688件中 71 - 80件表示
  • 自治型社会

    自治型社会から見た政策政策

    地方自治体におけるローカルガバナンス、自治型社会という議論がある。地域社会での公共的課題を、民間・市民と協働して課題解決にあたる体制を実現するため、地域社会の課題解決に必要な権限を、地方自治体に対し移譲しようとする動き。自治型社会の実現のためには、問題解決に必要となる権限を移譲するだけではなく、自治体・住民・NPOで協動ネットワークを構築し、中央政府も必要なサポートを行うことが理想だが、実際には政策課題の解決とは関係なく単に「中央官庁からの移せそうな権限を地方自治体に移譲する」という程度にとどまっている。自治型社会 フレッシュアイペディアより)

  • 積極国家

    積極国家から見た政策政策

    積極国家(せっきょくこっか)とは政治学用語の一つ。これは国家の形態を表す言葉の一つであり、政府が国民によって行われている経済活動の種々の面にまで介入し、国民の福祉の向上を実現させるという政策がとられている国家を言う。積極国家は20世紀から起こり始め、それまでに発展してきた国民国家の成熟が背景である。それまでの国家に望まれていたのは、政府は国民に治安や国防のみ行い、国民の経済活動に介入するべきでないという夜警国家と呼ばれる積極国家とは反対の形態であった。積極国家 フレッシュアイペディアより)

  • 国民自由主義

    国民自由主義から見た政策政策

    国民自由主義(こくみんじゆうしゅぎ、National liberalism)とは国民主義(ナショナリズム)と自由主義的政策とりわけ経済的自由主義とを組み合わせた自由主義の変種。その起源は、古典的自由主義が当時君主制を採っていた殆どのヨーロッパ諸国のイデオロギーとなった19世紀と見られる。なお、オーストリアを含め、現在においても国民自由主義政党が存在する。国民自由主義 フレッシュアイペディアより)

  • 政党優位論

    政党優位論から見た政策政策

    政党優位論(せいとうゆういろん)は、特に日本の戦後政治について、官僚よりも政党(与党)の方が政策決定で優位に影響力を行使しているとする、政治学および行政学における説明モデルのこと。主な論者は行政学者の村松岐夫。対義語は官僚優位論。政党優位論 フレッシュアイペディアより)

  • 植木英治

    植木英治から見た政策政策

    香川県行財政改革推進会議議長、高松市中心市街地活性化協議会委員長なども兼任し行政に対する政策提言なども行っている。植木英治 フレッシュアイペディアより)

  • 赤杉康伸

    赤杉康伸から見た政策政策

    パートナーの石坂わたると2001年に結成した東京メトロポリタンゲイフォーラム (TMGF) で、石坂とともに現在まで共同代表を務める。TMGFでは、政党や各種選挙の立候補予定者に対してゲイに関する政策アンケート調査を実施し、その回答をホームページにて公開する活動を行なっている。赤杉と石坂のパートナーシップや活動については、ゲイ雑誌Badiや、"neofest2006" にて上映されたドキュメンタリー映画 「一緒ネ!」で紹介されている。赤杉康伸 フレッシュアイペディアより)

  • 意見広告

    意見広告から見た政策政策

    他には、選挙の時期になると、各政党や各候補者がそれぞれの政党や政策をアピールする選挙広告がしばしば掲載されるが、これも広義の意見広告といえる。意見広告 フレッシュアイペディアより)

  • ムアンコーンケン郡

    ムアンコーンケン郡から見た政策政策

    かつてはプララップ郡と呼ばれていたが、1938年、県名と県庁所在地の名前を一致させるという政府の政策によりムアンコーンケン郡と改称された。ムアンコーンケン郡 フレッシュアイペディアより)

  • 正論

    正論から見た政策政策

    正論(せいろん)は、道理を説く論について正しいものであると評価する呼び方である。事実に関する議論や認識論について用いられることはあまりなく、ほとんどの場合が「**であるべきだ」という当為についての論である。そのため、論の対象は道徳、倫理や規範、政策など、公共的な要素をもつものが多い。正論 フレッシュアイペディアより)

  • 禁輸

    禁輸から見た政策政策

    禁輸措置は通常、以前に為された意見を異にする政策や行為に対する政治的な罰として行なわれる。しかし、経済的な特質上、禁止行為が与える利点として、何らかの利益が実在する疑念を生じさせる余地がしばしば残される。禁輸 フレッシュアイペディアより)

688件中 71 - 80件表示

「政策」のニューストピックワード