448件中 101 - 110件表示
  • 日本における自動車

    日本における自動車から見た救急車救急車

    特種用途自動車(8ナンバー) - キャンピングカー、救急車、消防車、霊柩車など日本における自動車 フレッシュアイペディアより)

  • Total Overdose

    Total Overdoseから見た救急車救急車

    メキシコ警察、DEA、救急車、一般仕様。Total Overdose フレッシュアイペディアより)

  • ヴィルヘルム・ヴェーバー (親衛隊隊員)

    ヴィルヘルム・ヴェーバー (親衛隊隊員)から見た救急車救急車

    ちなみに、1944年末の時期の「シャルルマーニュ」旅団は物資(装備・燃料・食糧)の不足が問題となっていたが、この問題は名誉中隊にも及んでいた。訓練中に負傷した隊員を搬送する救急車がガス欠であったため、やむを得ずヴェーバーは近くの村から借りてきた馬車で負傷者を病院まで運んでいた。ヴィルヘルム・ヴェーバー (親衛隊隊員) フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・オリヴィエ (武装親衛隊)

    ジャン・オリヴィエ (武装親衛隊)から見た救急車救急車

    負傷者の中には第1小隊長フィーゼルブラン武装伍長も含まれており、彼は右脚を著しく損傷していたため、救急車を待っている間に戦友たちはナイフ1本でフィーゼルブランの脚を切断した。そして、中隊長オリヴィエは胸部と右手に砲弾の破片が突き刺さって負傷した(胸部に食い込んだ破片は脊椎骨2個の間に達していた)ため、副官セルジュ・プロトポポフ武装連隊付士官候補生に中隊の指揮を委ねた後、他の重傷者3名と共に救急車で後送された。ジャン・オリヴィエ (武装親衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • 中東遠総合指令センター

    中東遠総合指令センターから見た救急車救急車

    救急指令の指令音は、最初に救急車のようなサイレン(「B♭F」を交互に三回)をならし、予告指令が流れる。音声は、女性の声。その後、救急指令が流れる。中東遠総合指令センター フレッシュアイペディアより)

  • デュランゴ・アンド・シルバートン狭軌鉄道

    デュランゴ・アンド・シルバートン狭軌鉄道から見た救急車救急車

    レールバスのケイシー・ジョーンズ (Casey Jones) は、1915年にフォード・モデルTから改造して製作されたもので、ギャロッピンググースの前身となったものである。もともとは、コロラド州ユーリカ (Eureka) のサニーサイド鉱山 (Sunnyside Mine) で救急車として使用するために設計されたものであった。鉱山の関係者がシルバートンへ通勤するためにしばしば使用された。11人乗りの車室がある。ケイシー・ジョーンズはサン・ファン歴史協会 (San Juan Historical Society) が所有している。夏期にはシルバートン車庫の近くの側線に置かれており、冬期にはデュランゴのデュランゴ・アンド・シルバートン狭軌鉄道博物館で展示されている。デュランゴ・アンド・シルバートン狭軌鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 岸和田中学生虐待事件

    岸和田中学生虐待事件から見た救急車救急車

    次男は虐待に我慢できずに、2003年の夏に実の母親の元に逃げたが、長男はその時すでに自分一人では歩けなかったと見られている。2003年9月には自力で食事を取ることが出来なくなったことを認識したが、虐待発覚を恐れ放置して死亡させようと共謀した。2003年11月、衰弱死したと誤解し救急車を呼ぶまで長男を放置し、昏睡や脳萎縮などの傷害を負わせた。岸和田中学生虐待事件 フレッシュアイペディアより)

  • パッツィー・クライン

    パッツィー・クラインから見た救急車救急車

    1961年2月28日、息子ランディを出産。6月14日、弟サミュエルと乗車中、ナッシュビルのオールド・ヒッコリー大通りで正面衝突。彼女の人生で2回目あるいはそれ以上の交通事故であった。この衝撃により彼女はフロントガラスから飛び出し、危うく死亡するところであった。この事故の後、ドッティ・ウエストは彼女の髪の中からガラスの破片を取り出し、救急車に同行した。パッツィー・クライン フレッシュアイペディアより)

  • 青春ホットライン

    青春ホットラインから見た救急車救急車

    「姉の友人と肉体関係を結んでしまったが、最近怖くなって別れたいと思う」(17歳・男性)といったような重い相談も多く、相談とは言えども喧嘩に近いノリのトークが展開されたこともしばしばだったという。また当時は家出も多く、家出している先から本番組に電話をかけて来たのも時々あり、スタッフが家出先に直接出向いて保護したことも何度かあった。中でも衝撃的だったのは「自殺の実況中継」と言われている一件で、失恋をきっかけに「これから自殺します」という19歳女性からの電話。その後「今手首を切りました……だんだん血が広がってきました……」と言う声が聞こえてきて、番組では急遽他の電話の受付を止めて、長時間録音テープに切り替え、黒田は懸命に説得にあたった。放送後も長い間説得した甲斐もあって、女性がようやく住所と名前を打ち明け、上野らスタッフは局舎前に停まっていた救急車に乗ってその女性の元へ。女性は受話器を持ったまま血を流して倒れていたが、一命を取り留めた。これらのように、一日でわずか15分ながらこの番組が熱かったゆえか、ディレクターを務めた上野自ら、著書や各雑誌記事で何度もこの番組のことを採り上げた他、「ニッポン放送の歴史を振り返る」といった内容の特別番組で本番組の音源が紹介され、度々話題になり続けている。また、作家の沢木耕太郎が大学生時代にこの番組を聴いて感動し「ニッポン放送でアルバイトがしたい」と申し込んできた他、当時ニッポン放送の入社試験では、この番組に感動したことを志望理由に挙げていた受験者が多くいたという。青春ホットライン フレッシュアイペディアより)

  • ASCOD歩兵戦闘車

    ASCOD歩兵戦闘車から見た救急車救急車

    ASCODファミリーには、装甲歩兵戦闘車型の他にも戦闘指揮車両型・砲兵観測車型・迫撃砲車両型・修理回修車両型・救急車両型・SAM発射車両型・ATM発射車両型・軽戦車型といったいくつかの派生型がある。ASCOD歩兵戦闘車 フレッシュアイペディアより)

448件中 101 - 110件表示

「救急医療」のニューストピックワード