688件中 61 - 70件表示
  • パチンコ税構想

    パチンコ税構想から見た政策政策

    パチンコ税構想(パチンコぜいこうそう)とは2014年より第2次安倍内閣によって構想されている政策。これはパチンコやパチスロの換金時に徴税をするという構想である。税率は1%としたならば、このことにより2000億円の財源が生まれると試算されている。だがこれを行うということで、パチンコやパチスロなどのギャンブルは合法化する必要があるということになる。このパチンコ税構想が浮かび上がったのは、政府によって進められている法人税を引き下げるということで税収が大幅に減少するため、これを補填するためにパチンコに税金をかけることが構想されるようになったということである。パチンコ税構想 フレッシュアイペディアより)

  • 相互補完

    相互補完から見た政策政策

    相互補完(そうごほかん)とは、社会学用語の一つ。これは社会において存在する物事が、互いに不足している部分を補い、そうすることによって全体として不足のないような状態とするということである。日本政府によって行われている政策の中には、それが地域間などといった関係においての相互補完の実現を目的としているものが存在している。日本政府によって行われている外交は、国家間においての経済や科学技術などといった事柄の相互補完が目的となっている場合がある。相互補完 フレッシュアイペディアより)

  • 松下武義

    松下武義から見た政策政策

    小泉純一郎が提唱した経済政策には、批判的である。OECDベース名目GDPの推移などに基づき、その問題点を指摘したうえで「茲許ようやく経済は若干上向きに転じているが、彼等の政策によるものではない。破壊的なやり方で日本の富はどれだけ海外にとられたか考えてみる必要がある」と指摘している。さらに、「ビジネスマンのどんなに少なくみても6割以上、ひょっとしたら9割以上の人が現在の経済政策はおかしいと感じているにも関わらず、小泉人気が高いのは不思議なこと」と述べたうえで、「後世になって今が歴史的にみて最悪の政策であったと言われるような気がする」と辛辣な批評を展開している。松下武義 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生大臣

    厚生大臣から見た政策政策

    厚生大臣(こうせいだいじん)は、主権国家において福祉政策の立案を補佐する政府の閣僚。または厚生相(こうせいしょう)とも。厚生大臣 フレッシュアイペディアより)

  • 日本21世紀ビジョン

    日本21世紀ビジョンから見た政策政策

    日本21世紀ビジョン(にほん21せいきビジョン)とは、内閣府によって示されている、今後の日本の経済と政策に関する理念と方向性。これは2030年ごろまでの先を睨み、構造改革によって実現される日本の形というものを、明確かつ体系的に示すことにより、国民間の認識の共有を図ることが目指されている。これは日本の政策運営の中長期的な指針のみならず、日本の将来に関する国民の議論にも資するということが期待される。日本21世紀ビジョンでは、これからの日本というのはどのような流れを迎えるかということが示され、それに対して何もしなければどのような形で衰退するのかということが示され、そのような衰退の道を辿らないためにはどのようにするべきであるかということが示されている。日本21世紀ビジョン フレッシュアイペディアより)

  • 経済新生対策

    経済新生対策から見た政策政策

    経済新生対策(けいざいしんせいたいさく)とは1999年に内閣府によって行われていた経済政策である。目的というのは、日本経済にとって必要で避けることのできない経済構造の基本構造と、この根底の発想と概念を改めるということであった。当時はデフレスパイラルに陥りかねなかった経済状況を、大規模かつ迅速な経済政策によって脱却してきた。この結果、金融改革などといった構造改革が進むと同時に国家の経済というのは成長してきたものの、民間においての需要や雇用は厳しい状態であった。そのような時代において、経済新生対策というのは民間の不安を払拭しつつ、公需から民需への切り替えをはかり、国内経済を回復軌道に乗せるとともに、新たな考え方の確立や基盤の整備を行う契機を作ることを目的としていた。経済新生対策 フレッシュアイペディアより)

  • ロビイスト

    ロビイストから見た政策政策

    ロビイスト(Lobbyist)とは、政府の政策に影響を及ぼすことを目的として、ある特定の主張をもってロビー活動を行う私的人物、あるいは集団である。ロビイスト フレッシュアイペディアより)

  • カルマ・ウラ

    カルマ・ウラから見た政策政策

    カルマ・ウラ(Karma Ura 1961年?)はブータン国立研究所所長。イギリスのオックスフォード大学、エジンバラ大学にて政治学、経済学を学び、憲法起草委員、国家評議会副議長などの政府要職を歴任。ブータンが独自に提唱し、政策評価、国民情勢把握などに役立てるGNHの採用を欧米諸国も検討し、GDPの巨大な幻想に気づくべきだと主張する。カルマ・ウラ フレッシュアイペディアより)

  • 中央党 (ノルウェー)

    中央党 (ノルウェー)から見た政策政策

    中央党(ちゅうおうとう、)は1920年に設立されたノルウェーの中道政党。党の政策は19世紀から20世紀にかけての如何なるイデオロギーにも基づかないものの、脱中央集権的な経済発展や政治的意思決定の維持を重点に置く。結党から2000年までは非社会主義政権にのみ与党入りしてきたが、2005年にこれまでの方針を変更し赤緑連合政権の与党となった。また、1972年以降はノルウェーの欧州連合への加盟に断固として反対している。中央党 (ノルウェー) フレッシュアイペディアより)

  • 自由同盟 (デンマーク)

    自由同盟 (デンマーク)から見た政策政策

    これまでは左派寄りの戦略を採るラディケーリにも、閣内で影響力を及ぼしつつある右派政党デンマーク国民党にも一定の距離を置いてきたものの、2008年には政策を若干右派寄りに変更した。税制面では所得税を40%に引き下げ均等税とするなど新自由主義的な色彩が濃い一方で、義務教育延長や移民制度改革、海外援助額を国内総生産の1%に引き上げる方針などを掲げている。自由同盟 (デンマーク) フレッシュアイペディアより)

688件中 61 - 70件表示

「政策」のニューストピックワード