議から見た政策政策

    なお、過去に内閣総理大臣の下に作られた教育改革を焦点とした会議体には、1984年(昭和59年)から1987年(昭和62年)の3年間、総理府(現在の内閣府)に設置されて4回の答申を行った臨時教育審議会(臨教審)がある。臨時教育審議会の答申は、その後の教育政策の参考にされているが、答申内容の実施については、教育改革国民会議の報告と同様に長期にわたって検討が続けられたものも多かった。教育改革国民会議 フレッシュアイペディアより)

  • 確かな学力

    確かな学力から見た政策政策

    当時、文部科学大臣であった遠山敦子は、2003年(平成15年)5月15日 水曜日に「今後の初等中等教育改革の推進方策について」(15文科初第251号)において中央教育審議会に「初等中等教育の教育課程及び指導の充実・改善方策について」諮問した。2003年(平成15年)10月7日 火曜日には、中央教育審議会から答申され、これを受けて、当時の「学習指導要領」(教育要領を除く)のすべてを2003年(平成15年)12月26日に一部改正した。これが初期の「確かな学力」を推進する政策であった。確かな学力 フレッシュアイペディアより)

  • 中野雅至

    中野雅至から見た政策政策

    中央省庁での経験を生かし、行政学を専門とする。特に、労働省で労働行政など社会保障政策に携わってきたことから、社会政策に関する研究が多く、著書も多数著している。また、新潟県庁で総合政策部情報政策課に勤務するなど情報政策にも通じ、情報化の推進に関する著作も上梓している。中野雅至 フレッシュアイペディアより)

  • 政党連合

    政党連合から見た政策政策

    政党連合(せいとうれんごう)とは、政治において政策や主張に共通点のある政党同志が集まって、政策の実現に向けての活動として、意見の集約や統一された政策の形成を図ったり、選挙協力をしたり、議会の運営の基本単位を構築したりするなどの組織または団体のことである。国によっては、政党連合がそのまま、単一の政党に移行する場合もある。政党連合 フレッシュアイペディアより)

  • 末高信

    末高信から見た政策政策

    のちの早稲田大学総長の田中穂積及び海運論担当の教授伊藤重治郎の推薦によって日本郵船公社に入社したのち、再び田中の推薦により1919年(大正8年)に教授候補者として渡米、ペンシルベニア大学の大学院商学部で交通経済学教授のもと学ぶが、法律や数学は最小限度であり、その内容は専ら経営の立場であった。そこでの保険経営学の研究が、戦後の国民皆保険や雇用政策等に関する日本政府への提言に影響したものと思われる。末高信 フレッシュアイペディアより)

392件中 51 - 60件表示

「政策」のニューストピックワード