392件中 71 - 80件表示
  • 心理戦

    心理戦から見た政策政策

    人間の持つ認識力、想像力、情報量、中立性には常に不完全性がある。また社会や国際情勢という実生活と比べて間接的な状況というものは、おおむね間接的な情報を材料にし、自らの世界観や前提、心理的な無意識などの、ある一定の虚構性に基づいて形成、強化されていく。そのために現実との齟齬が生じる可能性が常に存在するため、ここに宣撫工作、情報操作などの手段によって心理的な影響を及ぼす余地がある。例えば人間は未知の出来事や理解不能な行為に直面すると、自身の経験や偏見などに基づいた印象しか喚起することができない。つまり人間の思考力はしばしばその保有する情報によって規定されることがある。心理戦においては外国または自国の国民世論や政策決定者の思考、軍隊の士気など心理的な対象への心理行動(Psychological action)の実行が行われ、様々な政策や軍事作戦の遂行を助けることが出来る。心理行動は心理的媒体を使用して潜在敵国や中立国での潜在的・現実的な敵国の正当性や影響力を低下させ、また同時にこれらの国々と友好的気運と態度を助成するように企図されているものである。心理戦 フレッシュアイペディアより)

  • 原英史

    原英史から見た政策政策

    原 英史(はら えいじ)は、日本の政策コンサルタント、元通産・経産官僚。大阪府市統合本部特別顧問。原英史 フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ミヒェルス

    ロベルト・ミヒェルスから見た政策政策

    大学在学中より反国家主義・反君主制の思想に傾倒し、革命的社会主義運動に身を投じた。1902年にアウグスト・ベーベル率いるドイツ社会民主党 (SPD) に入党し、ヨーロッパ各国の社会主義政党を渡り歩いて様々な社会主義者と関係を保ち、SPDの党大会(3回)で正規の代議士として参加するほど、重要な社会主義の理論家とみなされるようになった。ミヒェルスは、この時期に各国社会主義政党と労働組合と交流を深める機会に恵まれたが、その一方で、議会における議席を拡大し、巨大化する政党が平等や民主主義を実現すると称して革命を声高に主張しながら政府の政策に妥協し、組織の維持・存続にばかりに気をとられている実態を目の当たりにする。理想に燃えていたミヒェルスは、やがてこのような社会主義政党のあり方に疑問を持ち、幻滅を覚えるようになった。後に、この時の経験をもとに、大衆政党に対する批判的な『現代民主主義における政党の社会学』(1911年)を著し、エリート論の主要な理論の一つとして知られる「寡頭制の鉄則」という社会集団における少数者支配の法則を打ち立てることになる。ロベルト・ミヒェルス フレッシュアイペディアより)

  • 経済新人会

    経済新人会から見た政策政策

    ・2007年 『日本経済エコロジー戦略 ―京都議定書遵守にむけた政策提言―』経済新人会 フレッシュアイペディアより)

  • 便宜置籍船

    便宜置籍船から見た政策政策

    リベリアが外国船籍誘致政策を執り、ギリシャ系の船主が節税の為にこれを利用したことに始まる。便宜置籍船 フレッシュアイペディアより)

  • ロビー活動

    ロビー活動から見た政策政策

    ロビー活動(ロビーかつどう、)とは、特定の主張を有する個人または団体が政府の政策に影響を及ぼすことを目的として行う私的な政治活動である。議会の議員、政府の構成員、公務員などが対象となる。ロビー活動を行う人物はロビイスト (lobbyist) と称される。また、政府と民間企業の出入りを繰り返すことを回転ドア (revolving door) と呼ぶ。ロビー活動 フレッシュアイペディアより)

  • 松下圭一

    松下圭一から見た政策政策

    たとえば、批評家の山崎正和や堺屋太一などが文明論や社会形態論を論じることが知られているが、松下の場合、政治制度論、経済体制論、社会形態論から、それらを裏付ける歴史的諸条件を基に「都市型社会」の下での市民自治における政策型思考の設定・枠組みを課題に唱える。その理論枠組みは、工業化 + 民主化 = 近代化段階の、主に日本などの近代化後進国における民主化は、社会権的側面の充足に重きが置かれてきた反面、自由権的側面に欠缺があることを土台とする。自由権的側面は、貨幣の浸透・個人の析出、教養・余暇の増大という事象において進展してゆくとする。「政府」概念も、自治体レベル・国レベル・国際レベルの3層構造を構想することで、国家統治概念を市民自治概念に置き換える「分節主権」を主張する。さらに、資本主義と社会主義及び共産主義などは「近代化」を目的とする選択手段の違いであること、また、ナショナルミニマムに対して、政策・制度設計の日常化を契機としたシビルミニマムを造語・理論化し、2010年前後から頻繁に使われるようになった「官僚内閣制」という言葉も造語した。松下圭一 フレッシュアイペディアより)

  • ネット政党

    ネット政党から見た政策政策

    ネット政党を運営しているのは学生が大半で、保守・右派系でタカ派的な政策を示すところが多い。ネット政党 フレッシュアイペディアより)

  • 戸崎肇

    戸崎肇から見た政策政策

    航空産業を中心に、財政・産業構造の側面から規制緩和が進展した交通政策全般において政策批判を展開しつつ、幅広く発言。労働運動との連携の中で、市場経済の修正を目指す独自の見方を展開している。政策研究フォーラム評議員。戸崎肇 フレッシュアイペディアより)

  • 河西勝

    河西勝から見た政策政策

    宇野経済学を専門とし、経済政策(特に租税政策)・農業市場論・農業経済学・コーポレートガバナンス等を研究。マルクス経済学者の降旗節雄の門下であり、宇野弘蔵の孫弟子に当たる。なお、かつては農業市場論で著作・論文を発表していたが、現在はコーポレートガバナンスと租税政策に力点を置いている。河西勝 フレッシュアイペディアより)

392件中 71 - 80件表示

「政策」のニューストピックワード