前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
347件中 1 - 10件表示
  • トヨタ・ハイエース

    トヨタ・ハイエースから見た救急車救急車

    価格はやや高いが耐久性の高さや、エンジンパワー、積載量が多いことなどで、宅配業をはじめ多くの企業に貨物車、社用車として広く用いられる他に、送迎バスやジャンボタクシーといった乗用、さらには救急車や寝台車などの特殊用途車などとしても利用されている。路線バスやコミュニティバスに使用されることもある。トヨタ・ハイエース フレッシュアイペディアより)

  • ヘニー・キロワット

    ヘニー・キロワットから見た救急車救急車

    ヘニー・モーター・カンパニーコーチワーク部門のサポートを得た。ヘニー社は1868年以来カスタムのコーチ造りを営んでいた会社だった。パッカードのボディ製作でその名は自動車業界にもよく知られていた。ヘニー社はリムジン、救急車、霊柩車などを大量に手がけており、そのほとんどがパッカードのシャシーに架装したものだった。ヘニー・キロワット フレッシュアイペディアより)

  • 快楽党

    快楽党から見た救急車救急車

    孤独に悩む人や失恋者を救う救急車制度を創設する。快楽党 フレッシュアイペディアより)

  • ナイナイクリスマス!!ブチ抜き4時間生放送

    ナイナイクリスマス!!ブチ抜き4時間生放送から見た救急車救急車

    ちなみに救急車が走っていた。ナイナイクリスマス!!ブチ抜き4時間生放送 フレッシュアイペディアより)

  • 奥多摩消防署

    奥多摩消防署から見た救急車救急車

    1974年(昭和49年)4月1日 - 東京消防庁奥多摩消防署(東京都に事務委託)を開署し、職員20名、ポンプ車1台、救急車1台、広報車1台で事務を開始奥多摩消防署 フレッシュアイペディアより)

  • 救急隊

    救急隊から見た救急車救急車

    救急隊(きゅうきゅうたい、英語:ambulance service)とは、消防吏員の中で救急現場に駆けつけ傷病者に対して適切な処置を行い速やかに救急車で病院へ搬送する部隊のこと。救急隊 フレッシュアイペディアより)

  • 戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー 合体大作戦

    戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー 合体大作戦から見た救急車救急車

    ホンダNSXパトカーから変形するロードポリス、ホンダゴールドウイングGL1500から変形するグライド、F-1から変形するサーキット、ランボルギーニ・ディアブロから変形するネオホイール、救急車から変形するサイレーン、消防車から変形するディスチャージのマイクロTF6体が合体し、巨大ロボ・シックスターボとなる。戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー 合体大作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 山岳救助

    山岳救助から見た救急搬送救急車

    上空から要救助者を捜索し、医療機関に搬送する時間を短縮するために、ヘリコプターを用いることが多い。着陸するスペースがない場合には、ホイストで救助員が降下し、担架等に載せてヘリコプターに収容する。気流や天候が乱れやすいため、ホバリングさせるのも困難であり、パイロットには現地の地理・気候を理解し熟練した操縦技術が必要となる。都道府県警察ヘリコプターは、警ら活動・犯人追跡を、消防防災ヘリコプターは空中消火・救助活動・救急搬送・災害地の被災画像転送などの任務も併任しており、山岳救助に特化しているわけではない。そのため、自治体のヘリコプターが対応できない場合は、主に救難捜索を本務とし、全天候型で高性能な救難・救助の専用ヘリコプターを保有する航空自衛隊の救難隊に救助活動を依頼することもある。山岳救助 フレッシュアイペディアより)

  • ディスカバリー・ベイ

    ディスカバリー・ベイから見た救急車救急車

    ディスカバリー・ベイはデベロッパーである香港興業がオーナーである。管理業務は香港興業傘下のディスカバリー・ベイ・マネージメント社 (Discovery Bay Services Management Limited - DBSML) が行っている。ディスカバリー・ベイはかつて独自の貯水池を持ち、住宅地を上がったゴルフコースそばの谷あいに独自の浄水場を所有していた。2000年にトンネルが開通したことで、香港のランタオ島や新界地区にある水源および中国本土の珠江デルタの水源の両方を水源とする政府水道局による水道と繋がった。現在の行政サービスは消防署(救急車車庫)、郵便局および警察の出張所である。これらの施設はデベロッパーにより建設され、それぞれの行政主体によって運営されている。ディスカバリー・ベイ フレッシュアイペディアより)

  • シトロエン・DS

    シトロエン・DSから見た救急車救急車

    異端的ながら、一般的な量産車としてシトロエンのフラグシップを担い、本国ではタクシーや救急車などの特装車にも多用された。これを現代のトヨタ・ブランドに喩えると、トヨタ・センチュリーのような限定生産車ではなく、トヨタ・クラウンのような量販型高級車に相当する。そのような車種に採算や当時の生産技術上の限界を知りながら、部品公差にあっては現在でもあり得ない、ジェット機なみの精度を要求したのであった。アフターメンテナンスでは多岐にわたる補修部品供給能力をはじめ、ディーラーサービスの範囲、社内の対応システムは不十分であった。度重なる苦情に急遽、精鋭メカニック隊を各国に巡業させてその整備とクレーム処理に当たらせたこともあり、その先進的性能とは裏腹にシトロエンの信頼性に世界市場からは大きな疑問符を与られた。シトロエン・DS フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
347件中 1 - 10件表示

「救急医療」のニューストピックワード